2011年06月30日

宝塚記念の回顧

文句なしの強さ見せたアーネストリー
_________________

明白な逃げ馬不在ゆえ、オーバーペースの流れとなった今年の宝塚記念。終わってみればナムラクレセントが1番枠を利して前半3F33秒6、1000m通過58秒7のペースで逃げて、その後のペースも緩まずの2分10秒1のレコードタイ決着でした。

その厳しい流れの2番手から、直線早め先頭に立って勝利したのは前走の金鯱賞から上積みを見せたアーネストリー。雨の影響で今年の金鯱賞がタフな馬場で行われ、そこで先行していたことが今回に繋がった部分もありますが、それにしても強い馬が自ら動いて後続馬をねじ伏せるという、本当に素晴らしい競馬でした。

今年から宝塚記念の優勝馬は、ブリーダーズCターフの優先出走権が与えてもらえるようになりました。アーネストリーのようにハイペースを先行して押し切る馬というのは、レースの前半から競り合いの厳しい海外競馬が向くのでぜひ出走してもらいたいです。

ただ昨年のエスポワールシチーのように「休養明けを日本で叩いて海外へ」というローテーションだと、「叩いて上昇」のつもりが伸び切れない、「叩いて体を絞る」つもりがまだ体が緩い可能性もあるので、天皇賞(秋)の前哨戦→天皇賞(秋)→ブリーダーズCターフというような、フレッシュかつ蓄積疲労が残らない状態で目標を目指すというのが好ましいでしょう。

また、宝塚記念もハイペースになったことで、どの馬も脚を余すところなく、ほぼ能力値どおりに決着しました。2着ブエナビスタ、3着エイシンフラッシュ、4着ローズキングダムというように上位入線馬がすべてG1馬だったのは、底力が問われるレースだったからです。前走で金鯱賞を勝ち、2番人気に支持されたルーラーシップもここでも通用する力はありましたが、展開上悪くないポジションで競馬を進めながらも、疲労残りだったために5着に終わりました。

6着ハートビートソングは本当に力を付けていて、エイシンフラッシュあたりの絶好ポジションにつけてくれれば、3着くらいはあったと見ていますが、結果的に前で競馬を進めすぎました。まだ今回の一線級を相手に正攻法で勝てるだけの力を付けていないので、スタミナ任せの競馬をしては、やはり厳しいでしょう。
posted by 山崎エリカ at 10:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 重賞回顧

2011年06月24日

金鯱賞の回顧(宝塚記念のポイント)

次走に繋がりやすいレース
____________

1番人気のルーラーシップの大出遅れにより、場内のどよめきとともにスタートした今年の金鯱賞。ルーラーシップは5馬身くらい出遅れ、1コーナーでは先頭からかなり離されていましたが、道中で外を回ってポジションを押し上げて行きました。そして4コーナーでは4番手。そこから一完歩ごとに差を詰め、ゴール手前では逃げていたキャプテントゥーレをしっかり捕らえての勝利でした。

今回のルーラーシップのように、ファンを一旦落胆させてから勝利すると、人はその馬を力以上に強いと思い込みやすいものです。確かに出遅れを挽回して勝つのは力の証明ではありますが、タフな馬場で時計が掛かった分、ロングスパートが利いたことも勝利の一因でしょう。

2着はタフな馬場を逃げ粘ばったキャプテントゥーレでした。キャプテントゥーレは前走大阪杯でオーバーペースで逃げたことが今回に繋がったのでしょう。前走で厳しい流れを経験したことで粘りが増し、ペースが前走よりも緩かったから2着に粘れたと見ています。オーバーペースのレースをした直後の重賞では、常にマークが外せなくなった一頭です。

3着は昨年の当レースの覇者アーネストリー。アーネストリーは7ヵ月の長期休養明けで、今回はスタミナが大きく不足した状態でしたが、3着とよくがんばりました。2戦目の宝塚記念では、更に息持ちが良くなってくるでしょうから、警戒が必要です。休養中に基礎能力が低迷していなければ上位争いに加われると見ています。

最終結論として、今年の金鯱賞はキャプテントゥーレが、不良馬場ということを考慮すれば、道中それなりのペースで逃げているのでほぼ実力どおりの決着だったと見ています。それゆえにPP指数の能力上位馬たちが、見事に上位入線を果たしたのです。今回のように逃げ馬がキッチリと役割を果たすレースでは「能力値上位同士で決着すること」を覚えておくと、今後の回収率が大幅にアップします。(ヴィクトリアマイルもそうでした)

逆にいうと、今年の宝塚記念はキャプテントゥーレが回避したことにより、波乱の可能性を秘めたレースになりました。逃げ馬がしっかりレースを引っ張らないと、後続馬の末脚不発のパターンが考えられると言うことです。

またこのレースで6着だったフミノイマージンが、先週のマーメイドSで巻き返したように、もともと能力のある馬が前走でタフな馬場を経験すると、それほど力を出し切っていない場合に限り、次走で巻き返しやすくなります。ですから今回で力を出し切っていないもともと強い馬の巻き返しには注意したほうがよいでしょう。
posted by 山崎エリカ at 22:33| Comment(2) | TrackBack(0) | 重賞回顧

ヴィクトリアマイルの回顧(宝塚記念のポイント)

実力どおりの決着
________

明確な逃げ馬不在のメンバー構成。久々の芝(ダートと芝のペースの違い)に戸惑わなければ、「ハナへ行くんじゃないかなぁ」と考えていたブラボーデイジーが出遅れ、なんとハナを奪ったのはオウケンサクラでした。

それも下記のレースラップが示すように、オウケンサクラは3F目からラストに向かって減速する、まるでスプリント戦のようなペースで大逃げしました。

12.0-10.6-10.9-11.1-11.3-11.6-12.0-12.4

オウケンサクラは次走に繋げるために逃げたのか?(そのわりには次走で相手が強いところを使ってきましたが) 今となっては謎めいた大逃げでしたが、オウケンサクラがレースをキッチリ引っ張ったことにより、どの馬も脚を余すことなくほぼ実力どおりに決着しました。こういうレースになると、ほぼ能力値の高いもの同士で決着します。

勝ったのは、休養中に力を付けて休養明け2戦目の今回で力を付けたアパパネ。2着は昨年の年度代表馬ブエナビスタでした。このレースでブエナビスタがアパパネに先着を許したというのは、アパパネがブエナビスタより強いというよりも、ブエナビスタが本調子ではなかったからです。したがって宝塚記念ではブエナビスタがどこまで復調するかがテーマとなります。

またブエナビスタは今回のヴィクトリアマイルのように、引き締まったペースを得意としていますから、そういう意味ではキャプテントゥーレの回避は痛いですね。

あと今回のヴィクトリアマイルでもっとも強さを見せたのは、差し馬向きの流れを正攻法でレースを運んで、ラスト100m地点まで粘ばったレディアルバローザだったと言えるでしょう。レディアルバローザは、秋が楽しみですね。

posted by 山崎エリカ at 16:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 重賞回顧

天皇賞(春)の回顧(宝塚記念のポイント)

仕掛け人は、ナムラクレセント
______________

戦前では逃げると思われていたナムラクレセントが出遅れ、道中で先頭がめまぐるしく入れ変わる展開になりました。もし今年の天皇賞(春)に圧倒的に強い先行馬が出走していて、その馬がハナを主張したならば、隊列は落ち着いたことでしょう。しかし今回はどの馬も色気を持っていたため、相手の出方を窺がいながら次々と先頭を奪い合う、出入りの激しい競馬になってしまったのです。

レースラップは前半1000mが1分04秒2、中盤が1000m換算で1分03秒75、そして後半1000mが59秒9。後半だけが約4秒も速くなっていることから、レースは馬場を考慮してもスローペース。しかし、8F目12秒6、9F目13秒9、10F目12秒6というように、ペースのアップダウンが激しいスローペースでした。それゆえに先行勢は消耗してしまったのです。

結果的に先頭争いに加わることなく、道中で自分のペースを守り続けたヒルノダムールとエイシンフラッシュのワン、ツー決着だったように、追い込み有利のレースであったことは明白です。そういう流れだったからこそ、マカニビスティーが4着に追い込んで来たのです。

また3着はテンに無理せず、途中からロングスパートで捲っていったナムラクレセントでした。ナムラクレセントはスタミナに特化したタイプ。道中で仕掛けていなければ切れ負けしていたでしょうから、早く動いたことは正解でしょう。自身が出遅れて前を消耗させ、自分の適性を見事に生かしきった騎乗ぶりは、強い先行馬を破滅へと導いた張本人ではあるけれど、ナイスな騎乗でした。

天皇賞(春)を宝塚記念の前哨戦的な役割で考えるならば、スローペースで負荷が掛かっていないというマイナス材料はありますが、天皇賞(春)で先行して力を出し切れなかった馬の巻き返し率が高いということになります。


※ヴィクトリアマイル、金鯱賞の回顧は後ほど。

posted by 山崎エリカ at 02:21| Comment(7) | TrackBack(0) | 重賞回顧

2011年05月20日

フローラSの回顧(オークスのポイント)

先行馬の巻き返しに注意
___________

前走芝1400mのフィリーズレビューを先行していたカトルズリップスの大逃げで道中ゆるみのないペースになりました。前半3Fは35秒7、5F通過は60秒7でしたが風が強かったことや雨が降り続ける中での重馬場だったことを考えると、オーバーペースだったと言えるでしょう。

そのカトルズリップスのオーバーペースにより、ゴール手前で上位着順が二転三転。好位で競馬をしていたピュアブリーゼがカトルズリップスを交わしたところを、そのやや後ろで競馬をしていたマイネソシエールが交わしにかかり、それを道中の後方、内々から思い切って外へ持ち出したバウンシーチューンがマイネソルシエールを頭差交わしての勝利でした。前走未勝利を勝ったばかりのバウンシーチューンが勝利したのは展開に恵まれたからでしょう。

前走のオークストライアルで権利を掴んだ以外の1勝馬が出走するオークスというのは例年前走桜花賞組が活躍するものですが(負けていてももともと指数が高い馬など)、時計の掛かる馬場のフローラSで先行した馬ならば、通用の余地はあるでしょう。
posted by 山崎エリカ at 13:22| Comment(4) | TrackBack(0) | 重賞回顧

2011年05月14日

マイラーズCの回顧(ヴィクトリアマイルなどのポイント)

アパパネの未来は?
_________

外枠から押してハナに立ったシルポートの逃げで、前半やや速い流れから、道中は一旦落ち着く上がり勝負になりました。内枠のコスモセンサーが控えたこともあり、極端ではないけれど比較的ゆったりとした流れとなり、結果は逃げたシルポートと2番手追走したクレバートウショウのワン、ツーフィニッシュ。良馬場のハイペース症候群のこの頃にしてはめすらしい結果となりました。

外枠から終始外々を回らされた3冠馬アパパネは、シルポートの逃げ切り体勢が決まったあたりからようやく追い上げ、前にいたショウワモダンをハナ差、後方から迫る昨年のレベルの低い安田記念の3着馬スマイルジャックをハナ+クビ差退けての4着に終わりました。確かにアパパネの今回はいい訳の利く敗戦で、「スマイルジャックとの最後の追い比べを制したから十分」という見方もできます。

しかしスマイルジャックは前走の東京新聞杯でピークと読んで◎に推したように、東京新聞杯がメイチ。今回はダメージ懸念の一戦でした。それに対してアパパネは前走のエリザベス女王杯は、道中緩みのない逃げを先行して3着とがんばってはいるものの、本来の力を出し切っていません。今回は5ヵ月の休養明けとはいえ仕上がっていましたし、重馬場のスタミナを要する流れならばともかく、良馬場の決め手比べでは休養明けがそこまで大きなマイナス材料にはなりません。だからアパパネは休養中にそれほど成長していないというのが私の見立てです。

もしアパパネがブエナビスタ級なら、その距離ロスを克服していたと思われる一戦だっただけに、マイラーズCの取りこぼしは痛恨だったように思えます。現状の牝馬路線はブエナビスタが一歩抜けた存在で、アパパネは牝馬限定重賞で上位争いをしている馬たちと大きく変わらない・・・つまり、ヴィクトリアマイルではブエナビスタ以下、2番手横一戦の一頭というのが現状の評価です。
posted by 山崎エリカ at 13:34| Comment(3) | TrackBack(0) | 重賞回顧

2011年05月08日

桜花賞の回顧(NHKマイルCなどのポイント)

レーヴディソールがいなくても
______________

1番枠のフォーエバーマークが芝1400mの前走フィリーズレビューと同じようなペースで逃げたために前傾型の先行勢には厳しい流れとなりました。その展開を味方に上位を独占したのは後方で待機していたマルセリーナ、ホエールキャプチャ、トレンドハンター、メデタシでした。レーヴディソールがいなくても松田博厩舎の1着、3着でした。

桜花賞を勝利するのはほぼマルセリーナだと確信していた私ですが、直線では早め先頭に立ったとはいえ、前走のクイーンCで力を出し切った後の一戦となったホエールキャプチャに0.1秒差まで詰められるようでは、現状では抜けた存在までとは言えないようです。ただマルセリーナはキャリアの浅さから更なる上昇が見込める一頭であることも確かでしょう。

上位のマルセリーナ、ホエールキャプチャ、トレンドハンター(残念ながら、その後戦線離脱)はそれまでの実績から、今回での強さも認めなければなりませんが、NHKマイルCでの穴馬はもともと実績がある桜花賞の先行馬でしょう。
posted by 山崎エリカ at 09:40| Comment(2) | TrackBack(0) | 重賞回顧

ニュージーランドTの回顧(NHKマイルCのポイント)

エイシンオスマンの下克上
____________

好スタートを切ったエイシンオスマン、タツミリュウを交わして外枠から先頭に立ったリキサンマックスがマイペースの逃げを打ち、勝ったのはリキサンマックスの2番手追走から直線で同馬を交わした12番人気のエイシンオスマンでした。

エイシンオスマンは昨年6月のアヴェンチュラが勝利した新馬戦で2着に好走しながらも、その後は裏街道まっしぐらでしたが、本当によく成長しました。

このレースはつばき賞で弥生賞2着馬のプレイを破ったダノンシャークは若葉Sで皐月賞出走権を取りに行った直後の一戦となったために7着に敗れ、朝日杯FSの2着馬リアルインパクトも休養明けで力を出し切れずの11着でした。初芝のアーリントンCで2着のキョウエイバサラも強く反動が出て16着に敗れましたが、ほぼ現状の能力どおりに決着していると考えて良いでしょう。

朝日杯FSの勝ち馬グランプリボスなどが完全に良化しきれていなかったのもエイシンオスマン勝利の一因ですが、自ら動いての勝利は賞賛されるに値するでしょう。次走の皐月賞では展開が厳しく8着に敗れましたが、3歳馬相手の重賞ならば通用する馬です。
posted by 山崎エリカ at 09:38| Comment(1) | TrackBack(0) | 重賞回顧

2011年05月07日

皐月賞の回顧(NHKマイルCなどのポイント)

歴史に残る3馬身差のV
___________

終わってみれば馬群の中団やや後ろで待機したオルフェーヴルが2着サダムパティックに3馬身差を付けての圧勝でした。皐月賞を2着馬に3馬身差以上差を付けて勝利したのは94年の3冠馬ナリタブライアン以来だそうです。(ちなみにナリタブライアンは3馬身半差)

今回のオルフェーヴルの圧勝のより、世間では皐月賞と同舞台で行われる日本ダービーはオルフェーヴル一強視されているようです。鞍上の池添騎手も身近な関係者には「(皐月賞は)この馬の力を出し切っていないから、つまんねー」と漏らしていたようです。

確かに池添騎手はゴール手前では流していましたが、騎手がそうコメントしながらも次走で馬群に沈んで行った馬を何度も目撃し、レースで馬の手応えに騙されて早仕掛けをしてしまう場面をよく目にする私としては一概に鵜呑みにはできません。真実は意外とシンプルで誰の目から見える確かなものだったりします。余分な情報が見えているはずの真実を曇らせるのです。

つまりオルフェーヴルは皐月賞で2着馬に3馬身差をつけて勝利したということが確かな真実で、これをどう捌くが日本ダービーやそれに付随するレースに繋がっていくのです。選択肢は1.オルフェーヴルを逆転できないと見る、2.別路線組ならチャンスはあると見る、3.皐月賞組でも逆転のチャンスはあると見る、の3つです。

私自身は今年の3歳牡馬路線は全体的にレベルが低いのですが、先週の青葉賞も含めて、オルフェーヴルを負かせるだけのレベルに達しているレースがないので、現状では1か3だと見ています。

皐月賞は逃げた16番人気のエイシンオスマンがそれなりの着順(着差)でまとめたことから、レースが平均ペースだったというように判断されているようですが、前半3Fこそ36秒4と平均的に流れたものの、その後のラップがなかなか緩まずに、ラスト3Fで一気に加速していることから先行馬には厳しい流れだったというのが私のジャッジです。

エイシンオスマンは皐月賞で強い競馬をしたがゆえに、今回のNHKマイルCではその反動が出てしまう可能性は否定しませんが、エイシンオスマンはなかなか強いのです。ですから皐月賞先行馬がプリンシパルSやNHKマイルCでどのような競馬をするかで、1か3かの最終結論を下したいです。そういう意味でもプリンシパルSやNHKマイルCがとても楽しみです。

posted by 山崎エリカ at 12:21| Comment(2) | TrackBack(0) | 重賞回顧

2011年05月01日

大阪杯の回顧(春天のポイント)

今年の傾向を象徴する結果
____________

ハイレベル世代を証明するかのように4歳馬のヒルノダムール、ダークシャドウ、エイシンフラッシュ、ダノンシャンティが上位を独占しました。レースはキャプテントゥーレの逃げで、前半3Fこそ35秒8とゆったりとしたペースで流れたものの、道中緩みのないペースで流れて、最終走破時計は1分57秒8のレコード決着となりました。

この週からBコース使用で時計が出やすい馬場状態となり、前日の日経賞では逃げたエーシンジーラインが8番人気で5着、中山牝馬Sでは逃げた18番人気のバイタルスタイルが5着と掲示板入りを果たしたように、内枠、先行馬が有利の傾向が強かったことが、今回で真逆の展開を生み出したような気がします。トーホーアランがキャプテントゥーレを追いかけ、他の有力後続勢も積極的に動いていったのはそのせいでしょう。

つまり、このレースで逃げたキャプテントゥーレは昨年の朝日チャレンジCや前走の中山記念とは真逆の展開だったわりにはよく粘っていたと思います。どのような展開でも自分の力はほぼ出し切れる勝ち馬ヒルノダムールはともかく、後方から勝ちに行かずの2着ダークシャドウ、4着ダノンシャンティは展開に恵まれた感は否めません。

ただダークシャドウの成長力は認めなければならないでしょう。またダノンシャンティに関しては、前走の京都記念でそれなりの力を出し切った後の一戦だったにもかかわらず4着に好走できたのは、展開の後押しがあったからだと解釈するべきでしょう。(その後、屈腱炎を発症してしまいましたが) またエイシンフラッシュもレースの前半で楽をしたとはいえ、道中積極的に動いて行っての3着はそれなりに評価できるでしょう。

終わってみれば、4歳馬のワン、ツー、スリー、フォー、フィニッシュ。着差はハナ、クビ、クビ差でも、レース内容にはそれ以上に差がありました。しかし4歳馬が上位を独占したのは、今年の傾向を象徴する結果だったのかもしれません。しかし天皇賞(春)の激穴中の激穴は「古馬」のような気がします。だから私は天皇賞(春)は○・▲に古馬勢を推します。
http://umanity.jp/professional/race_view.php?race_id=2011050108030411&pro_id=3100000007
posted by 山崎エリカ at 05:36| Comment(3) | TrackBack(0) | 重賞回顧