2021の年8月14日(土)の予想 – 競馬予想 – 山崎エリカ –

お問い合わせ

予想

2021.08.14
2021の年8月14日(土)の予想

おはようございます😊 本日は朝一番、札幌1レース、2歳未勝利戦から予想スタート.。6頭立てですが、穴狙い予想です✨ 小倉7レーの後は、9レース以降から予想を出しますm(__)m。

おまけ 札幌12R 札幌道新スポーツ賞 芝1500m
 ◎ (5)ジャカランダレーン
 〇 (3)アナザーラブソング
 ▲ (9)イルヴェントデーア
 △ (4)ヴァトレニ
 △ (13)ジュリオ
 △ (1)ダンツイノーバ
 △ (14)エリモグリッター

見解
 

 PP指数の各馬の(前走指数+前々走指数+近5走の最高指数)÷3で算出した『能力値』は、高い順にナギサ(-11.3pt)、ジャカランダレーン(-10.7pt)、アナザーラブソング、ヴァトレニ、プレトリア(ともに-10.0pt)。能力値は競走馬の能力と勢いを示すものであり、原則として本命馬は、能力値5位の中から選出するスタイルで予想を行っています。

 そこで◎には、芝1400mの新馬戦を勝利し、その後の2歳オープンでも連続3着と好走した実力馬(5)ジャカランダレーンを推します。前走は最初の2角までの距離が短く、外枠不利の札幌芝1500mの13番枠から勝ちに行き、終始外を回るロスの大きい競馬で勝利と、復調を感じさせました。今回は更なる上昇が見込め、昇級戦でも十分に期待できると見て、本命としました。

 ○は、前半4F47秒6-後半4F45秒4のかなりスローペースとなった5走前の小豆島特別で、後方の外からからしぶとく伸びて2着と好走した(3)アナザーラブソング。今回は内枠のナギサが逃げ、ダンツリーバーも前に行くとなると、内々で脚をタメてのロスのない競馬になる可能性が高く、対抗評価としました。

結論 馬連5-3,9,4,13,1,14 (10:10:10:10:5:5) 複勝5 (50)


本日1番 新潟10R 柳川特別 芝2000m
 ◎ (11)サルビア
 〇 (16)リヴェール
 ▲ (8)ミッキーバディ-ラ
 △ (17)フェルミスフィア
 △ (3)ロングトレーン
 △ (9)サヴァイウ゛
 △ (13)エクレアスピード
 △ (14)ゼンノジャスタ

見解
 PP指数の各馬の(前走指数+前々走指数+近5走の最高指数)÷3で算出した『能力値』は、高い順にテンハッピーローズ(-13.7pt)、グリンデルヴァルト(-12.0pt)、ミッキーバディーラ(-11.7pt)、サトノファビュラス、サルビア(ともに-11.3pt)。能力値は競走馬の能力と勢いを示すものであり、原則として本命馬は、能力値5位の中から選出するスタイルで予想を行っています。

 そこで◎には、デビューから芝1400mを2連勝した(11)サルビアを推します。同馬は前々走のファルコンSでもスピード面でヒケを取ることなく、前半3F33秒7-後半3F35秒0のかなりのハイペースの2列目の中目から4着と好走。前走の葵Sでは距離が短く、流れに乗れませんでしたが、得意距離のここならば巻き返して来るでしょう。デビュー2戦目のりんどう賞はタフな馬場で、そこで結果を出していることから、道悪でも問題ないはず。

 ○は、中京芝1400mの前々走を逃げ切り勝ちした(16)リヴェール。休養明けの前走、直江津特別は出遅れ、3角で挟まれて外傷を負ったこともあり、9着に敗れましたが、今回は立て直されての一戦。巻き返しを期待します。同馬もタフな馬場の福島で1勝目を挙げていることから、道悪もこなせるでしょう。

結論 馬連11-16,8,17,3,9,13,14 (10:10:10:5:5:5:5) 複勝11 (50)

本日2番 小倉7R 3歳未勝利 芝2000m
 ◎ (3)フローレスクイーン
 〇 (6)レッドアストラム
 ▲ (11)ショウサンイチマツ
 注 (2)スズカオーザ
 △ (8)クリノエルザ
 △ (12)ヤマニンミレニアム

見解
 PP指数の各馬の(前走指数+前々走指数+近5走の最高指数)÷3で算出した『能力値』は、高い順にフローレスクイーン(-1.0pt)、レッドアストラム(0.3pt)、ヤマニンミレニアム(7.3pt)、クリノエルサ(12.0pt)、ジューンサクラ(12.3pt)。能力値は競走馬の能力と勢いを示すものであり、原則として本命馬は、能力値5位の中から選出するスタイルで予想を行っています。

 そこで◎には、逃げ、差し自在の脚質で、重馬場の4走前で好位の外から早めに動いて2着に好走するなど、芝では安定した走りを見せている(2)フローレスクイーンを推します。ダートの前走では上位馬に離された6着に敗れたものの、芝替わりで巻き返しに期待します。小倉はど不良でとてもタフな馬場なので、前走でタフなダートを経験していることはプラスになるでしょう。

 ○は、重馬場の3走前、小倉芝2000mの未勝利でクビ差の2着と好走しているように、時計の掛かる馬場が得意の(6)レッドアストラム。スタミナが不足する休養明けの前走では、タフな馬場の新潟で出遅れ、そこから位置を押し上げていったために、ラスト100mで甘さを見せましたが、今回は再び立て直されての一戦。前走からレースを間隔が開いたとはいえ、前走でタフな馬場を経験しているので、ど不良でもこなしやすいでしょう。

 ▲は、今回が初芝になりますが、ど不良で時計の掛かる芝なら、芝の高速馬場や差す競馬ばかりしている馬よりも優位性がある(11)ショウサンイチマツ。スピード競馬ではないので、そこまで軽斤量の優位性はありませんが、減量騎手起用で斤量53㎏のもプラスでしょう。

 以下特注馬として、今回が初出走ですが、乗り込み十分で直前の坂路追いでは併せ馬に先着もしている(2)スズカオーザ。ここは未勝利で頭打ち気味の馬が多いので、新勢力である同馬を警戒しました。

 あとは△に初芝の前走で前進を見せ、着順は10着ながらもここでは能力値4位にランクインの(8)クリノエルザ。前走は初芝の一戦らしく、序盤で置かれて後方からとなり、人気薄の逃げ馬が2着に粘る流れを4角大外から追い込む形となりましたが、今回はど不良で消耗戦が予想されるだけに、追い込む形が吉と出る可能性が高いでしょう。

 他では、これまで掲示板入りの実績すらないのに、ここでは能力値3位となる(12)ヤマニンミレニアム。同馬も追走力が乏しい追い込み馬ですが、だからこそ展開に恵まれる可能性があり、ここは無印にはできませんでした。馬場は内から悪化してくるので、大外枠も悪くないでしょう。

結論 馬連3-6,11,2,8,12 (20:10:10:5:5) 複勝3 (50)

本日4番 小倉2R 2歳未勝利 芝1200m
◎ (3)キリシマコトブキ
 〇 (13)コウユーキレカ
 ▲ (9)イールテソーロ
 注 (12)カッコヨカ
 △ (11)カシノコマンド
 △ (5)カシノプルタオルネ
 △ (10)カシノトムキャット

見解
 PP指数の各馬の(前走指数+前々走指数+近5走の最高指数)÷3で算出した『能力値』は、高い順にイールテソーロ(3.0pt)、カッコヨカ(8.0pt)、カシノコマンド(9.3pt)、コウユーキレカ(12.0pt)、キリシマコトブキ(12.3pt)。能力値は競走馬の能力と勢いを示すものであり、原則として本命馬は、能力値5位の中から選出するスタイルで予想を行っています。

 そこで◎には、新馬戦では出遅れたうえに外から寄られて後方からの追走になりましたが、直線で外に出すとよく伸びて、メンバー最速の上がり3Fタイムで5着と好走、素質の一端を見せた(3)キリシマコトブキを推します。前走は外枠から勝ちに行く競馬で最後に苦しくなりましたが、10着という着順ほど大負けしていません。人気薄ながら今回のメンバーでは能力値5位にランクイン。新馬戦で見せた末脚は光るものがあっただけに、ここでの前進を期待します。

○は、新馬戦から1Fの距離短縮となった前走で前進を見せた(13)コウユーキレカ。前走は距離短縮ということもあり、そこまでスタートは速くなかったものの、早めに動いて前半3F33秒5のハイペースで逃げるイチザウイナーの2番手を追走。それで同馬と0.6秒差(7着)なら悪くないし、前走でこの距離を経験したことで、今回は追走が楽になると見て、対抗評価としました。

 ▲は、新馬戦では最内枠から押して押して逃げ、外からヴェラフォルツァに競りかけられ、4F目で十分に息を入れられないながらもゴール手前まで粘った(9)イールテソーロ。同馬はここでは能力値1位。新馬戦で逃げて失速した馬というのは、2戦目でダメージが出る場合もありますが、スムーズに前進すれば上位争いでしょう。

結論 馬連3-13,9,12,11,5,10 (15:15:10:6:2:2) 複勝3 (50)

本日3番 札幌1R 2歳未勝利 芝1800m
 ◎ (5)フォルトゥナ
 〇 (6)セイウンプラチナ
 ▲ (3)レッドラディエンス
 △ (2)マイネルシーマー

見解
 PP指数の各馬の(前走指数+前々走指数+近5走の最高指数)÷3で算出した『能力値』は、高い順にセイウンプラチナ(-1.3pt)、マイネルシーマー(1.7pt)、レッドラディエンス(2.0pt)、フォルトゥナ(11.0pt)、ブルーレーン(15.0pt)。能力値は競走馬の能力と勢いを示すものであり、原則として本命馬は、能力値5位の中から選出するスタイルで予想を行っています。

 そこで◎には、前走の新馬戦は時計の掛かる福島、特にタフな馬場だった福島2週目日曜日で、馬場状態を考えれば実質ハイペースの一戦で、逃げて5着の(5)フォルトゥナを推します。同馬の直後の2番手を追走して6着に敗れたマイネルアルザスが、次走の未勝利戦で2着に巻き返していることからも、前が厳しいレースだったと言えます。フォルトゥナはマイネルアルザスよりも前の位置から直線入り口まで粘っていたように内容が濃く、ここでの前進を期待します。

 ○は、デビューから上昇一途で、前走では2番手から持ったまんまで4角で先頭に立ち、勝ち馬と0.1秒差(2着)に好走した(6)セイウンプラチナ。前走では結果的に早めに先頭に立ったことが最後の伸びを欠く結果になちましたが、もうワンテンポ仕掛けてを遅らせていければ、ここも上位争いでしょう。

結論 馬連5-6,3,2 (25:15:10) 複勝5 (50)

記事一覧へ戻る