2019年06月26日

帝王賞の予想

逃げ馬が揃った一戦。
インティはハイペースでも押し切れるか?
___________________

いよいよ明日に迫った、上半期の総決算・帝王賞。かつてはマキバスナイパー(2001年)、ネームヴァリュー(2003年)、アジュディミツオ―(2006年)、ボンネビルレコード(2007年)、フリオーソ(2008年)がこのレースを制すなど、地方勢、特に船橋所属馬の活躍が目立っていました。しかし、近年はJRAのダートのレースが充実。早い時期からダートを目指す馬が多くなったことや、地方の中距離レースが減ったことなどから、地方馬の活躍が激減。2011年度以降は地方馬の連対ゼロと、地方馬苦戦の傾向が続いています。

このようにJRA勢の独壇場が続く帝王賞ですが、最有力は同年のフェブラリーSで上位のマイラーよりも、距離1800m以上で高いパフォーマンスを見せている馬たち。その中でも……


続きは、こちら!

予想は、こちら!

帝王賞で逃げる馬のアンケートは、こちら!


★最終12Rも予想登録予定です♪
posted by 山崎エリカ at 09:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 南関東&交流重賞の予想

2019年06月12日

関東オークスの予想

今年は南関東勢から
_________

3歳牝馬限定の唯一のダートグレードとなる関東オークス。関東オークスは、2012年に川崎のアスカリーブルが中央の強豪を抑えて勝利するなど、地方勢の活躍が目立ちます。2016年は船橋のミスミランダー(7番人気)が2着に食い込んで波乱。昨年も川崎のゴールドパテック(5番人気)、大井のクレイジーアクセル(3番人気)が2着、3着に食い込み、また、1着馬が中央勢ではもっとも人気のないハービンマオ(6番人気)だったこともあり、3連単10万越えの高配当決着となりました。

地方馬のこのレースでの成績は、過去10年で1着1回、2着5回、3着7回。中央馬の活躍ばかりが目につくダートグレードで、この成績は驚くほど優秀です。これは地方競馬が牝馬競走の振興と牝馬の入厩促進を目的として、2010年よりグランダムジャパン(対象レースの競走成績に応じてポイントを付与し、上位3頭の地方馬はボーナスがもらえる)を開催するなど、牝馬の番組が充実していることが一番の理由でしょう。


続きは、こちら!


予想は、こちら!


★この後の川崎12R・桔梗特別も提供予定です♪


★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
フォローした瞬間から、馬券が当たり出す(?)
山アエリカのTwitter
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
posted by 山崎エリカ at 15:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 南関東&交流重賞の予想

2019年06月06日

北海道スプリントカップの予想

ヤマニンアンプリメは
断然人気に応えられるか?
____________

旭川競馬場の廃止により、2009年から門別に舞台を移し、2010年より門別のダ1200mで行われている北海道スプリントカップ。このレースは放牧地という土地柄で行われることもあり、秋の大一番を目指して、この後にリフレッシュ放牧予定の実績馬が多く集います。ハイレベルな決着になることが多いため、人気の実績馬同士で決着することがほどんど。

実際に2009年以降の過去10年で…。


続きは、こちら!


今年は、実績馬よりも現行勢力を覆しかねない新興勢力が集いましたが、果たして結果は?


予想は、こちら!
posted by 山崎エリカ at 12:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 南関東&交流重賞の予想

2019年06月05日

東京ダービーの予想

◎はミューチャリーではありません!
_________________

時間があったので、東京ダービーを予想しました(^▽^)/


★ウマニティ

★netkeiba.com
posted by 山崎エリカ at 19:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 南関東&交流重賞の予想

2019年05月29日

さきたま杯の予想

軽いダートの浦和で
サンタイズノヴァの末脚が届くか?
________________

浦和競馬の春シーズンを締めくくる、さきたま杯。このレースは2011年度にG2に昇格して以来、秋に行われる浦和記念と並ぶ、浦和二大レースのひとつとして定着しました。主なメンバー構成は、東京スプリントやかきつばた記念の上位馬、さらにG2昇格後は、G1・かしわ記念の上位馬の出走が目立ちます。

その中でも最有力は、前走1200m〜1400mの東京スプリントやかきつばた記念よりも……。


続きは、こちら!


予想は、こちら!


★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
フォローした瞬間から、馬券が当たり出す(?)
山アエリカのTwitter
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
posted by 山崎エリカ at 12:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 南関東&交流重賞の予想

2019年05月06日

かしわ記念の予想

‪一騎打ちが? それとも…‬
‪___________‬

例年よりも長いゴールデンウィークのフィナーレを飾るかしわ記念。このレースは、上半期の大一番・帝王賞のステップレースですが、さすがG1だけあって、これまでのG1ウイナーが多く参戦します。また、距離1600mの条件設定ということもあり、JRAから参戦してくるほとんどの馬は、前走でフェブラリーSに出走していた馬。時々、休養明けの実績馬が出走してくることもありますが、スタミナが必要とされるダート戦らしく、それらは苦戦の傾向です。


‪続きは、こちら!‬


予想は、こちら!
posted by 山崎エリカ at 12:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 南関東&交流重賞の予想

2019年05月02日

兵庫チャンピオンシップの予想

穴党の伝番はなしか!?
__________

令和元年。二番目のダートグレードは、兵庫チャンピオンシップ。このレースは、昨年の兵庫ジュニアグランプリ以来、地方馬と中央馬が激突する3歳最初の交流重賞。将来の古馬重賞ウイナーと、生涯500万下の馬が競うレースのため、能力差が大きく、過去10年中8度も1〜3番人気馬が連対しているのがポイント。また、過去10年で1〜3番人気馬が上位を独占したことが4度もあります。


続きは、こちら!


予想は、こちら!
posted by 山崎エリカ at 02:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 南関東&交流重賞の予想

2019年05月01日

かきつばた記念の予想

ここは、ほぼ一騎打ちと見た!
_____________

令和元年。最初のダートグレードは、一昨年より装いを新たに、ハンデ戦に生まれ変わった、かきつばた記念。同時にJRAの出走枠が1枠増えて、5頭が出走可能となりました。しかし、ハンデ戦となったことで、トップクラスの馬が出走しなくなったのは事実。今後もそのような傾向が予想されます。

その中で大きく変わらないのは、名古屋は地方競馬でも随一の小回りコースであり、逃げ馬が圧倒的に有利であること。実際に過去10年の逃げ馬(3コーナー先頭)の成績は、【5・0・2・3】ととても優秀。逃げて4着以下に敗れた3頭は、2012年・ジーエスライカー(6着)、2014年・サイモンロード(7着)、2016年・タガノトネール(4着)。

大敗したジーエスライカー、サイモンロードは……


続きは、こちら!


予想は、こちら!
posted by 山崎エリカ at 08:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 南関東&交流重賞の予想

2019年04月17日

マリーンCの予想

小頭数だから1点買い!
__________

船橋で行われるマリーンCは、数ある牝馬限定ダートグレードの中でも本命党好みのレースです。もともと船橋競馬場は、直線が長い上にスパイラルカーブが使用されており、後続馬でもトップスピードに乗せたまま3〜4コーナーを回ることが可能。内ががっぽり開いてイン突きが決まることがほとんどなく、騎手の手腕が問われにくいコース。このため1番人気の勝率、複勝率がもっとも高い競馬場となっています。


今年は、JBCレディスクラシックの上位馬不在に、ゴールドクイーンもマリーンC選定後に回避という異例の状況下ですが…。


続きは、こちら!


予想は、こちら!


★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
フォローすると、馬券がよく当たります(笑)
山アエリカのTwitter
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
posted by 山崎エリカ at 12:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 南関東&交流重賞の予想

2019年04月10日

東京スプリントの予想

過去3年連続逃げ馬が逃げ切るも、今年は?
____________________

今年のトゥインクルナイター開幕後、最初のダートグレードとなる東京スプリント。このレースはダートグレードとしては歴史が浅く、今回が11回目となります。かつて4月に行われていたJRAのプロキオンS(阪神ダ1400m)が夏場へ移行し、3月の黒船賞から5月のかきつばた記念まで短距離のダートグレードがなかったことから、3月の東京シティ盃が「東京スプリント」と名を改めて、施行されるようになりました。

つまり、4月に行われる短距離のグレードレースはここしかないため、前年のG1・JBCスプリントの上位馬をはじめとするトップクラスのスプリンターが集います。しかし、昨年のニシケンモノノフのように、前年のJBCスプリント後に順調さを欠く場合も多く、意外と通用していないのも事実です。


続きは、こちら!

予想は、こちら!
posted by 山崎エリカ at 15:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 南関東&交流重賞の予想