2018年06月17日

本日の見所(函館スプリントS)など

2018年 ユニコーンS 函館スプリントS
____________________

●ユニコーンS

フェブラリーSと同じ東京ダ1600mで行われるユニコーンS。芝スタートの直線の長いコースらしく、ペースが上がりやすいのが特徴。過去10年でも平均ペースで決着したのは、高速ダートで逃げ馬がサマリーズのみだった2013年(勝ち馬ベストウォーリア)のみ。それ以外の年は全てハイペースで決着しており、差し、追い込み馬が台頭することもしばしばあります。

今回の出走馬で、逃げて好走した実績があるのは、内からセイウンクールガイ、ハーベストムーン、コマヒョウ、ダンケシューンの4頭。このうちハーベストムーン、コマヒョウは中距離の逃げ馬で、芝スタートコースでは逃げた実績がありません。セイウンクールガイかダンケシューンがハナへ行く形になるでしょう。最内枠から包まれないようにある程度、出さなければいけないセイウンクールガイ、芝の部分を多く走るために勢いに乗せやすいダンケシューンが前へ行く展開が濃厚か!?

芝スタートコースは、展開が読みにくいのですが、普通に見てハイペースは免れないでしょう。実力上位なのは、青竜Sや伏流S、鳳雛Sの上位馬、特に先行馬ですが、ローテーションに問題もある馬も多く、展開面でも割引。この辺りに穴馬のつけ入る隙はありそうです。


●函館スプリントS

函館スプリントSが行われる芝1200mは、前半で坂を上って、後半で坂を下るコース。このため、本来はペースが上がりにくいのですが、高松宮記念以来の芝1200m戦となるために、トップクラスのスピードタイプが集い、意外とペースが上がるのがポイント。ただし、開幕週の高速馬場、年によっては超高速馬場で行われるため、ある程度、ペースが上がっても前から押し切れているのが実情です。

今回も内からセイウンコウセイ、ダイアナヘイロー、ワンスインザムーンと逃げ馬が揃った一戦。逃げなければ持ち味が生きないワンスインザムーンは何が何でも逃げたいはずですが、同馬はテンが遅い馬。セイウンコウセイが第二のロードカナロア(最内枠から出して行かなかったために、4コーナーから前が詰まって2着に敗れる)のようにならないようにと、池添騎手ならばある程度、積極的に出して行くでしょう。ダイアナヘイローは今年の高松宮記念でセイウンコウセイと競り合って最下位に敗れたことから、競り合わずにセイウンコウセイの2番手を狙う可能性が高いはず。

今年は、昨年1分07秒6のレコード決着となったHTB杯(1000万下)が1分07秒9だったように、昨年よりは少し時計を要しているものの、超高速馬場と言ってもいいレベル。昨年はシュウジが暴走して前半3F32秒2で通過したことにより、前が崩れて1分06秒8のレコード決着となりましたが、通常は速くても33秒台前半。セイウンコウセイが逃げる展開ならば、前半3F34秒台前半で決着タイムが1分07秒半ばくらいでしょう。これくらいのペースならば、十分前から押し切れるはずですが……。個人的には、前中心で予想を組み立てたいレースです。
posted by 山崎エリカ at 01:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 今週の見所

2018年06月13日

関東オークスの予想

中央馬が貧弱な一戦
地方馬にもチャンスはあるか?
______________

3歳牝馬限定の唯一のダートグレードとなる関東オークス。関東オークスは、2012年に川崎のアスカリーブルが中央の強豪を抑えて勝利するなど、地方勢の活躍が目立ちます。一昨年も船橋のミスミランダーが7番人気で2着入線して波乱となりました。また、昨年もクイーンマンボ圧勝の陰に隠れて、大井のステップオブダンスが6番人気で3着に粘りました。

地方馬のこのレースでの成績は、過去10年で1着1回、2着4回、3着7回。中央馬の活躍ばかりが目につくダートグレードで、この成績は驚くほど優秀です。これは……。


続きは、こちら!


予想は、こちら!
posted by 山崎エリカ at 06:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 南関東&交流重賞の予想

2018年06月12日

第5回 「中野省吾騎手、いざマカオへ!」

『感謝編』
中野省吾×山崎エリカ
___________

いよいよ、最終回!

中野省吾騎手がファンへ向けて感謝の気持ちを語ってくれています。

また、今後、南関東ではあの若手騎手が活躍するとか!?
収録を終えたあと、「その若手騎手は、位置取りのセンスがあると言っていました。


check it out!




ちなみに収録が終えるまで、昨日のこのコーナーで紹介した公園パンダにどのように乗っているか想像つかなかったのですが、思いのほかガチ乗りで驚きました Σ(´Д` )。

中野騎手が南関東をクビになって、「これからトレーニングするのにどうしよう?」と困っていたら、タイミング良く遊具がふたり乗りのワニから、木馬のような動きをするパンダに変わったとのこと。だからパンダには運命を感じているとのことでした。

正直、私は、おそらく大人が木馬のように使用すると想定して作られていないであろう、パンダのスプリングが気になり……。


『競馬王』7月号の中野省吾インタビューもよろしく♪
私と編集部の下Mくんと3人で行っています!


posted by 山崎エリカ at 01:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬を語る

2018年06月11日

第4回 「中野省吾騎手、いざマカオへ!」

『マカオでの勝算編』
中野省吾×山崎エリカ
___________

先週の金曜日に『マカオでの勝算編』が更新されてました。


先日、サンスポさんの記事で、「公園のパンダに乗ってトレーニング中です(笑)」と掲載されていました。


そのパンダの正体がわかります(笑)。


check it out!


posted by 山崎エリカ at 14:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬を語る

2018年06月10日

本日の見所(エプソムCなど)

2018年 マーメイドS、エプソムC
________________

●マーメイドS

マーメイドSは、先週の鳴尾記念と同舞台で行われるレース。先週の鳴尾記念の「見所」で、阪神芝2000mは、阪神芝コースの中では、逃げ、先行馬がけっこう頑張れるコースであることをお伝えしました。阪神芝2000mはスタートしてから急坂を上るため、前半のペースがそれほど上がりづらいからです。

前記の事柄を示すかのように、マーメイドSの過去10年では、逃げ馬が穴を開けています。該当馬は2008年・ピースオブラヴ(10番人気・2着)、2009年・コスモプラチナ(9番人気・1着)、2010年・セラフィックロンプ(14番人気・2着)、2013年・アグネスワルツ(10番人気・2着)の4頭。

一方、軽ハンデの追い込み馬も、しばしば活躍しているのがポイント。該当馬は、ハンデ52s以下が対象で、2008年・トーホウシャイン(12番人気・1着)、2011年・アースシンボル(13番人気・3着)、2012年・クリスマスキャロル(7番人気・2着)、同年・メルヴェイユドール(10番人気・3着)、2016年・ヒルノマテーラ(7番人気・2着)の5頭。

2008年こそ道悪のハイペースでしたが、2009年以降は5F通過59秒台後半よりも遅い平均〜スローペースで決着しています。ところが追い込み馬が2着か3着に来てしまっていることもあるのは、高速馬場で行われることが多いゆえに、逃げ、先行馬が仕掛けのタイミングが速いからでしょう。

マーメイドSで逃げ、先行馬が残れている年の大半は、レースのラスト2F目が最速。対して、軽ハンデの追い込み馬が2着、3着に台頭した2012年はラスト4F目が最速、追い込み馬が2着の2016年は、ラスト3F目が最速です。

結果的にラスト1F目に急坂のある阪神コースでは、前半で上手く脚をタメながら逃げても、3コーナーから動いて最後まで息が持つほど甘くないということ。実際にこのあたりから逃げ馬が動いた年は、ラスト1Fで軽ハンデの追い込み馬が突っ込んできているという現象が起こっています。

つまり、逃げ馬に乗る騎手が、どこから動いて行くかで前残りか、ラスト1F 追い込み馬がズドンと来るか決まるということ。そのあたりを的確に判断すれば、かなり的中に近づけるでしょう。ひとまず、マーメイドSで穴を開けるのは、逃げ馬か軽ハンデの追い込み馬が大半であることを覚えていて損はなさそうです。


●エプソムC

東京芝1800mで行われるエプソムC。「府中の千八展開いらず」と言われていますが、このレースはまさにその言葉がぴったり。東京芝1800mは1〜2コーナーの間のポケット地点から斜めに横切りながらスタートするため、ストレートが長く、紛れが生じずらいコースです。

特に高速馬場前提の上級条件では、レースがスローペースになったとしても、ラスト4〜5F目から11秒台の速い脚を使って、さらにラスト2〜3F目で11秒台前半の速い脚を連発させなければ勝てないような極限のスピード比べのレースになります。ラスト3Fで33秒台の脚が使えるような馬でないと厳しいでしょう。

逆にラスト3Fで33秒台の脚が使えないというような馬ならば、3年前の2着馬マイネルラクリマや昨年の3着馬マイネルミラノのように、前半でリードを奪って行けばチャンスがあります。つまり、自分の弱点を補うことも可能なコースのため、ほとんど能力どおりに決まっています。このレースが比較的に本命サイドで決着することが多いのもそのせいでしょう。
posted by 山崎エリカ at 10:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 今週の見所

2018年06月08日

第3回 「中野省吾騎手、いざマカオへ!」

『決意表明編』
中野省吾×山崎エリカ
_____________________

今朝、モレイラ騎手が、来シーズンは香港での騎手免許を更新をせず、今秋JRA騎手試験を受験するというニュースが飛び込んできました。

どんどん加速する競馬の国際化。中野省吾騎手が偶然にもこのタイミングでマカオへ行くことになったのは、彼が太い運の持ち主だからかもしれません。

第3回目の『決意表明編』では、同騎手がマカオ参戦のいきさつを語ります。


check it out!


posted by 山崎エリカ at 21:00| Comment(1) | TrackBack(0) | 競馬を語る

第2回「中野省吾騎手、いざマカオへ!」

『WASJ編』
中野省吾×山崎エリカ
_____________________

競馬は「馬7割、騎手3割」と言うけれど、中野省吾騎手の場合は「オレ、ほぼ10割」。オレが馬にハマるかハマらないかが全てだと言います。それが正しいかどうかは別として、騎手ならそう思って乗ったほうが幸せだと思う日々。結果を全て自分のせいにすれば、ノンストレスで馬に乗れる。

check it out!




中野省吾騎手が持っている、他の騎手には真似できない具体的な「必殺技」に関しては、『競馬王』7月号のインタビューで触れています。


posted by 山崎エリカ at 00:00| Comment(1) | TrackBack(0) | 競馬を語る

2018年06月07日

北海道スプリントCの予想

北海道スプリントCは堅い傾向
しかし、今年は波乱のパターンか?
_______________

旭川競馬場の廃止により、2009年から門別に舞台を移し、2010年より門別のダ1200mで行われている北海道スプリントカップ。このレースは放牧地という土地柄で行われることもあり、秋の大一番を目指して、この後にリフレッシュ放牧予定の実績馬が多く集います。ハイレベルな決着になることが多いため、人気の実績馬同士で決着することがほどんどです。


続きは、こちら!

予想は、こちら!
posted by 山崎エリカ at 16:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 南関東&交流重賞の予想

兵庫ダービーの予想

本当に主役不在か!?
__________

昨日、南関東の競馬新聞を眺めていたら、東京ダービーよりもこちらのほうが楽に予想が出来て、馬券が買いたくなったので、予想エントリーしてみました。

個人的には、東京ダービーよりも面白いと思っています♪(´ε` )。


ウマニティ予想は、こちら!

netkeiba予想は、こちら!
posted by 山崎エリカ at 12:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 南関東&交流重賞の予想

2018年06月06日

第1回「中野省吾騎手、いざマカオへ!」

『オープニング編』
中野省吾×山崎エリカ
______________________

第1回目となる『オープニング編』では、先日マカオ競馬騎手ライセンスを取得した中野省吾騎手が気になる船橋競馬騎手免許失効のいきさつや、ホストクラブ勤務時代の裏話を語ってくれています。


山崎「騎手としての引退ってなった時、自分では何が理由だと思ってる?」

中野「人にもよると思うんですけど、僕の場合、競馬外での制裁だったりしたので……」

山崎「え、そうなの?何やったの?」


check it out!


posted by 山崎エリカ at 22:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬を語る