2019年04月07日

本日の見所(桜花賞)

2019年 桜花賞
_______

桜花賞はこれまで数々の1番人気馬が人気を裏切ってきました。2012年・ジョワードヴィーブル(6着)、2013年・クロフネサプライズ(4着)、2015年・ルージュバック(9着)、2016年・メジャーエンブレム(4着)、2017年・ソウルスターリング(3着)、2018年・ラッキーライラック(2着)。特にルージュバック、メジャーエンブレム、ソウルスターリン、ラッキーライラックは、単勝オッズ1.0倍台の断然人気馬です。

これらの共通項はというと、メジャーエンブレムを除いて、休養明けで前走の重賞を好走した馬たち。特に、休養明けでチューリップ賞を制した馬のこぶっ飛び率は半端なものではありません。ルージュバックが1番人気を裏切った年も、休養明けでチューリップ賞を制したココロノアイ(2番人気)が10着に敗れて大波乱。どのような名馬でも、休養明けで走り過ぎれば、二走ボケを起こすことを証明しました。

また、もうひとつ共通項があります。それは桜花賞本番が逃げ馬不在でスローペースだった年。ルージュバックが9着に敗れた2015年もレッツゴードンキが逃げ切りを決めたように、超スローペース。ルージュバックが二走ボケにより、本調子ではなかったことも確かですが、後方の外から追い上げて行く形となったのも致命的でした。

さらに、メジャーエンブレムが敗れた2016年も、馬群の凝縮で包まれてしまったように、スローペースでした。つまり、スローペースだと外枠の馬は、馬群の凝縮で内に入れる機会がほどんどないので不利。しかし、内枠の馬もスピードに乗せられないので不利です。また、スローペースになった場合、レッツゴードンキのように、前からの押し切りが決まることが多いですが、ジュエラーのように、思い切って後方から最短距離に近いところを回り、スピードに乗せて直線一気に賭ける馬も通用する場合があります。

今年は、逃げ馬不在。そのような状況の中でエールヴォアが逃げ宣言していますが、この馬のスピードでは逃げられない可能性もあります。しかし、エールヴォアの逃げ宣言と、グランアレグリアと同厩のレイデオロが先週のドバイシーマクラシックで逃げて大失態したことにより、当初は「スピードを生かすレースをして、期待に応えたい」とコメントしていたグランアレグリア陣営も、折り合う方向に気持ちが変わってきているよう。

しかし、それでもスピードの違いと折り合い難の気性により、グランアレグリアが逃げる可能性もあるでしょう。グランアレグリアはこれまで逃げたことがないだけに、逃げた場合、どこまでやれるかは未知数ですが、スローペースでも逃げて目標にされるのは楽なことではありません。それに私自身は、新馬戦の内容から後半型の馬のような気がしています。

確かにグランアレグリアは、牡馬相手の重賞で勝ち負けしてきたように、ここでは能力が一枚上。スローペースの展開を味方に逃げ切っても何ら不思議ありませんが、前記したように、本質が差し馬だった場合には、レイデオロのように凡走する危険性もあります。しかし、スローペースである以上、先行勢が楽な競馬ができるのは確か。桜花賞は、前々からの押し切りに期待します。
続きを読む
posted by 山崎エリカ at 05:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 今週の見所

2019年04月06日

本日の見所(阪神牝馬Sなど)

2019年 ニュージーランドT 阪神牝馬S
___________________

●ニュージーランドT

今年からアーリントンCの施行がニュージーランドTの翌週になったことで、例年このレースに出走していたファルコンS組が不出走。これまでより非常に能力差が大きくなりました。今後もこのような現象が見られるようになるかもしれません。

また、ニュージーランドTが行われる中山芝1600mは、高低差5.3mの最高地点からスタートして、3〜4コーナーに向かって約4.5m下って行くコース。しかし、最初の2コーナーまでの距離が約240mと非常に短く、スタートからスピードに乗せると、特に外枠の馬は2コーナーで外に大きく膨らむことになるので、序盤のペースは上がりません。

ただし、その分、後続勢が中山の最後の短い直線を意識して、向こう上面から動いて位置を上げてくるので、緩みないペースが生まれる場合が生まれやすい傾向。そこで逃げ馬同士が競り合うと、レースがオーバーペースになって、差し馬が上位を独占することも少なくありませんが今回は、何が何ても逃げたい馬が不在という状況下、

普通に出せばホープフルサインがハナですが、同馬は2Fの距離延長を意識して、前に馬を置いてレースをする可能性も十分。内からゲートの良いワイドファラオがひとまず出して、メイショウショウブが番手の外。外枠のコスモカレンドゥラは、内から他馬が逃げなければハナへ行くという流動的な展開が予想されます。極端にペースが上がることがない一方、この時期の3歳牡馬の体力とコース形態から、極端なスローペースもなく、平均ペースくらいが決着する可能性が高いでしょう。

ある程度レースが流れることで、折り合いに課題のある馬でもレースをしやすくなりますから、より能力どおりで決着する可能性が高まったと言えます。PP指数の能力値の上位馬重視で予想を組み立てたいです。


●阪神牝馬S

阪神牝馬Sはかつては芝1400mで行われていましたが、2016年度よりヴィクトリアマイルと同距離の芝1600mで行われるようになりました。これによりメンバーレベルがアップ。前走・有馬記念5着からこのレースを制したミッキークイーンのように、中距離路線馬が多く参戦し、また、それらの活躍が目立っています。

しかし、ほとんどの中距離路線馬は、マイル戦では楽に逃げ、先行するスピードがないので、芝1400m時代から一転してレースがスローペース化。重馬場で行われた一昨年こそ前が崩れているものの、2016年、2017年ともに逃げ馬の逃げ切りが決まっています。ただし、桜花賞と同舞台である阪神マイルは、最初の3コーナーまでのストレートが約444mと長く、逃げ馬の出方次第ではハイペースにも転がる要素があります。

今回逃げたいのは、逃げなければ持ち味が最大限に生かせないミッキーチャームですが、マイル戦で普通に出すとダイアナヘイローがハナを主張する可能性も十分あります。ラッキーライラックも前走の中山記念同様に2列目と狙いたい馬。特に4番枠の今回は2列目ポケットを狙ってくるでしょう。ミッキーチャームが無理目にでもハナを奪うのか、それともA列目に控えるのかはともかく、実績上位馬が逃げ、先行型となると、レースがハイペースに転がる可能性もあります。

これらを考慮すると、前へ行く馬たちは実績馬ではありますが、本命は避けたいところです。ペースが上がる可能性も加味して、展開がどっちに転がっても上位争いに加わって来れる馬を人気薄を本命にしたいです。死角を抱えた馬が上位人気に支持されているだけに、馬券としては面白そうです。
posted by 山崎エリカ at 10:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 今週の見所

2019年03月31日

本日の見所(大阪杯)

2019年 大阪杯
_______

G1に昇格して今年で3年目。かつての大阪杯は、天皇賞(春)の前哨戦のひとつでしたが、G1になって賞金も約2倍にアップ。天皇賞(春)では距離が長いという馬には、当然、ここが本番になります。

しかし、ここから始動する馬は、さすがにここが本番ではないでしょう。一昨年のキタサンブラックは、能力が抜きんでていたので始動戦でも優勝しましたが、それでもステファノスに0.1秒差まで詰め寄られました。キタサンブラックとしては凡走のPP指数で1着。

つまり、昨秋のジャパンCの2着馬キセキや有馬記念の覇者ブラストワンピース、天皇賞(秋)2着馬サングレザーなどの休養明けの馬のほうが実績上位ですが、キタサンブラックほど能力が抜きんでておらず、危ういということ。この辺りに波乱の可能性を見出したいです。

また、大阪杯が行われる阪神芝2000mは、スタートしてから最初の1コーナーまでの距離は325mと短いため、内枠有利の傾向。特に大阪杯は先週までAコース→Bコースに変わるため、なおさら内枠が有利になります。昨日は馬場悪化の影響で内枠の優位性があまりありませんでしたが、馬場が回復すれば、内枠の優位性が出てくるでしょう。

さらに阪神芝2000mは、スタート直後に上り坂があるため、あまりペースが速くならないのがポイント。逃げ馬不在で先行馬に武豊騎手、ルメール騎手など、目標となる騎手がいなかった昨年は、5F通過が61秒1の異常なスローペースが発生したほどです。

昨年は異例中の異例にせよ、上がりの速いレースになることが多いために、前が意外とがんばれるし、外枠の馬は逃げるか、早め先頭を狙って行かないと距離損の大きい競馬になってしまうことを視野に入れて予想を組み立てたいです。そうなると超人気薄を本命馬にせざるを得なくなるのですが…果たして結果は?
posted by 山崎エリカ at 09:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 今週の見所

2019年03月24日

本日の見所(高松宮記念など)

2019年 マーチS、高松宮記念
______________

●マーチS

昨年のこのレースで大本命馬のハイランドピークがスタートで躓いてぶっ飛んだように、「1番人気は勝てない」というジンクスを持つマーチS。2009年には2000年のタマモストロング以来、1番人気のエルポワールシチーが優勝しましたが、それ以降は全く勝てていません。3年前に1番人気のバスタータイプが連対を死守しましたが、これも久しぶりの出来事でした。

なぜ、マーチSでは1番人気が勝てないのかというと、理由はいたって簡単! この時期は地方では名古屋大賞典、中央ではアンタレスSやオープンの総武S、仁川Sが行われ、有力馬を所有する陣営はハンデ戦のこのレースよりも、前記のレースを目標に使うことが多いからです。

マーチSはG3でありながら「総武Sや仁川Sを使った後で、おつりがあれば出走」「ハンデが軽いから出走」「実績馬でハンデ重いけど、始動戦だから、まあ、いっかぁ〜」という具合に、流動的に使ってくることが多いから荒れるのです。

そして多くの場合、総武Sや仁川Sの勝ち馬が1番人気に支持されますが、ほとんどが中途半端な着順で終わります。前走の総武Sや仁川Sを勝利した馬で、ここも優勝した馬となると最近は、2007年のクワイエットデイと昨年のセンチュリオンくらい。(前記2頭は後の重賞でも通用) もちろん、今回が始動戦でハンデが重い実績馬が1番人気に支持されることもありますが、陣営のやる気があまりないため、太め残りなどの理由で馬群に沈みます。

また、2009年に優勝したエルポワールシチーも、同年の平安S・2着、フェブラリーS・4着の実績馬でありながら、そこまで速いラップを刻んだわけでもないのに、ラスト1Fで急失速。ダイショウジェット、サトノコクオー、トーセンアーチャーなどに0.2秒差まで追い詰められるギリギリセーフの勝ち方でした。これは前走のフェブラリーSが大目標だったことと、トップハンデ57.5sが影響したものでしょう。

今年は、重賞ウイナーや上位馬、オープン特別連勝馬、条件戦の連勝馬の参戦で、総武Sの勝ち馬は人気にすらならない例年以上にメンバー質の高い一戦。今年こそは、1番人気馬が人気に応えることができるのでしょうか? 現時点では、前走の佐賀記念でハイペースで逃げて大敗の3着だったテーオーエナジーが1番人気ですが、果たして?


●高松宮記念

高松宮記念が行われる中京芝1200mの舞台は、スタートして120mほど緩やかに坂を上って、そこから4コーナー過ぎまで坂を下って行くコース。さらに最初の3コーナーまでの距離が約315mと短いため、競走馬がもっとも加速がつく前半2F目の10秒台のところで3コーナーに突入することになります。

ここで速い脚を使わせてしまうと、性能のいい馬ほど減速するのが難しく、2016年のように前半2F目で10秒1まで速くなると、10秒1-10秒9-10秒8というように、ペースが上がるしかなくなってしまいます。つまり、中京芝1200mの理想的な騎乗は、2F目の3コーナーで脚を使わせないことであり、レース前半、内で脚をタメられれば理想的です。

また、外枠の逃げ、先行馬は、本来の脚質にこだわって騎乗すると、3コーナーで速い脚を使わせることになるので不利になります。当然、内枠の逃げ、先行馬も外から被されないように抵抗して行くために、概要としては外枠に、逃げ、先行馬がいればいるほどオーバーペースが発生しやすくなるのです。

2016年は、逃げ馬のローレルベローチェやハクサンムーンが外枠だったために、内枠のミッキーアイルらが抵抗して、オーバーペースが発生しました。昨年も外目からハナを主張するダイアナヘイローに内からセイウンコウセイらが抵抗したため、オーバーペースが発生しています。

今年は、前走のオーシャンSで前半3F32秒3で通過したモズスーパーフレアが外枠。この馬に抵抗して行けるだけのスピードがあるのは、ラブカンプーくらいですが、前走では内から抵抗したからこそ、オーバーペースに巻き込まれる形となり、大差シンガリ負けを喫しました。

逆にナックビーナスは、ラブカンプーが抵抗してくれたからこそ、一歩引く形で、展開を考えた場合のいい位置を取ることができたために、2着好走へと繋がりました。こうなると今回は、ラブカンプーが消極的になりがちですが……今回もフェブラリーSのインディのようになるのでしょうか?
posted by 山崎エリカ at 08:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 今週の見所

2019年03月17日

本日の見所(阪神大賞典など)

2019年 スプリングS、阪神大賞典
________________

●スプリングS

過去10年の皐月賞馬10頭のうち、7頭が皐月賞トライアル使っていなかった馬たち。近年は2016年の皐月賞馬ディーマジェスティのように共同通信杯から直行するか、2017年の皐月賞馬アルアインのように、毎日杯など、格下馬が相手の重賞で本賞金を加算するなど、とにかく前哨戦を使わないことがトレンド。

しかし、過去10年の皐月賞馬の残る3頭は、スプリングSで連対していた馬たちという衝撃の事実。その中にはこのレースから快進撃が始まった2011年のオルフェーヴルのような馬もいます。(ただし、この年は阪神開催) かつてはトライアルレースの中では弥生賞が優勢でしたが、近年はスプリングSのほうが優勢になって来ているだけに、今年もそのような馬がいるか要注目でしょう。

また、このレースは、昨日のフラワーCと同距離コースでありながら、逃げ切りが決まりづらいのがポイント。まだ体力のない3歳牝馬同士の対決は、2コーナーの急坂の下り(3.5〜4F目)をゆっくり下るためにスローペースが発生しがちですが、3歳牡馬の対決は2コーナーの急坂の下りで、ほとんど減速しません。

過去10年でフラワーCのようなラップ構成になったのは、アンライバルドが制した2008年と、キタサンブラックが制した2015年だけ。つまり、レースが淀みなく流れて、差し馬が浮上しやすいということ。

今年は「自分でレースを作る」とコメントしているコスモカレンドゥラがハナを主張すると見ていますが、ヒシイグアスもハナを主張するかどうかで展開がガラリと変わってくるはず。仮に折り合ったとしてもカラテ、フィデリオグリーン、ロジャーバローズなど、けっこう先行馬が揃っているだけに、平均ペースにはなるでしょう。前から押し切れないこともないですが、能力がないと厳しいでしょう。差し馬中心で馬券を組み立てたいです。


●阪神大賞典

2年前に大阪杯がG1に格上げされて以来、天皇賞(春)のステップレースとして一本化。昨年このレースを制したレインボーラインが天皇賞(春)を制したように、近年は特に天皇賞(春)に繋がるレースとなっています。一昨年もこのレースの勝ち馬サトノダイヤモンドと2着シュヴァルグランが、天皇賞(春)で3着、2着です。

また、長距離戦はほとんどフロックが利きません。実際に過去の優勝馬を見ても、ほぼ能力どおりに決まっています。長距離の場合、一速から二速、二速から三速と徐々にギアをあげていく必要があり、一速から急に五速、六速まであげるような馬は、通用しないから。前半、中盤で一速、二速で走っていたら、2度目の3コーナーで絶望的な位置になります。

さらに、レインボーラインには菊花賞2着の実績が、サトノダイヤモンドには菊花賞勝ちの実績が、シュヴァルグランには前年の阪神大賞典勝ち&天皇賞(春)の実績があったように、芝3000m以上で連対実績がないと勝ち負けしていない傾向があるのも事実。スローペースだとそこまで距離適性は問われませんが、それほど緩まなければ、より長距離適性が重要となってきます。

今年は、サイモンラムセス、ロードヴァンドール、ヴォージュ、ステイインシアトルと逃げ馬候補が揃いました。しかし、どれもハイペースにはしたくないタイプ。ただ、あまりに遅いとアドマイヤエイカンやシャケトラがなどが前に競り掛けに行く可能性が高いだけに、結局、昨年くらいの平均ペースが濃厚。やはり距離適性重視で予想を組み立てたいです。
posted by 山崎エリカ at 05:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 今週の見所

2019年03月16日

今週の見所(ファルコンSなど)

2019年 フラワーC、ファルコンS
________________

●フラワーC

今開催は中山芝1800mで中山記念、中山牝馬Sが行われ、フラワーC、スプリングSと重賞が行われます。前記4レースを総合的にペースが上がりやすい順にあげると、中山記念、中山牝馬S、スプリングS、フラワーCであることは先週の『見所』でお伝えしました。

古馬トップクラスが集う中山記念は、ほとんどの馬が2コーナーの急坂の下り(3.5〜4F目)で減速させないため(序盤が極端なスローペースだと、この地点で勢いに乗せる場合もある)、道悪にでもならない限り、向こう上面で大きくペースが緩むことはほどんどありません。それゆえに最初の1コーナーまでの距離が短く、前半で急坂を上るコースながら、前が潰れることもしばしばあります。

しかし、まだ体力のない3歳牝馬同士の戦いとなるフラワーCは、騎手が2コーナーの急坂をゆっくり下ることを意識するので、向こう上面でペースが上がらず、しばしば前残りが発生します。4年前はアルビアーノの逃げ切りが決まり、3年前はエンジェルフェイスの逃げ切りが決まり、昨年は7番人気のドロウアカードが逃げて3着に粘りました。

実際に中山記念に近いラップ構成になったのは、2008年のブラックエンブレムまで遡らないとありません。この年は逃げ馬不在で、1番枠から押し出されるようにして逃げたのは、1番人気馬ブラックエンブレム。本来、逃げ馬ではないブラックエンブレムが逃げたために、前半3Fのペースは過去10年でワーストタイムの37秒1。

前半3F目で13秒0まで緩んだだめに、外枠のスペルバインドが坂の下りで折り合いを欠いて向こう上面で捲る形。ブラックエンブレムはそれに応戦してペースを引き上げたために、中盤が速く、ラスト1Fで12秒3まで失速しました。この失速によって、500万下勝ちの実績もなかった8番人気の追い込み馬レッドアゲートがブラックエンブレムにアタマ差まで迫る結果。

ブラックエンブレムが強かったために何とか逃げ切りましたが、実際は、差し、追い込み型が有利の流れでした。つまり、前半ペースが遅くとも中緩みせずに、差し、追い込みが決まってしまうことがよくあるのがこのコースの恐ろしさであり、面白さでもあります。

さて、今年はどうか? 逃げなければ持ち味が生きないジョディ―が逃げて、内から折り合う競馬もできるコントラチェックが2番手といったところか。外から相手の出方を窺いながらルタンブルやレオンドーロなども先行する形ですが、やはり例年のフラワーCの流れ(前半4F49秒前後)になるのではないでしょうか。あとは、雨の影響がどれくらいあるかですが、先行馬主体に馬券を組み立てたいです。


●ファルコンS

中京競馬場が新装オープンし、ファルコンSが芝1400mで行われるようになって今年で7年目。過去7年の逃げ馬の着順はというと、2012年エクセルシオール・17着、2013年カシノランナウェイ・14着、2014年ネロ・8着、2015年セカンドテーブル・9着、2016年ミスキララ・13着、2017年レジーナフォルテ、2018年モズスーパーフレア・5着とことごとく馬群に沈んでいます。(全て16〜18頭立て)

過去7年の前半3F-後半3Fのレースラップは、2012年・34秒8-36秒8、2013年・34秒9-35秒5、2014年・33秒0秒-36秒3、2015年・34秒4-36秒9、2016年33秒3−3F39秒7(極悪馬場)、2017年・34秒0-35秒3、2018年・34秒9-35秒5。中京はビックアーサーが優勝した2016年の高松宮記念より以前は、かなり時計の掛かる馬場状態でしたが、それ以降もハイペース。平均ペースで決着したのは、昨年くらいです。

つまり、ファルコンSは、全体的な傾向として、逃げ、先行型が苦戦の傾向のレース。その一番の理由は、中京芝1400mという舞台が、スタートして約120mほど坂を上って、そこから4コーナー過ぎまで一気に坂を下って行くコースだからでしょう。近年は馬場高速化によって、極端なハイペースではありませんが、ハイペースになりやすい舞台設定であることは確か。

また、この時期の3歳馬は、レース経験を重ねたことで体力もついている時期。この先、スプリント路線に行くのか、マイル路線に行くのかも視野に入れて、逃げ、先行馬が行けるだけ、行かせるようなレースをさせるのも、このレースでハイペースが発生しやすい理由でしょう。

ただし、今年は、過去7年と比べて明らかに逃げ、先行型が手薄。ききょうSを逃げ切り勝ちしたイッツクールは、前走マーガレットSで折り合って2着と結果を出したことで、外枠の今回は逃げない可能性が高いでしょう。実際に陣営も控えるコメントを出しています。そうなると内枠のスタークォーツが逃げる可能性が濃厚。今年は平均ペースの想定で予想を組み立てたいです。


★★★★★★★★★★★★★★★★★★
山アエリカのTwitter
https://twitter.com/_yamazaki_erika
★★★★★★★★★★★★★★★★★★
posted by 山崎エリカ at 00:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 今週の見所

2019年03月08日

今週の見所(中山牝馬S)

2019年 中山牝馬S
_________

今開催は中山芝1800mで、中山記念、中山牝馬S、フラワーS、スプリングSと連続で重賞が行われます。前記4レースを総合的にペースが上がりやすい順にあげると、中山記念、中山牝馬S、スプリングS、フラワーCとなります。

古馬トップクラスが集う中山記念は、ほとんどの馬が2コーナーの急坂の下り(3.5〜4F目)で減速させないため(序盤が極端なスローペースだと、この地点で勢いに乗せる場合もある)、道悪にでもならない限り、向こう上面で大きくペースが緩むことはほどんどありません。それゆえに最初の1コーナーまでの距離が短く、前半で急坂を上るコースながら、前が潰れることもしばしばあります。

しかし、まだ体力のない3歳牝馬同士の戦いとなるフラワーCは、騎手が2コーナーの急坂をゆっくり下ることを意識するので、向こう上面でペースが上がらず、しばしば前残りが発生します。これについては、来週のフラワーC時にお伝えしますが、その中間的なペースになるのが中山牝馬SとスプリングSです。

実際に中山牝馬Sの過去10年を見ても、逃げ馬不在で逃げ馬ではない馬が逃げた2013年、2016年、そして逃げ馬が貧弱だった2017年こそスロー〜超スローペース。しかし、逃げ馬が出走していて、逃げ馬がそれなりに強ければ(PP指数の赤い数字)をマークしている馬が出走していた場合には、全て平均ペース〜超ハイペースで決着しています。

つまり、カワキタエンカ、ミッキーチャーム、さらにテンの速いクロコスミア、近走逃げて結果を出しているランドネが出走している今回は、平均ペース以上が濃厚。ハイペースになる可能性もあります。おそらくカワキタエンカがハナを主張し、ミッキーチャームがそれに競り掛け、3番手がクロコスミアの隊列。いずれにせよ、平均ペース〜ハイペース想定で、予想を組み立てたいです。


★★★★★★★★★★★★★★★★★★
山アエリカのTwitter
★★★★★★★★★★★★★★★★★★
posted by 山崎エリカ at 22:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 今週の見所

2019年03月02日

本日の見所(チューリップ賞など)

2019年 オーシャンS、チューリップ賞
__________________

●オーシャンS

オーシャンSが行われる中山芝1200mは、外回りの坂の頂上付近からスタートして、約4.5mもの坂を下って行くコース。スタートしてからすぐに最初の3コーナーがありますが、「どこがコーナー?」というくらいコーナーが緩いために、そこでスピードが落ちることなく、ペースが上がりやすいのが特徴。

基本的にペースが上がりやすいコースではあるのですが、近年のこの時期の中山は高速馬場の傾向にあり、雨の影響を受けなければ、逃げ、先行馬がしぶとく粘ることもあります。過去10年でも逃げ馬が2度2着に粘っていますが(ともにハクサンムーン)、有利なのは好位〜差し馬。

追い込み馬は、下り坂で加速したまま4コーナーをカーブすることになるので、3年前に1番人気に支持されたアルビアーノや昨年1番人気に支持されたダイメイフジフジのように。がっつり外に張られてアウトになることも少なくありません。そういう意味で、外枠で前に行ける脚がない馬は不利でしょう。

今年は逃げてこそでスタートも速いモズスーパーフレアが外枠から内に切り込みながら主導権を握る形。ショウナンアンセムは芝1600m前後の逃げ馬であり、内枠にスタートが速い馬が不在なので、ナックビーナスが2番手か?

ラブカンプーは前走のシルクロードSでオーバーペースに巻き込まれて失速しているので、控え気味に行く可能性が高く、イエローマリンバ、ペイシャフェリシタ、スタートを決めた場合のダイメイプリンセスなど、先行馬がなかなか揃ったことを考えると、さすがに前半3F33秒半ばのハイペースが濃厚。

しかし、差し馬よりも逃げ、先行馬のほうが指数が高く、強いのも事実。このジャッジメントが勝敗を分けることになるでしょう。まあ、1番人気のモズスーパーフレアは、昨年のセプテンバーSを逃げて楽勝した一番強い馬ではありますが、33秒台半ばのペースだと苦戦すると見ています。さて、結果は?


●チューリップ賞

昨年からG2に格上げされたチューリップ賞。しかし、近年はチューリップ賞の出走頭数は少なくなって、桜花賞最大の前哨戦という感が薄らいできました。昨年のアーモンドアイ、今年のグランアレグリアのように、トライアルを叩かない本番直行馬が増えているからです。

また、チューリップ賞は、桜花賞と同距離コースで行われますが、本番とは真逆の流れになることが多いのがポイント。例えば、2015年のチューリップ賞は、重馬場で行われ、逃げ、先行馬が失速するペースだったために、本番は桜花賞は史上初レベルの超スローペースとなり、レッツゴードンキが逃げ切りVを決めました。逆に2014年はクロフネサプライズが楽なペースで逃げ切ったために、本番は超ハイペースとなり、同馬は4着に失速しました。

ただし、チューリップ賞の全体的な傾向としては、3歳牝馬の前哨戦らしく、無理をさせないように仕掛けをワンテンポ遅らせる傾向。このため逃げ馬が穴を開けるケースが目立ち、過去10年の逃げ馬の成績は、1着1回、2着1回、3着2回となかなか優秀。しかし、決め手ある重賞ウイナーやこの先の重賞ウイナーのほうがほうが圧倒的に活躍しているのも事実です。

桜本番でも上位争いが見込める馬や将来の活躍が期待できるレベルの瞬発力を兼ね備えた馬であれば、逃げ、先行馬が有利のこのレースでも上位争いが期待できるでしょう。本命◎に据えるのも、当然“アリ”です。
posted by 山崎エリカ at 08:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 今週の見所

2019年02月23日

明日の見所(中山記念など)

2019年 阪急杯、中山記念
____________

●阪急杯

阪急杯は、本番・高松宮記念に繋がりやすいレース。2013年のロードカナロアや2014年のコパノリチャードなどがこのレースを勝って、高松宮記念も優勝しています。また、2013年のこのレースを逃げ切り勝ちしたミッキーアイルも、次走の高松記念では2着と好走しています。

しかし、本番に繋がっているのは、このレースをハイペースで逃げ、先行して連対した馬がほとんど。このレースを差して勝った2013年のダイワマッジョーレや2017年のトーキングドラムは、高松宮記念ではドボンしています。

このメカニズムは至って簡単! 阪急杯が行われる阪神芝1400mは、スタートして約243mで最初の3コーナーを迎える阪神芝1200mよりも最初のストレートが1F分長く、逃げ、先行馬が多く出走しているほど、顕著にペースが上がりやすいからです。

つまり、阪急杯は、差し馬有利の流れになりやすいということ。過去10年を振り返っても、10年とも前傾ラップ。もっともペースに緩みが生じた昨年でも前半3F34秒2-後半3F34秒6で決着しています。ゆえにこのレースを不利な逃げ、先行策で連対した馬たちは、高松宮記念へと繋がり、有利な差しで連対した馬たちは、相手強化の高松宮記念では通用しないことが多いのです。

今年、このレースで勝ち負けするのは、逃げ、先行馬か? それとも差し馬か? 昨年のように馬場が軽ければ、昨年のこのレース同様にダイアナヘイローが再び逃げ切る可能性もありますが、昨年の阪神Cの上位馬に、ロジクライが加わり、昨年よりも先行勢が手強いのも確か。差し馬を中心視するのが上策でしょう。


●中山記念

中山記念は、一昨年からG1に格付けされた大阪杯への前哨戦ですが、ドバイ国際競走やQエリザベス2世Cの前哨戦としても大切な役割を果たします。中山記念がこの時期に行われていなければ、ジャスタウェイやリアルスティール、ヴィブロスのドバイでの快挙、ネオエアリズムの香港での快挙がなかったかも〜と言っても過言ではないでしょう。

なぜなら、中山記念が行われる中山芝1800mは、タフなコースだからです。中山芝1800mは最初の1コーナーまでの距離が約205mと短く、スタートしてすぐに急坂を上がって行くコースのために、前半ペース事態は上がらずにスローペース。しかし、上級条件となると中緩みしないのがポイント。

これまでのG1馬やこの先のG1馬が集う中山記念ともなると、向こう上面の下り坂でスピードに乗せて、動いて行くことがほとんど。高速馬場ならば、坂を下った辺りの5F目から1F11秒台の脚が問われることも少なくありません。つまり、5F目から1F11秒台の脚を使っても最後までバテない持久力がなければ、勝ち負けに持ち込めないということ。

競走馬の前哨戦は、「心肺機能を鍛えて疲れを残さない」ことがポイントなので、中山記念は実にその条件を満たしていると言えます。休養によって失われたスタミナを、このレースで先行することで補うことが出来るのです。逆に言うと、基礎能力が高くなければ、休養明けでは厳しいものがあるでしょう。

実際に過去10年でこのレースを休養明け(中10週以上)で連対しているのは、2009年のカンパニー(1着)、2011年のキャプテントゥーレ(2着)、2014年ジャスタウェイ(1着)、2015年のヌーヴォレコルト(1着)、2016年ドゥラメンテ(1着)、2017年ネオエアリズム(1着)、2018年のアエロリット(2着)。G1勝ちの実績がある馬と、その後のG1馬ばかりです。

しかも、今年も先週の小倉大賞典こそ出遅れましたが、意欲の連闘策のマルターズアポジーが逃げる可能性が高く、緩みないペースで流れる可能性大。展開そのものは、差し、追い込み馬が有利になりそうですが、最後の直線が短い中山では、よほどの道悪にでもならない限り、向こう正面から動いて行く必要性があります。

しかし、差し、追い込み馬は、スタミナに自信がないから、前半で脚をタメているわけであり、それらが早仕掛けをすれば最後バテるのが常。逃げ馬も展開上不利な一方で、差し、追い込み馬の末脚も発しがちなレースなので、先行馬か向こう上面で動いて行ける馬を中心視したいところです。また、芝1800m以上の距離実績がない馬は、通用していないのでご注意を!


★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
山アエリカの「質問箱」(匿名)
https://peing.net/ja/_yamazaki_erika?p=auto
なるべく競馬の質問でお願いします<(_ _*)>
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
posted by 山崎エリカ at 03:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 今週の見所

2019年02月17日

本日の見所(フェブラリーSなど)

2019年 小倉大賞典、フェブラリーS
__________________

●小倉大賞典

小倉大賞典が行われる小倉芝1800mは、スタートしてすぐに最初の1コーナーを迎えるために、内枠が有利なコース。この傾向は馬場が高速化するほど顕著。また、2コーナーまでに坂を上って行くコースなので、他場の芝2000mコースよりも逃げ、先行馬ががんばれます。

このため、過去10年で2010年のオースミパーク、2012年のエーシンジーライン、2014年のラストインパクト、2015年のカレンブラックヒル、2017年のマルターズアポジ―と逃げ切り勝ちが5度も決まっています。(2015年は道悪。カレンブラックヒルは、外から切り込んでくる逃げ馬に一度ハナを譲って、2コーナーを過ぎてハナを奪う形)

しかし、今年は、逃げ、もしくは早め先頭を狙わなければ、能力を出し切れないマルターズアポジー、ケイティクレバー、マイスタイル、サイモンラムセス、タニノフランケルなどの逃げ馬が揃いました。さらに先行馬もブラックスピネ、スティッフェリオなど多数で、これは昨年の札幌記念と同じか、それ以上の異常事態です。

確かに現在の小倉芝コースは、昨年の札幌記念時ほどのタフな馬場ではありませんが、ここまで逃げ、先行馬が集うと、さすがに前から押し切るのは厳しいでしょう。消耗戦が濃厚だけに差し馬を中心に馬券を組み立てたいです。内の差し馬は、直線で前がバテて下がってくるのを捌くのが大変なので、今回に関しては外枠のほうが好ましいでしょう。


●フェブラリーS

フェブラリーSが行われる東京ダ1600mは、2コーナー奥の芝からスタートするため、スピードがある馬ほど序盤で加速がつきます。その上、前半で坂を下り、最初の3コーナーまでの距離も約640mと長いため、重賞の場合、逃げ馬は3コーナーの入口あたりまで息が入れられないことがほとんど。

フェブラリーSの過去10年を見ても、平均ペースで収まったのは、最低16番人気のコパノリッキーが優勝した2014年のみ。それ以外は緩みないペースで流れて、差し、追い込み馬有利のレースとなっています。特に昨年は、極端に時計が掛かり、前代未聞レベルの消耗戦となりました。逃げ、先行馬があまりにもバテ過ぎて、その後のスランプを誘発してしまったほど。

今年は、下馬評ではインティが逃げるということになっていますが、普通に出して行けば、前走ダ1400mのすばるSを逃げ切り勝ちしているサクセスエナジーがハナに立つはず。インティはそこまでテンが速くなく、そこを考慮さえてか(?)、ダ1800mを中心に使われ、芝スタートコースは未経験です。

確かにサクセスエナジー、インティの後の先行勢が手薄で、強いのはサンライズソアくらいだというのを考えると、前からでも押し切れそうな感はあります。しかし、中央のダ1600m戦は東京のみでレース数が少なく、さらに特殊コース。ダ1400mレベルのペース配分でレースをしてしまう問題騎手も少なくありません。

また、東京ダートコースは、外差しばかりが決まっていた先週ほど時計を要していませんが、それでも昨秋と比べると時計を要しており、時計の掛かる馬場状態。普通に考えると、前半からある程度レースが流れる可能性が高いでしょう。仮に前半である程度レースが流れなかった場合でも重賞だと3〜4コーナーからペースアップし、内の先行馬は進路を失いがちになるので、どうであれ、直線の外から動ける馬のほうが有利でしょう。まあ、荒れる可能性が高いでしょうね♪


★★★★★★★★★★★★★★★★★★
山アエリカのTwitter
★★★★★★★★★★★★★★★★★★
posted by 山崎エリカ at 09:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 今週の見所