2019年01月11日

明日の見所(フェアリーS)

2019年 フェアリーS
__________

フェアリーSは、関東圏では数少ない3歳牝馬の重賞。桜花賞と同距離でありながら、阪神ジュベナイルFが終わったばかりの一戦となるために、昨年のように2勝馬が1頭も参戦していないという、実質500万下のメンバー構成になることもあります。しかし、2009年のアプリコットフィズや2017年のアエロリットのように、キャリア1戦馬が大きな上昇力を見せて連対し、春のクラシック路線を賑わす場合もあります。

また、フェアリーSが行われる中山芝1600mは、上級条件だと向こう上面の下り坂(3-4F目)でペースが緩み切らないことが多く、差し、追い込み馬が台頭することもしばしば。しかし、下級条件やまだ体力のない明け3歳馬だけと、向こう上面の下り坂でペースが緩むことが多く、前残りが発生することが非常に多いです。

実際、このレースが中山芝1600mで行われるようになってからの過去9年で、2013年のクラウンロゼ(10番人気)、2015年のノットフォーマル(11番人気)、2016年ビービーバーレル(3番人気)とそれなりの人気馬から超人気薄まで3度も逃げ切りが決まっています。他にもこのレースで逃げた2009年グッデーコパ(10番人気)、2014年リラヴァティ(4番人気)が3着に食い込んだこともあります。

つまり、フェアリーSは、過去9年で5度も逃げ馬が馬券に絡んでいる、重賞屈指の逃げ馬有利のレースであること。このレースが差し馬有利の消耗戦になったのは、逃げ馬が大逃げを打った2010年、2011年、2017年の3年のみです。逃げ馬が大逃げさえ打たなければ、まず、逃げ、先行馬が有利。後方からズドンは、不可能に近いものがあります。

今回は内枠を引き当てたスタートが速いサンタンディールが行くか行かないかですが、逃げたとしても大逃げは打たないでしょう。この馬はコントロールが利くタイプですし、今回はこれまでよりも2Fの距離延長になるため、最後に止まってしまうことを恐れて、ゆっくりと出して行くはずです。

外からグレイスアンがハナを主張する可能性もありますが、戸崎騎手のレースメイクであればスローペースでしょう。他のスプリント路線馬が逃げる可能性もありますが、何が何でも逃げたい馬が不在なだけに、逃げ、先行馬が有利の展開となると見て、予想を組み立てるのが好ましいでしょう。

さらにこのレースの過去10年では、これまでに芝1500m以上の距離が未経験だった馬の3着以内がゼロ。芝1600m戦だとスパートのタイミングがスプリント戦よりも早い地点になるので、スピ―ドだけでは押し切れず、持久力も必要になるからです。スローペースの2列目、3列目を上手く折り合えたとしても、仕掛けが早まることによって、ラスト1Fの失速に繋がりやすいということです。

スプリント路線組でもチャンスがあるとすれば、そこで結果を出しているタイプよりも、負けている馬でしょう。この場合の「負けている」とは、本来、中距離馬でありながら、不適距離を使われたことで負けているという意味です。

今回、それなりに人気が予想される2勝馬ホウオウカトリーヌは新馬戦で超絶スローペースで逃げて、ダノンジャスティスに切れ負けしてしまった一方、ハイペースの前走・黒松賞では先行して完勝。今回もサンタンディールが逃げる前提ならば、ホウオウカトリーヌは2列目、3列目の理想的な位置でレースを運べそうですが、距離が延びてもその粘りが見せられるかどうかが課題となるでしょう。


★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
こっそりとtwitterを始めました。
危険な人気馬をつぶやくことがありますので、チェキュラ☆彡
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
posted by 山崎エリカ at 15:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 今週の見所

2019年01月06日

シンザン記念(本日の見所)

2019年 シンザン記念
__________

シンザン記念は、昨年のジャパンCを制した牝馬三冠のアーモンドアイを輩出したレース。一昨年のシンザン記念の優勝馬がキョウヘイだったように、年によっては出走馬がしょっぱいこともありますが、遡れば連対馬にダイワスカーレット、オルフェーヴル、ジェンティルドンナが名を連ねており、「出世レース」として呼び名が高いレースです。

昨年暮れの朝日杯フーチュリティSやホープフルSがハイレベルでしたが、シンザン記念でも新星が誕生するのか? それともしょっぱい年のパターンか? 新星誕生になるかどうかは終わってみなければわかりませんが、けっこうなメンバーが集ったように感じます。春のクラシックを占う意味で、とても楽しみです。

今回1番人気に支持されているのは、川田騎手鞍上のアントリューズですが、この馬は強いのでしょうか? 前走ベゴニア賞は、前半4F48秒6-後半4F46秒1のどスローを先行して、メンバー最速の上がり3Fをマークも、ラスト1Fで失速。私の評価は「弱くもないけど、強くもない」です。

外人騎手が騎乗していない状況下だと、川田騎手に身を委ねたくなる気持ちは理解できますが、個人的には消す予定。アントリューズ以上に素質が高い馬や大化けする可能性を秘める馬がいるからです。それらを中心に馬券を買いたいですね♪

また、前内有利の京都芝コースで、先行馬が手薄という状況下も、不気味さを感じます。これは前残りが発生するというよりも、実績馬が色気を出して勝ちに行って失速するのではないかという状況です。今回の想定展開は、ニホンピロヘンソンが逃げて内からヴァルディゼールが2番手。ヴァルディゼールとともに動いてく馬は何か? 本来、差し馬がその位置まで上がって行ってしまうとヤバそうです。
posted by 山崎エリカ at 09:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 今週の見所

2019年01月01日

新年と信念のご挨拶

皆さま

あけましておめでとうござます。

たくさんの方に支えて頂き、新年を無事、大きな病気もなく、迎えられたことが有り難いです。 

2019年度は、新しいことを始めたくて、twitterを立ち上げました。

本年度もどうぞよろしく、お願いいたします<(_ _*)>


時間があるときは、返信します!
posted by 山崎エリカ at 14:03| Comment(5) | TrackBack(0) | ごあいさつ

2018年12月29日

東京大賞典の予想

平成最後の東京大賞典は
大波乱で締めくくる
___________

地方競馬もクライマックス。いよいよ年の瀬恒例の一年の総決算、東京大賞典が行われます。ダートの王道路線は、秋は10月のJBCクラシックから始まり、続いてチャンピオンズC、そして最終戦がこのレースとなります。例年、JBCクラシックやチャンピオンズCの上位馬が集うため、年によってはチャンピオンズC以上のハイレベルな戦いになることも少なくありません。

本来は、秋のG1戦ではもっとも賞金が高い中央のチャンピオンズCを大目標とし、東京大賞典は消化レースでもいいはずですが、東京大賞典のほうがハイレベルになることがある理由は大きく2つ。有終の美を飾りたがる日本人の国民性と、東京大賞典がもっとも実力どおりに決まると言われているチャンピオンディスタンス(大井外回り2000mは、コースの癖も少ない)で行われることです。

実際に東京大賞典よりも少しだけ賞金が高いチャンピオンズCをピークに仕上げて、展開が合わなかった…、外枠で外々を回った…などの理由で取りこぼすよりも、紛れが生じることが少ないこの舞台で、順当に勝ち上がりたい、賞金を加算して来年度に繋げたいと考えている陣営も少なくないようです。また、このレースはG1・3連発の最終戦となるので、成績が不安定になりやすい休養明け1〜2戦目の出走馬が少なく、実績馬が実力を出しやすいというのもあります。


続きは、こちら!


予想は、こちら!
posted by 山崎エリカ at 14:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 南関東&交流重賞の予想

2018年12月27日

兵庫ゴールドTの予想

これぞ本当のドリームレース?
大穴一発に賭ける
______________

兵庫ゴールドトロフィーは、ダートグレードでは数少ないハンデ戦で行われるレース。中央馬と地方馬のハンデ差が大きく、中央のトップハンデ馬は、近3年のドリームバレンチノや2011年のスーニーのようにハンデ59.5sを背負わされることもあります。対して地方勢のハンデは軽く、同年のダートグレードで連対実績がなければ、51〜54kgの軽ハンデで出走することがほとんど。

このためこのレースは、地方勢が穴を開けることが多く、地方馬のこのレースでの成績は、過去10年で1着こそないものの、2着4回、3着5回という良績です。確かに過去1年以内にダートグレードで3着以内の実績があった2010年のラブミーチャン・3着、2012年・2012年のオオエライジン・3着、2015年のポアゾンブラック・3着、2017年のラブバレット・2着の活躍は当然かもしれません。デビューから無敗、地元園田の2011年オオエライジン(一度目の挑戦)も、3着とこのあたりは通用して当然でしょう。


しかし、2013年は6番人気のエプソムアーロンが2着入線して、馬連1万1380円、3連単15万7590円の高配当になったこともありました。それ以外でも2014年に4番人気のジョーメテオ・2着、7番人気にサクラシャイニー・3着に入線したこともあります。これらの人気薄で好走した地方馬の共通項は……


続きは、こちら!


予想は、こちら!
posted by 山崎エリカ at 04:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 南関東&交流重賞の予想

2018年12月24日

名古屋グランプリの予想

3歳馬はハイレベルを証明できるか?
_________________

名古屋グランプリは、芝よりも持久力が問われるダートで有馬記念と同距離2500mを走るステイヤー決定戦。地方競馬の最長距離で行われるこのレースは、中央勢の独壇場で、地方馬の連対は12年前のレッドストーンまで遡らなくてはなりません。しかし、一昨年、昨年と地元のカツゲキキトキトが2007年のチャンストウライ以来の3着入線を果たし、レースを盛り上げてくれました。

地方競馬の下級条件戦ではダ2000m以上のレースが組まれることが滅多になく、ほとんどマイル以下の距離ばかり。競走馬は短い距離ばかりを使われればそれに慣れていく生き物ですが、そういう不利な環境の中でのカツゲキキトキトの3着はとても高い価値があります。相当に豊富なスタミナの持ち主なのでしょう。

また、名古屋グランプリは、JBCクラシック→チャンピオンズカップ→東京大賞典路線を表路線とするならば、白山大賞典→浦和記念→名古屋グランプリは裏路線。よって、白山大賞典や浦和記念を経由した馬が多く出走してきます。当然ながら、G2の浦和記念組も有力ですが、それ以上の表路線の脱落組の活躍が目立ちます。表路線の脱落組というのは、前走チャンピオンズカップで凡退して、東京大賞典への出走権が得られずに、ここへ出走してくる馬たちです。


続きは、こちら!


予想は、こちら!
posted by 山崎エリカ at 07:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 南関東&交流重賞の予想

2018年12月22日

阪神C(本日の見所)

阪神C
___

阪神Cは、年の瀬を盛り上げようと「短距離路線の有馬記念」という触れ込みで始まったレース。G2では札幌記念に次ぐ賞金が用意され、1着賞金は6700万円。創設当初は札幌記念と同額の賞金が用意されていました。

しかし、スプリント路線やマイル路線の上位馬は、その2倍以上の賞金が用意されている香港スプリントや香港マイルへ向かうことが多いため、同年のスプリンターズSやマイルCSの上位馬が、ここへ出走してくることは稀です。

仮に一昨年のミッキーアイルのように、前走でマイルCSを優勝した馬がここへ出走してきたとしても、「お疲れさまでした」になる場合がほとんど。ジャパンCを大目標にした馬が、有馬記念でしばしば凡退するように、ひとつのG1を大目標にした後の馬は、余力がなくなるため、その次走では苦戦することが多いのです。

また、阪神芝1400mは、スタートして平坦〜下り坂となる上に、最初の3コーナーまで約443mと長く、前半のペースが上がりやすいコース。今回は何が何でもハナを主張したい馬がおらず、内からダイアナヘイローか、外からペステンダンクが濃厚のメンバー構成ではありますが、雨の影響を受けて馬場が悪化していることを考えると、差しが決まる可能性が高いでしょう。
posted by 山崎エリカ at 09:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 今週の見所

2018年12月19日

全日本2歳優駿の予想

無敗馬vsダートグレード連対馬
ガルヴィハーラは1番人気に応えられるか?
____________________

2歳ダートの頂上決戦、全日本2歳優駿。このレースは、2歳チャンピオン決定戦らしく、芝の朝日杯FS同様に成長力が重要ポイント。近走で凡退が続いて成長力にやや疑問府がつく馬は、苦戦している傾向があります。つまり、高い能力を持ち、近走成績も良い勢いのある馬を狙うのが基本です。

実際に過去10年の優勝馬10頭中9頭が、ダートでは無敗の馬。それも前走では、中央の500万下かダートグレードを勝利していました。また、唯一、前記の条件を満たしていないのは……。


続きは、こちら!


予想は、こちら!
posted by 山崎エリカ at 08:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 南関東&交流重賞の予想

2018年12月15日

本日の見所(ターコイズS)

2018年 ターコイズS
__________

オープン特別から重賞に格上げされ、今年で4年目となるターコイズS。重賞に格上げと同時に、この時期に行われていた愛知杯の施行時期が年明けに繰り下げられたこともあり、オープン時代と比べると好メンバーが集うようになりました。

マイル戦ながら、秋華賞やエリザベス女王杯組などの中距離路線組が多数参戦し、対戦図式は中距離路線組vsマイル路線組。この比較が予想を難しくさせますが、秋華賞組やエリザベス女王杯組が苦戦傾向なのは確か。これはG1を目標にした後の一戦では余力がない上に、重いハンデが課せられるからでしょう。

特に、差し、追い込み馬は、昨年、人気を裏切っラビットランやワンブレスアウェイのように、追走に苦労し、外々を回るロスの大きい競馬で敗れています。このレースは、中距離路線組が集うことで、先行馬が手薄となり、前が容易にバテずに上がりの速い決着となるのも、前記の差し、追い込みタイプが苦戦する理由でもあります。

基本的には、前走マイル路線組が優勢ですが、中距離戦組でも3年前のシングウィズジョイのように、逃げ、先行馬ならば、十分チャンスがあるでしょう。さて、今年も荒れるのか? 楽しみな一戦となりました。
posted by 山崎エリカ at 12:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 今週の見所

2018年12月12日

クイーン賞の予想

前走大敗のプリンシアコメータ
1番人気に応えることができるか?
_______________

牝馬限定のダートグレードでは唯一、ハンデ戦で行われるクイーン賞。前走JBCレディクラシックの上位馬が優先出走してくるレースですが、ハンデを背負わされることを嫌って出走して来ないことも少なくありません。また、JBCレディクラシックの優勝馬は、今年のアンジュデジールのように、牡馬相手のチャンピオンズCに出走することも多く、この隙にこれまで牝馬限定の交流重賞の出走枠に入れなかった馬が、新規参戦してくることも多いです。

このレースの大きな特徴は、ハンデ戦でありながら1番人気が断然であること。過去10年では【6・3・0・1】と連対率90%を誇ります。唯一、1番人気を裏切ったのは……。


続きは、こちら!


予想は、こちら!
posted by 山崎エリカ at 14:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 南関東&交流重賞の予想