2018年06月13日

関東オークスの予想

中央馬が貧弱な一戦
地方馬にもチャンスはあるか?
______________

3歳牝馬限定の唯一のダートグレードとなる関東オークス。関東オークスは、2012年に川崎のアスカリーブルが中央の強豪を抑えて勝利するなど、地方勢の活躍が目立ちます。一昨年も船橋のミスミランダーが7番人気で2着入線して波乱となりました。また、昨年もクイーンマンボ圧勝の陰に隠れて、大井のステップオブダンスが6番人気で3着に粘りました。

地方馬のこのレースでの成績は、過去10年で1着1回、2着4回、3着7回。中央馬の活躍ばかりが目につくダートグレードで、この成績は驚くほど優秀です。これは……。


続きは、こちら!


予想は、こちら!
posted by 山崎エリカ at 06:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 南関東&交流重賞の予想

2018年06月07日

北海道スプリントCの予想

北海道スプリントCは堅い傾向
しかし、今年は波乱のパターンか?
_______________

旭川競馬場の廃止により、2009年から門別に舞台を移し、2010年より門別のダ1200mで行われている北海道スプリントカップ。このレースは放牧地という土地柄で行われることもあり、秋の大一番を目指して、この後にリフレッシュ放牧予定の実績馬が多く集います。ハイレベルな決着になることが多いため、人気の実績馬同士で決着することがほどんどです。


続きは、こちら!

予想は、こちら!
posted by 山崎エリカ at 16:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 南関東&交流重賞の予想

兵庫ダービーの予想

本当に主役不在か!?
__________

昨日、南関東の競馬新聞を眺めていたら、東京ダービーよりもこちらのほうが楽に予想が出来て、馬券が買いたくなったので、予想エントリーしてみました。

個人的には、東京ダービーよりも面白いと思っています♪(´ε` )。


ウマニティ予想は、こちら!

netkeiba予想は、こちら!
posted by 山崎エリカ at 12:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 南関東&交流重賞の予想

2018年06月06日

東京ダービー予想

消耗戦が濃厚、穴は差し馬か!?
______________

東京ダービーが行われる大井ダ2000mは、東京大賞典、帝王賞、ジャパンダートダービーなど、大レースが行われる舞台。スタートしてから最初のコーナー(1角)まで距離が長く、外枠の馬もロスなく出して行けるため、ペースが上がりやすいのが特徴。

過去10年の東京ダービーで逃げて連対した馬はゼロ。序盤から先行して優勝した馬も後のダートグレードでも善戦した2014年のハッピースプリント、2015年のラッキープリンス、2017年のヒガシウィルウィンの3頭のみ。つまり、この時点で羽田盃を2着馬に0.2秒差つけて逃げ切り勝ちしたヤマノファイトは安泰ではないということ。それに今回は、羽田盃で中途半端に控えたことで、包まれて大敗したワグナーコーヴが行き切る競馬をするでしょう。


ウマニティ予想は、こちら!

【初投稿】netkeiba予想は、こちら!
posted by 山崎エリカ at 12:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 南関東&交流重賞の予想

2018年05月30日

さきたま杯の予想

ベストウォーリア
本来の姿を見せられるか?
____________

浦和競馬の春シーズンを締めくくる、さきたま杯。このレースは2011年度にG2に昇格して以来、秋に行われる浦和記念と並ぶ、浦和二大レースのひとつとして定着しました。主なメンバー構成は、東京スプリントやかきつばた記念の上位馬、さらにG2昇格後は、G1・かしわ記念の上位馬の出走が目立ちます。

その中でも最有力は、前走1200m〜1400mの東京スプリントやかきつばた記念よりも、1600mのかしわ記念の上位馬。


続きは、こちら!


予想は、こちら!
posted by 山崎エリカ at 11:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 南関東&交流重賞の予想

2018年05月02日

兵庫チャンピオンシップの予想

1800mのオープン勝ち馬が不在
実質は500万下勝ち馬の成長比べ
_______________

ゴールデンウィークのダートグレード第3弾は、3歳最初のダートグレードとなる兵庫チャンピオンシップ。昨年の兵庫ジュニアグランプリ以来、地方馬と中央馬が激突する舞台です。しかし、過去10年で地方馬が連対したのは、東日本大震災大震災の影響を受け、中央の500万下やオープン特別が通常通りに開催されなかった2011年度のみ。(この年は、中山の伏流Sが中止) それ以外は中央勢の独壇場で、地方馬は大敗の連続という結果となっています。

2011年度は、オオエライジン世代で兵庫のレベルがやや高かったのもありますが、ヒアシンスSの勝ち馬など、有力馬がぶっつけ本番で挑むことになり、どう見ても伏流Sの中止の影響があったとしか……。

それにこのレースは過去10年(計9回)で【3・2・0・1】と……。


続きは、こちら!


予想は、こちら!
posted by 山崎エリカ at 18:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 南関東&交流重賞の予想

かしわ記念の予想

今年のフェブラリーSは前崩れ
展開に恵まれた連対馬は過信禁物
_______________

ゴールデンウィークのダートグレード第2弾は、船橋で行われるG1・かしわ記念。このレースは、上半期の大一番・帝王賞の前哨戦ですが、いかにもG1戦らしく、G1ウイナーが多く参戦します。また、距離1600mの条件設定ということもあり、JRAから参戦してくるほとんどの馬は、前走でフェブラリーSに出走していた馬。時々、休養明けの実績馬が出走してくることもありますが、スタミナが必要とされるダート戦らしく、それらは苦戦している傾向があります。

実際に過去10年の連対馬20頭全てが、同年のフェブラリーS以降のレースに出走していた馬。休養明けで挑んだ2013年のローマンレジェンドや2011年のエスポワールシチーは……。


続きは、こちら!


予想は、こちら!
posted by 山崎エリカ at 02:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 南関東&交流重賞の予想

2018年04月30日

かきつばた記念の予想

ハンデ戦で混戦模様
_________

ゴールデンウィークに集中して行われるダートグレード第1弾は、昨年より装いを新たに、ハンデ戦に生まれ変わったかきつばた記念。昨年のこのレースは、ハンデ戦になったことで、JRAのトップクラスは不在。優勝したのは、ハンデ52キロを利して逃げ切った園田のトウケイタイガーでした。

このレースは、一昨年にJRAの出走枠が1枠増えて5頭となりました。しかし、昨年のJRAからの参戦馬は、東京スプリントの凡退馬と、新興勢力ばかり。今後もそのような傾向が予想されますが、大きく変わらないのは……。


続きは、こちら!

予想は、こちら!
posted by 山崎エリカ at 04:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 南関東&交流重賞の予想

2018年04月18日

東京スプリントの予想

今年も波乱か!?
________

今年のトゥインクルナイター開幕後の最初のダートグレードとなる東京スプリント。このレースはダートグレードとしては歴史が浅く、今回が10回目。かつて4月に行われていたJRAのプロキオンS(阪神ダ1400m)が夏場へ移行し、スプリント路線馬は3月の黒船賞から5月のかきつばた記念まで出走するレースがないという状況が考慮され、「東京シティ盃」から名を改めてこの時期に施行されました。

つまり、4月に行われる短距離のグレードレースはここしかないため、前年のG1・JBCスプリントの上位馬をはじめとするトップクラスのスプリンターが集います。このレースでは、2011年に前年のJBCスプリントの優勝馬スーニが11着に凡退したこともありました。しかし、それは東日本大震災の影響により、本来、始動戦の役割を果たしている黒船賞が中止になるなど、まともなローテーションで出走できなかったことが一番の敗因でしょう。


続きは、こちら!


予想は、こちら!
posted by 山崎エリカ at 15:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 南関東&交流重賞の予想

2018年04月11日

マリーンCの予想

実質女王のクイーンマンボ
始動戦でも本領発揮なるか?
_____________

船橋で行われるマリーンCは、数ある牝馬限定ダートグレードの中でも本命党好みのレースです。もともと船橋競馬場は、直線が長い上にスパイラルカーブが使用されており、後続馬でもトップスピードに乗せたまま3〜4コーナーを回ることが可能。内ががっぽり開いてイン突きが決まることがほとんどなく、騎手の手腕が問われにくいコース。このため1番人気の勝率、複勝率がもっとも高い競馬場となっています。

さらにマリーンCは…


続きは、こちら!

予想は、こちら!
posted by 山崎エリカ at 08:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 南関東&交流重賞の予想