2018年05月12日

本日の見所(京王杯SC)

2018年 京王杯スプリングC
_____________

京王杯スプリングCは、安田記念の前哨戦。また、このレースは、高松宮記念以来の短距離重賞となるために、短距離馬がとりあえず出走してくることが多く、対戦図式は前走・高松宮記念組vsマイル路線組。さらに上がり馬も参戦してくるので、おおよその力関係を知っておくことが重要になるでしょう。近年は、マイル路線のレベル低下に伴い、短距離路線馬の活躍が目立っています。

しかし、高松宮記念の上位馬は、激戦の疲れが抜けきらずに、2014年のコパノリチャードや2012年のサンカルロ、2010年のエーシンフォワードのように、あっさりと人気を裏切ることもしばしば。また、マイル路線の上位クラスの馬は、今回が始動戦になる馬も多く、昨年のサトノアラジン(次走・安田記念V)のように、凡走するケースも少なくありません。だから毎年波乱、大波乱の連続なのです。(過去10年で馬連万馬券が3回)

では、何を狙えばいいか? 上がり馬か前走、近走で凡走していた実力上位馬です。この場合の凡走とは、あくまでもその馬にとっての凡走。本来の能力を出し切れなかった馬を指します。休養明けで凡走、オーバーペースに巻き込まれて凡走、致命的な不利があったなど、もともと今回のメンバーにおいて、能力上位馬であれば理由は何でもいいです。

また、東京はこの開催よりBコース使用となり、昨年のように雨でも降らない限り、前週よりも馬場が高速化することがほとんど。今年も良馬場、超高速馬場で内枠からトウショウピストが楽に逃げるのであれば、スローペースが濃厚。前を意識して動いて行ける馬、決め手上位の馬が有力になるでしょう。
posted by 山崎エリカ at 08:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 今週の見所

2018年05月06日

本日の見所(新潟大賞典)

2018年 新潟大賞典
_________

春の新潟開催を代表する新潟大賞典。このレースは、ここをステップに宝塚記念へ向かう馬もいれば、来月の鳴尾記念やエプソムC、その先のサマー2000シリーズを目指す馬もいて、中距離路線のG3としてはレベルが高くなることがほとんど。今年も昨年の大阪杯2着馬ステファノスや直近でG3級を超える指数をマークしている馬が出走しており、豪華な顔ぶれとなりました。

また、このレースはステップレースらしく、しばしば休養明けの馬が出走してきます。しかし、さすが好メンバーだけあって、格下の休養明けの馬はほとんど通用していません。休養明けでも通用しているのは、昨年の2着馬マイネルフロストや一昨年の勝ち馬パッションダンス、2着馬フルーキー、2015年の2着馬ナカヤマナイトのように、重賞で上位の実績のあるタイプが多いです。

さらにこのレースは、超高速馬場でストレートの長い新潟芝2000mが舞台。こういった条件下では、先行〜中団からもうひと脚、速い上がり3Fタイムでまとめてこられる馬が有利。極端な中緩みが生じた2009年のこのレースでは、追い込み馬のオースミグラスワンが上がり3F31秒9という、驚く数字で直線一気を決めたことがあまりに有名ですが、追い込み馬は、このレベルとまではいかずとも、33秒を切るか、切らないかの末脚を使える馬ではないと厳しいでしょう。

新潟は昨日、雨の影響を受けて時計を要していましたが、本日は馬場が回復して、高速化してくるはず。先行〜中団からもうひと脚、そしてハンデが重すぎない馬を本命馬に据えたいものです。ここにフォーカスすると、本命にすべき馬が絞れますね♪
posted by 山崎エリカ at 11:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 今週の見所

2018年05月05日

本日の見所(京都新聞杯)

2018年 京都新聞杯
_________

東の青葉賞、西の京都新聞杯。京都新聞杯は、ダービーのトライアルレースではありませんが、陣営はそういう意識で使ってくることが多いです。特に近年は、このレースの優勝馬から2015年サトノラーゼン、2013年キズナ、2012年トーセンホマレボシなど、ダービー好走馬を輩出。今年はこれまで何度も負けたことがある、敗者復活戦のようなメンバー構成だけに、ダービーに繋がるかはともかく、主役不在の大混戦でとても楽しみなレースとなりました。

また、このレースは、キズナの追い込みのイメージが強いかもしれません。しかし、あの年はレース直線で雨が降り、少し時計が要した上に、逃げたウインアルザスと2番手キングデザイヤーが後続を突き放して5F通過59秒2と、過去10年の京都新聞杯では2番目にペースが速かった年(1番目は、2014年で優勝馬はハギノハイブリッド)。

ほとんどの場合は、前半スローペース〜平均ペースで流れて、向こう上面の上り坂で坂で息が入り、3〜4コーナーからレースが動くことが多いレース。3コーナーからペースが上がるので、ここで中団よりも前の位置が取れていないと厳しくなることが多いです。当然、4コーナーをロスなく立ち回れる内枠、内目が好ましいでしょう。

今年は逃げ馬ケイティクレバーの陣営が、「スタートして1歩目が速くないから慌てさせないレースをしたい」とコメントしているので、ゲート出たなりのレースをするはず。前走は逃げ切り勝ちをしているもののタニノフランケルではもっとスタートが遅いし、ゲートを上手く出られれば、メイショウテッコンが逃げることになるかもしれません。いずれにしろ、スタートが遅い馬ばかりなので、意外な馬が逃げて案外とペースが上がる可能性も十分でしょう。

つまり、例年の京都新聞杯の展開パターンが当てはまらない可能性もあるのに、内枠の馬が過剰人気。フランツは前走・アルメリア賞が前崩れの展開に恵まれての勝利だし、グローリーヴェイズは今回が休養明け。芝2200m戦で休養明けの馬がいきなり結果を出すのも容易なこともありません。しかも、昨年のサトノクロニクルのように前走で芝2200m戦を経験しているならばともかく、グローリーヴェイズの場合は今回が初距離です。

また、道悪で能力を出し切った後のタニノフランケルを狙うのは、極論すれば、昨秋の天皇賞や菊花賞上位馬を次走で狙うようなもの。タニノフランケルはそんなに強いのか? ここはシンプルにレースを順調に使われている素質馬を本命にしたいところです。なぜだかとても人気がないのでラッキーです♪
posted by 山崎エリカ at 09:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常を語る

2018年05月02日

兵庫チャンピオンシップの予想

1800mのオープン勝ち馬が不在
実質は500万下勝ち馬の成長比べ
_______________

ゴールデンウィークのダートグレード第3弾は、3歳最初のダートグレードとなる兵庫チャンピオンシップ。昨年の兵庫ジュニアグランプリ以来、地方馬と中央馬が激突する舞台です。しかし、過去10年で地方馬が連対したのは、東日本大震災大震災の影響を受け、中央の500万下やオープン特別が通常通りに開催されなかった2011年度のみ。(この年は、中山の伏流Sが中止) それ以外は中央勢の独壇場で、地方馬は大敗の連続という結果となっています。

2011年度は、オオエライジン世代で兵庫のレベルがやや高かったのもありますが、ヒアシンスSの勝ち馬など、有力馬がぶっつけ本番で挑むことになり、どう見ても伏流Sの中止の影響があったとしか……。

それにこのレースは過去10年(計9回)で【3・2・0・1】と……。


続きは、こちら!


予想は、こちら!
posted by 山崎エリカ at 18:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 南関東&交流重賞の予想

かしわ記念の予想

今年のフェブラリーSは前崩れ
展開に恵まれた連対馬は過信禁物
_______________

ゴールデンウィークのダートグレード第2弾は、船橋で行われるG1・かしわ記念。このレースは、上半期の大一番・帝王賞の前哨戦ですが、いかにもG1戦らしく、G1ウイナーが多く参戦します。また、距離1600mの条件設定ということもあり、JRAから参戦してくるほとんどの馬は、前走でフェブラリーSに出走していた馬。時々、休養明けの実績馬が出走してくることもありますが、スタミナが必要とされるダート戦らしく、それらは苦戦している傾向があります。

実際に過去10年の連対馬20頭全てが、同年のフェブラリーS以降のレースに出走していた馬。休養明けで挑んだ2013年のローマンレジェンドや2011年のエスポワールシチーは……。


続きは、こちら!


予想は、こちら!
posted by 山崎エリカ at 02:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 南関東&交流重賞の予想

2018年04月30日

かきつばた記念の予想

ハンデ戦で混戦模様
_________

ゴールデンウィークに集中して行われるダートグレード第1弾は、昨年より装いを新たに、ハンデ戦に生まれ変わったかきつばた記念。昨年のこのレースは、ハンデ戦になったことで、JRAのトップクラスは不在。優勝したのは、ハンデ52キロを利して逃げ切った園田のトウケイタイガーでした。

このレースは、一昨年にJRAの出走枠が1枠増えて5頭となりました。しかし、昨年のJRAからの参戦馬は、東京スプリントの凡退馬と、新興勢力ばかり。今後もそのような傾向が予想されますが、大きく変わらないのは……。


続きは、こちら!

予想は、こちら!
posted by 山崎エリカ at 04:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 南関東&交流重賞の予想

2018年04月28日

本日の見所(青葉賞)

2018年 青葉賞
_______

青葉賞は、みなさんもご存知のダービートライアル。このレースは皐月賞から中1週で行われるため、皐月賞組の参戦はほどんどありません。そのためレベルが低い年もありますが、遡ればゼンノロブロイやシンボリクリスエスのように、遅れてデビュー&年明けに休養から復帰した大物が出現することもあります。

2012年のダービー2着馬フェノーメノや2011年のダービー2着馬ウインバリアシオンも、このレースの優勝馬。昨年のダービー3着馬アドミラブル、2014年のダービー3着馬マイネルフロスト、2013年のダービー3着馬アポロソニックもこのレースの連対馬でした。

今年は皐月賞当日がけっこうタフな馬場で、消耗度の高いレースになっただけに、ダノンプレミアムの出走ひとつでダービーでのチャンスもあるでしょう。今年もなかなかの素質馬が出走してきているだけに、個人的には見物です。

また、このレースも先週のフローラS同様にスローペースが基本。超高速馬場で行われることが多い上に、今回の芝2400mが初距離となる馬が多いからでしょう。ただし、さすがに牡馬のレースだけあって、仕掛けのポイントが早くなっているのが特徴。ラスト4F目から11秒台の脚の持続が求められることが多く、一昨年のようにどスローになった場合には、ラスト6F目から11秒台の脚の持続が求められることもあります。

つまり、このレースは持久力、ステイヤー適性が必要であるということ。例年、前走芝2200m以上の500万下の上位馬が活躍しているのはそのせいでしょう。また、フェノーメノやウインバリアシオンのように、弥生賞大敗から巻き返してくる馬というのは、これまで長距離を使わなかっただけの隠れステイヤータイプが多いです。

フェノーメノやウインバリアシオンのように他馬を上回れる速いトップスピードの持続力があれば、差し、追い込み馬でも勝ち負けできますが、そのような3歳馬はそう多くもありません。ある程度前を意識して動いて行けるステイヤー適性が高いタイプを本命馬とするのが好ましいでしょう。
posted by 山崎エリカ at 07:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 今週の見所

2018年04月27日

『2018年・競馬王のPOG本』発売

お知らせ、出遅れた!
__________

昨日、4月26日(木)に『競馬王のPOG本』(ガイドワークス)が発売されました!

私は、今年もキャロットさん、東サラさん、広尾さん、そして昨年、立ち上げたばかりのニューワールドレーシングさんを、矢作麗ちゃんは、シルクさんと、ライオンさんを取材しています。

また、本を読んでいないので、自分と麗ちゃんが担当した一口クラブのページばかりの告知になってしまいますが、他にもノーザンFを始め、育成牧場の情報が盛りだくさん♪


立ち読みはダメ。絶対!
ぜひ、お買い求め下さいませ<(_ _*)>。



キャロットさんで、新たに増えたダービーのレイとパシャリ。昨年、担当の永島さんが「ダービーのが欲しいなあ〜」って言っていたら、案外と簡単に手に入れちゃってました。今や庶民派クラブでも、ダービーの称号が手に入る時代だね♪

carrot-c.jpg
posted by 山崎エリカ at 20:57| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ

2018年04月26日

死闘のニュータカラコマ

やっと受け入れたよ
_________

先月のばんえい記念は、ニュータカラコマが倒れた途中でテレビ消しちゃって、最後まで見なかったけど、さっきやっと見れたよ。

ばんばは、第二障害でパタリと倒れて、死んだふりをすることが間々あります。さっきまで動かなかったくせに、ソリを外すとケロリと立ちあがり、何事もなかったかのような涼しい顔でにおうちに帰える。


舐めてんのか、ゴルァ!
ってのがあるんです。

ニュータカラコマもケロリとおうちに帰ったと思うことにしてたけど、帰ってなかった……。

第一障害を手こずったとき、いつものニュータカラコマではなく、第二障害を苦戦しながらも、降りれた時点で驚きだったけど、やっぱり苦しかったかー。トップクラスの馬は真面目だから、いつも限界LOVERS。




能検で敗れて肉になるか、限界まで走るか?

ばんばを生産すること自体が問題があるという意見もあるけど、そうすれば、生産する者やこの生き物たちに自由はないのかという話になる。

もちろん、これを動物虐待と発言する人にも自由がある。
posted by 山崎エリカ at 11:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬を語る

2018年04月22日

本日の見所(マイラーズCなど)

2018年 フローラS、マイラーズC
________________

●フローラS

フローラSは、みなさんもご存知のオークストライアル。このレースは桜花賞から中1週で行われるため、桜花賞組の参戦はほどんどありません。そのためレベルが低い年もありますが、昨年の優勝馬モズカッチャンなどのように、遅れてデビューした大物が出現することもあります。

2016年のオークス2着馬チェッキーノも、2013年オークス3着馬デニムアンドルビーも、2010年に史上初のオークス同着を決めたサンテミリオンも、このレースの優勝馬です。今年は桜花賞組の層が厚いですが、桜花賞路線と別経由のキャリアの浅い馬が勝てば、オークスでも上位に食い込めるチャンスはありそうです。

また、フローラSの脚質傾向は、いたってワンパターン。ストレートが長い東京芝2000mの舞台は、本来、差し、追い込み馬でも十分に勝ち負けを意識できますが、このレースはまだ、体力のない3歳牝馬の対決。しばしばスローペースの前から押し切りが決まります。いや、過去10年を見てもパンパンの良馬場、超高速馬場でスローペースにならなかった年は一度もありません。年はありません。(平均ペースの2016年度は良馬場発表も、午前中の雨の影響あり)

実際にこのレースの過去10年を見ても、1番人気を裏切っているのは、2017年ホウオウパヒューム、2016年ビッシュ、2014年マジックタイム、2009年ミクロコスモスなどのように、4コーナー10番手以下だった馬たちばかりです。また、中団くらいで立ち回れば前まで届くこともありますが、その場合は昨年のモズカッチャンのようにイン強襲がほとんどです。

本日は、パンパンの良馬場。高速馬場。やっぱり前を意識して動いて行ける馬でなければ、苦戦するでしょう。逃げ、先行馬を本命とし、中団よりも前で立ちまわれることを前提に馬券を組み立てたいです。


●マイラーズC

安田記念の前哨戦の位置付けとなるマイラーズC。このレースは4月の阪神最終週から、4月の京都開幕週に舞台を移して、今年で7年目。しかし、京都に移してから、全く本番・安田記念には繋がらなくなりました。京都で行われるマイラーズCをステップにして安田記念で連対した馬は、これまで皆無です。

これは、なぜか? 良馬場ならば走破タイム1分32秒台は当然、1分31秒台でも平気で出るほどの超高速馬場で、スピードばかりが求められるからです。前哨戦で求められるのは「負荷」。つまり、心肺機能の強化(スタミナの強化)です。しかし、マイラーズCではそれを補えないのだから、本気で安田記念を勝ちたいのであれば、ここをステップにするのはタブーでしょう。

このレースは、牡馬混合の古馬マイル路線では、唯一のG2。賞金目当てで出走させるならばともかく、本気で安田記念を勝ちたい馬がここをステップに選ぶ陣営がいるのだとすれば、調教師としての見識を疑っちゃいます。いないことを信じていますが…(笑)。

また、それだけスピードが問われるレースだからこそ、コーナーロスは致命的。昨年のマイラーズCでイスラボニータとエアスピネルの勝敗を分けたのも、終始インにこだわて騎乗したイスラボニータ&ルメール騎手と、外から来られて外に出しながらの競馬になったエアスピネル&武豊騎手の差でしょう。

エアスピネルは、また、昨年と同じ4番枠を引き当てましたが、昨年と同じ乗り方だと勝つまでは厳しいか? しかし、外に出さなければ、包まれて何もせずに終わる可能性もあるので、騎乗パターンの選択は外に出しながらの一択しかないのかもしれません。それがずば抜けた先行力がなく、決め手もない馬の内枠、1番人気馬の怖さです。

また、このレースの穴は、一昨年、2番クルーガー、1番ダノンシャーク、4番クラレントで決まったことからもわかるように、最短距離を立ち回れる内枠です。あと、超高速馬場&外回りコースでは、インに拘った騎乗(インから合流地点で馬群が開いたところで、外へ出すパターンを狙ってくる騎乗)をするルメール騎手ですが、この騎手は過剰人気にになるので、むしろ厄介な存在か?

まとめるとマイラーズCは、能力の他に位置取りで決まることが多いということ。また、スタミナが求められないだけあって、2013年の優勝馬グランプリボスや2015年の2着馬サンライズメジャーなど、休養明けの馬もよく好走しています。
posted by 山崎エリカ at 08:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 今週の見所