2018年12月12日

クイーン賞の予想

前走大敗のプリンシアコメータ
1番人気に応えることができるか?
_______________

牝馬限定のダートグレードでは唯一、ハンデ戦で行われるクイーン賞。前走JBCレディクラシックの上位馬が優先出走してくるレースですが、ハンデを背負わされることを嫌って出走して来ないことも少なくありません。また、JBCレディクラシックの優勝馬は、今年のアンジュデジールのように、牡馬相手のチャンピオンズCに出走することも多く、この隙にこれまで牝馬限定の交流重賞の出走枠に入れなかった馬が、新規参戦してくることも多いです。

このレースの大きな特徴は、ハンデ戦でありながら1番人気が断然であること。過去10年では【6・3・0・1】と連対率90%を誇ります。唯一、1番人気を裏切ったのは……。


続きは、こちら!


予想は、こちら!
posted by 山崎エリカ at 14:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 南関東&交流重賞の予想

2018年11月28日

兵庫ジュニアグランプリの予想

中央の2戦2勝馬が強く、有利なレース
しかし、ここは攻める!
_________________

今週のダートグレードは、全日本2歳優駿の前哨戦、兵庫ジュニアグランプリ。2歳最初のG3・エーデルワイス賞は、過去10年で地方馬が6勝2着9回と優勢。次のG3・北海道2歳優駿も地方馬が5勝2着6回と中央馬とほぼ五分五分。(2009年〜2018年終了現在) しかし、3度目の兵庫ジュニアグランプリとなると、過去10年で地方馬が2勝2着3回と中央馬との逆転現象が起こります。

なぜ、このタイミングで逆転現象が起こるのかというと、JRAでは秋になるとダートの500万下が行われるようになり、中央勢もある程度のキャリアを積むことが出来るからです。キャリアを何戦も積んで大きな上積みが見込めない地方馬と、キャリアの浅い時点で2勝した中央馬の対戦図式になれば、後者に軍配が上がることがほとんど。競走馬はデビューしてから5戦目くらいまではレースに慣れて大きな上昇を見せるものだからです。

実際に過去10年の中央の優勝馬を見ても、2011年こそ初ダートのゴーイングパワーが勝利していますが、それ以外は……。


続きは、こちら!


予想は、こちら!
posted by 山崎エリカ at 12:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 南関東&交流重賞の予想

2018年11月23日

浦和記念の予想

しばしば中央馬が穴を開ける舞台
狙うは、当然、地方馬か?
_______________

暮れの大一番、東京大賞典へ向けての前哨戦となる浦和記念。この時期は、中央ではチャンピオンズカップが行われ、トップクラスはそちらに出走するために、G2としては中央勢が手薄。このため南関東のトップクラスが、ここを狙って出走してきます。

過去10年の優勝馬を見ても、2009年ブルーラッド、2011年ボランタス、2014年サミットストーン、2015年ハッピースプリントと地方勢が4勝を挙げ、2着も昨年のヒガシウィルウインを始め、地方勢が7度も入線しています。近年のダートグレードは中央勢が圧倒的。特に古馬の中距離路線は中央勢が席巻する中で、地方馬のこの活躍は驚異的なレベル。

実は、南関東を始めとする地方勢がここを大目標にするのには、もうひとつの理由があります。今年こそジャパンダートダービーを制したヒガシウィルウィンが『NRAグランプリ』(地方競馬全国協会が主催)年度代表馬に選出されたものの、例年は地方のG1が不在でG2のここを勝てば、年度代表馬に選出される可能性が高まるからです。


続きは、こちら!


予想は、こちら!
posted by 山崎エリカ at 11:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 南関東&交流重賞の予想

2018年11月01日

北海道2歳優駿の予想

今年は地方馬優勢か?
__________

2歳最初のG3・エーデルワイス賞は、デビュー時期が早く、キャリアが豊富な地方(門別)勢が断然有利であることを説明しました。そして、今年も門別勢が優勝しました。しかし、第2戦目の北海道2歳優駿となると中央勢がやや優勢となってきます。JRAでは秋になるとダートの500万下が行われるようになり、中央勢もある程度のキャリアを積むことが出来るからです。

よって、地方のオープン上位馬vs中央の500万下上位馬の対戦図式で競われることがほとんど。そうなると優勢なのは、短距離戦よりも王道路線の……。


続きは、こちら!

予想は、こちら!
posted by 山崎エリカ at 05:34| Comment(1) | TrackBack(0) | 南関東&交流重賞の予想

2018年10月16日

エーデルワイス賞の予想

今年の門別勢は手薄?
_________

エーデルワイス賞は、今年デビューの2歳世代の最初のグレードレース。ホッカイドウ競馬ではリリーカC、フローラルCに続く2歳牝馬三冠競走の最終戦として行われています。このレースは2013年には3連単1,227,740円のウルトラ高配当が飛び出すなど、過去を遡っても高配当決着の連続。本命サイドの決着があたりまえとされる中央との交流重賞で、もっとも荒れるレースです。

まず、中央との交流重賞は、ダントツで中央馬の活躍が目立ちます。しかし、このレースでは立場が逆転。過去10年で地方馬は5勝、2着は過去10年とも地方馬が独占しているほど。また、3着も地方馬が7回も入線していることからも、地方馬が断然有利なレースと言えます。これは地方のほうがデビュー時期が早く、番組も充実しているのが理由。キャリア数戦で挑まなければならない中央馬はとても不利です。それなのにJRAブランドを信頼する傾向が強く、そのことが高配当続出の歴史に拍車を掛けているものあります。

地方馬が有利なこのレース。その中でも最有力は……。


続きは、こちら!


予想は、こちら!
posted by 山崎エリカ at 12:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 南関東&交流重賞の予想

2018年10月11日

レディスプレリュードの予想

プリンシアコメータはモレイラ人気か?
__________________

昨日の東京盃は別の作業をしていたら、うっかり投票し忘れてしまった!!!! こんなこと3年に1回あるかどうか……。

ただ、マテラスカイに半信半疑でありながらも、キタサンミカズキから馬券を買うという考えがなかったので、予想を買って下さった方には申し訳ないけど、これはいい流れになると考えたいです。昔も、似たようなことがあって、その後確変レベルに馬券が当たったから。きっと、ツイてる!(笑)


* * *


『Road to JBC』の最終戦は、古馬牝馬限定戦のレディスプレリュード。このレースは、プレリュード(前奏曲)の名のとおり、JBCレディスクラシックの前哨戦。2011年にJBCレディスクラシック新設とともに、TCKディスタフを格上げし、名称変更して行われるようになりました。

また、このレースは……。


続きは、こちら!


予想は、こちら!
posted by 山崎エリカ at 11:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 南関東&交流重賞の予想

2018年10月10日

東京盃の予想

逃げて素質が開花したマテラスカイ
休養明けで出遅れた場合は?
________________

Road to JBCと秋華賞の特集コラムと予想コラムを平均3時間1本ペースで書いています! 先週末の予想からの流れなので、放牧に出たいよぉ〜(笑)。

いやいや、放牧よりもパスポート作りに行きたい。パスポートの有効のうちに更新しようと思いながら期限が切れ、戸籍妙本を必要なことに気がついたの… く("0")>なんてこった!! 


* * *


東京盃は11月の大一番、JBCスプリントの前哨戦。このレースは下半期に行われるスプリント戦では、唯一の「G2」だけあって、交流重賞路線の上位馬やプロキオンSの上位馬、アフター5スター賞の上位馬、さらには芝の短距離からの路線変更馬など、様々な路線からハイレベルなメンバーが集います。特に近年は、ここからJBCスプリントの連対馬が誕生することがとても多いので、注目の一戦です。

また、このレースは2011年に8番人気のラブミーチャンが2着に粘って馬複1万2760円、3連単19万2730円の高配当が飛び出すなど、荒れるイメージが強いかと思います。しかし、高配当の立役者は全て地方馬であって、地方馬が不当に人気がないことをもたらしているもの。前記のラブミーチャンにしても前走のクラスターC・3着を始め、交流重賞で上位常連の馬でした。短距離の中央のオープンやダートグレードでは連勝中だった1番人気のセイクリムズンが休養明け緒戦で取りこぼしただけのことです。

他の地方馬では、2008年にディープサマー(8番人気)、2009年にヤサカファイン(4番人気)で2着、2016年にプラチナグロース(7番人気)で3着、そして昨年はキタサンミカズキが4番人気で優勝していますが、実はこれらにもひとつの共通項があります。それは……。


続きは、こちら!


予想は、こちら!
posted by 山崎エリカ at 15:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 南関東&交流重賞の予想

2018年10月08日

マイルCS南部杯の予想

今年も狙うは高配当!
_________

マイルチャンピオンシップ南部杯は、あのメイセイオペラを送り出した岩手最大のレース。JBCスプリント、JBCクラシックの前哨戦ですが、さすがG1のマイル戦だけのことはあって、同年のフェブラリーS上位馬やかしわ記念の上位馬が集います。休養明けの実績馬VS上がり馬の図式が作られますが、一線級が集うだけのレースだけあって、上がり馬はほとんど通用していません。

実績馬の中でも最有力は、同年のかしわ記念の連対馬。同年のかしわ記念で連対した馬のこのレースでの成績は……。


続きは、こちら!


予想は、こちら!
posted by 山崎エリカ at 05:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 南関東&交流重賞の予想

2018年10月03日

日本テレビ盃の予想

上がり馬不在で帝王賞の再戦ムード
しかし、帝王賞の着順どおりには決まらない
____________________

日本テレビ盃は、JBCクラシックの前哨戦。実績馬にとっては、この先のJBCクラシック→チャンピオンズC→東京大賞典へと続く始動戦になります。つまり、実績馬にとって、このレースの位置付けは叩き台。基本的には夏場に順調にレースを使われている上り馬が活躍しています。

しかし、上がり馬が出走してくることがそれほど多くないのも事実。特に、ブリーダーズゴールドCが牝馬限定戦へと様変わりした近年はその傾向がより強く、夏の上がり馬は同週に行われるシリウスSや翌週の白山大賞典へと駒を進めることが多くなりました。つまり、近年の日本テレビ盃は、休養明けの実績馬同士の対戦図式になることがとても多くなったのです。

ただし、同年のマーキュリーCの勝ち馬がここに出走してくれば優勢。過去10年では、2009年のマコトスパルビエロが1着、2013年のソリタリーキングが2着、遡れば2005年のこのレースの優勝馬サカラ―トもマーキュリーCの勝ち馬でした。

さらに同年7月以降の中央のオープン勝ち馬も有力で、該当馬は2015年のサウンドトゥルーのみですが、同馬ははこのレースで同年の帝王賞馬帝王賞馬クリソライトに3馬身、フェブラリーSの優勝馬コパノリッキーに10馬身差をつけて圧勝しました。前走で中央のオープンで勝利した馬も、この舞台では信頼できることになります。
また、休養明けの実績馬同士の対戦図式の場合は……。


続きは、こちら!


予想は、こちら!
posted by 山崎エリカ at 12:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 南関東&交流重賞の予想

2018年10月02日

白山大賞典の予想

白山大賞典はステイヤーが活躍の舞台
隠れステイヤーのあの馬に期待!
_________________

本州日本海側および北陸地方唯一の競馬場、金沢で行われる白山大賞典。この時期は『Road to JBC』と称して、日本テレビ盃、南部杯、東京盃、レディスプレリュードなどのJBC指定競走が行われていますが、唯一、それに所属しないのがこのレースです。

金沢でJBCが行われた2013年は、1着馬に高額賞金が用意されていたこともあり、同年の川崎記念の優勝馬ハタノヴァンクールが出走してきたこともありました。しかし、基本的にJBCに繋がるというよりは、この先の浦和記念、名古屋グランプリへと繋がって行くレース。長距離志向が強く、過去1年以内にダ2000m以上のダートグレード勝ちのある馬が活躍しています。

かつてブリーダーズゴールドCが牡馬混合のG2で行われていた頃は、同年の同レースの連対馬が活躍していました。2008年−2013年までの5年間を見ても【2・1・3・0】という成績。2009年のアドマイヤスバル、2011年シビルウォーなどの優勝馬を始め、2013年にハタノヴァンクールが2着入線するなど、とにかく同年のブリーダーズゴールドCの連対馬を3連複の軸にすれば、「間違いない」というレベルの安定感がありました。

しかし、ブリーダーズゴールドCが牝馬限定のG3となってからは……。


続きは、こちら!


予想は、こちら!
posted by 山崎エリカ at 00:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 南関東&交流重賞の予想