2017年09月17日

明日の見所(セントライト記念)

2017年 セントライト記念
_____________

セントライト記念が行われる中山芝2200mは、前半で高低差約5.3mの最高地点を目指し、後半で最低地点まで下って行くコース。前半で坂を上るので極端にペースが上がることはありませんが、向こう正面の下り坂も手伝って、上級条件ほど淀みなく流れることが多いコース。

近年のセントライト記念は、逃げ馬不在、もしくは強い逃げ馬不在でスローペースで決着していますが、本日、日曜日の時点ではかなりタフな馬場。台風一過で月曜日はどこまで馬場が回復するかが鍵ですが、台風の後は雲ひとつない晴天で気温が上がることが多いので、想定以上に馬場が早く回復し、レースの上がりが速い決着になりそうです。警戒すべきは、前々と決め手ある馬ということになるのでしょう。中山は最後の直線が短いこともあり、追い込み馬は向こう上面で上がって行かないと、厳しいものがあります。

また、今回のメンバーで一番の実績馬は、当然、皐月賞馬のアルアインです。確かに今年の皐月賞は戦前の段階から言われていたほど低レベルではありませんでしたが、けっしてレベルが高くもありませんでした。決着指数でいえば、オークスよりも0.3秒遅い、準オープンレベルの-18ポイント。つまり、今回のメンバーで準オープン通用の馬がいれば、下剋上も可能ということになります。

今回のメンバーでそのレベルに近い指数をマークしている馬は、すみれSの勝ち馬クリンチャーと信濃川特別の3着馬サーレインブランド。しかし、クリンチャーは決め手がないために先行馬になったような馬。超スローペースのダービーでは、前に行くことさえも出来ずに13着に凡退しているように、上がりの速いレースは向かないでしょう。

ダービー後に「クリンチャーは、ルメール&レイデオロのように前へ行っていれば、チャンスがあったのに…」という祐介叩きのコメントを散見しましたが、リプレイを見直すと行かなかったんじゃなくて、行けずに外から来られたから、ブレーキかけています。

また、サーレインブランドは、信濃川特別が淀みないペースで流れて前が崩れたところをジリジリと追い込んで来たもの。外から強烈な末脚で伸びて来たキセキと、上がり3Fタイムを比較しても0.4秒も見劣るものでした。その内容自体も「どうかなあ?」と思うのですが、後方の2番手から位置を上げられないまま、直線を迎えてしまった点が一番のネック。

クリンチャーは現時点で4番人気、サーレインブランドは現時点で5番人気と穴人気に支持されています。しかし、そのレベルならば成長力で突破できる素質馬が1頭だけ見当たるので、今回はその馬を本命とし、アルアインが対抗。アルアインが始動戦で本領発揮できなければ、The・万馬券という決着に期待したいです!
posted by 山崎エリカ at 21:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 今週の見所

2017年09月15日

今週の見所(ローズS)

2017年 ローズステークス
___________

オークス圧勝のソウルスターリングは、天皇賞(秋)が目標のために毎日王冠に出走予定。また、オークス3着のアドマイヤミヤビは直前で屈腱炎を発症して戦線離脱。本来は「主役不在のローズS」という表現がピッタリかもしれません。しかし、今年は春の牝馬クラシックが史上空前と言っても過言ではないほどのハイレベル。さらにフラワーCの内容圧巻で怪物と呼ばれたファンディーナが出走するとなると、かつての主役と名脇役が揃った超豪華メンバー構成と言えるでしょう。

また、今年のオークスでソウルスターリングがマークした指数は、-21ポイント。これは古馬オープンレベルの数字で、2012年のオークス馬ジェンティルドンナと並ぶもの。例年のオークスは、古馬1000万下レベルしかないために、前哨戦では直前の上り馬に食われることも少なくありません。2014年には未勝利を勝ったばかりのタガノエトワールが2着したこともありました。

これは馬番3番タガノエトワールが内々を上手く立ち回ったのも好走要因ですが(秋の阪神開催は、馬場高速化で近年は内枠有利の傾向。特に外回りのこのレースでは、合流地点で馬群がバラけたところで、内々をすくってくる内枠の馬が多い)、ヌーヴォレコルトとハープスターで決着した年のオークスは、高い注目度とは裏腹に、オークスのレベルが低かったのが一番の理由。つまり、オークスのレベルが低い年ほど、下剋上が起こりやすいのです!

しかし、今年はオークスが超A級の上に、ファンディーナの皐月賞は明らかに実力以外の何かが混在した敗戦(おそらくは、クラシックに間に合うように仕上がりすぎるほど仕上げて使ったことが敗因)なので、下剋上を起こすのはなかなか厳しいものがあるでしょう。

確かに、2014年のローズSで前走1000万下・3着のラスヴェンチュラスが3着入線したように、ハイレベルでも前走1000万下で上位だった馬が、3着くらいに突っ込んでくることも少なくはありません。それでも勝ち負けするとなると簡単ではないはず。稀に春の活躍馬が休養中に能力を喪失するパターンもあるので、絶対とは言えませんが、今年は80%くらいの確率で春の実績馬が勝ち負けすると見ています。

しかし、さすがにどう転がるかはわからない推定1番人気のファンディーナにぶっ込めるほど勇気はありません。ここはクラシック組を本命にしてリスクヘッジを図りたいところ。また、ファンディーナは、皐月賞で好スタートを決めて楽に逃げられそうだったところから、内々で待機して外のアダムバローズにハナを譲ったように、スタートの速い馬。

阪神芝1800mのローズSは、昨年、逃げたクロコスミアが2着に粘ったように、逃げ、先行馬がけっして不利ではありません。しかし、差しや追い込みが決まることも多いように、決して前々が楽でもないコース。また、競走馬が休養するとスタミナが不足するので、そこで初めて逃げの手に出るかもしれない不利を考えると、やはり本命は避けたほうがいいように感じます。

もし緩いペースで折り合いを試みたとして、気性難タイプの馬のようなチグハグな走りになってしまう可能性もあるし、台風の影響で馬場が悪化すれば、オーバーペースに巻き込まれてしまう可能性もあります。それでも勝ってしまうようならば、本当に怪物でしょう。とにかく、ここは狙い下げて様子を見たいところです。
posted by 山崎エリカ at 16:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 今週の見所

2017年09月08日

今週の見所(セントウルSなど)

2017年 京成杯AH、セントウルS
________________

●京成杯オータムH

京成杯オータムHは、エアレーションやシャッタリングの本格導入により、かつてほど顕著ではありませんが、内枠の馬が断然有利。中山で行われた過去10年では、枠番7&8の連対率が6.2%に対して、枠番1&2の連対率は20%もあります。

枠番7&8の該当馬は、2008年の勝ち馬キストゥヘブン、2011年の2着馬アスコットフィス。枠番1&2の該当馬は、2008年の2着馬レッツゴーキリシマ、2009年の勝ち馬ザレマ、2012年の勝ち馬レオアクティブ、2着馬スマイルジャック、2016年の2着馬カフェブリリアント。

2012年は、1分30秒7の中山芝1600mのレコードが記録された年。決着タイムが速いほど、内枠有利が顕著。これは中山芝1600mが、円状コースだからでしょう。緩やかなカーブが続くようなコースなので、最初のコーナーで内に入れられないと、終始外々を回らされてしまうことになります。

ただ、中山芝1600mは、高低差約5.3mの最高地点から下って行くコース形態。開幕週でも前半からペースが上がることが多いため、どちらかと言えば、逃げ、先行馬は不利。逃げ馬の3着以内は、2006年のステキシンスケクンまで遡らなければないし、先行馬の勝利も2010年のファイアーフロートまで遡らなければありません。

しかし、追い込み馬も苦戦の傾向。これは脚質的に4コーナーで外に張られてしまうことが多くなるためでしょう。過去10年では、2015年に唯一、フラアンジェリコが追い込み勝ちを決めていますが、この年はエアレーションがかなり利いて、レースの上がりが掛かっていました。また、4コーナーの中目から直線序盤で外に進路を切り替えたことが嵌ったことも大きいです。

あくまでも超人気薄の立場で、他馬がノーマークだったから上手く外に出せたものであり、人気を背負う立場ならば、外から蓋をされて、仕掛けのタイミングが遅れていた可能性も十分。追い込み馬は本来、昨年のロードクエストのように、前半でなるべくロスがないようにレースを運び、4コーナーである程度前の位置につけて、実質、「差し」の競馬をしないと厳しいものがあります。

まとめると、京成杯オータムHは内枠が断然有利。脚質は、好位から差し。イメージとしては、内ぴったりの中団から、位置を上げていくタイプの馬を狙ったほうがいいでしょう。しかし、自分が狙いたい本命馬や穴馬が思ったとおりのゲートを引き当ててくれないのが競馬。細かくは枠順決定後に判断したいところです。

今年はマルターズアポジーとボンセルヴィーソの強豪逃げ馬が2頭いて、これらの攻防が楽しそうなんだ! マルターズアポジーは前半でペースを上げて、中盤で楽をするタイプの逃げ馬。ボンセルヴィーソは前半で無理をせず、中盤で加速していくタイプの逃げ馬。馬番にもにもよりますが、同じあたりのゲートならマルターズポアジーが逃げて、2番手はボンセルヴィーソの隊列が濃厚。

向こう上面でペースを落としたいマルターズアポジーにとっては、ボンセルヴィーソはうざい存在でしかないし、前半で無理をしたくないボンセルヴィーソにとっては、先にリードを奪うマルターズポアジーが糞むかつく存在のはず。ボンセルヴィーソが内枠を引いて、隊列がボンセルヴィーソ、マルターズポアジーになれば、そこまでペースが上がらない可能性が高いですが、逆だった場合は、淀みない流れになる可能性が高いかなあ?


●セントウルS

センントウルSは、「なんじゃ、こりゃ?」のメンバー構成。セントウルSはG2なのに、G2以上を勝ったことがある馬が1頭もいないという、メンバー構成に驚きました。秋華賞トライアルに出走して秋華賞出走の権利が獲れないくらいなら、2012年にこのレースの優勝したエピセアロームのように、クラシック戦線から離脱して、ここを目標に切り替えるというのもありかもしれません。

しかも、スプリント戦なのに、先行力のない馬ばかり。さらに阪神芝1200mは、約半分の600mが3-4コーナー。ポンとスタートを切って、最初の3コーナーで内目を確保できれば、コーナーリングで大きくリードを奪えるコース。昨年のビックアーサーが勝ち、一昨年にアクティブミノルがアドバルーンを打ち上げているように、内枠&逃げ、先行馬が有利なコースです。
前残りが多発のコースで、先行勢が手薄となれば、前へ行ける馬の一発に賭ける方が得策かもしれません。確かに先行馬もワンパンチ足りない馬ばかりですが、差し勢も特筆するほど強い馬がいません。前残りでアッサリ万馬券ということも…。

前が残れるような流れになると、強烈な末脚を持つメラグラーナが差して来るような気もしなくはありませんが、高速馬場のセントウルSで差し馬を積極液に狙うのは、けっこう危険なこと。実際に過去10年を見ても人気を裏切った大半は差し馬。外枠ならばコーナーロスにより末脚が不発することが多く、内枠すぎれば3コーナーで内に切り込んでくる馬のごちゃごちゃで位置を下げすぎて、前まで届かないというパターンが目立っています。

メラグラーナは近2走の敗因がペースや馬場にあるとするならば、上位には来られるとは見ていますが、勝ち切るまではどうかなあ? 斤量に恵まれた今回は、ラピスラズリSのときのように、好スタートを切れちゃったりしてね。枠順確定後にもう一度、考えてみることにします(;´・ω・)。


★枠順確定前に「見所」を綴ってみましたが、妄想枠順が出来上がって、そこから発展してしまうので、よろしくないかもしれませんね(笑)。
posted by 山崎エリカ at 07:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 今週の見所

2017年09月07日

今週の見所(紫苑S)

2017年 紫苑ステークス
__________

秋の中山開幕初日に行われる、秋華賞トライアルの紫苑S。中山開催でもっとも馬場が高速化するのは、通年、野芝がメインのこの開催。近年はエアレーションやシャッタリング作業で一時期と比べると時計を要すようになったと言っても、やはり時計が速く、内枠と逃げ、先行馬が有利のイメージが強くあります。しかし、昨年、大外枠から勝ちに行く競馬をしたビッシュが優勝したように、外差しがぶっ飛んで来ることも少なくありません。

この理由として、紫苑Sが行われる中山芝2000mはレースが淀みなく流れることが多いためでしょう。中山芝2000は、前半が上り坂のため、前半3Fのペースはそこまで速くなりませんが(紫苑Sならば34秒台後半〜35秒台前半)、向こう上面で下り坂があるために、上級条件ほどそこでペースが上がります。

特に、昨年のビッシュ(戸崎騎手)やファータグリーン(田辺騎手)などのように、決め手ニ欠ける馬&ベテラン騎手のコンビは、向こう上面で位置を上げて来るので、他馬もそれにつられてペースを上げる傾向。結果、1000m通過が60秒を切ることがほとんどで、過去10年で一番遅かったのは一昨年の60秒6。他の年は60秒以内で通過しています。

つまり、過去10年でスローペースになったのは、一昨年のみ。これは外枠を引いたカンデラと内枠を引いたノットオーソリティにハナ争いが注目される中、けん制しあってレースが進み、隊列が乱れなかったもの。しかし、前半5F60秒6-後半5F59秒9なので、極端なスローペースでもありません。

もちろん、逃げ馬がいるか不在か、戸崎騎手や田辺騎手などのベテラン騎手が向こう上面でペースを上げられるような馬に乗っているかどうかにもよりますが、全体的な傾向としては、レースが流れると判断していいでしょう。レースが流れれば、総合力が問われることになりますから、スピード特化型や瞬発力特化型の馬は通用しません。おおむね能力どおりに決着することになります。

今年は、通年と比べても春の実績馬が少ないメンバー構成。今年の春の牝馬クラシック戦線は、ハイレベルと言われ、実際にメンバー質の高い一戦でした。この夏に地力をつけた上り馬が台頭するのは、そう簡単でもないでしょう。しかし、春の実績馬を差し置いて、実績馬が勝った場合には、フロックが利きずらい舞台設定だけに、新星誕生と考えてもいいでしょう。
posted by 山崎エリカ at 08:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 今週の見所

2017年09月03日

本日の見所(新潟記念など)

2017年 小倉2歳S、新潟記念
______________

●小倉2歳S

小倉2歳Sが行われる小倉芝1200mは、2コーナー奥のポケット地点からスタートして、ゴールに向かって坂を下って行くコース。しかも、芝1200mなら息を入れたいポイントの3コーナー、4コーナーが“スピードを落とさずに回れる”ことがウリのスパイラルカーブのため、逃げ、先行馬が息を入れるスポットががありません。

小倉芝1200mのレコードタイムが1分06秒6と、他場と比べて次元が違うのは、コース形態上、逃げ、先行馬が激化せざを得ない舞台だから。スピードのある馬ほど、コーナーでスピードを落とし切れないため、上級条件ほどウルトラハイペースが発生します。

つまり、前がキレイに崩れるってこと。小倉芝1200mで行われる、最上級条件の北九州記念史上、逃げ馬の3着以内がゼロというのも、このコースの恐ろしさを物語っていますねぇぇ。言葉を選ばずに言わせてもらえば、このコースを考案した人は、頭が悪いか、性格が悪いかのどちらか。だって、強い馬ほど自滅することになるんだもの!

もちろん、小倉2歳Sも問答無用に例年、「超」のつくハイペース。ただし、こちらはまだ体力がついていない2歳馬がレースメイクすることになる2歳限定戦。古馬と比べれば、それほど速いペースにはなりません。また、永遠の1勝馬から将来のG1馬が集う舞台設定のため、2012年のベルカント(2着)のように、強ければ逃げ馬でも残れるし、先行馬でも通用します。

ただし、逃げ、先行馬が押し切るには、ワンランク上の馬であるということを念頭に入れておく必要があるでしょう。また、そこまで強くなくても、2010年のに逃げて2着入線したシゲルキョクチョウのように通用することもありますが、この場合は、今回のメンバーにおいてキャリアが豊富である必要があります。なぜ、キャリアが豊富である必要があるのかは、前回の札幌2歳Sで綴ったとおりです。


●新潟記念

新潟記念は、距離2000mでありながらワンターンコースで行われます。芝2000mでワンターンコースなのは、当然、ストレートが日本一長い新潟だけ。最初の3コーナーまでの距離は約948mもあるので、先行争いが激化することもあれば、各馬が長い直線を意識して序盤でペースが落ち着くこともあります。つまり、非常に展開に振れ幅が広く、メンバー次第ということ。

また、逃げ、先行馬が多ければハイペースになる、逃げ、先行馬が少なければスローペースになるのは展開における基本的な考え方ですが、ことストレートの長いコースの中距離以上では、それがキレイに当てはまりません。実は、ストレートの長いコースの中距離以上では、逃げ、先行馬の数よりも、逃げ馬がいるかいないかで展開が決まることが多いのです。

例えば、新潟記念の過去10年で前半5F58秒1-後半5F59秒7ともっとも前半が速い流れだった2007年は、逃げ馬が不在だった年。内枠から好スタートを切ったトリリアンカットに外枠からガッツ後藤騎手のトップガンジョーが競り掛け、3コーナーまで隊列争いがもつれました。

逆に過去10年で前半5F61秒8-後半5F57秒8ともっとも前半が遅い流れだった2009年は、逃げ馬のメイショウレガーロがある程度行き切る形で、隊列がすぐに決まりました。2010年〜2012年あたりも逃げ馬がしかりといて、ペースが落ちついています。

さて、今年は逃げ馬がいるのかというと、ウインガナドルがいます。この馬がある程度行き切ってくれれば、ペースはスローで落ち着く可能性がありますが、3歳馬で体力があまりないから〜とか、同系列のマイネルフロストのアシストのつもりで乗られると、他の先行馬が積極的に出して隊列争いがもつれる可能性も…。個人的には逃げウインガナドル、2番手マイネルフロストでペースが落ち着くと見ていますが、実は、新潟芝2000m、こと新潟記念においては、それがそれほど重要ではなかったりします(;´・ω・)。

ここまで展開に長く触れておいてこういうのも何ですが、スローペースに落ちたとしても、高速馬場で直線フラットコースの新潟では、後続勢が4コーナーでもう上がって来てしまうからです。前半でペースが落ちるほど、ラスト4F目などの速い地点からペースが上がり、能力の足りない馬は、直線で早くも脱落します。

逃げ、先行馬が前半のスローペースで流れに乗ったとしても、後半で再加速できないと勝ち負けするのは厳しいということ。つまり、新潟記念は、意外と強い馬が勝っているのです。過去10年の連対馬を見ても、PP指数の能力値上位馬や、最高値の高い馬ばかり。勢いだけの上り馬が容易に通用しないことや、軽ハンデ馬の一発が少ないのもこのためでしょう。
posted by 山崎エリカ at 04:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 今週の見所

2017年09月01日

明日の見所(札幌2歳S)

2017年 札幌2歳S
_________

昨年のこのレースでキャリア4戦のトラスト(5番人気)とキャリア5戦のブラックオニキス(10番人気)で決着したように、特にこの時期の2歳戦は、キャリアが豊富な馬が優勢。先週の新潟2歳Sの2着馬コーディエライト(5番人気)も、メンバー中で2番目にキャリアが豊富な馬でした。

コーディエライトのように、逃げて変わり身を見せた馬というのは逃げ限定タイプであることが多く、新潟2歳Sで逃げられなかった場合を想定すると危うくて、私は本命にすることが出来ませんでした。しかし、まんまと逃げて2着に粘られてしまいました(;´・ω・)。

確かに新潟2歳Sの勝ち馬フロンティアのように1戦1勝でも通用する馬も少なくありません。しかし、そういう馬は、この先の重賞でも通用するような素質馬ばかり。過去に1戦1勝で札幌2歳Sを勝利した馬にロジユニヴァースやレッドリヴェールなどがいますが、これらは後のダービー馬と阪神ジュベナイルFの勝ち馬です。

つまり、横一線の力関係ならば、キャリアが豊富な馬のほうが有利であること。これはデビュー2戦目よりも、デビュー3戦目、それよりもデビュー4戦目のほうが伸びシロが大きいからです。デビュー5戦目を超えてくると、それほど大きな伸びシロがありませんが、とにかくデビュー5戦目までは成長力を見せてくれます。

デビュー5戦目までに未勝利を勝ち上がれない馬の多くが、しっかり休養させて成長を促すか、条件を変えない限り、永遠に未勝利のまま終わってしまうことが多いのは、ほとんど伸びシロがないから。競馬は大いにして、新馬戦をかっこいい勝ち方をした馬が、人気の中心に支持され、一見、そちらを狙うほうが堅実で順当な予想に感じます。しかし、その実、配当妙味のない穴馬を狙っているようなもの。キャリアが豊富な能力上位馬を狙うほうが、よっぽど堅実で順当なのです。

よって、新馬戦を強烈な勝ち方をした馬がいない今年の札幌2歳Sも、堅実で順当な予想を心がけます! もっともこの先の2歳重賞で通用するかしないかは新馬戦でマークした指数の比重が大きく、新馬戦で指数「-3」をマークしたあの馬は、ギリギリ本命候補の基準を満たしていますが、低レベルの今年の新潟2歳S出走ならばともかく、なかなかのメンバーが集ったここはどうか? 不安があるので、対抗に止めることにします!
posted by 山崎エリカ at 21:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 今週の見所

2017年07月23日

本日の見所(中京記念など)

2017年 函館2歳S、中京記念
______________

●函館2歳S

中央競馬では世代最初の重賞となる函館2歳S。意外と知られていませんが、実はこの時期の2歳戦はキャリアが豊富な馬が優勢です。競走馬はデビューしてから5戦目くらいまでは成長曲線を描く傾向があり、レースを経験する度にパフォーマンスを上昇させていくものだから。私は、指数をベースとした予想屋で何年(何十年?)も見て来ていますが、総体的にデビュー戦よりもデビュー2戦目、デビュー2戦目よりも3戦目と指数が高くなるのです。

例えばディープインパクトのクローンAとクローンBがいて、クローンAがデビュー2戦目、クローンBがデビュー3戦目だったとすると、将来的に互角の活躍をするこの2頭でも、この一戦においてクローンBが先着することになります。実際は、同じ能力を持つ馬がこの世に存在しないことが競馬をややこしくしているのですが、確率論で言えばより完成形に近づけるキャリアが豊富な馬が優勢。

だからこそ、このレースの前哨戦としてオープンのラベンダー賞が用意されていた頃は、前走ラベンダー賞組が大活躍していたのです。それでも函館2歳Sで1戦1勝馬が勝つことが少なくなかったのは、最初の時点での性能が違うからです。さて、今年はキャリアが豊富な馬か? それとも性能が違う1戦1勝馬か?

この答えを書いてしまうと、予想をここで公開するも同然になりますので、ポイントのみを綴ります。ポイントは、今年の新馬戦はどれもレベルが高くないことです。例年ならば、福島短距離組よりも函館短距離組のほうがレベルが高いのですが、今年は福島組のパッセの新馬戦の指数が一番高いという構図。さて、結論は、いかに?


●中京記念

中京新装オープンとともに、夏のマイル重賞として生まれ変わって今年で6年目の中京記念。2012年-2014年度は、時計の掛かる馬場で行われていましたが、一昨年より一気に馬場が高速化。普通に1分33秒台の決着タイムが出現するようになりました。

中京マイル戦は、1〜2コーナー間の引き込み線からのスタートして、向こう正面まで緩やかに坂を上るコース。さらに直線では下り坂があるために、後傾ラップが出現しがち。マイル戦はUターンコースということもあり、もともとレースが淀みなく流れがちですが、他場と比べると比較的逃げ、先行馬でも残れるコース。さらに言うならば、逃げ、先行馬がラスト1F地点の急坂で伸びあぐねたところで差せる、決め手ある馬がより優勢のレースです。

昨年のこのレースの覇者ガリバルディのように、今回でメンバー最速クラスの上がりで来られる馬が好ましいでしょう。そういう観点で見ていくと、前走のオープンでメンバー最速の上がり3Fをマークしている1番人気馬ブラックムーンや、2番人気馬グランシルクにぶち当たりますが、ヒモ馬ならばともかく、軸馬にはピンと来ません。

ブラックムーンは休養明けの前走・米子Sでレコード勝ちした後の一戦。その強さは認めても、今回でのダメージが怖いところです。また、グランシルクは前走のパラダイスのように、芝1400mならば速い上り3Fで上がってこられますが、芝1600mだとニュージーランドTやダービー卿のCTのようにワンパンチ足りないところがあります。

グランシルクは、芝1400mのほうが前残りの展開になりやすいのに、決め手のある脚が使える、芝1600mのほうが差し、追い込み馬向きの展開になりやすいのに、ラスト1Fで伸びを欠くとことがあり、それが連続2着、3着を生み出しているメカニズムです。本質はマイルでは距離が長いのでしょう。そこで今回は軽ハンデを加味すれば、グランシルクと同等か、それ以上の末脚が使える可能性が高い馬を本命にしてみました。人気薄ですが、これはけっこうイケるんじゃないでしょうか?
posted by 山崎エリカ at 10:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 今週の見所

2017年07月15日

明日の見所(函館記念)

2017年 函館記念
_________

「函館芝は、タフな馬が活躍する」と言われています。なぜかと言うと函館と札幌は寒冷地対策として、欧州と同じ洋芝が使われているからです。洋芝は緑が鮮やかですが、他場で使われている野芝より耐久性が低いのが弱点。つまり、開催が進むほど馬場の傷みが進行し、時計を要すようになります。

今年は、前代未聞のウルトラ高速馬場でスタートした函館開催ですが、2回函館2週目となり、さすがに当初の函館芝コースと比べると時計を要すようになって来ました。しかも、函館芝2000mは、スタンド前のポケット地点からのスタートで最初の1コーナーまでの距離が約475mと長いコース。その上でマイネルミラノ、ヤマカツライデン、ステイインシアトルと逃げ馬が揃ったとなると、普通なら激流は免れないでしょう。

しかし、マイネルミラノは、よほど楽に逃げられない限り、逃げるのは厳禁のマイネルルールによりおそらく2番手。ステイインシアトルは、楽にハナに行けないと判断した場合は、折り合うことを選択する武豊騎手ですから、意外とヤマカツライデン、マイネルミラノ、ステイインシアトルでスムーズに隊列が決まるかもしれません。

ただ、レースがスローペースよりの流れになれば、決め手勝負に持ち込みたくないマイネルミラノが3コーナーから動いてペースを引き上げて行くはず。昨年のこのレースのように、早い地点から11秒台が要求されるタフな流れになるでしょう。そうなれば本命馬はいい脚が長く使えるタイプがいいはず。また、例年の傾向どおりにある程度ペースが速くなった場合も視野に入れると、中団かその後方列で立ち回れる馬が理想的です。

フルゲートのハンデ戦で一見、混戦ムードの函館記念ですが、展開からアプローチをかければ意外と買い目が絞れますね。本命候補馬が意外と人気がないので、とても楽しみです♪
posted by 山崎エリカ at 21:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 今週の見所

2017年07月09日

本日の見所(七夕賞など)

2017年 プロキオンS、七夕賞
______________

●プロキオンS

地方で行われるダ1400mのグレードレースは、黒船賞、かきつばた記念、さきたま杯、サマーチャンピオン、オーバルスプリント、兵庫GTと数があります。しかし、中央で行われるダ1400mのグレードレースは、2月の根岸SとこのプロキオンSのみ。しかも、短距離戦は、12月に中山ダ1200mで行われるカペラSと併せても、計3レースしかありません。よって、このレースは必然的に好メンバーが集います。

また、このレースは芝スタートで最初の3コーナーまでの距離が長いコースらしく、ペースが上がりやすいのがポイント。昨年のように逃げ、先行馬揃いだと、前半3F33秒台から34秒前半台になり、後半完全な減速戦になることもあります。今年も、外からナンチンノン、レヴァンテライオン、そして「前につけたい」とコメントしているウォータールルド。内から抵抗して行くベストマッチョ、アキトクレッセント、芝スタートだとそこまでテンが速くありませんが、包まれるのを嫌って出して行く可能性が高いトウケイタイガー。チャーリーブレイヴも、控えることを視野に入れつつ、あわよくば先行策を狙っていることでしょう。

ここまで逃げ、先行馬が揃うと、前半3F33秒台に突入するかはともかく、34秒台前半までペースが上がる可能性が高いでしょう。それくらいのペースだと、当然、差し、追い込み馬が有利ですが、逃げ、先行馬でも強ければ残れます。

また、展開上有利でも、根岸Sの勝ち馬カフジテイクはドバイ帰りの休養明けの一戦。レースが終わってから、帝王賞のアウォーディーのように「意外なほと伸びませんでした〜」なんてコメントしている可能性も考えられなくはありません。ただし、アウォーディーほど消耗度の高いレースはしていなかったので、私は買い目に加えます。

さらにキングズガードは休養明けの前走・天保山特別で展開に恵まれて2着と好走した後となると、ドボンする可能性も十分あり、結論として、外枠の馬に行かせることで中団で立ち回ることになる可能性の高い馬を本命馬としました。ここへ来て地力を強化しているので、今回のメンバーが相手が相手でも足りるんじゃないでしょうか。


●七夕賞

「七夕賞は、七枠が有力」なんて言われたのは、七夕賞が夏の福島最終週に行われていた頃の話。当時は福島の馬場状態も悪く、最終日ともなると内側の芝がボロボロになって、外差しが決まってばかりでした。何も考えずに、外目の枠の差し馬のボックス馬券買っておけば、かる〜く万馬券が獲れたこともありました。

ところが! 前回のコラムでもお伝えしたように、福島は2012年に芝を密度の濃いものに張り替えて以来、馬場高速化が顕著。さらに春の東京開催が2週延長されたことで、七夕賞は2回福島4日目に繰り上がりました。つまり、七夕賞当日は、大雨が降らない限り、高速馬場で行われることが多く、レースは末脚勝負。内目の枠から逃げ、先行馬ががんばることがよくあります。

しかし、七夕賞が行われる福島芝2000mの舞台はちょっと例外。最初の1コーナーまでの距離が約505mと長く(それでも中京ダ1400mのプロキオンSの舞台よりも短い)、さらにテンから2度の坂を下るために、福島芝1800mよりも前半が速くなる傾向があります。最初の下り坂でどうしてもダッシュがついてしまうので、逃げ、先行馬は予定以上にペースを上げてしまいます。その結果、ハイペースが生まれて、差し、追い込み馬が台頭するというのが例年のストーリー。昨年も綺麗に差し、追い込み馬の決着でした。

ただ、最初の直線が長いコースは、テンの遅い馬でもハナを主張することが出来るので、極端な話、鈍足な逃げ馬でもハナを主張することができます。先頭に立つまで時間が掛かるメジロパーマーのような馬でも逃げることが出来るし、また、スタミナがあれば逃げ切ることも可能なのがこの舞台です。その利点を味方につけて逃げ切ったのが、2008年のミヤビランベリであり、2014年のメイショウナルトです。2007年のミキノバンジョーなんかも道悪や直線の長いコースでは逃げ馬になれる馬で、このレースでは3着に好戦しています。

こういうコースなので、マルターズアポジーが仮にハンデ57.5sが堪えて、二の足がつかなかったとしても逃げられるし、前記した馬たちよりもスタートダッシュが速いマルターズアポジーならば、2番手以下を突き放して逃げることも不可能ではないはず。逆に自分はいつでも動けるからと、昨秋の福島記念のように向こう上面で後続を引きつけて引きつけて3コーナーから加速していくことも出来るでしょう。また、今年2月の小倉大賞典のときのように、淀みないペースで逃げ切ることも出来る馬なので、この馬本来の能力を出し切れれば、上位争いが濃厚でしょう。

しかし、真の逃げ馬は、展開云々よりも余力と前走でスタミナが補充できるレースが出来ているかどうかが大切。そうでなかったら、五分のスタートから二の足の速さで楽にキタサンブラックを突き放し、道中も楽に平均ペースに落とせた前走大阪杯で大失速などしません。こと展開に比重を置くのであれば、前走のレース運びは完璧だったはずです。このレースを荒らすも、荒らさないもマルターズアポジー次第であり、前走の敗因をどう考えるかが今回の勝敗の分かれ目となるでしょう。
posted by 山崎エリカ at 00:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 今週の見所

2017年07月02日

本日の見所(CBC賞など)

2017年 ラジオNIKKEI賞、CBC賞
________________

●ラジオNIKKEI賞

福島芝コースは、東日本大震災の影響を受けて芝を大きく張り替えた2012年以降、馬場高速化が顕著。特に、芝が育つこの時期の開幕週は超高速馬場で、夏の開幕週で行なわれるラジオNIKKEI賞は、大雨でも降らない限り、超高速馬場で行われるのは確実。

馬場が高速化すれば、騎手は最後まで脚を残しておきたい意識になり、当然、下級条件ほどレースがスローペース化します。前半スローでリードを奪えれば、馬がそれほど消耗しないために、後半で再加速ができるといった具合。福島開幕週の全体的な傾向としては、逃げ、先行タイプの活躍が目立ちます。

しかし、さすがにラジオNIKKEI賞は3歳のG3戦ということもあって、極端なスローペースにはなりません。ただし、高速馬場ならば平均ペースで流れても前々で立ち回った馬が十分に残れます。実際にこのレースも2012年度以降は、例外パターンが起きた2013年度を除き、先行馬が必ず1頭は連対しています。

2013年の例外パターンは、前半がスローペースすぎて各馬が3コーナーからポジションを押し上げていったために、馬場の内側ががっぽりと開いたもの。そのインを突いて追い込み馬のケイアイショウサンが勝利しました。本来、追い込み馬は多頭数の外を回ることになるので、追い上げて失速のパターンになりやすいですが、急コーナーの福島で加速しながらコーナーを回ると、3コーナーの内ががっぽりと開いてしまうことも少ないですが、他コースよりも多くあります。

しかし、逃げ馬が普通にレースメイクして、平均ペースで流れてくれさえすれば、先行タイプを残らせてくれるはず。少なくとも本命馬は、真ん中よりも前でレースを進める馬から選択したいものです。

また、今回は、サロノクロニカルやクリアザトラックが上位人気に支持されていますが、ゴール前横一線を想定して作られたハンデ戦だとすれば、この2頭はお買い得ではないでしょう。ハンデが重い上に、自己ベストのPP指数をマークした後では、大きな上積みが見込めないからです。

逆に言うと、ハンデキャッパーは過去の成績を分析して、有力馬にハンデを重くしている前提ならば、過去の成績では現れないもので予想を組み立てたほうがいいでしょう。過去の成績には現れないものとは、「今回での上積み」ということになります。ハンデ戦では、通常のレースよりもこの上積みというものが、より生かされてくるので、そこに着眼点を持ってくると、意外と簡単に結論は出ます。

真ん中よりも前で立ち回れて、今回で大きな上積みが見込める馬…。行きつくところは、ただ1頭。あの馬しかいないんじゃない? とても面白そうです。


●CBC賞

中京芝コースは、昨春の高松宮記念で1分06秒7のレコードタイムが出て、主催者はマスコミやファンから散々叩かれました。そこで夏の開催前に芝の張り替え作業やエアレーション作業が行われ、エアレーション作業では、バーチドレンの半径を大きくする工夫をしたとのことでしたが、それでもCBC賞では1分07秒2の好時計が出ました。

本日、土曜日の知多特別(1000万下・芝1400m)でも、雨の影響があったはずなのに1分20秒6の好時計。おそらくリニューアル時は緩かった路盤がしっかりと固まって、いくらエアレーションで通気性を良くしても大きく影響しないレベルなのでしょう。日曜日の天候は雲りで馬場回復を想定すると、今年のCBC賞でも1分07秒台前半での決着が濃厚なものとなるでしょう。

中京芝1200mといえば、向こう上面の半ばからスタートして緩やかに100mほど坂を上って、その後最後の直線序盤まで坂を下っていくコース。基本的にペースが上がりやすく、特にリニューアル後はタフな馬場で、短距離戦のわりには逃げ、先行馬が苦戦していました。しかし、超のつくほど馬場が高速化したとなると、今後は緩和されていくはず。

昨年のこのレースで2番手を追走したラヴァーズポイントが2着、逃げたベルカントが3着に粘ったように、逃げ、先行馬もそこまで大きく割り引く必要はありません。しかし、無難にいくならば、「差し馬狙い」でしょう。なるべくロスのないレース運びができる内目の枠ならば理想的です。

さらに超高速馬場であれば、昨年のこのレースで2着に粘ったラヴァーズポイントや今年の函館スプリントSを制したジューヌエコールのように、斤量の軽い馬を狙うのがポイントです。現時点でやや能力が足りないと思われる馬でも、攻め続ければどこかで大穴にぶち当たることもあるでしょう。

特に、斤量はダッシュ力や加速力に強く影響を及ぼし、二の脚の速さや切れ味に磨きが掛かります。スピード適性が強く問われる短距離戦では、大きなアドバンテージになるで、今回での上積み+ハンデの軽い馬を狙えば、的中に近づけるでしょう。
posted by 山崎エリカ at 00:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 今週の見所