2018年03月10日

本日の見所(中山牝馬S)

2018年 中山牝馬S
__________

今開催は中山芝1800mで、中山記念、中山牝馬S、フラワーS、スプリングSと連続で重賞が行われます。前記4レースを総合的にペースが上がりやすい順にあげると、中山記念、中山牝馬S、スプリングS、フラワーCとなります。

古馬トップクラスが集う中山記念は、ほとんどの馬が2コーナーの急坂の下りで勢いに乗せるため、道悪にでもならない限り、向こう上面でペースが緩むことはほとんどありません。それゆえに前が潰れることがよくあり、先行策から押し切った馬は、G1級の馬ばかり。

しかし、まだ体力のない3歳牝馬同士の戦いとなるフラワーCは、騎手が2コーナーの急坂をゆっくり下ることを意識するので、向こう上面でペースが上がらず、しばしば前残りが発生します。これについては、来週のフラワーC時にお伝えしますが、その中間的なペースになるのが中山牝馬SとスプリングSです。

中山牝馬Sは、過去10年で大きく分けると平均ペースが5回。ややハイペースが1回、超ハイペースが1回に対して、超スローペースが3回。しかし、超ハイペースになったのは、ブライティアパルスが大逃げをぶちかました2010年のみ。逆に超スローペースだった年は、逃げ馬ではない馬が逃げているか、逃げ馬が貧弱だった年です。

今年は、何が逃げるのかにもよりますが、カワキタエンカが逃げるのであれば、平均ペースが濃厚でしょう。この馬はロースSや秋華賞で淀みないペースで逃げてはいますが、前走の洛陽Sで逃げて大敗したことで、ペースを落としたい心理が働くはず。

また、大外枠に入ったことで、無理に逃がさない可能性もありますが、他の先行馬がスローペースに持ち込みたい馬ばかりなので、カワキタエンカが向こう上面で動いて、平均ペースに持ち込んでくれるでしょう。展開に恵まれての一発という馬はおらず、実力どおりの決着になる可能性が高そうです。
posted by 山崎エリカ at 09:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常を語る

2018年02月18日

本日の見所(フェブラリーSなど)

2018年 小倉記念、フェブラリーS
________________

●小倉大賞典

小倉大賞典が行われる小倉芝1800mは、スタートしてすぐに最初の1コーナーを迎えるために、内枠が有利なコース。この傾向は馬場が高速化するほど顕著。また、2コーナーまでに坂を上って行くコースなので、他場の芝2000mコースよりも逃げ、先行馬ががんばれます。

このため、過去10年で2010年のオースミパーク、2012年のエーシンジーライン、2014年のラストインパクト、2015年のカレンブラックヒル、そして昨年のマルターズアポジ―と逃げ切り勝ちが5度も決まっています。(2015年は道悪。カレンブラックヒルは、外から切り込んでくる逃げ馬に一度ハナを譲って、2コーナーを過ぎてハナを奪う形)

しかし、今年は逃げなければ持ち味が生きないウインガナドルが外枠に入り、ヤマカツライデンやクラリティスカイがそれに抵抗して行く形。内枠から最初のコーナーをロスなく立ち回りたいダノンメジャーもある程度は出して行くでしょう。それゆえに例年よりもペースが上がる可能性大。おそらくハイペースと見ています。

ただし、小倉は例年のこの時期と比べると高速馬場。昨日、土曜日は雨の影響もあって、代替え開催の先週と比べると時計を要していましたが、馬場回復化となると、昨日よりも前ががんばれる状況になるはず。つまり、直線一気を決めるのも簡単なことでもないということ。

つまり、先行争いに加わっていく馬たちは狙いたくないものの、強くもない追い込み馬を本命にもしたくない一戦。よって、今回は、標準馬場の速めの流れを得意とする馬を本命馬とします。


●フェブラリーS

昨年、世界が相手のドバイワールドC、それもアロゲートやガードランナーなど、例年よりもハイレベルな米国勢を相手に5着に激走したアウォーディが、その後はすっかり不振。ドバイワールドCでのアウォーディの走りを指数化すれば、クロフネやスマートファルコンの全盛期のレベルはあると見ているのですが…。本当に強い馬と対戦させて、リミッタ―を振り切るほど走ってしまうことの怖さを思い知らされている現状です。いつか復活して欲しいですが、G1レースで善戦止まりの現状を考えると、今回はあくまでも相手候補の1頭と考えるのが順当。

また、アウォーディがスランプ期の間に、新興勢力のテイエムジンソクが浮上。しかし、この馬はこれまで芝スタートコースを未経験。テイエムジンソクは、ダートでの二の脚で前に行って横綱競馬で押し切ることがウリの馬。芝スタートが未経験だと、レースぶりが良く似ている2011年のこのレースに挑戦したフリオーソのように出遅れるリスクがあるし、また、レースぶりからもフリーオーソ同様にステイヤー色が強く、マイル適性への不安もあります。

2011年のフリオーソは、指数的に見ても、テイエムジンソクよりも強かったために、出遅れ覚悟の本命◎にしましたが、テイエムジンソクは、どうなのか? もちろん、芝スタートだからこそこれまで以上に、スイスイ加速して行く可能性もありますが、十中八割は出遅れ、もしくは出脚が悪くなることが多く、確率論で言えば悪いほうに出る可能性が高いのも事実。

さらに内枠に逃げ、先行馬が揃った中での10番枠と、最悪な枠順引いたようにも感じます。前に行き切ることが出来ず、後方には人気の有力馬が控えているため、動くタイミングひとつが結果を左右します。持久力のある馬だけに、どういう競馬でも善戦してくるでしょうが、全幅の信頼を置けるだけの材料がない気がします。

では、昨年のこのレースの覇者であり、12月のチャレンジCをも制したゴールドドリームはどうかというと、チャレンジCはともかく昨年のフェブラリーSは完全前崩れの展開に恵まれての優勝だっただけに、これもまた過信禁物。

今年は3番ノボバカラ、1番ニシケンモノノフ、そしてダ2100mを使った後の一戦で逃げられるかどうかはともかく、前に行きたい意識が働いている2番ケイアイブレイブ、そして昨年のこのレースでは、逃げたインカンテ―ションが6番。14番ゴールドドリーム、おそらくはゴールドドリームをマークで乗る16番サンライズノヴァ、そして砂を被らない位置でレースを進めたい12番ノンコノユメなどの追い込み馬が外枠。いかにも隊列がすぐに形成されて、ペースが落ち着きやすい枠の並びだけに、今年は昨年ほどペースが上がらない可能性が高いでしょう。

また、昨秋のチャレンジCもゴールドドリームが強かったというよりは、テイエムジンソクがニ走ボケによって不発したものであり、武蔵野Sあたりと何ら変わらないG3レベルの決着。さらに昨年はチャレンジC凡走後の一戦でしたが、今年は好走後でローテーションとしても不安材料が大きいものがあります。

昨日、土曜日の準オープンの速い流れで1分38秒台で決着する、東京としては珍しいほど時計を要するダートは、前崩れが発生しやすいという意味で、この馬にとっては好都合でしょう。昨日、テイエムジンソクのような玉砕型か差し、追い込み馬しか上位争いできていなかったことを考えると、ゴールドドリームも少し怖くなってきましたが、少なくとも先週の高速ダートの時点では、「消してしまえ!」と思っていたくらい(笑)。

これは今年の根岸Sで展開に恵まれてワン、ツーを決めたサンライズノヴァやノンコノユメにも同じことが言えます。また、テンが遅いケイティレイブも外からくインカンテ―ションやテイエムジンソクが外から被せて、包まれてしまうような気がして怖いものがあります。フェブラリーSを大目標とする多くの有力馬は、そういったパターンを警戒してダ2100mの川崎記念を使いたがりませんが、川崎記念を使った時点で、ここが目標ではなかったのでしょう。そんなこんなで今年は大波乱フェブラリーSに期待します。
続きを読む
posted by 山崎エリカ at 10:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常を語る

2017年05月24日

ご来場ありがとうございました!

今回も超満員でした♪
__________

先日の『必勝馬券検討会』に足を運んで下さった方、ありがとうございました。これまで私が出演したときは、私が推奨していなくても他の予想家さんが推奨している馬が来たりして、的中馬券をプレゼントできたけど、今回は出来ませんでした・・・. (*_ _)人ゴメンナサイ

ご来場の方たちの了承を得て、最後に私が追加した穴枠の選択をミスってしまった…(´・ω・`)。

毎年、オークスで穴を開けるのは、距離が伸びて良さが出たタイプ。ヤマカツグレースはすでに他の予想家さんが推奨されていて、ディアドラ、モズカッチャンの2択しかないと思ったんだけど…。

モズカッチャンは逃げ馬不在の1番枠だから包まれないように出して行く、下手したら逃げることを想定していて「ディアドラしかない!」くらいの気持ちで選択したら、外れました(*´Д`)。

こういうときに限って、なぜ、誰も文句言わないのか!(笑)

しかし、出して行ったのは、モズカッチャンではなく2番枠のフローレスマジックのほうだったとは!!! きっとアドマイヤミヤビを勝たせたいという意味合いもあったんだろうなぁ。牧場からフローレスマジックが逃げの支持が出ていたらしいけど、情報収集不足でした。

今回なりにがんばったけど、次回があればもっとがんばろう!

それではウマニティ飲み会で会いましょう!

私はその前に経済評論家の山崎元さんとの経済学で競馬対談があるので、遅れて行くことになりますが、来られる方、よろしくお願いします(^▽^)/。


u-event.jpg
posted by 山崎エリカ at 01:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常を語る

2017年04月27日

本日『競馬王のPOG本2017-2018』発売!

4月27日(木)発売
________

『競馬王のPOG本2017-2018』が発売されました。私の手元には本がないので内容を確認していませんが、今年は売り上げレコード更新を目指して気合いが入っているようです♪


pog2018.jpg




また、今年は『POG公開ドラフト』のロフトプラスワン開催という新たな試みがあります。整理番号順での入場になるので、チケット購入はお早めにお願いします!


↓詳細はこちら


まだ購入されてない方は、『競馬王5月号』も併せてどうぞ! 山崎元さんと「競馬で経済学にも強くなる会議」をやっています!


posted by 山崎エリカ at 00:07| Comment(2) | TrackBack(0) | 日常を語る

2016年12月25日

クリスマス最後の動画

素敵なストーリーです!
__________

大好きなうまたせ!くん、
ウマタセーヌちゃんとともに
大きくて怖いのから逃げてみましたきらきらきらきら


TCKに著作権を請求されたらどうしよ〜(笑)


サンタに願いを!
ジーザスに祈りを!
スノーマンには光るハート光るハート




snowman.jpg
posted by 山崎エリカ at 17:27| Comment(1) | TrackBack(0) | 日常を語る

2016年12月23日

Happy Holidays!

男顔すぎて悲しい!

_________


こわ〜いものが見たい方はどうぞ(笑)。


↓動画です♬




cangnamstyle.jpg
posted by 山崎エリカ at 20:48| Comment(2) | TrackBack(0) | 日常を語る

2016年12月22日

もうすぐ、クリスマス!

ムービーでどうぞ!

------------------


スマホから見られるようになりましたきらきらきらきら


>Jさん
最初のよりは、大きく見れます!




fun.jpg
posted by 山崎エリカ at 01:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常を語る

2016年11月24日

本馬場入場で替え歌を唄うのはアリ?

昨日の兵庫ジュニアグランプリ
______________

兵庫ジュニアグランプリのネコワールドの本馬場入場での
三宅アナの替え歌はアリかナシか話題を呼んでいます。

競馬場のネコは人気を集めて〜
武豊を後ろに乗せて
手綱を一杯握りしめて
きっちり〜
きっちり〜 
勝ってく〜
(ゆず「夏色」より)


これはアリですか?
個人的には、ナシかなぁ〜(笑)
替え歌を歌うのはアリとしても、
昨日のは強引だし長過ぎない?


園田プリンセスカップのナンネッタ

ナンネッタってア〜イドル 
園田のアイドル
(小泉今日子「なんてったってアイドル」より)

これならぎりぎりセーフ(笑)
posted by 山崎エリカ at 21:02| Comment(3) | TrackBack(0) | 日常を語る

2016年09月02日

今週の見所(札幌2歳S)

2016年 札幌2歳S
_________

毎度のように書いていますが、この時期の2歳戦はキャリアが豊富な馬が優勢です。競走馬はデビューしてから5戦目くらいまでは成長曲線を描く傾向があり、経験する度にパフォーマンスを上昇させていくものだからです。

例えば、先週の新潟2歳Sの2着馬オーバースペック。今年の新潟2歳Sは、前半4F48秒5(例年は47秒台)のかなりのスローペースでしたが、ラスト2Fから1頭だけ違う脚色で伸びて勝ち馬ヴゼットジョリーに迫りました。しかし、新馬戦であそこまでの末脚が使えていたわけではありません。

新馬戦ではラスト2F目のほんの一瞬しか使えなかった切れ味が、レース経験を積むことで体力がついて、ラスト2F目から最後までいい脚が持続させられるようになりました。もちろん、PP指数もデビュー初戦よりも2戦目の未勝利戦、デビュー2戦目の未勝利戦よりも新潟2歳Sというように上積みを見せています。

確かに新潟2歳Sの勝ち馬ヴゼットジョリーように、1戦1勝馬でも通用することがありますが、そういう馬はハープスターやロードクエストなど、翌年の3歳G1戦線でも上位の活躍ができるような素質馬ばかり。また、相手が弱くて1戦1勝馬が勝つ場合もありますが、それでもキャリア2戦目で重賞で通用する馬というのは、将来はそれなりの活躍が見せられるでしょう。

さて、今年の札幌2歳Sは、函館芝1800mの新馬戦をレコードライムで圧勝したタガノアシュラの1番人気が濃厚。新馬戦で2着に降したサトノアリシュラがコスモス賞を勝利したことや、武豊騎手がファーストコンタクトで惚れ込んだなどと報道されていることからも、断然の1番人気に支持される可能性があります。

しかし、新馬戦を逃げて圧勝したパターンでは、一昨年の札幌2歳Sでミッキーユニバースが断然の1番人気に支持されて、ぶっ飛んだことがありましたが…。確かに最速の上りを他馬に譲らなかったという意味ではタガノアシュラのほうがいい内容ですけども、札幌2歳Sを逃げて勝つのはスローペースであったとしても体力のない2歳馬には厳しいし、折り合いがつかない可能性もあるもの。

タガノアシュラは、新馬戦でコントロールは効いていたので、気性難タイプの逃げ馬ではないと見ていますが、そもそもここでは能力的に抜けた存在でないというのもネックで…まあ、連下の1頭というところでしょうか。レベルが異常に低かった昨年はともかく、札幌2歳Sの上位馬は、翌年のG1戦線に名を連ねることが多いので毎年とても楽しみです。
posted by 山崎エリカ at 17:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常を語る

9月になりました!

今月またひとつ歳を取る!
____________

ご無沙汰しちゃいました<( ̄∇ ̄)ゞ。


みなさんは『Pokemon GO』をやられていますか?
私の周りは大ブームで
レアなライチュウみつけた…など
会話がしばしば聞こえてきます。

私はやってないので何のこっちゃです!


よく「やらないのー」って誘われるけど
あえてやらないことにしています。

やりだしたら毎日、
ポケモンを探しに行かなきゃいけないですかー。

負けず嫌いなのでたかがゲームにも
エネルギー注いで疲れちゃう!(笑)


ところで、先月は14日、21日と
大井や川崎でイベントや場立ちをやらせてもらいました。

写真を取り忘れたけど、
ドォーダッシュがかわいかった♪

飼い犬みたいに愛くるしい
表情があるんだよね。


川崎の場立ちのときに取った写真。
須田さん、こじともさん、荘司さん、目黒さん。
改めて考えたら、男はひとりだった(笑)


kawa-batachi.JPG
posted by 山崎エリカ at 03:22| Comment(1) | TrackBack(0) | 日常を語る