2009年11月19日

ばんえいツアー1日目@リポート4

レース観戦編
______

ツアー当日に行われたレースをすべて取り上げるとたるいリポートになるので、今回はメインレースのばんえい菊花賞(BG2)のみに的を絞ります。ばんえい菊花賞とは中央競馬と同じく3歳三冠レースの1つです。ただし中央競馬は春の皐月賞、日本ダービーと駒を進め、菊花賞が最終戦になりますが、ばんえい競馬の場合はばんえい大賞典(BG3)、ばんえい菊花賞(BG2)と駒を進め、12月末のばんえいダービー(BG1)が最終戦となります。つまり中央競馬に例えると皐月賞=ばんえい大賞典、日本ダービー=ばんえい菊花賞、菊花賞=ばんえいダービーというわけです。

今年のばんえい菊花賞は2歳チャンピオン決定戦のイレネー記念を勝利し、その後メキメキ力を付けた10番キタノタイショウが断然の1番人気に支持されました。そして2番人気はばんえいプリンセス賞(中央競馬でいうところのオークス)の勝ちの実績があり、馬場水分7.4%という軽馬場での逃げ切りが期待されての8番ワタシハキレイズキ。そして3番人気はイレネー記念でキタノタイショウに次ぐ2着の実績がある3番アオノレクサスでした。


出馬表はこちら
http://www2.keiba.go.jp/keibaWeb/PageFlows/DebaTable/DebaTableController.jpf?k_babaCode=3&k_raceNo=11&k_raceDate=2009%2F11%2F01


果たして結果はどのようになるのでしょうか?


フルゲート10頭、寒い季節に菊の大輪を願っての各馬一斉のスタートです。ちなみにばんえい競馬ではソリの前端ではなく、後端を揃えてのスタートとなります。テテレンテンテン、テーテテン♪

race1.jpg

各馬初めて背負う高重量を意識して、道中は先頭の馬から最後方の馬までほとんど離れることなく、レースは落ち着いたペースで流れました。ばんえい競馬ではスタートしてから第2障害を下るまでは、道中で停止して息を入れることが許されます。この駆け引きこそがばんえい競馬の醍醐味でもあります。

race2.jpg

そして高さ1.6mのばんえいスポット。写真はボケちゃってますが、第2障害を先頭で下ったのはメンバー中で唯一の芦毛で暗がりに白い光を放つ3番アオノレクサス。続いて障害手前で脚を矯めて、ひと腰で障害を乗り越えた王者の風格の10番キタノタイショウ。そして3番手は、感情をリアルに表情で現す女のコ8番ワタシハキレイズキ。同馬は障害あと一歩のところで、かなり苦しそうな表情を浮かべていました。

race3.jpg

8番ワタシハキレイズキは近走障害をキッチリまとめていた馬ですが、さすがに前走比60kg増の重量が堪えたようで、体は前へ行こう、行こうとしているものの、それに肢が付いていけずにガクガクしていました。だけどそれでもワタシハキレイズキは障害巧者型、10番キタノタイショウは障害を越えてからの脚が速い決め手型、それ対して3番アオノレクサスはワタシハキレイズキとキタノタイショウとの中間のバランス型だけに、ここでワタシハキレイズキがアオノレクサスやキタノタイショウよりも前にいないとほぼチャンスがありません。

アオノレクサスは第2障害を先頭で下った時点ではまだチャンスがあるようにも思えましたが、キタノタイショウは障害を降りてから約50mに及ぶキャンター攻撃でアオノレクサスとの差を詰めます。そしてアオノレクサスの脚が上がったところをキタノイショウが交わし、約1馬身半差でのゴールインです。もちろん、ソリの後端で着順を決定します。

race4.jpg

キタノタイショウは今回「大勝」できなかったけれど、現時点の3歳馬の中では「大将」です。競馬場では「もう少し馬場が重たければアオノレクサスにもチャンスがあったなぁ〜」なんて声も聞こえてきましたが、重たければアオノレクサスが障害を越えてからの直線でもっとバテていた可能性が高く、どの道キタノタイショウに交わされていたような気がします。まさにキタノタイショウは北の大将!

race5.jpg


レース映像は「ばんえいシアター」で見ることができます。
http://www.banei-keiba.or.jp/animation/index.html


ちなみに今週16日(月)のメインレース初雪賞で、ばんえい菊花賞組のアオノレクサス、ワタシハキレイズキと、私がばんえいツアー1日目@リポート1『バックヤード編』でもっとも輝いていた馬として取り上げたキンセイモンがぶつかり合いました。その3頭で最先着を果たしたのは障害を降りてからオールキャンターで追い上げたキンセイモン(勝ち馬とほとんど並んで入線の2着)。同馬はもともと決め手型の馬でしたが、近走は障害が良くなって基調が上昇しているようです。

そして1番人気に支持されたアオノレクサスはばんえい菊花賞で激走した反動で6着に敗れました。ワタシハキレイズキはばんえい菊花賞から更に5kg加算の重量が堪えているようで4番人気に支持されながらも7着でした。ばんえい競馬ではクラスが上がり、前年4月から3月に向かって重量が加算されるという予想するのにやや厄介な要素が加わりますが、アオノレクサスの着順構成からわかるように、競走馬が連続好走するのは難しいというのは平地競走でもばんえい競走でも同じです。ただセパレートコースで行われるので、コーナーの進入角による有利・不利がなく、あまりにも理不尽な負け方をしなくてすむというのはメリットです。

みなさんもぜひ一度くらいはばんえい競馬にチャレンジしてみて下さい。なるべくなら現地でリアルを体験してから、馬券を購入することをオススメします。その方が楽しさ2倍で、楽しさを知ってこそ馬券が上達するというものです。


ばんえいツアーリポートの続きは来週23日(火)の更新予定です。次はばんえいツアー2日目@リポート5『池田町・千代田えん堤編』です。ヾ(*'-'*)マタネー♪


(写真協力:ホソジュンと同誕生さん)

★バックナンバー★
ばんえいツアー1日目@リポート3『人間ばんば編』
http://blog.erika-y.com/article/33595629.html
ばんえいツアー1日目@リポート2『エリカ様降臨編』
http://blog.erika-y.com/article/33562720.html
ばんえいツアー1日目@リポート1『バックヤードツアー編』
http://blog.erika-y.com/article/33456585.html

posted by 山崎エリカ at 05:34| Comment(6) | TrackBack(0) | ばんえいツアーリポート

2009年11月12日

ばんえいツアー1日目@リポート3

人間ばんば大会編
________

ツアー当日はとかちばん馬祭り2日目で、メインイベントには馬ではなく人がソリを曳く『2009ワールド人間ばん馬チャンピオンシップ(世界大会)』の決勝が行われました。「ワールド人間ばん馬チャンピオンシップ」なんて大それた大会名が付けられるのは、世界で1つしかないばんえい競馬の特権ですね(^△^;。だけど優勝賞金は100万円で、決勝はばんえい競馬の中継のみならずNHKでも放送される他、優勝チームは北海道新聞の一面に掲載されます。

人間ばんば大会の決勝はこれまで5名+騎手1名で重量210kgを曳いて100mを競いましたが、昨年はよりによって馬場水分2.1%という力のいる馬場で行われ、肉離れを起こすなどのケガ人が続出したために、今年はオッズパークの配慮によって、馬場水分9.0%という軽馬場にもかかわらず、重量180kgで行われました。


決勝に挑むのは1番「怪力王T世」、3番「怪力王U世」、5番「ブラックサンダーボス」、7番「林協ホースマン」、9番「牛牛(べこべこ)」の計5チームです。ブラックサンダーボスはその名のとおりブラック? 黒人さんたちのチームでした(笑)。

ningenbanba1.JPG

人間ばんば大会は本コースの100m地点からのスタートするため、平地の足慣らし区間が短いまま高さ1.6mの坂を上らなければいけません。みんな必死で引っ張っています。q(^-^q)ファイト!

ningenbanba2.JPG

障害は怪力王T世、離れてブラックサンダーボス、牛牛の順で下り、下の写真は牛牛がブラックサンダーボスを交わそうかという瞬間です。

ningenbanba3.jpg

そして障害を1番手で通過しそのた怪力王T世が、ここへ向けて必死で練習した感のある揃った足並みを最後まで乱すことなく、そのまま押し切りました。怪力王T世は美幌町の自衛隊で、なんと昨年に続く2連覇です! ""ハ(^ー^*)

ningenbanba4.jpg

2位は直線で追い上げた牛牛。3位は林協ホースマンに変われそうになりつつも、なんとか押し切ったブラックサンダーボスでした。

優勝した怪力王T世は「2連覇できて嬉しいです。体力には自信がありますが、足がぷるぷるして立っているのが精いっぱいです」「賞金の100万円は帯広の夜の街で使って帯広に貢献したい」などと話していました。

詳しい結果や決勝レース映像などは下記のサイトで見ることができます。
http://www.banei-keiba.or.jp/topics/2009-8.html


怪力王T世が記録したタイムは昨年度2分01秒1から44秒2短縮しての1分16秒9。すごいっちゃ、すごいけど、正直昨年と比べるとあっさり過ぎて物足りないものがありました。重量軽すぎたんちゃうの?

お金と名誉が同時に得られる大会だからこそ、ケガして本望、ケガこそ男の勲章でありステイタスだと考えている私にとっては、本音を言えばもっと苦しんで欲しかったです。今回の決着は格闘技に例えたら「秒殺決めて、はい終了!」みたいなものですからねぇ〜。

恍惚の境地が得られなかった私は、N名社長やとっしーに「参加チームがそれほど苦しんでいなくて、いまいちだったんですけど・・・」って言ったら、「山崎さんはドSですね」と言われてしまいました(^-^;;;;;;)。

はい! 私は紛れもなくシャバSです。だからゴールしてから力尽きて苦しんでいる男の姿に萌えるんです(笑)。だけど今回はあまり萌える要素がなかったから、やや不満でした。まぁ、「おまえがやれよ!」と言われたら、間違いなく断りますが・・・・・・(笑)。厳しい条件を突きつけられれば突きつけられるほどレベルがアップしていくものなのに、みんな優しすぎると思います。

個人的にはもう一度重量210kgに戻し、強豪が揃ったら重量230kgぐらいにすることをキボンヌ! 男ならこれくらいの重量を曳きなさい!(笑) 私は責任を持ってただ乗っているだけの騎手をやってあげます。もちろん、優勝したら賞金は6人で山分けでよろしくお願いしますm(._.*)m。


ばんえいツアーリポートの続きは来週17日(火)の更新予定です。次はばんえいツアー1日目@リポート4『レース観戦編』です。ヾ(*'-'*)マタネー♪

(写真協力:ホソジュンと同誕生さん)

★バックナンバー★
ばんえいツアー1日目@リポート2『エリカ様降臨編』
http://blog.erika-y.com/article/33562720.html
ばんえいツアー1日目@リポート1『バックヤードツアー編』
http://blog.erika-y.com/article/33456585.html

posted by 山崎エリカ at 07:32| Comment(4) | TrackBack(2) | ばんえいツアーリポート

2009年11月11日

ばんえいツアー1日目@リポート2

エリカ様降臨編
_______

バックヤードツアーで一旦みなさんと「さよなら」した後、事務所へ向かいホッカイドウ競馬アナウンサーの小枝佳代さん、馬エッセイストの旋丸巴さんとともに『JBC&ばんえい菊花賞予想トークショー』に備えました。小枝さんとはこの日初めてお会いしたのですが、いい意味で男前でテキパキされている方です。さすが日本で唯一の女性競馬実況アナウンサーって感じです。


トークショーは帯広競馬場の表彰台で行われ、司会は当然小枝さんです。そして予想は山崎、旋丸さん、小枝さんの順番で発表していきました。

erika-korin1.JPG

そして軽くハプニングです。なんと山崎◎予定のフェラーリピサが取り消したらしいという話を、ステージの上でいきなり聞かされたのです。山崎は直前でトイレに入っていたから、その話は聞かされていなかったの(´・ω・`)。だから急きょ「もしフェラーリピサが取り消していたら、印を繰り上げて○のアドマイヤスバルから▲スーニ、△ポートジェネラルに流す」ということで話をまとめました。そうすると2点予想になっちゃうから不安だったけど、結果オーライでした(*^^)b。

erika-korin2.jpg

続いてJBCスプリントの予想。こちらも◎ヴァーミリアン、○マコトスパルビエロでバッチリ! 普通に予想すれば◎ヴァーミリアン、○マコトスパルビエロ、▲ワンダースピードということになりますが、それだと人気をなぞることになるので、もっとも不安要素のあるワンダースピードをあえて切ったのはプロとしての意地です。そのような馬券は実践的ではありませんから!

erika-korin3.jpg

そしてラストのばんえい菊花賞。実績断然で圧倒的1番人気のキタノタイショウを負かすとすれば、この馬しかいないということでアオノレクサスを◎にしました。もともと実力上位の馬が、前走で厳しい競馬をしたら今回で巻き返す可能性が高いというのは平地のレースもばんえい競馬も同じです。結果的にキタノタイショウには勝てませんでしたが、そう予想しないと馬券を買う意味がないのです。

erika-korin4.jpg

それからメインレースのばんえい菊花賞直前に実況中継に乱入? 番組でもJBC&ばんえい菊花賞予想をさせてもらいました(^-^;;;;;;)。写真で見ると、出演者一同がモンキーボックスに入れられているみたいです。

erika-korin5.jpg

当然ながら◎ー○で当たりだと思いきや・・・・・・ワン、ツー、スリー、フォー、ざんねーんっっ!! アオノレクサスが「アオノレスサス」になっていましたo(ToT)o。

erika-korin6.JPG

中継中にwhite johnsonさんが何かを紙に書いて必死でアピールしていたんだけど、赤のボールペンで書いた字が薄すぎて読めませんでした(>ω<;) 狩猟採集生活を営む視力5.0のアボリジニでもあるまいし、マジックで書いてくれないと見えないつーの!!


そんなこんなで神々しく輝く予定が、あっけなく女神になり損ねた山崎であります。小枝さんとばんえい競馬は、ばんばがスタートでウ○コすると、騎手がスターターに「だっぷん!」と手を挙げて申し出て、ウ○コし終えるのを待つ「脱糞待ち」というルールがあるという話で盛り上がりすぎて、見直すのを忘れていたよ(^△^; その時は見直したような気がしていたけど、そんな気がしていただけでおそらく見直していません(恥)。

あとで野面積みのオッズパーク・ばんえい・マネジメントのN名社長に「アオノレスサスお見事です」と嫌味を込めたお褒めの言葉を頂きました(*^^)v。野面積みとは、城の石垣マニアという意味で、「城の石垣には野面積み(これがもっとも素晴らしいらしい)、打ち込みハギ、切り込みハギの3種類ある」という話を、イヤでも覚えてしまうほど繰り返し教わったから、それ以来私の記憶チップにはN名社長=野面積みと刻まれてしまいました(^-^;;;;;;)。しかし私にとって城の石垣マニアはあちらの世界の住人ですから、あんまり詳しくなりたくありません(笑)。

って、話が少しそれちゃったけど、「アオノレスサス」の証拠写真を突きつけて来たnanasiさん。少し嫌味を込めて(笑)、注目してくれていて、どうもありがとーん!! またトークショー&山崎出演中継をツアー客の大半が見に来てくれたことに感謝です。ヾ(*'-'*)マタネー♪ 


ばんえいツアーリポートの続きは今週12日(木)の更新予定です。次はばんえいツアー1日目@リポート3『人間ばんば大会編』です。

(写真協力:ホソジュンと同誕生さん、igamiさん、nanashiさん)

★バックナンバー★
ばんえいツアー1日目@リポート1『バックヤードツアー編』
http://blog.erika-y.com/article/33456585.html

posted by 山崎エリカ at 05:04| Comment(7) | TrackBack(0) | ばんえいツアーリポート

2009年11月06日

ばんえいツアー1日目@リポート1

バックヤードツアー編
_________

オッズパークさんが山崎のツアー客限定の「バックヤードツアー」を組んで下さいました。本来なら約30名1組でバックヤードを巡りますが、私たちは10名1組です。「おめぇ〜が、客を連れて来ないから10名なんじゃー!!」って話だったのかもしれませんが、本来なら約30名をわずか10名で巡るわけですから、説明もゆっくり聞けて、写真も撮りたい放題で、とても快適でした♪

集合場所は7レースが終わった後の旧パドック前の「ふれあい動物公園」です。山崎がふれあい動物公園ではなく、「旧パドック前」と説明したせいで、現パドック前に行こうとしていた方が1名いました・・・・・・(*T_T)/すいませんでしたぁ〜。現在「ふれあい動物公園」って名称が付いているのを、この日初めて知りましたぁ〜。だって旧パドックで動物とふれあったことがないんだもん(^-^;;;;;;)。

だけどバックヤードツアーは、オッズパークのイケメン戸嶋さんこと「とっしー」がシッカリ案内してくれるから大丈夫(*^^)b。そんなわけで一同は不安な気配が全くない様子で、次のレースに出走するためにばんばたちが待機している装鞍所へ向かいました。


装鞍所では馬体重の確認や個体確認、馬装・蹄鉄の確認などが行われます。出走を控えたばんばたちの様子を窺うことができますが、今までの経験上、「雄姿があるは◎」、「暴れているは○」、「元気がないは×」。そして鼻血ブーの馬は当然ながら出走取消です(笑)。

backyard-tour1.jpg

ここいると馬が地面をガリガリ掻く音や板をドンドン蹴る音が聞こえてきます。

10頭中でもっとも輝いていたのはキンセイモンくん。同馬は厩務員さんの指示に素直に従うお利口さんで、優しい表情を浮かべていました。山崎がバックヤードツアーで唯一撮った写メです。(9レースで見事V)

backyard-tour2.jpg

案内人とっしーと山崎一同。 一同が足に巻いているのは包帯ではなく、靴の上から履く紙製の袋です。山崎が「雨上がりにバックヤードツアーに行くと、泥濘で特に女子の靴は汚くなるから、靴の上から履けるものないか?」と聞いたら、主催者バンバオーレクラブの吉川さんが早急に用意してくれました。m(._.)m ありがとう

backyard-tour10.JPG 


装鞍所を見終えるとパドック裏を通り、検量所の裏側にある調教用のソリが並んで置いてある場所へ向かいました。まさに雨上がりの午後の景色です。

backyard-tour3.jpg

練習用のソリは本番で使うソリよりも重量を軽く設定し、重量は赤の矢印の下へ入れます。

backyard-tour4.jpg

レース直前になるとレースコースの第2障害よりも高い坂が用意されている調教馬場で負荷を掛けて鍛え上げます。調教馬場はレースコースと平行してスタンドから奥側に存在し、1回の調教で2回ほど練習用の坂を上って下ります。

backyard-tour5.jpg


続いてゴール付近です。ゴールラインに平行して存在する下の写真のタワーで決勝写真が撮影されます。レースが写真判定と判断されるとタワーと本部を繋ぐピアノ線を利用して、筒に入れた決勝写真を本部へ送るという原始的な仕組みです。写真判定の可能性が高いレースでは、タワーと本部を繋ぐ上のピアノ線に要注目! 本部はスタンド側で、残念ながらピアノ線は写っていませんが、もっとも高い位置にある線がそれです。

backyard-tour6.jpg

タワーはとっしーが指刺す先にあります。意外とたか〜い!?

backyard-tour11.JPG

また、ばんばたちのお仕事はスタートからゴール地点まで輓曳するだけではありません。ゴールしてからソリをトロッコの荷台に載せるまでがお仕事なんです。下の写真のようにして、ばんばがトロッコの荷台にソリを載せた後、ようやく厩務員さんたちの手によって開放されます。

backyard-tour7.jpg

あとはノロッコ・・・もといトロッコにお任せ! トロッコがスタート地点まで重いソリを運んでくれます。ディーゼルエンジン搭載のトロッコは元鉄道マニアのツアー客Kさんが、興味津々のご様子で見つめていました。ソリは全12台だから、このトロッコの活躍なくしてばんえい競馬は成立しません。

backyard-tour8.jpg

笑顔のトロッコおじさんたち。山崎が選んだバックヤードツアーのベストショットで、バイバイしているトロッコおじさんの表情が崩れないように、写真をやや大きめに設定しました。拡大すると温かい感じで癒されまーす! (*^▽^*)

backyard-tour12.JPG


『JBC&ばんえい菊花賞予想トークショー』に出演するため、みなさんとはここで一旦「さよなら」をしました。山崎は事務所へ向かい、みなさんは次のレース観戦に備えて掲示板の下あたりで待機していました。

電球ぴかり型の電光掲示板はジャスト14時、ジャスト馬場水分8%を表示。

backyard-tour9.jpg


本日の帯広競馬場もよく言えば世界遺産? 昭和の匂いがいっぱいに漂っていました。ヾ(*'-'*)マタネー♪ 


ばんえいツアーリポートの続きは来週10日(火)に更新します。次はばんえいツアー1日目@リポート2『エリカ様降臨編』です。

(写真協力:ホソジュンと同誕生さん、igamiさん、よっしーさん、nanashiさん)
posted by 山崎エリカ at 03:36| Comment(6) | TrackBack(0) | ばんえいツアーリポート