2016年10月13日

エーデルワイス賞の予想

高配当が出現するか!?
__________

2歳最初のダートグレードとなる、エーデルワイス賞。ホッカイドウ競馬ではリリーカップ、フローラルカップに続く2歳牝馬三冠競走の最終戦として行われています。このレースは2013年には3連単1,227,740円が飛び出すなど、過去を遡っても高配当決着の連続。本命サイドの決着があたりまえとされる交流重賞の中で、もっとも非常識に荒れるレースです。

対戦図式は、当然、地方勢vsJRA勢。地方勢のほうがデビュー時期が早いことやレース数が充実していることから、キャリアが豊富な地方勢が圧倒的に有利。逆に、キャリア数戦で挑まなければならないJRA勢は不利です。しかし、それでもJRA勢に夢を託す傾向が強く、そのことも高配当続出の歴史に拍車を掛けているようです。


続きはこちら→http://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=7894


予想はこちら→http://nar.umanity.jp/coliseum/coliseum_view.php?user_id=3100000007&race_id=2016101336130611
posted by 山崎エリカ at 09:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 南関東&交流重賞の予想

2016年10月10日

マイルCS南部杯の予想

逃げなくなって強くなったコパノリッキー
今回はハナへ行くか、控えるか?
___________________

マイルCS南部杯は、あのメイセイオペラを送り出した岩手最大のレース。JBCスプリント、JBCクラシックの最後の前哨戦ですが、さすがG1のマイル戦だけのことはあって、同年のフェブラリーS上位馬やかしわ記念の上位馬が集います。休養明けの実績馬vs上り馬の図式が作られますが、実績馬に軍配が挙がることが大半です。

過去10年で同年のフェブラリーS・5着以内だった馬のマイルCS南部杯での成績は…

続きはこちら→http://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=7872


今年は、アウォーディーなどの新興勢力との対戦を避けるように、王道路線の上位馬が日本テレビ盃ではなく、ここに集結しました。例年よりもメンバー質が高く、ハイレベル。しかし、王道路線の上位馬には一長一短ありです。

予想はこちら→http://nar.umanity.jp/coliseum/coliseum_view.php?user_id=3100000007&race_id=2016101010090611
posted by 山崎エリカ at 08:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 南関東&交流重賞の予想

2016年10月04日

白山大賞典の予想

どの馬が1番人気かなあ?
____________

白山大賞典は、金沢で行われる唯一の交流重賞。この時期は『Road to JBC』と称して、レディスプレリュード、東京盃、日本テレビ盃、マイルチャンピオンシップ南部杯などのJBC指定競走が行われていますが、唯一それに所属しないのが白山大賞典です。本来は、時期的にも、ダ2100mという距離からも、JBC指定競走であってもいいはずですが、そこに所属しないのはG3だからです。

稀にレディースプレリュードや日本テレビ盃に調整が間に合わず、マイルチャンピオンシップ南部杯では距離が短いという馬が出走してくる場合もあります。金沢でJBCが行われた2013年は、1着馬に高額賞金が用意されていたこともあり、G1馬のハタノヴァンクールが出走してきたこともありました。しかし、基本的にJBCに繋がるというよりは、この先の浦和記念、名古屋グランプリへと繋がっていくレース。


続きはこちら→http://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=7860


予想はこちら→http://nar.umanity.jp/coliseum/coliseum_view.php?race_id=2016100422140411&user_id=3100000007
posted by 山崎エリカ at 04:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 南関東&交流重賞の予想

2016年09月28日

日本テレビ盃の予想

アウォーディー有力も…
___________

日本テレビ盃は、JBCクラシックの前哨戦。実績馬にとっては、この先のJBCクラシック→チャンピオンズC→東京大賞典へと続く始動戦になります。わかりやすく言えば叩き台。昨年、フェブラリーSを勝利したコパノリッキーと、帝王賞を勝利したクリソライトが夏場にレースを使われた上り馬のサウンドトゥルーに圧倒されたように、基本的には上り馬優勢のレース。休養明けの実績馬と順調にレースを使われた上り馬と、差のない力関係ならば夏場を順調に使われた上り馬が勝ちます。

しかし、昨年のサウンドトゥルーのように、7月のJRAオープンを強い勝ち方をしたような馬が、例年のように出走してこないのも事実。


続きはこちら→http://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=7827


予想はこちら→http://nar.umanity.jp/coliseum/coliseum_view.php?user_id=3100000007&race_id=2016092819070311
posted by 山崎エリカ at 13:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 南関東&交流重賞の予想

2016年09月22日

東京盃の予想

ダノンレジェンドは苦手な内枠
1番人気に応えられるか?
______________

東京盃は11月の大一番、JBCスプリントの前哨戦。このレースはスプリントの交流重賞では唯一のG2になるので、交流重賞路線の上位馬やプロキオンSの上位馬、芝の短距離からの路線変更馬などハイレベルなメンバーが集います。特に近年は、ここからJBCスプリントの連対馬が誕生することが多いので、本番を占う意味でも大切な一戦と言えます。

とにかくこれまでの短距離交流重賞よりもハイレベルですから、基本的に前走重賞で連対している馬が最有力です。


posted by 山崎エリカ at 11:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 南関東&交流重賞の予想

2016年09月19日

レディスプレリュードの予想

ホワイトフーガは断然人気に応えられるか?
____________________

レディスプレリュードは、プレリュード(前奏曲)の名の通り、JBCレディスクラシックの前哨戦。2011年にJBCレディスクラシックの新設とともに、TCKディスタフからレディスプレリュードへと名称変更され、JBCレディスクラシックの前哨戦として行われるようになりました。

このレディスプレリュードは、大きく荒れない交流重賞の中でも波乱度の低く、2013年こそ7番人気のアクティビューティが2着したものの、それ以外は全て1〜3番人気馬が連対しています。この路線は実力差が大きいため、あまり荒れないのでしょう。ただし、近年は創設当初と比べると、芝の上級クラスで通用しない馬は即座にこの路線に切り替えてくる傾向があるため、今後は能力差が詰まり、ちょっとしたことで着順が入れ変わる可能性も十分あります。


posted by 山崎エリカ at 14:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 南関東&交流重賞の予想

2016年09月15日

オーバルスプリントの予想

1番人気は勝てない?
_________

2011年にダートの交流重賞として生まれ変わり、今年で6回目となるオーバルスプリント。しかし、このオーバルスプリントには、「1番人気は勝てない」というジンクスがあるのはご存知でしょうか? 1番人気の最高着順は2014年に2着のエーシンビートロン。昨年、1番人気に支持されたタガノトネールも3着が精一杯。それ以外の1番人気馬は全て4着以下に敗れています。

歴史の浅い交流重賞とは言え、全体的に配当が堅めの交流重賞で、ここまで1番人気が勝てないというのも珍しいこと。ここまで続けば、“たまたま”ては片づけられないでしょう。そこには何かしらの理由があるはずです。


posted by 山崎エリカ at 11:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 南関東&交流重賞の予想

2016年08月18日

サマーチャンピオンの予想

ここも波乱に期待
________

実績上位のタガノトネールは近走一息。グレイスフルリープは今回が休養明けで先を見据えた一戦。さらにこのレースはハンデ戦だけに斤量の軽い馬に食指が動きます。

posted by 山崎エリカ at 13:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 南関東&交流重賞の予想

2016年08月16日

クラスターCの予想

ダノンレジェントは酷量…
_____________

実力上位のダノンレジェンド、ブルドックボスがこの先を見据えた休養明けの一戦。しかも、ダノンレジェンドはスタートに影響を及ぼす斤量60sを背負うことを考えると、東京スプリントのように出負けする可能性もあります。


そこで5000円購入で払い戻し、10万越えの大波乱に期待してみました!!!


posted by 山崎エリカ at 11:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 南関東&交流重賞の予想

2016年08月11日

ブリーダーズGCの予想

旧勢力vs新興勢力
________

忙しくて見解が書けてませんが、よろしければブリーダーズGCの予想をご覧きださい。
夕方に時間があれば、見解を書きます(*⌒∇⌒)b。




追記
見解は書き終えました♪
posted by 山崎エリカ at 13:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 南関東&交流重賞の予想