2019年06月16日

本日の見所(函館スプリントSなど)

2019年 ユニコーンS、函館スプリントS
____________________

サプリメントに禁止薬物が混入していた一見で、函館スプリントSは7頭立て、ユニコーンSは13頭立てになってしまいました。個人的にこれまでこういったことがなかったことが不思議なくらいだし、何者かに薬物混入されたわけではなく、原因が特定できて良かったと思っています。ただ、こういうことが起こると、イキって過剰に騒ぐ人が増え、それを見せられるといい気がしないのも事実。理解はしているけれど、トラブルのないようにして欲しいものです。


●ユニコーンS

フェブラリーSと同じ東京ダ1600mで行われるユニコーンS。芝スタートの直線の長いコースらしく、ペースが上がりやすいのが特徴。過去10年でも平均ペースで決着したのは、高速ダートで逃げ馬の出走がサマリーズのみだった2013年(勝ち馬ベストウォーリア)のみ。それ以外の年は全てハイペースで決着しており、差し、追い込み馬が台頭することもしばしばあります。

今年も2013年同様に高速ダート。逃げたい馬はダンツキャッスルですが、地方ならばともかく、中央の高速ダートでは逃げられないでしょう。また、イメルは前走時、他に行く馬がいないから逃げただけで、「逃げ厳禁」の音無厩舎ですから重賞のここでは逃げない公算大。

そうなるとヴァニラアイスのマイペースの逃げが濃厚となりますが、最内枠を引いたワイルドファラオはNZTと同様、包まれないように積極的に出していく可能性は十分あるでしょう。ワイルドファラオの陣営は、先行策を示唆するコメントをしていましたが、あくまでも枠順発表前のコメントなので何とも…。

ただし、ヴァニラアイスもワイルドファラオもレースを引っ張る典型的な逃げ馬ではないので、ペースは早過ぎず、遅すぎずの平均ペースの範囲内で収まる可能性が高いと見ています。速い時計が求められる中での平均ペースとなると、やっぱり穴目は前々、内々ででレースを進めて、ロスなく立ち回れる馬ということになるでしょう。

●函館スプリントS

函館スプリントSが行われる芝1200mは、前半で坂を上って、後半で坂を下るコース。このため、本来はペースが上がりにくいのですが、高松宮記念以来の芝1200m戦となるために、トップクラスのスピードタイプが集い、意外とペースが上がるのがポイント。ただし、開幕週の高速馬場、レコード決着が連発した一昨年のような超高速馬場で行われることもあり、ある程度、ペースが上がっても前から押し切れているのが実情です。

ただし、今年は、昨日のHTB杯が前半3F33秒6-後半3F35秒0のハイペースで流れて1分08秒台で決着したように、例年並みの馬場状態。高速馬場だった昨年よりもやや時計を要しています。その上で雨が降るとなると、ある程度、ペースが上がるはずですが、今回は逃げ馬シュウジやその他先行馬の回避により、本来逃げ馬ではない馬が逃げるので、そこまで上がらないでしょう。過去10年で一番遅い前半3F34秒台という決着になると見ています。前半34秒台の決着ならば、前へ行った馬でも通用するし、差し馬でも届くはず。

しかし、馬場が悪化するほど、スピードを生かしてこのタワーオブロンドンのようなタイプはドボンしがち。これだけ出走馬のメンバー質が低くなってしまうと、消すのに躊躇してしまいますが、タフな馬場を得意としている馬や、前走でタフな流れを経験している馬のほうが優位性があるのは事実。スピードよりもスタミナ型の馬を積極的いたいです。


★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
フォローした瞬間から、馬券が当たり出す(?)
山アエリカのTwitter
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
posted by 山崎エリカ at 07:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬を語る

2019年06月09日

ベルモントSの予想

実力拮抗。過去の例に習い、大波乱に期待!
____________________

日本とは異なり、5週間で完結する米クラシック3冠の最終戦。この過酷なローテーションから、後半になるにつれて出走頭数が減り、レベルが低下していくことがほとんど。2015年のアメリカンファラオや昨年のジャスティファイのような三冠馬は稀で、どこか一戦を捨てる覚悟でないとクラシックを皆勤することすら、難しいほど。

しかし、5週間で王者を決めるというスタイルは実力ばかりではなく、体力も問われるので、とても平等に感じます。米国のこういうスタイル、また、行けるだけ行って潔く負けるスタイルがとても気に入っているのですが、それだけに当てたいですね♪

前回のケンタッキーダービーは、帯広遠征の都合上、パスしましたが、その分、今回はかなり詳しく見解を書きました。米国競馬は日本と同じくらいかそれ以上にデータ量が豊富だから、やる気が出ます┗( '∀' )┛。せっかくなので、参考にした「EQUIBASE」のベルモントSのアドレスも貼っておきます。


★EQUIBASE(ベルモントS)


★ベルモントS予想(netkeiba.com)


★べスモントS予想(ウマニティ)
posted by 山崎エリカ at 05:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬を語る

2019年03月23日

本日の見所(日経賞など)

2019年 毎日杯、日経賞
___________

●毎日杯

かつての毎日杯は、NHKマイルCの前哨戦の意味合いを持ち、2008年のディープスカイ、2010年のダノンシャンティなどが、このレースを制して、NHKマイルCも制しました。しかし、近年は多様化。2013年のキズナや2016年のスマートオーディンのように、ここから京都新聞杯、そして日本ダービーを目指す馬もいれば、一昨年のアルアインのように、ここから皐月賞を目指す馬もいます。要は、この先の何かしらのG1を目指すための、賞金加算のレースです。

そのようなレースゆえに、決着レベルも年によってマチマチ。今年は、1戦1勝のマカヒキの全弟ウーリリvsマイル〜中距離重賞の敗者復活戦のような対戦図式で、現状はレベルが高いとはいえません。ウーリリが一気に勢力図を塗り替えれば、一転してハイレベルになる可能性もありますが、結果は果たして?

また、毎日杯が行われる阪神芝外1800mは、Uターンコース。スタートして最初の3コーナーまで約665mもあるために、逃げ馬が揃うと隊列争いが激しくなり、オーバーペースが発生することもあります。しかし、逃げ馬不在や、逃げ馬が一頭の場合はそこまでペースが上がらないのがポイント。

ただし、そこまでペースが上がらなくても、最後の約600m〜ゴール手前の約200mまでが下り坂のコースだけに、その下りで勢いに乗せて、ラスト1Fの急坂を楽に上がれる差し、追い込み馬のほうが有利でしょう。今回はランスオブラーナが単騎で逃げられるメンバー構成であり、同馬が逃げ切っても不思議ないですが、速い上がりが使える差し馬を軸馬とするのが最善策でしょう。


●日経賞

日経賞は、先週の阪神大賞典同様に天皇賞(春)の前哨戦でしたが、近年は、主要メンバーが阪神大賞典に集うこともあり、本番・天皇賞(春)に繋がっていません。ただし、今年は阪神大賞典が優勝馬シャケトラ以外はイマイチでしたし、また、そのシャケトラも代打騎乗で本番に余力を残さないレースぶりでしたので、今年は砂がる可能性もあるでしょう。

また、日経賞は有馬記念と同じアップダウンの激しい中山芝2500m(長距離)で行われるため、しばしばスローペースが発生します。しかし、同じスローペースでも下級条件は単調なスローペースになることが多いのに対して、上級条件は中山の短い直線を考慮して仕掛けのタイミングが早くなります。(日経賞の過去10年を見ても、単調なスローペースになったのは、ゴールドアクターとサウンズオブアースがハナを譲りあった2016年くらい)

差し、追い込み馬は、向こう正面の下り坂である程度勢いに乗せて、3〜4コーナーの外から位置を押し上げてくる傾向があるため、前も早めに動いてスタミナが問われるレースになることがしばしば。つまり、ある程度の長距離適性も問われるので、長距離適性に疑問がある馬が通用しないでしょう。

また、一昨年のこのレースで前年の有馬記念の3着馬ゴールドアクターや前年の菊花賞の2着馬レインボーラインが1〜2番人気に支持されて馬群に沈み、また、昨年も菊花賞馬キセキや前年の阪神大賞典3着&京都記念2着のトーセンバジルも1〜2番人気に支持されて、見事にぶっ飛んだように、今回が始動戦の馬は苦戦しています。

そもそも前哨戦は、実績馬にとっては叩き台のため、人気に応えられないことがままありますが、スタミナが問われるレース、長距離戦ほど取りこぼし率がアップする傾向。ただし、今年に関しては出走馬12頭中7頭が休養明け。それもレースを使われている馬たちは、格下や長距離適性に疑問を感じる馬ばかりなので、あっさりと休養明けの馬が勝ち負けするかもしれません。いやいや、休養明けの馬同士で決着する可能性も十分あるでしょう。


★★★★★★★★★★★★★★★★★★
山アエリカのTwitter
★★★★★★★★★★★★★★★★★★
posted by 山崎エリカ at 00:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬を語る

2019年03月03日

本日の見所(弥生賞)

2019年 弥生賞
_______

今年の弥生賞も昨日のチューリップ賞同様に小頭数。昨年は朝日杯フーチュリティSの優勝馬ダノンプレミアムと東京スポーツ杯2歳Sの優勝馬ワグネリアンとの無敗馬対決に注目が集まりましたが、今年は2歳G1馬のアドマイヤマーズもサートゥルナーリアも本番直行でメンバーが小粒。本当に弥生賞の皐月賞トライアルとしての権威が薄らいできました。実際、弥生賞で好走して本番で負けるのが定番になってきているので、使わないこともひとつの選択ですが……。

また、昨日の「見所」でチューリップ賞はスローペースになりやすいことをお伝えしましたが、近年の弥生賞も同じ。前半で坂を上るコース形態もあいまって、5F通過61秒越えはあたりまえ。5F通過63秒2までペースが落ちた一昨年は、マイスタイルが逃げて2着に粘りました。

さらに今年は逃げ馬不在の組み合わせ。時計の掛かる馬場で行われた札幌2歳Sを4コーナー先頭から押し切ってクビ差の2着と好走したナイママがその持久力を生かして逃げたら面白いですが、おそらく前走の共同通信杯同様に2番手を狙ってくる可能性が高いでしょう。ならば何が逃げるのか?

私ならナイママに乗っても逃げますが、ヴァンケドミンゴでも他が行かなければ逃げを選択します。ヴァンケドミンゴは時計の掛かる馬場で行われた前々走で、ラスト4Fからスパートして最後まで大きくラップを落とさなかったあたりに、逃げ馬の資質十分。今回の前半が遅いメンバーばかりならば、十分逃げられます。鞍上のミナリク騎手はドイツの騎手のわりに、前掛りのレースをしてくるので、案外と逃げるかもしれませんね。

昨日の中山は、オーシャンSの前半3Fが32秒3だったように、想定以上に馬場が回復して、やや高速馬場でしたが、本日は雨が降るとのこと。どのレベルまで雨が降るかにもよりますが、稍重くらいまでなら今年もスローペースが濃厚でしょう。先行馬を中心に予想を組み立てたいです。
posted by 山崎エリカ at 08:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬を語る

2019年02月16日

注目逃げ馬注目逃げ馬

『競馬最強の法則』用
__________

『競馬最強の法則・3月号』の連載を予告なくお休みしたら、「注目逃げ馬がわからなくて困る」というメールを頂きました。

ごめんなさい<(_ _*)>

確かにこの期間は、活躍が見込める馬がいるので、事前にまとめてあったものを公開しますexclamation

続きは、次号にて。

#イベリス
#コントラチェック
#アンドラステ


chumoku-nigeuma.jpg
posted by 山崎エリカ at 05:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬を語る

2018年11月06日

メルボルンCの予想

仕事中でもメルボルンCの馬券を買おう!
楽しいからさ〜
___________________

日本人にとっては、規格外の24頭立てで行われるメルボルンC。このレースが行われるフレミントン競馬場の芝1200mのレースレコードは芝1200mが1分07秒16で、芝1600mが1分33秒49という高速馬場。そして特徴的なのは、3コーナーから4コーナーにかけて緩やかなカーブが延々に続くこと。つまり、この地点で外目のポジションだと距離ロスが生まれるため、内々を回れる馬が有利です。

大きな傾向としては内枠の馬が有利ですが、自由に動ける外枠も悪くなく、過去10年の連対馬20頭を見ても、ゲート1〜5番が8連対している一方。ケート13番より外の馬も8連対しています。もっとも連対率が低いのは、外から内に切り込んでこられて、ポジションを下げてしまいがちな真ん中のゲートです。

また、メルボルンCは、近年、賞金が増額されたこともあり、欧州からの有力馬の遠征、及び活躍が目立つようになりました。オーストラリアはもともと短距離が主流。長距離の大レースも充実している欧州の馬には容易には敵わないのです。一昨年にオーストラリアのアルマンダンがこのレースを優勝していますが、ドイツからの移籍馬でした。ドイツではG2勝ちの実績がありましたが、オーストラリアではそれほど実績がなかったために、ハンデに恵まれて優勝したのです。


続きは、各サイトの予想コメントで!

当然、私の本命馬は欧州馬です(○´ε`○)

参考にしたのは、『オーストラリアレーシング』
各馬のコメントはこちら!
posted by 山崎エリカ at 12:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬を語る

2018年08月28日

シンプルだけど深イイCM

的場文男の人生の勝算
__________

人が人に相談するとき
的確なアドバイスよりも
こういう言葉を求めているのかもしれない。




人生の勝算、それは、好きなことを続けると見えてくる。
才能があっても、好きではないことを続けて勝算があるほど
人生は甘くないってことでもあるね。

感動なき人生に勝算なしってことか……。


やろう! 好きなこと!!
posted by 山崎エリカ at 03:22| Comment(2) | TrackBack(0) | 競馬を語る

2018年08月12日

ジャックルマロワ賞の予想

欧州の直線芝1600mは、新潟芝1000mとは違うんです!
__________________________

ドーヴィルの芝1600mは、どこが一番伸びるのか知っていますか?
新潟直線1000mとは違って、外枠ではないのです。


また、今回は断然人気のアルファセントーリに死角があるために、波乱予想をしてみました。


ネットケイバの予想は、こちら!

ウマニティの予想は、こちら!
posted by 山崎エリカ at 22:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬を語る

2018年07月19日

先週はセレクトセールでした

ホウオウの小笹オーナー
___________

ホウオウドリームに続いて、サンデーの血が入っていないスセレンディピティの17(牡、父キングカメハメハ)でクラシックを夢見る小笹芳央さん。そのお値段は、2億4000万の瞳と同じ数。


出会いは億千万の胸騒ぎ 生命のときめき……。

奥村厩舎に入厩予定とのこと。


翌日にも当歳のミリオンホースを2頭も落札しているんだから、めっちゃセレブだよ。


小笹さんのこの考えに同感。

何十年も自分探しをしてさまよっている人っているよね?


お写真に入れてくれました(^▽^)/


selectsale2018-1.jpg


selectsale2018-2.jpg

posted by 山崎エリカ at 03:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬を語る

2018年06月30日

中野省吾、初勝利!!

昨日、最終レースにて!
___________

マカオ10戦目でやっと決めてくれました!
中野騎手の馬は、過剰人気になることがままあしますが、現地の日本人が応援馬券を買っているのかしら?

最終6レースはそうでもなかったけど(;'∀')。


S.Nakanoは、6番ゲ―トからスタートする10番の馬です。


posted by 山崎エリカ at 00:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬を語る