2016年12月25日

クリスマス最後の動画

素敵なストーリーです!
__________

大好きなうまたせ!くん、
ウマタセーヌちゃんとともに
大きくて怖いのから逃げてみましたきらきらきらきら


TCKに著作権を請求されたらどうしよ〜(笑)


サンタに願いを!
ジーザスに祈りを!
スノーマンには光るハート光るハート




snowman.jpg
posted by 山崎エリカ at 17:27| Comment(1) | TrackBack(0) | 日常を語る

2016年12月23日

Happy Holidays!

男顔すぎて悲しい!

_________


こわ〜いものが見たい方はどうぞ(笑)。


↓動画です♬




cangnamstyle.jpg
posted by 山崎エリカ at 20:48| Comment(2) | TrackBack(0) | 日常を語る

2016年12月22日

もうすぐ、クリスマス!

ムービーでどうぞ!

------------------


スマホから見られるようになりましたきらきらきらきら


>Jさん
最初のよりは、大きく見れます!




fun.jpg
posted by 山崎エリカ at 01:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常を語る

2016年11月24日

本馬場入場で替え歌を唄うのはアリ?

昨日の兵庫ジュニアグランプリ
______________

兵庫ジュニアグランプリのネコワールドの本馬場入場での
三宅アナの替え歌はアリかナシか話題を呼んでいます。

競馬場のネコは人気を集めて〜
武豊を後ろに乗せて
手綱を一杯握りしめて
きっちり〜
きっちり〜 
勝ってく〜
(ゆず「夏色」より)


これはアリですか?
個人的には、ナシかなぁ〜(笑)
替え歌を歌うのはアリとしても、
昨日のは強引だし長過ぎない?


園田プリンセスカップのナンネッタ

ナンネッタってア〜イドル 
園田のアイドル
(小泉今日子「なんてったってアイドル」より)

これならぎりぎりセーフ(笑)
posted by 山崎エリカ at 21:02| Comment(3) | TrackBack(0) | 日常を語る

2016年09月02日

今週の見所(札幌2歳S)

2016年 札幌2歳S
_________

毎度のように書いていますが、この時期の2歳戦はキャリアが豊富な馬が優勢です。競走馬はデビューしてから5戦目くらいまでは成長曲線を描く傾向があり、経験する度にパフォーマンスを上昇させていくものだからです。

例えば、先週の新潟2歳Sの2着馬オーバースペック。今年の新潟2歳Sは、前半4F48秒5(例年は47秒台)のかなりのスローペースでしたが、ラスト2Fから1頭だけ違う脚色で伸びて勝ち馬ヴゼットジョリーに迫りました。しかし、新馬戦であそこまでの末脚が使えていたわけではありません。

新馬戦ではラスト2F目のほんの一瞬しか使えなかった切れ味が、レース経験を積むことで体力がついて、ラスト2F目から最後までいい脚が持続させられるようになりました。もちろん、PP指数もデビュー初戦よりも2戦目の未勝利戦、デビュー2戦目の未勝利戦よりも新潟2歳Sというように上積みを見せています。

確かに新潟2歳Sの勝ち馬ヴゼットジョリーように、1戦1勝馬でも通用することがありますが、そういう馬はハープスターやロードクエストなど、翌年の3歳G1戦線でも上位の活躍ができるような素質馬ばかり。また、相手が弱くて1戦1勝馬が勝つ場合もありますが、それでもキャリア2戦目で重賞で通用する馬というのは、将来はそれなりの活躍が見せられるでしょう。

さて、今年の札幌2歳Sは、函館芝1800mの新馬戦をレコードライムで圧勝したタガノアシュラの1番人気が濃厚。新馬戦で2着に降したサトノアリシュラがコスモス賞を勝利したことや、武豊騎手がファーストコンタクトで惚れ込んだなどと報道されていることからも、断然の1番人気に支持される可能性があります。

しかし、新馬戦を逃げて圧勝したパターンでは、一昨年の札幌2歳Sでミッキーユニバースが断然の1番人気に支持されて、ぶっ飛んだことがありましたが…。確かに最速の上りを他馬に譲らなかったという意味ではタガノアシュラのほうがいい内容ですけども、札幌2歳Sを逃げて勝つのはスローペースであったとしても体力のない2歳馬には厳しいし、折り合いがつかない可能性もあるもの。

タガノアシュラは、新馬戦でコントロールは効いていたので、気性難タイプの逃げ馬ではないと見ていますが、そもそもここでは能力的に抜けた存在でないというのもネックで…まあ、連下の1頭というところでしょうか。レベルが異常に低かった昨年はともかく、札幌2歳Sの上位馬は、翌年のG1戦線に名を連ねることが多いので毎年とても楽しみです。
posted by 山崎エリカ at 17:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常を語る

9月になりました!

今月またひとつ歳を取る!
____________

ご無沙汰しちゃいました<( ̄∇ ̄)ゞ。


みなさんは『Pokemon GO』をやられていますか?
私の周りは大ブームで
レアなライチュウみつけた…など
会話がしばしば聞こえてきます。

私はやってないので何のこっちゃです!


よく「やらないのー」って誘われるけど
あえてやらないことにしています。

やりだしたら毎日、
ポケモンを探しに行かなきゃいけないですかー。

負けず嫌いなのでたかがゲームにも
エネルギー注いで疲れちゃう!(笑)


ところで、先月は14日、21日と
大井や川崎でイベントや場立ちをやらせてもらいました。

写真を取り忘れたけど、
ドォーダッシュがかわいかった♪

飼い犬みたいに愛くるしい
表情があるんだよね。


川崎の場立ちのときに取った写真。
須田さん、こじともさん、荘司さん、目黒さん。
改めて考えたら、男はひとりだった(笑)


kawa-batachi.JPG
posted by 山崎エリカ at 03:22| Comment(1) | TrackBack(0) | 日常を語る

2016年08月01日

あっ言う間の週プレ最終回!

近況など
____

もう、夏本番の8月。早いもので、今年もあと4ヵ月ちょっとになります。7月末は取材で美浦に行ったり、単行本の作成などで忙しく、日常のことがなかなか更新できずにいました。友人からも「元気なのー」って、LINEが来るからちょとブログを更新してみよう黒ハート


あっ、昨日は都知事選に行ってきましたよー。新知事の小池さんのマニフェストに「電車を2階建てにして満員電車ゼロに」と書いてあって、これがけっこう心に響きました。ただ満員を防止するだけではなく、あと1駅、2駅の人は1階に、まだまだ遠い人は2階ならば駅を降りるときもズムーズですよね。

経済を回す視点で考えれば、お金を稼ぐ人にも優しい政策でもいいんじゃないかと…賛否両論あるかもしれませんが、弱者にばかり優しい政策だと、普通の人でも弱者になろうとするじゃないですか!? だから普通の人が快適に過ごしてランクアップしていけるような政策がいいと思うのです。東京オリンピック前のインフラ整備も兼ねてちょうとイイぴかぴか(新しい)


さて、話は変わりますが、週プレさんの連載が今週号で終わります。残念ですが、もともと短期の契約だったので(´・ω・`)。今号はレパードSのことについて綴っています。




カメラマンの友人と飲んだときに撮った写真。

fumichan.jpg
posted by 山崎エリカ at 20:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常を語る

2016年06月24日

久々のプロレス観戦♪

リアルジャパン
_______

王者関本大介vs船木誠勝のリマッチ戦を観に行ってきました。前回は船木選手が押していたのに、関本選手のジャーマンスープレックスが決まって船木選手がダウン。しかし、今回は関本選手のジャーマンスープレックスが決まらず、船木選手の浴びせ蹴りからのハイブリッドブラスターを食らって関本選手がKO負け。同じ手は二度と食らわないという試合。


real-japan1.jpg


real-japan2.jpg


やっぱ船木選手って強いよなぁ〜! 手数が少なくても一発、一発がきれいに決まる! また、私よりもけっこう年上なのに体がしっかり出来上がっているのを見ると、自分も鍛えれば美律ボディになれそうな気がしてくるよん♪


ちなみに私は、男子限定ですがプロレスや格闘技でやられて苦しそうにしている姿や、トレーニング中に重いバーベルが降ろせなくなって、助けて欲しいけど必死にどうにかしようとしている姿を眺めるのが好きな変態なんです! 最初はそんなことがなかったのに、どんどん変態になってきました煤i; ̄□ ̄A アセアセ。


この日のエキシビジョンマッチは、初代タイガーマスクvsミノワマン。初代タイガーマスクは「ハイブリッドキャット」になっていました。狭心症になったら、さすがに体を鍛えようがないよね。それでも次世代のタイガーが生まれないから(?)、リングに立ち続けなければならない状況は、切なさを感じずにはいられません(´・ω・`)。


real-japan3.jpg


最後に妹とのショット。雰囲気が似てる? ホントは妹じゃないけど、たまに似ていると言われます! ほぼ毎日10qを走っているという妹を見習って、私も走るかぁ〜と思ってみたけど、3年前の夏に3日連続で5q走ったら、筋肉痛で体が動かなくなったのでちょっと自信がありません(笑)。


real-japan4.jpg
posted by 山崎エリカ at 12:39| Comment(1) | TrackBack(0) | 日常を語る

2016年03月20日

本日の見所(阪神大賞典など)

2016年 スプリングS、阪神大賞典
________________

●スプリングS

2回中山開催は、中山記念、中山牝馬S、スプリングS、フラワーCと芝1800mの重賞が集中して行われます。中山芝1800mの傾向はワンパターンで、よほど馬場が悪化しなければ、総じて平均よりスローペース。極端にスローになれば、二度目の坂の下り(向こう上面〜3コーナー)で、例えば先週の中山牝馬Sのフレイムコードのように捲くる馬がいて、その馬やその動きに合わせて逃げ、先行勢がペースを押し上げて、極端にペースが落ちすぎず、速くもならずに丁度いいところで収まることが多いです。この場合の丁度いいところというのは、ほぼ能力どおりに決まるペースになるという意味です。

この舞台は、他コースで逃げ、先行して粘れなかった馬も粘ることが出来るし、差し、追い込み馬でも前を意識して動いて行くことができれば、中山記念のドゥラメンテのように勝つことが出来ます。つまり、この舞台で前残りが決まりやすくなるのは、能力が足りない逃げ、先行馬が流れ込むというよりも、これまで自分から動けない、展開に恵まれてナンボの追い込み一辺倒タイプがボロを出すのが理由と言えます。これは昨年このレースを2番手から速め先頭で勝利したキタサンブラックが、「スプリングSは、フロック」と言われながらも、フロックではなかったことを昨年の活躍が証明してくれているでしょう。

確かに後方からだと2週目の坂の下りで先頭の馬から離されないように、道中で動いて行かなければならないので、出来ることなら前々で立ち回れる馬を狙いたいところですが、それ以上に能力最重視で予想を組み立てたいです。


●阪神大賞典

阪神大賞典は、かつては天皇賞(春)の最重要ステップレースで、古くはメジロマックイーンやナリタブライアン、ちょっと前ならメジロブライトやスペシャルウィークがここから始動して春の天皇賞馬となりました。ディープインパクト世代くらいまでは、阪神大賞典までは春の天皇賞のステップレースとしての意味合いが強かったものの、近年はステイヤー路線の馬が目指すレースとなっています。

過去10年の連対馬を見ても、菊花賞馬や春の天皇賞馬、前走芝2500m以上の距離を使われていた馬が活躍する舞台。今年は前走の日経新春杯で2着のシュヴァルグランが1番人気タイに支持されるメンバー構成ですが、ステイヤー適性を最重視で予想を組み立てたいです。
posted by 山崎エリカ at 13:24| Comment(3) | TrackBack(0) | 日常を語る

2016年01月29日

罰当たりアクト

高幡不動にて
______

先日、関東三大不動の高幡不動尊金剛寺へ行って来ました。

すると・・・お地蔵さんの頭の上に5円、10円を重ねているお兄さんがいたので、わたしも参加させて頂きました。崩したほうが負けね!

takahatafudo1.jpg


勝者はわたし。ビールをご馳走になりました。ヾ(〃^∇^)ノわぁい♪

takahatafudo2.jpg


子供か!?(笑) 

ちなみにこの行為は、お坊さんが横目で見ながら、片頬笑いしていたから罰当たりではなさそう! たくさん小銭を使ったしね!



せっかくなので、散歩も兼ねてお地蔵様が88体+α奉られている、山内八十八ヶ所めぐりをしました。

こんなお地蔵さんがいたんだけど、これはなんて読むの?

takahatafudo3.jpg


愛おし?
伊藤さんのはずないよね?
この時代は、右からだよね?

とりあえず、五稜郭を背景にパシャ☆彡

takahatafudo4.jpg


最後に高幡不動のシンボル、土方歳三。
若かりし頃の宅麻伸に似てた(笑)。

takahatafudo5.jpg
posted by 山崎エリカ at 20:35| Comment(2) | TrackBack(0) | 日常を語る