2014年10月04日

本日の見所(土曜日)

シリウスステークス
__________

毎度のように綴っていますが、阪神ダ2000mは逃げ馬が逃げ切るにはなかなか難しい舞台です。芝スタートで加速がついてから、しばらく平坦な直線を走れるために、特に上級条件では前半の3Fが速くなり過ぎることがその理由です。阪神ダ1800mよりも阪神ダ2000mのほうが、はるかに前半3Fが速く、昨年このレースで逃げたサトノプリンシパルの前半3Fは芝並みの34秒8。そのペースでもセフティリードを奪えなかったために、5F目にはその直後に控えたハートビートソングに競り込まれて、1番人気を大きく裏切る形での実質最下位15着でした。

サトノプリンシパルは昨年と比べると折り合いもつくようになり、あきらかに力をつけましたが、逃げれば当然、4F目から息を入れなければならず、そのあたりで阪神ダ2000mを熟知したナムラビクターについてこられるでしょう。ナムラビクターはよく言えば器用さがある、悪く言えばズルい乗り方をする馬です。

ただ、今年のサトノプリンシパルは内枠の馬の出方を見ながら、自在に立ち回れる大外枠に入りました。逃げ馬にとっての絶好枠という枠順です。私ならこの枠順を利して、クリノスターオーに行かせてその2番手という選択をします。4F目から突いてくるナムラビクターの動きを考慮して、なるべく序盤で息を入れさせる戦法と取りますが、武豊騎手の選択は果たして? このコースではよほど先行馬がスカスカのレースではない限り、基本は逃げ馬ぶった切りですが、今回はこの枠順が嫌らしいです。

逆にこのコースで本命馬に据えるのは、強いことが前提で一番は自在性があること、二番は差し馬です。穴で仕込むべきは追い込み馬ですが、今年は意外とそこまでペースが速くならないのではないかと見ています。
posted by 山崎エリカ at 11:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬を語る

2014年07月24日

お口がピンク色のリターンラルク

ダイナガリバー級?
_________

お口がピンク色の馬ってかわいくないですか?

ピンクのお口をモグモグさせて飼い葉を食べる馬を見ると
なぜだか(~∇、~;) ハァハァします!


リターンラルクもダイナガリバー級のお口ピンク。
ピンク色で軟らかいお口をモグモグさせて、
飼い葉を食べている姿が可愛かった!

ReturnL'Arc.jpg

でも、この皮膚のピンクというかホワイトの場所や
面積ひとつですっごい不細工にもなるよね!

ノーザンテーストなんか超ブサイクだと思う。
特に下のポストカードのノーザンテーストは、かなり怪しい生き物(笑)。

NorthernTaste.jpg

そういえば、東京サラブレッドクラブの2歳馬でも
ノーザンテーストを超える(?)ブサイクな馬がいたけど、
順調なのに満口にならなかったみたいだった!(笑)
posted by 山崎エリカ at 20:44| Comment(4) | TrackBack(0) | 競馬を語る

2014年06月19日

今年のPOG

アッシュゴールドの争奪戦でした
_______________

今年のPOGは、毛色はイエローゴールドだけど、馬名は“アッシュゴールド”のオルフェーヴルの全弟くんが大人気でした。オルフェーヴルと同じ毛色でサイズもほぼ同じ。同じ厩舎で新潟デビュー予定のローテーションも同じということで、どこのグループでも圧倒的な1番人気です。

いくら同じ毛色でも、育成が違うというのが意外とネックという気がするんだよねぇー。オルフェーヴルと別のものを食って育って、トレーニング方法も違えば、違う馬になるというか・・・そういうきょうだいがしばしばいます。まあ、2勝はしてくれそうですが、獲れなかったものの僻み半分、エサとトレーニング方法が合わないほうに賭けます(笑)。


ちなみに私、今年はほとんどディープインパクト産駒を指名していません。本当はしたかったのですが、アッシュゴールドやトーセンゲイルを1位指名して、抽選に漏れると、人数的にディープ産駒以外を獲るしかなくなってしまうのです。次点のディープ産駒を指名すると、みんなの後手に回ることになるので、他の産駒の評判馬や即戦力を奪って自分の流れ、あわよくはリードを作らなくてはなりません。だから、ディープ産駒は3グループ参加して、ディープ産駒で指名したのは母パーシステントリー(1箇所)、母シーズオールエルティッシュ(2箇所)、母ウインターコスモス(1箇所)、母ファイトガリバー(2箇所)だけ。母ファイトガリバーは重賞で期待というよりは、オールステイ級の矢作厩舎のクレイジーローテーションに期待して(笑)。

他はステイゴールド産駒、ヨハネスブルグ産駒、ショウナンカンプ産駒、ダイワメジャー産駒、新種牡馬のキンシャサノキセキ産駒、ハービンジャー産駒、あとはマル外。ディープインパクト産駒の評判馬は他に獲らせて、他産駒の推定一番馬と獲りに出る作戦に出たら、トウショウピストとオメガタックスマンが獲れました。ショウナンカンプ産駒は3回阪神2日目の新馬戦でノーブルルージュが勝っているけど、長期的な活躍が期待できるのは、きっと新馬戦で逃げ馬のペースで逃げ馬を捕らえ損ねたオメガタックスマンのほう。

ヨハネスブルグ産駒の一番馬=トウショウピスト、ショウナンカンプ産駒の一番馬=オメガタックスマン、キンシャサノキセキ産駒の一番馬=マックヴァン、もしくはクラシコ、ハービンジャー産駒の一番馬=クローディオなら、私はかなりいい線までいけます!

キンシャサノキセキ産駒は、かねてから新種馬では推しだったから貫いたけど、これまでの新馬戦を見ていると馬が単に弱いのもあるだろうけど、レース序盤のスピードが足りなくてことごとく置かれているという現実。キンシャサノキセキ自体が気性難のために短距離を使われていただけで、本来は中距離馬だったと思うからこの結果は想定内だけど、陣営が短距離馬だと決めつけて、短距離ばっかり使い続けたら大不発するかもね。とりあえずは、芝1600mデビューの堀厩舎の2頭に注目したいところです。

また、ハービンジャー産駒は、欧州の種牡馬は日本で走らないという傾向を引き継げば失敗だけど、いいお嫁さんに種付けしているので、強いお母ちゃんの仔を中心に指名しました。セレクトセールでハービンジャー産駒の更なる暴落を恐れて、ことごとく初陣を切るはずの馬たちを引っ込めて、敗北を認めてしまっている感じがするけど、「お母さんが優秀な馬だけ、走るんじゃねぇー」みたいな臭いはります。自信があればセレクトセールで価格を高騰させるために、ガンガン良血馬にぶつけて使ってくるでしょう。ハービンジャー産駒のデビューは先々週0、先週も0、今週も0です。


果たして、ほとんどディープ産駒を指名しない選択は天国か? 地獄か? ディープ産駒が指名できなかったことで、逆に楽しくてしょうがなくなりましたヾ(@°▽°@)ノあはは
posted by 山崎エリカ at 02:56| Comment(5) | TrackBack(0) | 競馬を語る

2014年05月13日

ハナズゴールの祝勝会

ちょっと前の話になります
____________

ちょっと前にオールエイジドSを勝利したハナズゴールのプチ祝勝会がありました。オールエイジドSのハナズゴールは最後方からキレを生かす完璧な騎乗でしたね。鞍上のローウィラー騎手は、豪州でトップクラスの騎手で、ローウィラー騎手自ら調教師にオファーしたそうです。ウイリアムズ騎手だったら先行してアウトだったかもしれないので、この乗り替りは願ってもないことだったのかもしれません。

管理する加藤和調教師に、どういう気持ちでレースを見ていたのかと尋ねたところ、「後方からだから見ていて怖かった」って。ていうか、加藤和先生自身が、騎手現役時代は“ベガはベガでもホクトベガ”など、差し、追い込みで穴を開ける有名な騎手だったのに、「よく言うわ」と思ったのは私だけでしょうか? (笑)。

何はともあれ、ハナズゴールにG1の称号があればガリレオやシーザスターズのお嫁さんになれるから、めでたし、めでたし。ハイクオリティなパパだとウォッカの子供のようになる可能性もあるけど、男が引く手数多なのは女としてこの上ない、天晴れ!


celebration.jpg


かつて行われたダービージョッキーによる、「ジョッキーマスターズ」で加藤和先生が何位だったかが思い出せなくて、何度聞いても「忘れた!」と白状してくれないから調べたら下記のとおりでした。


http://www.jra.go.jp/topics/video/vg_race/jm/


 加藤和宏 4着
「疲れました。調教とレースは違って足がつりそうでした。でも岡部さんにハナ差勝てたのが嬉しいです(笑)。多くのファンの皆様が残ってくれて驚きました。ありがとうございました。」

直線でわざわざ岡部さんの馬に併せに行くなんて「現役時代みたい」と思ったんだけど、今になって思うとサービスか? ていうか、根本調教師の騎乗は馬に持ってかれて大外に張られ、これもまさに現役象徴でウケる! (笑)。このイベントは本当に面白かったので、またやってもらいたいです♪
posted by 山崎エリカ at 20:28| Comment(6) | TrackBack(0) | 競馬を語る

2014年04月03日

最近のエリボン

お元気ですか?
_______

ブログ熱が薄らいで、あんまり更新していませんでしたが、みなさんはお元気ですか? 私は先月末、ビックリするような詐欺に遭い(注:結婚詐欺ではありません(笑))、意外と日本は平和ではないことを実感しました。まあ・・・逆に仕事への熱が入るので、ちょうど良かったかもぁ〜? ありがたき神からのギフトとして受け止め、一心精進します。※q(*・ω・*)p※ファイト!!

さて、近況はというと、先々週くらいから『競馬王のPOG本』の一口クラブ担当として、キャロットクラブ、シルクホースクラブ、東京サラブレッドクラブ、ターフファイトクラブを取材しました。どこのクラブも当然、力が入っているようですが、尋常じゃなかったのが日高地区を中心に44の生産牧場が集まって運営しているターフファイトフラブ。普段は北海道にいる統括事務所長さんがわざわざ東京に出向いて取材に応じてくれました。

話によると、現3歳馬はまだ未勝利のようですが、今年は例年以上のラインナップ。先月の阪急杯を走っていたラトルスネークの妹(父ディープインパクト)やローブディサージュの妹(父ステイゴールド)、あとホッコータルマエノの妹(父ハーツクライ)などがいます。

でも、私の場合はケチで、なるべく安い馬で稼ぎたいと思っているから、価格800万円の父アドマイヤジャパン×母バアゼルローズ(牝)に魅かれたなぁ・・・(笑)。兄弟が堅実だし、アドマイヤジャパン産駒は、きくちゃん厩舎のシーブリーズライフを筆頭に、1000万円前後の価格帯のわりには走っていると思うから。バアゼルローズの仔は牝馬というのもあるけど、平均価格よりもちょい安い800万円。1勝すれば馬代をペイできるじゃん!? 他所で既に1頭出資している身だけど、安いから100分の1の一口を買ってみようかと検討中です。


ちなみに私、これまで3頭に出資していますが、1頭目は2勝、2頭目は未勝利2着が最高で2着3回、3頭目は1勝ですべて現役。3頭目は銅像のようなビジュアルに惚れて出資したものの、歩くとトモが甘くてかっこいいビジュアルが崩れるの。最初から甘いことは承知の上で「トレーニングでなんとかなる!」と楽観的に考えて購入したけど、それがなんとかならないんだよん (´・ω・`)。トモは他のパーツよりも簡単に鍛えられるもんじゃないということを勉強させられました。馬体の美しさよりも歩き方が美しいという馬のほうがいいのかもしれません。

安くて走る馬をGETしたければ、「馬体それほどでもないけど、歩くと意外といいね」という馬を見つけるのが、きっとコツ。バアゼルローズの仔がそういう馬だといいなぁ〜!


下の写真はヤマニンセラフィムと奇跡の同着で話題になった
ローマンエンパイアのもの。

2歳時は人気を博したものの、
3歳時は武こーしろ、あーしろと言われて・・・
オッサンギャグ、すいませんでしたっ!!


romanegend.jpg
posted by 山崎エリカ at 04:23| Comment(44) | TrackBack(0) | 競馬を語る

2014年02月14日

船橋競馬場にマキバオー現る!

オルフェーヴル級レジェンド
___________

昨日は佐賀記念をやりながら、船橋競馬をつまみ買い。
そしたらビックリなことにマキバオーが現れたの!




これまでみんなのお尻を追いかける馬だったから、
自分が先頭のはずはないと思っちゃったのかなぁ?(笑)。


ちなみに、ふなっしーもビックリの先週末の船橋!

funabashi-keiba.jpg


そりゃー、開催中止になるってばよ!!!
posted by 山崎エリカ at 03:42| Comment(5) | TrackBack(0) | 競馬を語る

2013年12月11日

祝・通算1000勝達成!

お祝いでした
______

先日、ブログで「金曜日の夜は予定があって見所が更新できないかもしれない」と綴りましたが、この方の通算1000勝達成の祝賀会でした。


船橋の石崎駿騎手

shun1.jpg


★詳細
http://keiba.rakuten.co.jp/info/racecourse/funabashi/2013/12/03/12319


☆彡(*・ω・)ノCongratulationsヽ(・ω・*)☆彡

まだ、20代かと思っていたら、今年30歳になったんですって! それも私と2日違いの9月28日が誕生日だったという・・・(笑) 石崎隆之騎手の息子だけに、世間では乗れて当たり前、乗れなければ罵倒されるプレッシャーの中でよくがんばったと思います。

もっとも当の本人は、二世扱いは小学生の頃からされているから、そんなことはどってことないんだって。子供の頃からイヤなことあったら気分転換に乗るのが馬だから、馬の上でプレッシャーを感じたことは一度もないらしい。それだけ馬がいる環境が日常だったということであり、ある意味、大物!


エリカおばちゃんと少年(笑)

shun2.jpg


また、JRAの競馬学校を減量ができずに退学になった石崎駿騎手ですが、中央入りには全く興味がない様子。馬に乗れればどこだっていいし、騎手じゃなくたっていい・・・騎手は勝たせてあげなければ馬の将来を奪うから、できれば乗馬の騎手のほうがやりたかったと言います。

なんだかこの発想が、全盛期の武豊騎手に「僕は日本で一番乗れる騎手ではありません。一番乗れるのは石崎隆之騎手。毎日、馬に乗っている人にはかないません」と言わしめたパパそっくりなんだよね。馬に乗れればどこだっていいから、乗り慣れた南関東で乗り続けるという、男前な発想。JRAの騎手は1週間7日のうち2日だけ馬に乗って、休日は趣味のゴルフかゴルフ接待の人が多いけど、南関東の騎手は5日も馬に乗れるから、そっちのほうがいいじゃん!? 女子の視点ではたいして乗れてないのに、世間知らずで天狗になる中央の騎手よりも、勝つことに貪欲な地方の騎手のほうが素敵に感じます。泥臭さが母性本能を擽るんですよ(笑)。


そういえば、今週の朝日杯フューチュリティSに、石崎駿騎手でマイルグランプリを制したナイキアディライト産駒のマイネルディアベルが出走するね。JRAデビューの2頭中、1頭がG1に出走してくるってすごいことじゃない?


この夏通産6500勝を達成した、打倒、的場文男を目指して、これからも(o^-')b ガンバ!
posted by 山崎エリカ at 00:51| Comment(44) | TrackBack(0) | 競馬を語る

2013年12月10日

競馬王1月号発売

山崎馬券道場
______

こんばんは(´ ▽ ` )ノ。


エリボン連載中の『競馬王』が8日に発売されました。
まだ、ご購入されていない方は、ぜひお買い求め下さい♪


先月の「山崎馬券道場」で
五段のその二(最強の注目馬)に取り上げた
レッドリヴェールが阪神ジュベナイルFを勝利しました。

オメデト♪(⌒▽⌒) ノ☆・゜:*:゜


阪神ジュベナイルFは出遅れた
フォーエバーモア、クリスマスが3着、4着入線する
かなりハイペースのレースでしたが、
断然人気のハープスターよりも先に動き
ハナ差凌いでの勝利でした。

ハープスターは課題の追走(テンに置かれる)が改善され
成長の後が見られる好内容でした。
レッドリヴェールも休養明けで体が減っていたわりに
よくがんばったと思います。
今後もハープスターの良きライバルとして
活躍するんじゃないかなぁ?


今号でもお金になる注目馬が約20頭。

posted by 山崎エリカ at 22:26| Comment(38) | TrackBack(0) | 競馬を語る

2013年11月22日

ジャパンCの公開調教へ

疲れました(´д`; )
__________

昨日は早朝から、毎年恒例(原稿で追い詰まっていなければ必ず行く)、公開調教を見に行ってきました。シメノンが6時45分から追い切ると聞いたので、府中本町駅あたりから事務所門(西門)に猛ダシュで駆け込み、ギリギリセーフ。東京競馬場のダートコースを3週したあと、インターバルで速いタイムを出した馬なみの息の上がり方でした。だけど、やっぱりなあ・・・登場したのはそれから約30分後でした。たまに遅刻して7時を過ぎてしまっても、追い切りが見れなかった年はほとんどないんだよねぇ〜。


せっかくだから、追い切りの感想。

●シメノン
ダートコースをキャンターで2週した後のインターバル調整で更に2週。2週目がけっこう速いペースのキャンターで馬がバテ気味だったのか(?)、追い切りでは軽快なフットワークのわりにタイムが出ていません。しかし、ある大手サイトで「気配今ひとつ」と表現されるほど悪くなかったと思う。馬体が少し緩い感じがしたのですが、この追い切りで絞まってきそう。

●ジョシュアツリー
ダートコースで軽めの調整。気配は悪くありませんが、この軽めの調整は、おそらくこの後の香港を見据えた馬体調整の一戦では? カナディアン国際Sを目標にした後の一戦で、楽をさせた感じがありました。助手さんは「絶好調を100%とすると今回は110%、絶好調」と言っていたけど、客観的には70%くらい。

●ドゥーナデン
こちらもダートコースで軽めの調整でしたが、火曜日にしっかり追い切っているので問題ありません。火曜日の追い切りでは途中から少し力んでいましたが、欧州の馬としてはバネのある走り。外国馬の中では、一番いい動きでした。


その他の外国馬の情報、ジャパンCの有力馬は、『競馬スピリッツ』さんで血統評論家の栗山求さんと動画で対談します。収録はすでに終わっているのですが、本日、金曜日公開予定です。無料で見られるらしいです。

こちら→http://www.hicchu.net/

疲れすぎていたから(?)、飲み屋で競馬をマシンガントークで語り、男子にドン引きされるパターンの私だったかもしれません(´д`; )。


eribon39.jpg
posted by 山崎エリカ at 04:04| Comment(91) | TrackBack(0) | 競馬を語る

2013年11月19日

「ペースが厳しくなる」の意味

質問の回答です!
_______________

返事が遅くなって申し訳ないです<(_ _*)>。
「ペースが厳しくなる」という意味について説明します。


まず、レースには距離や馬場状態によって、標準的なペースがあります。芝の短距離戦はスタートからガンガン飛ばして行くし、長距離戦は前半で力尽きてしまわないように、前半はゆっくり行きます。また、開幕週は馬場状態が良好で決着タイムも速いですが、開催が後半になるにつれて馬場状態が悪化して決着タイムが遅くなります。

一般的に距離や馬場状態を踏まえて(競馬新聞では1000m通過1分が目安で)、標準的なペース(ミドルペース)より、前半が速ければハイペース、遅ければスローペースという表現を使いますが、たまにマラソン競技のように表現される場合もあります。「前半が標準的なペースよりも速いから後半は厳しい」、「前半が標準的なペースよりも遅いから後半は楽」というような感じです。

私自身は前半が標準的なペースよりも速い流れを「厳しい流れ」と表現し、中間が標準的なペースよりも速い流れを「ハイペース」となんとなく使い分けしていますね。厳しい流れは馬場悪化時によく出現し、ハイペースは高速馬場で時々出現します。要はどっちも逃げ、先行馬にとって不利な展開です。
posted by 山崎エリカ at 22:43| Comment(47) | TrackBack(0) | 競馬を語る