2021年9月26日(日)の予想 – 競馬予想 – 山崎エリカ –

お問い合わせ

予想

2021.09.26
2021年9月26日(日)の予想

本日1番 中山9R 木更津特別 芝1600m
 ◎ (2)グレイトオーサー ←2着
 〇 (6)ワザモノ
 ▲ (1)ゴールデンシロップ ←1着
 △ (12)ゲバラ
 △ (13)リーガルバトル
 △ (3)ヘイワノツカイ ←3着
 △ (11)サトノワールド

見解
 PP指数の各馬の(前走指数+前々走指数+近5走の最高指数)÷3で算出した『能力値』は、高い順にゲバラ、リーガルバトル(ともに-12.0pt)、ゴールデンシロップ(11.7pt)、コスモヨハネ(-11.0pt)、ヘイワノツカイ(9.7pt)。能力値は競走馬の能力と勢いを示すものであり、原則として本命馬は、能力値5位の中から選出するスタイルで予想を行っています。

 しかし、今回の◎には、デビューから2連勝した素質馬(2)グレイトオーサーを推します。同馬はデビュー3戦目のラジオNIKKEI賞で大敗したあとはスランプ状態になっていましたが、前々走のSTV賞では、休養明けながらメンバー最速の上がり3Fタイムで追い込み、復調気配を見せ得ました。前走は休養明け好走の反動で8着に敗れましたが、ここで復活の復活が十分に期待できます。

結論 馬連2-6,1,12,13,3,11 (10:10:10:10:5:5) 複勝2 (50)

本日2番、本日3番は別ページのオールカマーと神戸新聞杯

本日4番 中山7R 3歳上1勝クラス 芝1600m
 ◎ (14)アランデル ←2着
 〇 (13)バルドルブレイン ←1着
 ▲ (5)オーロアドーネ
 △ (11)モメントグスタール
 △ (3)ホウオウサンデー
 △ (9)レッドラルジュ
 △ (10)ショウナンラスボス
 △ (15)スリートップキズナ

見解
 PP指数の各馬の(前走指数+前々走指数+近5走の最高指数)÷3で算出した『能力値』は、高い順にジャングルキング(-9.7pt)、スリートップキズナ(-9.3pt)、マーベラスアゲン(-7.7pt)、ショウナンラスボス(-7.3pt)、ザスリーサーティ(-7.0pt)。能力値は競走馬の能力と勢いを示すものであり、原則として本命馬は、能力値5位の中から選出するスタイルで予想を行っています。

 しかし、今回の◎には、新馬戦を勝利し、次走オープンの芙蓉Sでは馬体重12Kg増で追われてからモタつく面を見せながら、2着と好走した実績馬(14)アランデルを推します。同馬は前々走のきさらぎ賞も5着に善戦。前走の青葉賞はスタミナが不足する休養明けで4Fの距離延長。距離が長く、積極策が裏目に出て大敗したもの。1勝クラスのマイル戦なら、巻き返して当然の馬です。

 ○は、デビュー2戦目の1勝クラスでは、最内枠を利して先団の内々を立ち回り、3着と好走した(13)バルドルブレイン。同馬もその後がひと息でしたが、立て直されての今回は巻き返しを期待しました。◎アランデル同様、キャリアの浅い3歳馬なので、休養中の成長力も見込めます。

 ▲は、デビュー2戦目の弥生賞で、4番手の内から向正面で位置を下げて3角先頭に立ち、外から並びかけてきた勝ち馬サトノフラッグに抵抗しながら、しぶとく粘って5着に好走した(5)オーロアドーネ。同馬は休養明けで挑んだその次走の1勝クラスでも、勝ち馬と0.2秒差(4着)。その後は順調さを欠きましたが、今回は立て直されて2戦目。前走は長期休養明けだったこともあり、終始折り合いを欠いて10着大敗を喫しましたが、ひと叩きされたことで折り合いがつくようになってくるでしょう。折り合い面を考慮しても、1Fの距離短縮は好ましいです。

結論
 馬連2-6,1,12,13,3,11 (10:10:10:10:5:5) 複勝2 (50)

おまけ1  中山2R 2歳未勝利 芝1200m
 ◎ (3)オカンモシャチョウ
 〇 (11)エコロデビル ←3着
 ▲ (8)キチロクハニー
 △ (1)モズジャックポット ←1着
 △ (5)ルーチェディルーナ ←2着
 △ (6)マイネルヘリテージ
 △ (10)ジュパンスアトワ

見解
 PP指数の各馬の(前走指数+前々走指数+近5走の最高指数)÷3で算出した『能力値』は、高い順にイールテソーロ(4.0pt)、ルーチェディルーナ(5.0pt)、エコロデビル(-5.3pt)、モズジャックポット、フォルトゥナ(ともに6.0pt)。能力値は競走馬の能力と勢いを示すものであり、原則として本命馬は、能力値5位の中から選出するスタイルで予想を行っています。

 そこで◎には、前走は出遅れながらもそこからハナを奪ってオーバーペースで逃げ、結果、差し決着となり、14着に失速した(3)オカンモシャチョウを推します。前走は大敗ながらかなりの潜在スピードがあることを見せました。今回は前走よりも楽に逃げられそうなメンバー構成。前進を期待します。

結論 馬連3-11,8,1,5,6,10 (10:10:10:10:5:5) 複勝3 (50)


おまけ2 中京3R 2歳未勝利 芝1200m
 ◎ (9)スコールユニバンス
 〇 (6)スカイトレイル
 ▲ (1)ミスボニータ ←2着
 △ (7)アルコローザ
 △ (8)レガーミ
 △ (10)サブライムアンセム
 △ (11)サウンドビバーチェ ←1着


見解
 PP指数の各馬の(前走指数+前々走指数+近5走の最高指数)÷3で算出した『能力値』は、高い順にイールテソーロ(4.0pt)、ルーチェディルーナ(5.0pt)、エコロデビル(-5.3pt)、モズジャックポット、フォルトゥナ(ともに6.0pt)。能力値は競走馬の能力と勢いを示すものであり、原則として本命馬は、能力値5位の中から選出するスタイルで予想を行っています。

 そこで◎には、前走は出遅れながらもそこからハナを奪ってオーバーペースで逃げ、結果、差し決着となり、14着に失速した(3)オカンモシャチョウを推します。前走は大敗ながらかなりの潜在スピードがあることを見せました。今回は前走よりも楽に逃げられそうなメンバー構成。前進を期待します。

結論 9,6,1,7,8,10,11 (15:15:5:5:5:5) 複勝9 (50)


記事一覧へ戻る