2011年05月01日

日経賞の回顧(春天のポイント)

ハイレベル世代の4歳馬が集結
______________

阪神大賞典がやたらと昨年のクラシックや古馬G1戦線で活躍していた上位馬が不出走と思いきや、日経賞にこぞって出走してきました。昨年の日本ダービー2着、菊花賞2着のローズキングダム、菊花賞馬ビックウィーク。天皇賞(秋)2着、有馬記念4着のペルーサ、秋になって力をつけて有馬記念3着、前走の京都記念も勝利したトゥザグローリーという、G2にしては豪華なメンバー構成です。

今年の4歳世代は先月のドバイワールドCを勝利したヴィクトワールピサこそ一歩抜け出した存在ではあるものの、それ以下の上位馬は能力の隊列が定まりきれていないこともあり、「強いから強い馬と戦わせて、どこまでやれるかを図りたい」という関係者の心理が働いたのかもしれません。

レースは平均ペースで流れて、直線好位から抜け出して完勝したのはトゥザグローリー。2着ペルーサ、3着はローズキングダムという、能力値1位-能力値3位タイ-能力値2位という決着でした。おそらくもう一度、日経賞が行われても同じ結果でしょう。しかし、もう一度異なるローテーションで日経賞が行われたなら、トゥザグローリーが先着するかは「?」です。

なぜならトゥザグローリーはレースを順調に使われて、「前々走有馬記念から前走京都記念で指数を下げる」という条件が整っての好走だったのに対して、ペルーサもローズキングダムも休養明けで力を出し切れていなかったからです。それは4着のマイネルキッツ(能力値3位タイ)にも同じことが言えます。


今年の天皇賞(春)は日経賞上位馬の着順の入れ替わりがテーマです。
http://umanity.jp/professional/race_view.php?race_id=2011050108030411&pro_id=3100000

posted by 山崎エリカ at 05:33| Comment(1) | TrackBack(0) | 重賞回顧

2011年04月15日

毎日杯の回顧

欲望は大切、しかし強欲は危険
______________

シンザン記念で朝日杯フューチュリティS、つばき賞、スプリングSの決着指数と同じ指数-14をマークしていたレッドデイヴィスが内枠有利の馬場をロスなく立ち回り、今回で指数を下げる形で勝利しました。レッドデイヴィスはセン馬のため、クラシック戦線に出走することができませんが、自己ベスト指数マーク後の今回で大きくダメージが出なかったこと、シンザン記念の2着馬オルフェーヴルがその後のスプリングSを勝利していることや3着馬マルセリーナが先週の桜花賞で勝利した対戦比較から、皐月賞に出走できるようであれば当然有力だったでしょう。

レッドデイヴィスが「去勢されてしまったのが悔やまれる」という声もちらほら耳にしますが、セン馬だから早い時期から走れていたとも受け取れます。デビュー前にも大胆に去勢してしまっていることから考えて、相当手に負えなかったことが想像つきます。その辺は馬を育てている陣営が、それまでの経験に基づいて判断したことでしょうから、私たちが口出しすべきことではありませんね。

また3着は前走アルメリア賞で超スローペースをうまく折り合い、直線では自ら動いて早め先頭に立ち、そこからステッキ一発でビュンと伸びてラスト2F目に10秒7という抜群の瞬発力を見せて楽勝したトーセンレーヴでした。アルメリア賞の勝ちっぷりがまさに素質馬の瞬発力で、上がり3Fはメンバー中最速の33秒3タイ。同じ上がり3Fを33秒3でトーセンレーヴに0.2秒差まで迫ったステラロッサはスプリングSで3着に好走していることを考えると、同馬の1番人気は順当だったように感じます。

しかし同馬は残念ながら皐月賞に出走できるだけの賞金が加算できませんでした。敗因は出走権を意識しすぎて強気な競馬をしすぎたことにあります。プレッシャーの掛かる状況下で攻めながら守る(欲望コントロールする)騎乗をするのは大変難しいことであることは理解した上であえて書かせてもらうと、内枠有利の状況下で外枠から先行したために終始外々を周り、直線で早め先頭に立ちすぎました。それゆえに内からレッドデイヴィスに抜け出しを謀られ、後方で脚を矯めていたコティリオンにまで交わされてしまったのです。

いくら強気の競馬をしても勝つのが真の強者であり、今回で3着に負けるようでは現状並レベルの強さの馬であることは間違いありませんが、デビュー3戦目でスローペースの競馬しか経験していない同馬には厳しい競馬でした。今後も期待してよい馬でしょう。
posted by 山崎エリカ at 04:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 重賞回顧

2011年04月08日

フラワーCの回顧

松田博厩舎から新たなる有力馬が誕生
_________________

今年のフラワーCは過去10年でもナンバー1の1分47秒0の決着タイムが示すように、前半3Fが34秒7、1000m通過が59秒0の同日のスプリングSと比べても先行馬が厳しい展開でした。その展開を利して勝利したのは、ダートの新馬戦では2着に敗れましたが、その後ダートの未勝利戦、500万下条件戦を連勝したトレンドハンターでした。

トレンドハンターはスタートしてからすぐにスピードに乗りながら、そこからあえて抑えるといった余裕を感じさせるレースぶり。道中は後方からのレースとなりましたが、4コーナーでは大外を回り一気に進出。そして阪神の長い直線を生かして抜群の瞬発力で芝のクラシック候補生たちをひと飲みにしました。

トレンドハンターは今回は展開に恵まれましたが、しかし初めての芝のレースで他の出走馬とは潜在能力が違うことを強烈にアピールしたことに意味があります。初めての芝の実戦に出走する馬はダートとのペースの違いからスタート直後は後方に置かれやすくなってしまうものですが、スタートしてからすぐにスピードに乗り、結果を出したことが重要なのです。

今年の3歳牝馬クラシック戦線で大本命視されていたレーヴディソールは骨折により戦線離脱しましたが、松田博厩舎から新たなる有力候補が出現することになりました。
posted by 山崎エリカ at 02:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 重賞回顧

2011年04月05日

フィリーズレビューの回顧

先行馬の巻き返しに注意
___________

雨の影響でスタミナの要求される馬場状態で行われた今年のフィリーズレビュー。しかも前走で逃げていた馬がアイアムアクトレス(ダート)、モアグレイス、サクラベル、フォーエバーマーク、カトルズリップス、オーシャンフリート(ダート)、クリアンサスと16頭中7頭も出走していたため、レースの前半からペースがきつく、上がりが掛かる流れになりました。

レースの前半で後方待機していたフレンチカクタス、スピードリッパー、エーシンハーバー、ドナウブルー、ラテアートが掲示板を独占したように、いかに時計の掛かる馬場で、いかにペースが厳しかったのかがわかります。

また先週のマーガレットSでは前走のフィリーズレビューで道中モアグレイス、サクラベル、フォーエバーマークの外4番手を先行して9着だったクリアンサスが勝利しました。このことからも桜花賞では前走フィリーズレビューで追い込んで上位争いをした馬よりも、前走フィリーズレビューで先行していたもともと強い馬のほうがヒモ穴でチャンスがあると言えます。

対象馬はもうおわかりでしょう。乱桜で革命が起るとすれば、前々走クロッカスSではマイペースの逃げ戦法で楽勝したフォーエバーマーク、出走してくれば1月16日の500万下をクロッカスSと同様の指数で逃げ切ったニシノステディーの2頭です。

posted by 山崎エリカ at 17:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 重賞回顧

阪神大賞典の回顧

メンバーの質?
_______

今年の阪神大賞典は過去10年(11年前はレコード決着で3分02秒5)でもっとも速い3分04秒4の決着タイムが示すように、例年と比較すると先行馬にとって厳しい流れになりました。逃げた菊花賞の5着馬コスモラピュタは一見マイペースで逃げているように見えて、なかなか厳しいペースで逃げていたのです。それでも4着に粘れたのは同馬がスタミナ偏重型だからでしょう。

前回のチューリップ賞の回顧時に述べたように、前哨戦は本番に向けて1.疲れを残さないこと、2.厳しい流れを経験させることの2つの目的があります。今回で先行した馬というのは2の条件は満たしていますから、そのような観点からは狙いが立ちます。

しかしながら先週の日経賞と比べると、有力4歳馬不在で極端にメンバーの質が低かったのも事実です。決着指数も天皇賞(春)に直結しなかった近年レベルの指数で、レースレベルの観点は狙えません。

チャンスがあるとすれば、1と2の条件を満たしている馬か、もともとG1級の最大値を兼ね備えている近走不振の馬かのどちらかでしょう。勝ち馬のナムラクレセントは今回自己ベストタイに近いペフォーマンスで1の条件を満たしているとは言い難いものがあり、私の視点では阪神大賞典組で本番でチャンスがあるのは2頭のみになります。
posted by 山崎エリカ at 17:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 重賞回顧

2011年03月18日

弥生賞の回顧

レースレベル?
_______

大方の予想ではプレイの単騎逃げでしたが、逃げたアッパーイーストにターゲットマシンが競り掛け、3番手につけていたプレイを引き離していきました。しかしアッパーイーストもターゲットマシンも生粋の逃げ馬ではないので、レースは近年どおりのスローペースとなり、大外からショウナンマイティがメンバー中最速の上がり3Fで追い込んでも複勝圏内には届かずの前残りの決着となりました。

着差は勝ち馬サダムパテックから6着ギュスターヴクライまで0.1秒差。そのギュスターヴクライは前走でそれほどレベルが高くない平馬の500万下を勝ったばかりの馬だったことから、当然レベルの高い一戦だったとはいえません。また勝ち馬サダムパテックから最下位に敗れたターゲットマシンまで着差が1.0秒差だったことから、展開や枠順、各馬の体調次第ではいくらでも着順が入れ替わっていた可能性が考えられます。

おそらく本番皐月賞では、スプリングSで何が勝つかにもよりますが、順当な決着ならサダムパテックとスプリングSの勝ち馬が人気を分け合う形になるでしょう。サダムパテックは昨年10月の未勝利戦でその後のつばき賞の勝ち馬となるダノンシャークとの一騎打ちを制した実績馬ですから皐月賞で通用しないとは言いません。しかしその後の2戦で全く裏付けがないまま本番で本命にするのはとても怖い気がします。(前々走の朝日杯フューチュリティSは出遅れたとはいえ、追い込み有利の展開に恵まれながらも4着。一番強い競馬をしたのは3着のリベルタス)

ちなみに前記したつばき賞は特別戦にしてはレベルが高く、決着指数は朝日杯フューチュリティSと同じ-14で、現状の3歳牡馬路線は朝日杯フューチュリティSとつばき賞の上位馬の2トップで推移しています。今回の予想ではサダムパテックを◎、プレイを○(ちなみには▲は前走の京成杯で厳しい流れを経験していたデボネア)としましたが、ある意味順当な決着でもありました。2トップの上位馬が皐月賞までにどういうレースをするかで本命を決定したいです。

posted by 山崎エリカ at 15:54| Comment(14) | TrackBack(0) | 重賞回顧

チューリップ賞の回顧

レーヴディソール圧勝
__________

レーヴディソールが単勝オッズ1.1倍の高い支持率に応えて、2着ライステラス以下に4馬身差以上も差をつけて圧勝しました。近2走は出遅れが続いた同馬ですが、今回はまずまずのスタートを見せ、いつものように後方を追走。ゆっくりと外から上がっていくと、直線での不利を恐れて大外へ持ち出し、そこから早めに動いていったライステラスなどを並ぶ間もなく抜き去り、そこから更に1馬身、2馬身…と差を広げ行く内容は見事でした。当然ながら自己ベスト指数マークです。

一見、何の死角もないように思われるレーヴディソールですが、実は今回で圧勝だったがゆえに、本番桜花賞へ向けての不安が残りました。本来、桜花賞へ向けての出走賞金が足りている競走馬のトライアルレースとは、本番に向けて1.疲れを残さないこと、2.厳しい流れを経験させることの2つの目的があります。しかし、今回は2番人気に支持されたライステラス以外は1勝クラスの馬だったために、ペースが緩み、前走の阪神ジュベナイルFで、実は力を出し切れていなかったレーヴディソールが圧勝してしまったのです。

このパターンは2009年のロジユニヴァースの弥生賞に該当します。ロジユニヴァースは本番皐月賞までに新馬、札幌2歳S、ラジオNIKKEI杯2歳S、弥生賞を4連勝し、本番皐月賞では断然の1番人気に支持されながらも14着に大敗しました。それはなぜかというと、前走の未勝利を勝ったばかりのミッキーペトラが2着入線したように、相手が弱かったがゆえにゆったりとしたペースで逃げることができ、それゆえに圧勝してしまったのです。(その時も自己ベスト指数マーク) つまり、トライアルレースで前記した1と2の条件を満たしていなかったがゆえに、本番皐月賞で敗れたのです。

レーヴディソールは確かに今年の3歳牝馬が相手なら、実力一歩リードの存在ではありますが、世間で言われているほどズバ抜けた存在ではありません。したがって2009年の皐月賞でロジユニヴァースを本命にしなかったように、今年の桜花賞でレーヴディソールを本命にすることもないでしょう。レーヴディソールを負かせる可能性がある馬が限られているだけに、それが出走してこないようなら話は変わってきますが、私の目にはレーヴディソールにイエロー信号をともしたチューリップ賞でした。
posted by 山崎エリカ at 15:53| Comment(4) | TrackBack(0) | 重賞回顧

2011年01月23日

フェアリーSの回顧

レベルが低い3歳牝馬戦線
____________

好スタートを切ったピュアオパール、外から押して押してハナに立とうとするコンプリート、その更に外からコンプリートのハナを奪うアポロジェニー。そのアポロジェニーのハナを3コーナーでイングリッドが奪い、レースは隊列縦長のハイペースになりました。そのペースを利して2着スピードリッパーに2馬身半差をつけて勝利したのは、前走の阪神ジュベナイルFでは折り合いを欠いて2番人気を裏切ったダンスファンタジアでした。

ちょっとだらしなかったのは3着のアドマイヤセプター。いくらハイペースの流れを積極的に競馬をしたとはいえ、前走のエリカ賞ではひどく折り合い欠いて力を出し切れていなかったので、今回は勝ち負け出来ても不思議ではなかったはず。新馬戦で高い素質を見せた同馬ですが、今回のメンバーが相手で勝てないようでは暗雲が漂います。

結論から言うと、今年の3歳牝馬路線はレベルが低いです。昨年の3歳牝馬路線はウオッカ世代やブエナビスタ世代と比べて、レベルが低かったからこそ3冠馬アパパネが誕生したのです。そもそもメジロラモーヌも、スティルインラブも世代のレベルが低かったからこそ3冠を達成することができたのです。そういう意味デイリー杯2歳Sから指数をダウンさせながらも阪神ジュベナイルFを制し、レーヴディソールという無敗の牝馬が存在しているのは頷けます。相手が弱ければ、競走馬のピーク度合いが低くても勝てるということです。

今年の3歳牝馬のレベルならば、レーヴディソールがクラシックで連勝を重ねても頷けるし、逆にウオッカ世代やブエナビスタ世代なら決して強い部類に入らないダンスファンタジアでもピークの持っていき方ひとつでノーチャンスではないということです。私、個人としてはもっとハードルの高いレース、いわゆるレーヴディソールのライバルを求めていただけに、とても残念な結果だったのは否めません。
posted by 山崎エリカ at 04:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 重賞回顧

2011年01月22日

シンザン記念の回顧

質の高いメンバーが揃ったサトノオーの500万下
_____________________

前に行ったシゲルソウサイ、シャイニホークを追いかけ、正攻法の競馬で勝利したのは、前走5回阪神8日目の500万下で1着入線のレッドデイヴィスでした。前走降着の鬱憤を今回で晴らしたのです。

そもそも5回阪神8日目の500万下は、レッドデイヴィスが直線入り口で空馬に驚いて外に膨らみ、外から伸びていたサトノオーやモアグレイスの進路をカットしたり、その更に後ろのほうにつけていた馬たちが直線で前が壁になって力を出し切っていないため、決着指数はそれほど高いものにはなりませんでした。しかしメンバーの質が高かったことは確かで、実際にその500万下で9着だったモアグレイスが先日の紅梅Sを勝利しました。これからも「気がつけばサトノオーの500万下出走馬」という現象が起るでしょう。

5回阪神8日目の500万下といえば、かつてのリトルアマポーラを輩出したレースです。例年遅れてデビューした素質馬やジワジワ力をつけてきている馬たちが、クラシック戦線出走を目論んでここに出走してくるため、メンバー質やレベルの高いレースになりがちなのです。平場戦ゆえ、よほど強い勝ち方をしないと侮られながらも、その後ぼちぼち活躍を見せてくれるのです。ですから当然今年も、サトノオーの500万下で不利があった馬や、もともと強い馬の巻き返しには注意しましょう。
posted by 山崎エリカ at 00:51| Comment(1) | TrackBack(0) | 重賞回顧

2011年01月16日

京都金杯の回顧

枠順と位置取りがもたらした賜物
_______________

今年の京都金杯は内枠、前有利の馬場を味方に、2番ゲートから逃げたシルポートが勝利しました。2着も5番ゲートからシルポートの後ろを追走したガルボ。3着も4番ゲートから好位を追走したライブコンサートという、結局14番ゲートのマイネルファルケを除けば直線に入ったそのままの通過順位で決着しました。

おそらく3番ゲートのリーチザクラウンはガルボあたりの位置取りが欲しかったはずですが、もともとテンがそれほど速くはない上に、トップハンデ58sを背負わされていたため、ダッシュが付きませんでした。

こういうレース(馬場状態)では枠順がもっとも重要ですが、テンのスピードが足りないと勝負にならないので、前走の前半3Fの速い順に並べて予想するとよく当たります。今回の2着馬ガルボはメンバー中でナンバー3、3着馬のライブコンサートはメンバー中でナンバー2の前半3Fラップでした。

また、こういうレースで逆アプローチするのもひとつの手です。外枠のテンが速い馬を狙い撃ちするのです。同日の5レース、未勝利を9番人気で逃げ切ったリキサンマックスは前走の前半3Fラップがメンバー中でナンバー1タイの馬でした。

当てにいくなら枠順と前半3Fをバランスよく吟味するのが好ましいですが、個人的にはテンのスピードの速い外枠の馬を狙ってひと儲けするのが好みです。ただし、そのパターンはレースでハナを奪い切れないと、終始外々回らされて失速するのが常なので、大敗も覚悟しなければなしません。吉凶含みの馬券なので、複勝、ワイド、3連複よりも単勝、馬単、3連単1着軸流しのほうが向きます。
posted by 山崎エリカ at 08:39| Comment(1) | TrackBack(0) | 重賞回顧