2016年06月10日

競馬王7月号発売!

夏競馬を支配する7つの真実
_____________

今号では、『夏競馬を支配する7つの真実』という特集の「開幕週の内枠&逃げは今でも儲かるのか?」というのを担当させて頂きました。

近年は、馬場に「エアレーション」、「シャッタリング」という作業を施していますが、これによる影響は競馬ファンなら誰しもが気になるところです。


その答えは…
今後の競馬王をお読みください<(_ _*)>。


posted by 山崎エリカ at 19:49| Comment(4) | TrackBack(0) | お知らせ

2016年05月25日

週プレに出ています!

週プレの今号はすごい!
___________

告知が遅れましたが、今週の『週刊・プレイボーイ』に出ています!

とにかくすごいの〜!!!
ヘ(≧▽≦ヘ) きゃーーん♪


何がすごいかって言うと…

最上もがちゃんのグラビアもすごいけど。

武豊騎手の対談
馬主・北島さぶちゃんの対談
グラビアアイドル5人のダービー予想
そしてダービー対談

とにかくダービー直前ということで
競馬関連ページがてんこ盛り♪


個人的に嫌われる勇気はあるけど
愛される勇気はないんじゃないの(?)の
正論を嫌われ口調で話す
ホリエモンちゃんがかわいくて好きですが

わたしはダービー対談をしました。

playboy3.jpg





あくまでも先週時点での見解になりますが
よろしければ参考にして下さい<(_ _*)>。
posted by 山崎エリカ at 18:51| Comment(4) | TrackBack(0) | お知らせ

2016年05月06日

5月6日(金)・競馬王のPOG本発売!

今年もこれでバッチリ!
___________

今年で10周年を迎える生産牧場、育成場、調教師、馬主の顔が見える『競馬王のPOG本』がいよいよ発売されます。10年前、私は誰を取材していたのだろ〜と1作目を振り返ったところ、調教師になって間もない池江泰寿調教師を取材していました! 当時の池江厩舎は、セレブオーナーの関口房朗さんが、米国のセールでやたらと高額馬を購入していた時代背景もあって、マル外を中心としたラインアップ。読み返して、すごく懐かしくなりました。

それから10年、どういう経緯だったかは忘れましたが、7年前から馬主(クラブ)を中心に取材をしています。そこでギャンブルとしての競馬ばかりではなく、馬をこうやって育てて、こういう工夫をしてこういう結果が出ているというスポーツとしての競馬を、取材とこの本をとおして見せてもらうことができました。それまで紙の上のギャンブルの駒でしかなかった競走馬が三次元化して、競走馬も生きていることが実感できました。

このお母さんにこのお父さんの種をつけたことにも意味があるし、育成で成長を促すタイミングも馬や年度ごとに違います。馬の気性が悪ければまず人と一緒に歩くことから人に慣れることを教え、餌を食べなくなれば調教をセーブして体を減らさないようにする工夫もしています。この本はPOGで勝つことばかりを目的とするものではなく、そういうファンの少し遠くに感じるものを、なるべく身近に感じてもらうのが目的で作られたようです。

私自身、正直、競馬本を読み込むことがないのですが、この本だけはいつも読み込みんでます。例えばノーザンFも事務局長の中尾さんとは一度も話をしたことがないのに、うっかり知り合いの気分になってしまって、セレクトセールでお見かけしたときには「こんにちは!」と挨拶していました(笑)。ある種、やばくなれる本です。




私は、今年、キャロットクラブ、東京サラブレッドクラブ、シルクホースクラブ、広尾サラブレッド倶楽部、サラブレッドクラブライオンを取材してきました。キャロットさんでは、永島さんにお願いして大好きなエピファネイアとリオンディーズの優勝レイを並べてもらって写真を撮りました。リオンディーズはG1優勝レイの数が偉大なお兄さんを越えられるかなぁ?


2つの優勝レイの素材が違ったの。
エピファネイアはベルベット(ビロード)だったけど、
リオンディーズのはたぶんベッチン(綿ビロード)。

carrot-c.jpg
posted by 山崎エリカ at 01:16| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ

2016年04月22日

「駆け込み出資馬」で儲けるコツ

“入厩直前”にこそ福がある!
「駆け込み出資馬」で収支プラスを狙え!
___________________

『netkeiba.com』さんで、「駆け込み出資馬」の特集をやらせてもらっています! よかったらお読み下さいね♪


サンビスタもルージュバックも「残口アリ」だった


 「活躍する馬は、もう埋まっている」と思っていませんか? 実は、G1馬のレッドディザイアもサンビスタも、現在活躍中のルージュバックも、この時期に残口があった馬です。それもレッドディザイアやサンビスタは、募集価格1470万円以下(200分の1口)なので回収率2500%越え、ルージュバックが募集価格2400万円(400分の1口)で、既に回収率500%を超えています。けっしてこの時期に売れ残っているからといって、走らないわけではありません。

 確かにこの時期に出資することは、選択の余地が狭まるデメリットがありますし、たとえば今年のクラシックで活躍中の弟や妹は、まず、買えません。でも、ちょっと考えてみてください。募集開始時に買うというのは、いざ調教を開始すると意外と動けずに頓挫することもあれば、故障してデビューできないという最悪のパターンにおちいる可能性だってあります。

 かつては出資した馬がデビュー前に故障した場合には、出資金を他の馬に回せる「保証制度」がありました。しかし、2011年に金融庁のお達しにより廃止。つまり、デビューできなかった場合には、金銭的にほぼ丸損になるのです。価格が安ければまだいいとして、G1戦線での活躍を期待して何十万円も奮発した結果がゼロだったら、イヤじゃないですか? 私は耐えられません(笑)。


「駆け込み出資馬」ならデビュー率100%、2勝もいける!?


 駆け込み出資のメリットは「ギリギリまで調教を見て出資できる」ことでしょう。この時期の調教でこれまで大きな頓挫なくハロン15秒くらいで走れていれば、夏場くらいまでにはデビューできて、2勝以上する可能性が高まります。ハロン15秒くらいの追い切りで疲れが出てしまうような馬(ハロン15秒がオーバーワークになってしまっている馬)は、ハロン13秒を切るタイムが要求されるレースを勝つには、なかなか厳しいものがあります。しかし、ハロン15秒くらいの追い切りでへっちゃらの馬は、最低でももう一段階は上へ行けるはずです。そういう意味でも、この時期にハロン15秒の調教ができる馬というのは、ひとつの目安になります。

 私はPOG本などで、毎年、一口馬主クラブを何社か取材させて頂いていますが、一番最初に取材したところが東京サラブレッドクラブだったというご縁で、現在は東サラの会員です。毎年「駆け込み出資馬」の観点で最低1頭に出資しているのですが、これまではデビュー率100%でほぼ2勝以上しています。


確認すべきポイントはあと3点


続きはこちら→http://news.netkeiba.com/?pid=column_view&cid=33573


現在、残口アリの馬から10頭厳選して紹介させて頂いています。このコラムを書いている途中で、シルクさんのラバピエス(父タートルボール・母サルスエラ・牡・大久保厩舎)が、いきなり満口になってしまったので、馬によってはすぐに満口になるかもしれませんヾ(;´▽`A``。
posted by 山崎エリカ at 23:27| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ

2016年02月08日

競馬王3月号発売!

競馬王3月号発売!
________

本日、競馬王が発売されました! Dd(´ε`*)アハン♪


クラシック最有力のサトノダイヤモンドは、昨日ぶっちぎっちゃったけど、今週出走予定馬のなかにも、山崎の激走馬リストに掲載されている馬がたくさんいます! ぜひ、参考にして下さいね♪


また、今号は担当Aとともに石川裕紀人騎手を取材してきました。石川パパが、競馬王の版元の白夜書房で勤めていた人。ママは白夜書房の受付の人。つまり、白夜書房ジュニアなのだ!

取材当日に、石川くんとのツーショットを取り忘れ、後日、とある会でたまたま会ったので、パシャってきました。


「ねぇねぇ、わたし永遠の18歳だけと、石川ママとそんなに歳が変わらないのね。こういう(頭に石川ゴーグルをはめて写真を撮る)お母さんがいたらどう?」って聞いたら、「イヤです!」って言われました。

だよねー! (笑)
せめて可愛くゴーグルはめて、写真を取れば良かった(*/ω\*)。


hiro-ishikawa.jpg


取材のときも、なかなか写真のポーズが決まらず、「抱きついてもいい?」って聞いたら、「馬に乗せてもらえなくなるからやめて下さい!」と笑顔で断られました(´・ω・`)。


まだ、『競馬王』を購入していない方はこちら。

posted by 山崎エリカ at 18:24| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ

2016年02月06日

お知らせ♪(ばんえい競馬)

著名人予想を開始!
_________

本日からばんえい十勝のオフィシャルホームページの「トピックス」にて、毎週土、日の9,10レースの予想を発表することになりました。こちらはレース当日の9時くらい(?)に更新されます♪


http://www.banei-keiba.or.jp/topics/post-300.html


矢野吉彦さん、情報局編集部の栗田さん、金太郎さんはレギュラー。わたしはゲストみたいな感じで、須田鷹雄さん、荘司典子さん、古谷剛彦さん、目黒貴子さん、斎藤修さんとランダム入れ替わりで掲載されます。どうぞよろしくお願いします<(_ _*)>。


banei-batachi4.jpg


banei-batachi5.jpg
posted by 山崎エリカ at 16:39| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ

2015年12月30日

恒例のばんえい場立ち予想の件

自粛させて頂いております!
_____________

遅ればせながら、毎年恒例の大井ふるさとコーナーのばんえい場立ち予想は、例の不祥事で自粛させて頂いております!

確かに騎手がインターネットで馬券を購入することは、違法であり犯罪。買った者が一番悪いです。しかし、泣けるほど色褪せた勝負服を着続けていると、悪魔の囁きが聞こえてくることもあります。

そういう人間の弱い心を察して、騎手、調教師、厩務員は、中央、地方問わずに、事前の身分調査でインターネット投票権がもらえないことになっているのに、手違いで投票権を与えてしまった運営側も、それなりの罰則を受けるべきと思います。本来は、規則で与えてはいけない権利を、厩務員と合わせて9名にも与えてしまったのだから。

今回は、内部告発でたまたまバレただけ。もしかすると他地区にもそういう方がいるんじゃないかなぁ〜? そんなに緩いんだったら、インターネット投票権を得る際に、身分証明のコピーなどを提出させないで欲しいです。

この一件で、ばんえい競馬は、NHKテレビ番組放送も中止になったし、イベントもほぼ中止、あるいは自粛する運びになりました。しかし、川崎競馬場は、それでも年始の開催でばんえい競馬の馬券を販売してくれるとのことなので、ご都合がよろしい方は、ぜひ、遊びに来て下さい。1月2日、3日と私も場立ち予想に顔を出す予定です。冷ややかな言葉も受け止めますが、出来れば暖かく見守って頂けると嬉しいです。
posted by 山崎エリカ at 01:10| Comment(2) | TrackBack(0) | お知らせ

2015年12月11日

競馬王1月号発売!

お知らせ!
_____

12月8日に競馬王が発売されました! Dd(´ε`*)アハン♪

先月は激走馬リスト2位のスマートオーディンと3位のプロディガルサンが東京スポーツ杯2歳Sでワン、ツーを決め(東スポ杯2歳Sに出走するのがわかっていたので、ワン、ツーを狙ったのですが)、7位キャンディバローズはファンタジーS勝ち。5位プランスシャルマン、7位ネオリアリズムも上のクラスを勝ち上がったし、他上位馬も馬券圏内を死守してくれました。

さて、今月号の激走馬リストの馬たちは、どこまで活躍してくれるでしょうか? 例えば、500万下勝ちのPP指数が、1000万下の水準決着指数を上回るなど、1クラス以上上の勝ち方をした馬をリストアップしているので、馬券の軸馬にはお勧めですよん♪

posted by 山崎エリカ at 16:33| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ

2015年11月27日

急きょ『リアル競馬王』参戦!

突然ですが・・・
_______

『リアル競馬王』に出演することになりました。
ジャパンCのマル秘情報もお届けします!


詳細はこちら
 ↓
http://blog.keibaoh.com/blog/2015/11/1281-c2s1127213-0500.html


昨年のジャパンCは、◎エピファネイアで的中!
今年もかんばります(p*・ω・)q

keibaochannel1.jpg
posted by 山崎エリカ at 14:55| Comment(1) | TrackBack(0) | お知らせ

2015年11月11日

今号は傑作だと思う!

お知らせ
____

今回で2号目となる『競馬大的中』(ガイドワークス)が本日11月11日(水)に発売されました。この雑誌では、「エリカの部屋」という競馬関係者のインタビューを担当させてもらっています!

この「エリカの部屋」のインタビュー対象者は、私の完全任意でやらせてもらっていて、今号は南関東リーディングの森泰斗騎手ことタイティです。昨日、競馬王ブログを見た方から「なぜ、森泰斗騎手なの?」と言われました。

それには、私自身がインタビューしやすい存在であり、担当編集者Aが森泰斗ファンであることも理由ですが、一番の理由は、タイティ自身が面白くて、よく考えて騎乗していることと、これまでにタイティが騎乗論を具体的に語っている記事がないことです。この面白さは読まなければ伝わらないと思いますが、読んだ人はみんな傑作だったと言ってくれます。





あとね、タイティにお願いしたのは、あるテーマに触れたかったのもあるのです!

実は・・・中央競馬には、危険回避という大義名分を挙げて、内1頭ぶんを開けて乗るという暗黙のルールがあるのをご存知ですか?

地方や海外のパートT国には、内1頭ぶん開けて乗るというルールは暗黙でもないのに、中央競馬だけにはあるルール。地方は危険防止のためにラチ沿いが深く掘られている競馬場もあるために、結果的に内が開いている場合もありますが、基本的には内を突こうとする者、内を突かれそうになって閉めようとする者ばかりです。

ゆえに、外国の騎手からは「日本(中央競馬)は、イン突き放題のイージー」と言われてしまうわけです。その本来の意味は、「日本の騎手は勝つことにシビアじゃないから、俺らが真剣に乗れば勝てるよ」ってことなのではないでしょうか?

こういうのを念頭に置いて読んでいただけると、より面白く読んで頂けると思いますo(*^▽^*)o~♪


moritaito.jpg
posted by 山崎エリカ at 04:33| Comment(2) | TrackBack(0) | お知らせ