2016年03月20日

本日の見所(阪神大賞典など)

2016年 スプリングS、阪神大賞典
________________

●スプリングS

2回中山開催は、中山記念、中山牝馬S、スプリングS、フラワーCと芝1800mの重賞が集中して行われます。中山芝1800mの傾向はワンパターンで、よほど馬場が悪化しなければ、総じて平均よりスローペース。極端にスローになれば、二度目の坂の下り(向こう上面〜3コーナー)で、例えば先週の中山牝馬Sのフレイムコードのように捲くる馬がいて、その馬やその動きに合わせて逃げ、先行勢がペースを押し上げて、極端にペースが落ちすぎず、速くもならずに丁度いいところで収まることが多いです。この場合の丁度いいところというのは、ほぼ能力どおりに決まるペースになるという意味です。

この舞台は、他コースで逃げ、先行して粘れなかった馬も粘ることが出来るし、差し、追い込み馬でも前を意識して動いて行くことができれば、中山記念のドゥラメンテのように勝つことが出来ます。つまり、この舞台で前残りが決まりやすくなるのは、能力が足りない逃げ、先行馬が流れ込むというよりも、これまで自分から動けない、展開に恵まれてナンボの追い込み一辺倒タイプがボロを出すのが理由と言えます。これは昨年このレースを2番手から速め先頭で勝利したキタサンブラックが、「スプリングSは、フロック」と言われながらも、フロックではなかったことを昨年の活躍が証明してくれているでしょう。

確かに後方からだと2週目の坂の下りで先頭の馬から離されないように、道中で動いて行かなければならないので、出来ることなら前々で立ち回れる馬を狙いたいところですが、それ以上に能力最重視で予想を組み立てたいです。


●阪神大賞典

阪神大賞典は、かつては天皇賞(春)の最重要ステップレースで、古くはメジロマックイーンやナリタブライアン、ちょっと前ならメジロブライトやスペシャルウィークがここから始動して春の天皇賞馬となりました。ディープインパクト世代くらいまでは、阪神大賞典までは春の天皇賞のステップレースとしての意味合いが強かったものの、近年はステイヤー路線の馬が目指すレースとなっています。

過去10年の連対馬を見ても、菊花賞馬や春の天皇賞馬、前走芝2500m以上の距離を使われていた馬が活躍する舞台。今年は前走の日経新春杯で2着のシュヴァルグランが1番人気タイに支持されるメンバー構成ですが、ステイヤー適性を最重視で予想を組み立てたいです。
posted by 山崎エリカ at 13:24| Comment(3) | TrackBack(0) | 日常を語る

2016年01月29日

罰当たりアクト

高幡不動にて
______

先日、関東三大不動の高幡不動尊金剛寺へ行って来ました。

すると・・・お地蔵さんの頭の上に5円、10円を重ねているお兄さんがいたので、わたしも参加させて頂きました。崩したほうが負けね!

takahatafudo1.jpg


勝者はわたし。ビールをご馳走になりました。ヾ(〃^∇^)ノわぁい♪

takahatafudo2.jpg


子供か!?(笑) 

ちなみにこの行為は、お坊さんが横目で見ながら、片頬笑いしていたから罰当たりではなさそう! たくさん小銭を使ったしね!



せっかくなので、散歩も兼ねてお地蔵様が88体+α奉られている、山内八十八ヶ所めぐりをしました。

こんなお地蔵さんがいたんだけど、これはなんて読むの?

takahatafudo3.jpg


愛おし?
伊藤さんのはずないよね?
この時代は、右からだよね?

とりあえず、五稜郭を背景にパシャ☆彡

takahatafudo4.jpg


最後に高幡不動のシンボル、土方歳三。
若かりし頃の宅麻伸に似てた(笑)。

takahatafudo5.jpg
posted by 山崎エリカ at 20:35| Comment(2) | TrackBack(0) | 日常を語る

2016年01月08日

人生初の末吉

浅草寺のおみくじ
________

浅草寺の初詣で人生初のおみくじ「末吉」を引きました。縁談・祝事・付き合い「良くないでしょう。」って、言い切るなって上等だよ!( ̄ヘ ̄)凸 ムカッ


omikuji.jpg


これまで「大吉」を引いてもあまりいいことがなかったので、むしろこれは縁起物かもしれないと財布に入れて持ち帰ったら、馬券が絶好調! 帯広記念が当たり、天馬賞が当たり、京都金杯も当たりました。素晴らしい初夢でした!

失物も「出て来にくいでしょう。」って書いてあるけど、年末になくしたはずの○○万円のダイヤのピアスが出て来ました。お風呂場の排水溝のネットにひっかっかっているのを発見しました! だから、おみくじなんて当たらない、当たらない、悪いことは特に当たらな〜い!


ところで、今年は帯広記念当日の売り上げが、帯広市単独開催初年度(2008年1月2日)に次ぐ記録を達成したそうです。なんと2億弱! w(*・o・)wオオ!うれすぃ〜

http://www.banei-keiba.or.jp/sp/topics/38bg1.html

例年よりも暖かいこともあり、川崎競馬場の場たちでもいつもよりもたくさんの人が集まりました。集合写真・・・古谷さん、デカッ(笑)。

banei-batachi.jpg

posted by 山崎エリカ at 00:35| Comment(3) | TrackBack(0) | 日常を語る

2015年12月04日

最近、肉食女子です!

恋愛のことじゃないよ!
___________

20代は肉食、30歳過ぎた頃から肉よりも魚が好きになって、現在はまた肉食女子になったエリボンです(* ́∀ *)アハン♡♡

だけど、20代の頃と大きく異なるのは、肉の赤身が好きになったこと。20代は、上カルビや骨付きカルビが好きでしたが、最近は、赤身が好きです 皿 ̄)うしししし♪


そんなこんなで、先月末、内田利雄騎手ことミスターピンクさん、森泰斗騎手ことタイティ、俳優の宮川一朗太さん、セクシー演歌歌手の松れい子さん、船橋の調教師・渋谷先生や南関東の馬主さんたちと、ステーキを食べに行ってきました。

chaco1.jpg

chaco2.jpg

写真の女性が松さん。上の写真が牛肉約1s。これが自分の脂肪1sとほぼ同じ大きさであることを想像するとギョっとしますが、熟成された赤身の肉だから、柔らかくてすっごく美味しいのです!

ちなみに、松さんの隣の席にいたミスターピンクさんがエロピンクに変身して、松さんに谷村新司が後ろから小川知子の胸を揉む、「“忘れていい”のしようよ」と呟いてました ┐( ̄ヘ ̄)┌ ヤレヤレ。


行ったのは、このお店。
予約が取りづらいお店みたいだから、詳細は秘密。

chaco3.jpg


最後になぜだか、駅構内で群馬の「馬」に反応して、記念撮影。
その馬は競走馬と関係ありですか?・・・みたいな!

最近、テロ対策が厳しくて、ジャパンC当日も手荷物チェックがあったけど、怪しい人だと勘違いされて、事情徴収されなくて良かったよん(* ́∀ *)。

chaco4.jpg
posted by 山崎エリカ at 02:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常を語る

2015年10月01日

女のコだけど『とも蔵』です!

保存したまま忘れてた日記
____________

8月上旬に取材と遊びの連チャンで美浦へ行き、元崖っぷち騎手のやなっちこと谷中公一さんとリクガメに久々に会いました。私が、初めて見たときはまだそれほど大きくなくて、ちょっとは持ち上げることができたけど、もう完全に無理なほど大きく成長していました。


以前
http://blog.erika-y.com/article/41817672.html


現在

こう見えて、女のコなんですぅ〜(*⌒∇⌒*)テヘ♪

tomodo1.JPG


しかも、この長い年月の間に、とも蔵は実は女の子だったということが発覚したようです!

この表情、この迫力で女かい! (-。-)ぼそっ


まだまだ大きくなるそうですよ!


カメはたまに甘噛みすることがあるり、とも蔵にとっては甘噛みでも私にとってはガチ神噛みで、噛まれたら第二のムツゴロウさんになるような気がして最初は怖かったけど、慣れたらへっちゃら! というか、人間に興味を示していませんでした(笑)。

eribon43.jpg


取材に行ったときの雑誌。
美浦のイケメン調教師、
『国枝師がJRAにモノ申す!』

posted by 山崎エリカ at 02:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常を語る

2015年08月31日

この夏の思い出

8月最後の日
_____

そよそよと風が心地良くなり、蝉も鳴き乱れて、秋の気配を感じるようになりました。この夏は海、川、プールに一度も行けなかったけど、なかなか楽しく過ごせました。一番の思い出は、中学の同級生と、約束の年に同級会が出来たことです。私が参加しないと思っていた人が多かったみたいですが、約束は守るぜよ!


正直に言えば、うっかり忘れかけていたけど(;´Д`A ```。


しかも、「山崎さんは、放送委員だったから司会ね」と言われて、司会までやって来ました。しかし、私は、なんで放送委員だったんでしょうか? 今となっては、理由不明だけど、自分が当番のときは給食の時間にかける曲をリクエストとったりせず、好き勝手な曲を流していた気がします。しかも、カセットテープなどをよく忘れてきて、急にトークに変更するなど、信じられないほどいい加減でした。反省してます! ごめんなさい<(_ _*)>。


same-class -meeting1.jpg


また、予想に反してみんな若く、ハ○率やデ○率が、推定平均値より少なめ。当時、ヤンキーの人たちも、まともな大人になっていました。有名私立中学校に比べたら、動物園みたいな学校だったけど、不思議な人たちと折り合う技術を学んだので、町立(今は、私立)で良かったなぁ〜と思っています。なんだかんだ仲がいいしね。当時は仲が悪かった人もいたけど、大人になるといい思い出しか残らないです!


下の写真(真ん中)は、担任の英語のT先生。けっこう天然です! 最近、韓国のドラマに嵌っているらしいんだけど、最後どうなるかを確認してから、そのドラマを見るかどうかを決めるらしいです。最後がハッピーなら見るし、トラジェディーなら見ないというやつ。T先生は、教科書にある結末が悲しい物語はよく飛ばしてたような気がしていたんだけど・・・あっそういうことか! (笑)


same-class -meeting2.jpg
posted by 山崎エリカ at 22:36| Comment(2) | TrackBack(0) | 日常を語る

2015年08月25日

引退セレモニー♪

竜司ウォルター選手
_________

一昨日は、かつてからの知人、竜司ウォルター選手の引退試合でした。昨年、自分が倒れたのと、会社を経営しているお父さんが入退院を繰り返していることが重なり、親孝行をするために引退することになったそうです。

しかし、自分が間もなく半生が近づくこともあり「引退」というセレモニーが、以前に増して深く響くようになりました。たくさんの人のなかで引退できるのは、竜司さんが精進してきた証だよね。

試合後は、うかつにも泣きそうだったので、思い切り目をそらしていました。でも、一番体の大きいノリ選手がリングで大泣きするので、ちょっぴりもらい泣きしちゃいました(⌒-⌒; )。

竜司さんは、格闘技をちょっとだけ私に教えてくれた人。私ってば、一時期、体を鍛えたくてしかたがなくて身のほど知らずに竜司道場に入門しようと企んだことがあるの。しかし、竜司さんにスパーリングの相手をしてもらい、ガチでパンチ入れていたら、5、6分で息切れ。あまりにも情けなくて、他の方に迷惑をかけそうだったので諦めました(笑)。

あっ、でも実は・・・けっこうパンチが強いと褒められました! ネコパンチじゃないんだぞ! <(`^´)>エッヘン 先日、ストレスが溜まっていて標準体型の男性を全身全霊でパンチしたら、倒れてびっくりしたので、また、お時間あるときに相手をして下さいね(*^^*)。今は、仕事上、指を骨折したらまずいんだけど極真空手やりたい!


どうか素晴らしい第二の人生を!

the-tempest -dragon1.jpg


帰りは、アントニオ猪木酒場で一杯やりました!
ソーセージが美味しいの.... 皿 ̄)うしししし♪

 the-tempest -dragon2.jpg
posted by 山崎エリカ at 05:42| Comment(8) | TrackBack(0) | 日常を語る

2015年08月05日

積乱雲と稲妻

ゲリラ豪雨
_____

埼玉県所沢方面は、ゲリラ豪雨?
なかがピカリと光る積乱雲を発見!!


実物はもっと星があって明るい夜空。
積乱雲も立体感があって美しかったのですが
よりによって、一眼レフが電池切れで
デジカメで撮るしかなかったのが残念 (ノ_・。)。


アートな空をたくさん見ることが出来るから
蒸し暑いのも、突然の雨も悪くないね!


ぜひ、ダブルレインボーも見たい!


bolt.JPG
posted by 山崎エリカ at 20:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常を語る

2015年07月23日

擬似恋愛ロマンス

恋愛映画で胸キュン
_________

このところ競馬のことを書いてばかりですが、最近の私はというと、昔はまず見ることがなかった恋愛映画を見て“なんちゃって恋愛”を楽しんでいます。私は、もうすぐ公表107歳(笑)。いくつになっても恋していたい願望はあれど、どこか億劫になっているところがあるからかもしれません。

だってね、熟女になると色気よりも眠気なんです。『男子家を出れば七人の敵あり』って言うから、食後のスイーツになってあげるよりも、明日に備えて寝たいのです! しかも、銀座ホステスじゃないから、気を遣っても何も出てこないじゃないですか!

最近、この世の熟女が韓国の恋愛ドラマや映画にハマる気持ちが、とっても良くわかってきたよヾ(〃^∇^)ノわぁい♪ カップラーメンレベルに恋愛が楽しめるじゃないですか! 擬似恋愛で胸キュンできます!


だけど、たくさんの恋愛映画を見ても、一番好きな恋愛映画が最後の最後に実の恋人の大どんでん返しが◎の『ぼくの女に手を出すな』(小泉今日子主演)ってのが、小学生のときから変わらないのです! 私は、愛とは「困っている人がいたら、本能で助けようとすること」(無償の愛)だと理解しているんだけど、それがシンプルに表現されているのがすごく気に入っています! 

ついでに苦手な作品は、ぶっちぎりで『失楽園』。「性行為の瞬間のまま死ねたら」というのが、私にはヘンタイにしか感じられません。繋がった死体の局所は、誰が切り離すんでしょうか? 身勝手な恋に始まり、ヘンタイで終わるメイクラブ。しかし、この作品が大ヒットしたのは、外に出れば七人の敵がいるのに、旦那や嫁が八人目の敵になってしまっているという、現実回避のロマンスかもしれません。


擬似恋愛ロマンスが愛の砂漠なら、現実回避ロマンスは愛の荊棘ですね。現在の少子化問題は愛の未熟が生み出したのかもしれません。щ(゜ロ゜щ) オーマイカ゛ーッ!
 
 
eribon.jpg
posted by 山崎エリカ at 02:15| Comment(5) | TrackBack(0) | 日常を語る

2015年07月18日

今週の見所(日曜日)

今週は珍しく重賞1本
__________

●2015年 函館記念

先週のプロキオンSの『見所』では、ダート路線は低迷期と綴りました。しかし、ダート路線ばかりではなく、実は芝路線も王者不在の低迷期です。それはそれまで重賞勝ちのなかったスピルバーグが昨秋の天皇賞を勝ち、ジャパンCでも3着と健闘したことから、レベル的に問題あることは察しがつくでしょう。

また、ゴールドシップの不発が招いたとはいえ、秋のジャパンCや有馬記念へと繋がっていく、いわゆる王道中の王道と呼ばれる先月の宝塚記念もかなり凡戦でした。確かに勝ったラブリーデイも、クビ差2着のデニムアンドルビーもPP指数の能力値5位にランクインし、宝塚記念でも上位に来て当然の馬でしたが、レベル的に問題があること強調する結果になりました。

さて、昨秋の天皇賞や今年の宝塚記念は、どれくらいのレベルだったかというと、指数的にG3レベルの「指数-23」。今年の巴賞で勝ち馬マイネルミラノがマークした指数は-22ですから、指数上は昨秋の天皇賞(秋)出走ならば2着(ジェンティルドンナに先着)、今年の宝塚記念出走ならば3着だったことになります。

これはマイネルミラノが断然に強いということではありません。G3とG1の間の能力の断層があまりなく、G3勝ちの実績があればローテーションひとつで、G1でも通用するということです。このままの状況がしばらく続くようであれば、サマー2000シリーズの上位馬が、秋のG1線戦で激穴メーカーとなっても不思議ないでしょう。

マイネルミラノに関しては、テンがそれほど速いタイプでもないのに、前につけて3角スパートで強さを発揮するところがあるので、G1で通用するには、「テンが速い馬がいない」という条件付きになります。ローテーション○でテンが速い馬がいないというダブル条件を満たさなければならないとなると、容易にチャンスは巡ってこないようにも感じますが、嵌ればG3で上位のレッドレイヴンを子供扱いするインパクトある競馬を見せてくれます。

今回も一番強いマイネルミラノが自分の競馬が出来るかどうかにかかっているのですが、巴賞のときよりも馬場が悪くなることを考えると、ペース的にそこまで楽でもないのも確か。函館記念を狙っている馬は、前哨戦として巴賞を使うために(滞在することができるので調整しやすいため)、函館記念は巴賞組優勢の傾向がありますが、巴賞の着順が大きく入れ替わることがあるのは、馬場悪化も一因です。巴賞のように、4コーナーでどこまで後続を引き離して、後続の追い上げをどこまで封じられるかが鍵となるでしょう。
posted by 山崎エリカ at 04:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常を語る