2017年12月13日

全日本2歳優駿の予想

軽馬場でレコードを出しただけの
ルヴァンスレーヴはそんなに強い?
________________

国内の2歳ダート最強馬を決める全日本2歳優駿。このレースは、芝のレースなら朝日杯フューチュリティステークスのようなもの。2歳チャンピオン決定戦らしく、成長力が重要ポイント。近走で凡退が続いて成長力にやや疑問符がつく成績の馬は、苦戦している傾向にあります。つまり、高い能力を持ち、近走成績も良い勢いのある馬を狙うのが基本です。

実際に過去10年の連対馬20頭中、17頭が前走3着以内の馬でした。2008年にナサニエルが前走5着から、2012年にジェネラルグラントが前走5着から、2013年にスザクが前走6着からこのレースで2着に巻き返しています。しかし、この3頭の前走は、北海道2歳優駿か兵庫ジュニアグランプリのどちらかに出走していました。

また、ナサニエルこそ前々走で5着に負けていますが……。


続きは、こちら!


予想は、こちら!
posted by 山崎エリカ at 09:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 南関東&交流重賞の予想

2017年11月23日

浦和記念の予想

ジャパンダートダービーのレベルは?
ヒガシウィルウィンの取り扱いが予想のポイント
______________________

暮れの大一番、東京大賞典へ向けての前哨戦となる浦和記念。この時期は、中央ではチャンピオンズCが行われ、中央のトップクラスはそちらに出走するために、G2としては中央勢が手薄。このため南関東のトップクラスが、ここを狙って出走してきます。

過去10年の優勝馬を見ても、2009年ブルーラッド、2011年ボランタス、2014年サミットストーン、2015年ハッピースプリントと地方勢が4勝を挙げ、2着も地方勢が6度も入線しています。近年のダートグレードは中央勢が圧倒的。特に古馬の中距離路線は中央勢が席巻する中で、地方馬のこの活躍は驚異的なレベル。

実は、南関東を始めとする地方勢がここを大目標にするのには、もうひとつの理由があります。今年こそ既にG1・ジャパンダートダービーを制したヒガシウィルウィンの『NRAグランプリ』(地方競馬全国協会が主催)年度代表馬が確定的ですが、例年は、地方のG1馬が不在のため、G2のここを勝てば年度代表馬に選出される可能性が高いからです。

それでは中央馬も含めて、どのような馬がこのレースで勝ち負けしているのかというと…。


続きは、こちら!


予想は、こちら!
posted by 山崎エリカ at 03:16| Comment(2) | TrackBack(0) | 南関東&交流重賞の予想

2017年11月03日

JBCレディスクラシックの予想

主役の座を掴んだクイーンマンボが回避
一転して、低レベルの混戦ムードへ
__________________

中央競馬メイン、ファンタジーS発送の10分後の発走となるJBCレディスクラシック。一番、買い漏らしがありそうなので、あえてこのレースを一番上の記事にしました。

ホワイトフーガがノド鳴りを発症して以来、ダ1800m以上では大きくパフォーマンスを落としているので、けっこう荒れそうで面白そうなんだけどなぁ〜。昨年のJBCクラシックが1600mで行われたことが、落とし穴だったりしないか?

* * *


2011年に創設されて今年で7年目となる「JBCレディスクラシック」。3歳以上の牡牝混合のG1は、地方・中央で合計10レースありますが、牝馬限定のG1はこのレースのみ。よって、ほとんどの牝馬はここが大目標。真の砂の女王決定戦と言えるでしょう。

過去の優勝馬は、ミラクルレジェンド(2011年-2012年)、メーデイア(2013年)、サンビスタ(2014年)、ホワイトフーガ(2015年-2016年)。一昨年こそ同年の主役だったサンビスタが、牡馬相手のチャンピオンズCに目標を置いていた気配があり、3歳馬のホワイトフーガが軽斤量を味方に勝利しました。しかし、基本的には、同年の牝馬重賞路線で主役として活躍していた馬がこのレースでも活躍する傾向。そのため1-2番人気馬が勝利することが目立っています。

また、このレースの優勝馬に求められるのは、実績と順調さ。これまでの勝ち馬6頭とも…


続きは、こちら!


予想は、こちら!
posted by 山崎エリカ at 05:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 南関東&交流重賞の予想

JBCクラシックの予想

帝王賞で番狂わせが生じて混戦ムード
帝王賞で人気を裏切った馬の巻き返しはあるか?
______________________

下半期の古馬ダート中距離路線の最初のG1「JBCクラシック」。一応、中距離路線のチャンピオン決定戦という括りのレースですが、実績馬はこの先のチャンピオンズCや東京大賞典を見据えて休養明けでぶつけてくること(前哨戦の意味合いで使ってくること)がしばしばあります。ゆえに実績馬が7〜8分程度の能力しか出し切れずに、やや波乱になることもあります。

対戦図式は、休養明けの実績馬vs前哨戦の日本テレビ盃、マイルCS南部盃の上位馬になります。どちらが優勢かというと…


続きは、こちら!


予想は、こちら!
posted by 山崎エリカ at 05:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 南関東&交流重賞の予想

JBCスプリントの予想

行くしかない逃げ馬や先行馬が揃った一戦
1番人気のニシケンモノノフは、大丈夫か?
____________________

古馬ダートのスプリント路線のG1「JBCスプリント」。2006年にこのレースが川崎で行われた際には、「JBCマイル」に改称して1600mで行われたことがありました。しかし、それ以降は1000m-1400mで行われています。JBCスプリントは、短距離で行われる唯一のG1レース。当然、スプリント路線馬は、ここが最大の目標となります。

このレースは、前哨戦の東京盃を始め、マイルCS南部杯など、様々な路線から各馬が出走してきます。なかにはJBCクラシックの出走が叶わずに、白山大賞典の勝ち馬がここに出走してくることもあるほど。本来は、前走で同距離、もしくは1Fの距離延長、短縮で使われているスプリント路線のほうが有利なはずですが、まるでスプリント路線よりも中距離戦やマイル戦のほうがレベルが高いことを象徴するかのように、前走で1600m以上のレースを使われていた馬たちの活躍のほうが目立っています。




posted by 山崎エリカ at 05:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 南関東&交流重賞の予想

2017年10月31日

北海道2歳優駿の予想

プラタナス賞の勝ち馬不在
ここは門別勢が優勢か?
____________

2歳最初のG3・エーデルワイス賞は、デビュー時期が早く、キャリアが豊富な地方(門別)勢が断然有利であることを説明しました。そして、今年も門別勢がワン、ツー、スリーを決めました。しかし、第2戦目の北海道2歳優駿となると中央勢がやや優勢となってきます。JRAでは秋になるとダートの500万下が行われるようになり、中央勢もある程度のキャリアを積むことが出来るからです。

よって、門別のオープン上位馬vs中央の500万下上位馬の対戦図式で競われることがほとんど。そうなると優勢なのは…


続きは、こちら!


予想は、こちら!
posted by 山崎エリカ at 03:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 南関東&交流重賞の予想

2017年10月12日

エーデルワイス賞の予想

門別勢は低レベル、JRA勢力は初ダート馬ばかり。
もう、荒れるしかない!!!
____________________

2歳最初のダートグレードとなる、エーデルワイス賞。ホッカイドウ競馬ではリリーカC、フローラルCに続く2歳牝馬三冠競走の最終戦として行われています。このレースは2013年には3連単1,227,740円が飛び出すなど、過去を遡っても高配当決着の連続。本命サイドの決着があたりまえとされる交流重賞の中で、もっとも非常識に荒れるレースです。

対戦図式は、当然、地方勢vsJRA勢。ダートグレードではダントツでJRA勢の活躍が目立っていますが、このレースでは立場が逆転。過去10年で地方馬は5勝、2着は過去10年とも地方馬が独占しているほど。また、3着も地方馬が7回も入線していることから、地方馬が断然有利なレースと言えるでしょう。これは地方勢のほうがデビュー時期が早いことや番組が充実しているのが理由。キャリア数戦で挑まなければならないJRA勢はとても不利です。しかし、それでもJRAブランドに夢を託す傾向が強く、そのことも高配当続出の歴史に拍車を掛けているようです。


続きは、こちら!


今年はこのレースに繋がる、門別の栄冠賞、ブリーダーズゴールドジュニアCともに牡馬が上位を独占。牝馬は例年よりも低レベルのメンバー構成。しかし、これらに挑戦するJRA勢も、今回が初ダートの馬と連闘好走後の馬という、恐ろしいメンバー。もう、荒れるしかないって感じ。混戦すぎて、何が人気になるのかも読めていないのだけれど、先日のマイルCS南部杯に続く、万馬券的中を期待!


予想は、こちら!
posted by 山崎エリカ at 02:07| Comment(3) | TrackBack(0) | 南関東&交流重賞の予想

2017年10月09日

マイルCS南部杯の予想

フェブラリーSの上位3頭が出走
フェブラリーS14着のコパノリッキーは、人気に応えられるか?
_____________________________

マイルCS南部杯は、あのメイセイオペラを送り出した岩手最大のレース。JBCスプリント、JBCクラシックの最後の前哨戦ですが、さすがG1のマイル戦だけのことはあって、同年のフェブラリーS上位馬やかしわ記念の上位馬が集います。休養明けの実績馬vs上がり馬の図式が作られますが、一線級が集うだけのレースだけあって、上がり馬はほとんど通用していません。

実績馬の中でも最有力は、同年のかしわ記念の連対馬。同年のかしわ記念で連対した馬のこのレースでの成績は、過去10年で【6・2・0・0】と大活躍。2006-2008年のブルーコンコルドの3連覇、2010年、2012年にエスポワールシチーが2度連対するなど、リピーターの活躍が目立っています。これはかしわ記念は帝王賞の前哨戦、マイルCS南部杯はJBCの前哨戦と距離ばかりではなく、レースの位置付けが同じなのも理由でしょう。

ただし、こういったマイル路線の実績馬が圧倒的に強いという傾向があるからこそ、ちょっとした上り馬が馬券に絡むだけで高配当になります。




特集では、過去の傾向からかしわ記念の連対馬が優勢と綴りましたが、フェブラリーSのレースVTRを見て、よーく考えよう! しかも、リッキーくんは、昨年のこのレースとは異なり、急仕上げ気味なのは、なぜだ! ここは高配当を狙てみました。最近の交流重賞はガチガチで正直、つまらなかったけど、今回は面白いと思っています。チキンハートなので交流重賞に限らず、なかなか勝負レースにチェックマークが入れられないけれど(;´・ω・)。


posted by 山崎エリカ at 01:30| Comment(2) | TrackBack(0) | 南関東&交流重賞の予想

2017年10月05日

レディスプレリュードの予想

女王ホワイトフーガvs新興勢力
______________

中秋の月(10月4日)は、1,2日ずれることはあってもほとんど満月。東京盃出走のキタサンミカズキがキタサンマンゲツなら、迷わず本命にしたのに…なんちゃってね♪ もちろん、ウソです!

東京盃は、内から押して押してシゲルガガがハナへ行き、外からコーシンベリーが内に切り込んできたことで、ニシケンモノノフが進路を失って先行争いが激化しませんでしたね。最初からシゲルガガが泰斗くん騎乗予定なら、こういう動きをしてくるのがわかるからその可能性も視野に入れられたけど、山崎誠騎手から乗り替わりだったのが誤算だったわ! これを視野に入れてたら、消せる馬がいるぶん、キタサンミカズキまで手が回せてたのというブツブツは置いておいて、今日はレディスプレリュード。好メンバーが集ったので楽しみです♪


* * *


3日間連続のダートグレード最終戦は、古馬牝馬限定戦のレディスプレリュード。このレースは、プレリュード(前奏曲)の名のとおり、JBCレディスクラシックの前哨戦。2011年にJBCレディスクラシック新設とともに、たTCKディスタフを格上げし、名称変更して行われるようになりました。

また、このレースは、7月のスパーキングレディーCから始まる、牝馬限定の世代別ポイント制シリーズ『グランダムジャパン』の最終戦。グランダムジャパンを制すれば、JBCクラシック3着賞金以上のボーナス賞金1000万円を手にすることができます。つまり、地方トップクラスの牝馬は、中央のトップクラスが相手のJBCクラシックよりもここを大目標に出走してくることが多いということ。




posted by 山崎エリカ at 16:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 南関東&交流重賞の予想

2017年10月04日

東京盃の予想

逃げ馬が揃った一戦。
今年も差し馬優勢か?
__________

3日間連続で行われるダートグレード第2弾は、JBCスプリントの前哨戦となる東京盃。スプリントのダートグレードは、年間をとおしても数多く行われますが、G2は上半期のさきたま杯と下半期のこのレースのみ。東京盃はJBCスプリントの前哨戦の上に、下半期では唯一のG2になるので、交流重賞路線の上位馬やプロキオンSの上位馬、芝の短距離からの路線変更馬など、ハイレベルなメンバーが集結します。

とにかく様々な路線からメンバーが集結するこのレースは、上がり馬の存在に悩まされることもしばしば。2011年には、前走クラスターC・3着のラブミーチャン(8番人気)が、このレースで2着に粘って、馬複万馬券を演出したこともありました。

しかし、この年がどういうメンバーだったかというと、前年のJBCスプリントの勝ち馬不在、2着のナイキマドリードは、休養明けの前走オーバルスプリントで大敗するなどのスランプ期。1番人気には、4連勝目でさきたま杯を優勝した休養明けのセイクリムズンが1番人気に支持されるなど、荒れる要素が満載。いかにも上がり馬に「好走してください」と言わんばかりの状況下でした。




さて、前走の北海道スプリントCを逃げ切り勝ちしたニシケンモノノフ、何が何でもハナを主張したいトウケイタイガー、出遅れ癖があるもののまともならスタート速いコーリンベリー、さらに前走のキーンランドCでレースメイクしたナックビーナスがダート戦の今回でどうでるかと言ったところ。ここまで逃げ馬が揃えば、前半3F34秒台は確定的か? 場合によっては、33秒台の超オーバーペースが発生する可能性も、十分にあるでしょう。


posted by 山崎エリカ at 16:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 南関東&交流重賞の予想