2018年02月24日

明日の見所(中山記念など)

2018年 阪急杯 中山記念
____________

先週の東京ダートは、東京とは思えないほど時計を要していましたが、急に馬場が高速化した2016年の高松宮記念の時みたいに、JRA批判をする競馬評論家さんが現れなかったのが不思議。良馬場発表の先週と比べても2秒近くは時計を要しており、テイエムジンソクでも上がり3F39秒台まで失速して当然のダートでしたけでども…なぜ、あんなに時計が掛かったのかが謎すぎます。


●阪急杯

阪急杯は、本番・高松宮記念に繋がりやすいレース。近年ではロードカナロアやコパノリチャードなどがこのレースを勝って、高松宮記念も優勝しています。一昨年もこのレースを逃げ切り勝ちしたミッキーアイルが、次走の高松記念では2着と好走しました。

しかし、本番に繋がっているのは、このレースを逃げ、先行して連対した馬がほとんど。このレースを差して勝った3年前のダイワマッジョーレや昨年のトーキングドラムは、高松宮記念ではドボンしています。

このメカニズムは至って簡単! 阪急杯が行われる阪神芝1400mは、スタートしてすぐ最初の3コーナーの阪神芝1200mよりも最初のストレートが1F分長く、前半が平坦〜下り坂のために、ペースが上がりやすいからです。これは暮れの阪神Cとも傾向が同じで、今回出走予定のアポロノシンザンの近走成績を見れば一目瞭然。また、今年は昨年暮れ同様に超高速馬場ですが、例年はこの時期の阪神は、開幕週でもある程度、時計を要していることが多いのもポイントでしょう。

つまり、阪急杯は、差し馬有利の流れになりやすいということ。過去10年を振り返っても、10年とも前傾ラップ。もっともペースに緩みが生じた2008年でも、前半3F34秒7-後半3F34秒6で決着しています。ゆえにこのレースを不利な逃げ、先行策で連対した馬たちは、高松宮記念へと繋がり、有利な差しで連対した馬たちは、相手強化の高松宮記念では通用しないことが多いのです。

今年、このレースで勝ち負けするのは、逃げ、先行馬か? それとも差し馬か? 本番を占う意味でとても楽しみなレースとなりました。さて、私が期待するのは、どちらかというと高松宮記念には繋がらない阪急杯のパターン。アポロノシンザンか、決してペースが厳しかったとはいえないシルクロードSで大敗したダイアナヘイローが逃げる展開ならば、おそらくおそらくそうなるでしょう。


●中山記念

中山記念は、昨年からG1に格付けされた大阪杯への前哨戦ですが、ドバイ国際競走やQエリザベス2世Cの前哨戦としても大切な役割を果たします。中山記念がこの時期に行われていなければ、ジャスタウェイやリアルスティール、そして昨年のヴィブロスのドバイなどのドバイでの快挙、ネオエアリズムの香港での快挙がなかったかも〜と言っても過言ではないでしょう。

なぜなら、中山記念が行われる中山芝1800mは、タフなコースだからです。中山芝1800mは最初の1コーナーまでの距離が短く、スタートしてすぐに急坂を上がっていくコースのために、前半ペース事態は上がらずにスローペース。しかし、上級条件となると中緩みしないのがポイント。

重賞のメンバーともなると、向こう上面の下り坂でスピードに乗せて、動いて行くことがほとんど。高速馬場ならば、坂を下った辺りの5F目から1F11秒台の脚が問われることも少なくありません。つまり、5F目から1F11秒台の脚を使っても最後までバテない持久力がなければ、勝ち負けに持ち込めないということ。

競走馬の前哨戦は、「心肺機能を鍛えて疲れを残さない」ことがポイントなので、中山記念は実にその条件を満たしていると言えます。休養によって失われたスタミナを、このレースで先行することで補うことが出来るのです。逆に言うと、かなり強くなければ休養明けでは厳しいものがあるでしょう。

実際に過去10年でこのレースを休養明けで連対しているのは、2009年のカンパニー(1着)、2011年のキャプテントゥーレ(2着)、2014年ジャスタウェイ(1着)、2015年のヌーヴォレコルト(1着)、2016年ドゥラメンテ(1着)、2017年ネオエアリズム(1着)。G1勝ちの実績がある馬と、その後のG1馬ばかりです。

しかも、今年は少頭数ながら逃げて好指数を叩き出して来た馬が集い、さらにマルターズアポジーのレースメイクとなると、緩みないペースで流れる可能性大。しかし、最後の直線が短い中山では、よほどの道悪にでもならない限り、後方一気は決まらないのも事実。マルターズアポジーも昨年の小倉大賞典を緩みないペースで逃げ切っている強い馬ではありますが、逃げ馬が休養明けで逃げ切るのは容易ではないこと。前半で脚をタメて、向こう上面で動いて行ける馬を本命にしたいところです。
posted by 山崎エリカ at 22:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 今週の見所

2018年02月17日

本日の見所(ダイヤモンドSなど)

2018年 京都牝馬S、ダイヤモンドS
_________________

●京都牝馬S

1回京都開催最終週の芝1600m戦から、2回京都開催最終週の芝1400m戦に生まれ変わって今年で2年目。エリザベス女王杯や秋華賞組は1月の愛知杯へ、スプリント路線馬は京都牝馬Sへという形で定着してきました。

京都芝1400mは、前半で坂を上って、後半フラットのコース形態のため、短距離戦としてはペースが上がりづらい舞台。スタートしてすぐに3コーナーの坂を上る芝1200mほどではありませんが、基本的には、逃げ、先行馬が有利なコースです。

しかし、連続開催の最終週で時計が掛かると、そう一筋縄でいかないのも確か。一昨年は雨が降った影響もありますが、前半35秒2‐後半3F36秒0と前が崩れています。

さて、今年はどうか? 外枠のエンジェルフェイスが「逃げ宣言」をしたことによって、同馬よりもテンの速いワンスインナムーンやソルヴェイグは、控える選択も視野に入れているのではないでしょうか。

もっともワンスインナムーンが内枠とダッシュの速さで、結局、逃げる形になるでしょうが、ワンスインナムーンもソルヴェイグも控える意識ができたのは大きいこと。今回は、逃げ、先行馬が揃った一戦ですが、そのわりにはペースが上がり切らずに、どうにか平均ペースの範囲内で収まる可能性大。差し、追い込み馬も十分チャンスがありますが、逃げ、先行馬でもがんばれるでしょう


●ダイヤモンドS

トップハンデで58.5kgから最軽量48sとハンデ差が10.5kgもあるメンバー構成。フェイムゲームのように重賞で結果を出してしまうと、どうしてもハンデが重く、さらに人気にもなるので、下級条件でオープン級の指数をマークしている手頃なハンデの馬を本命候補とするのがこののレースでのポイントであり、ハンデ重賞のセオリー。

しかし、前記のような隠れ実力馬が毎年、出走しているとは限りません。そこで2012年に15番人気でこのレースを制したケイアイドウソジンのような中距離路線を主体に使わていたけど、実はステイヤーという隠れステイヤータイプを探してみたりもします。字面の実績がなければハンデが手頃、場合によっては軽量に収まるからです。

だけど、これもまた滅多におらず、特に近年は実績と人気をなぞるだけの予想。しかし、今年はラッキーなことに、下級条件でオープン級のPP指数をマークしている隠れステイヤーが出走。昨年のダイヤモンドSならば2着、アルゼンチン共和国杯出走ならばソールインパクトに先着できていたレベルの馬ですが、驚くほど人気がありません。これはツイているのか? ストレートに狙い撃ちたいと思います!
posted by 山崎エリカ at 09:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 今週の見所

2018年02月12日

本日の見所(クイーンC)

2018年 クイーンC
__________

近年、桜花賞の前哨戦の意味合いが強まったクイーンC。桜花賞への第一ステップがチューチップ賞ならば、第二ステップはクイーンCと言ったところ。昨年のアドマイヤミヤビや一昨年のメジャーエンブレムのように、ここを勝って桜花賞へ直行するケースが多いです。

これは桜花賞よりも距離が短いフィリーズレビューを前哨戦に使って、桜花賞で前に行く厳しい競馬をするよりも、同距離のクイーンCを使うことで、チューチップ賞組と互角に戦わせたいという陣営の意志の表れでもあるでしょう。また、社台系一色ムードの近古、一軍はチューリップ賞、二軍はクイーンC、短距離馬はフィリーズレビューと勢力分散を図っている一面もあります。

このため前走短距離組がクイーンCに出走してくるケースがとても少なく、大半がマイル路線組。それも末脚を生かしてマイル路線を勝ち上がって来た馬ばかりが集うために、逃げ馬不在の状況が非常に作られやすくなっています。3年前のクイーンCのように、内枠の差し馬ダノングラシアスが包まれないように出していったら、他馬が競って来ず、まさかの逃げる展開になるなんてことも…。

逃げ馬不在で、本来は逃げ馬ではないまさかの馬が逃げることがあるレースなので、このレースでの逃げ馬の活躍はイマイチ。しかし、逃げ馬不在によって、東京芝1600mとしてはペースに緩みやすい状況が発生するので、先行勢が息を入れるポイントが少ないこのコースにして先行馬が活躍しているのも事実。

今年も逃げ馬候補が少ない上に、決め手がなく前に行きたいライレローズやツヅミモンが揃って外枠に入ったとなると、本来は逃げ馬ではない内枠の馬が逃げる可能性が高いでしょう。逃げるのは、逃げ馬不在のレースでは逃げることが多い、田辺騎手&テトラドラクマか? 芝をこなせた場合のアトムアストレアか?

どの馬が逃げるにしろ、逃げ切りV経験のない馬たちばかりなので、レースが平均よりもスローペースよりの流れになる可能性大。今年はアドマイヤミヤビのように強烈に切れる脚が使える馬がいないこともあり、本命馬は先行馬から選びたいところです。
続きを読む
posted by 山崎エリカ at 06:15| Comment(2) | TrackBack(0) | 今週の見所

2018年02月11日

本日の見所(京都記念など)

2018年 共同通信杯、京都記念
______________

●共同通信杯

共同通信杯は、一昨年の優勝馬ディーマジェスティや3年前の上位2頭リアルスティールやドゥラメンテのように、クラシックへ繋がることが多いレース。過去10年の優勝馬を見ても、後のG1で活躍できなかったのは、ダービー後に脚部不安を発症した2010年のハンソデバンドくらいです。

しかし、今年は、新馬戦で包まれる不利があったオウケンムーンや1戦1勝馬のサトノソルタスなど、底を見せていない馬はいるものの、トップクラスの参戦は不在。デビュー2戦目の京都2歳Sをタイムフライヤー(後のホープフルS・1着)を徹底マークで乗ったことがハマって優勝したグレイルが1番人気に支持されるメンバーでは、レベルに疑問符がついてしまいます。

また、グレイルのようにデビュー2戦目で重賞にぶつけて好走した馬は、昨年の札幌2歳Sの優勝馬ロックディスタウン、新潟2歳Sの優勝馬フロンティア、東京スポーツ杯2歳Sの2着馬ルーカスのように、成長力を欠くところが多いもの。

確かにデビュー2戦目でサウジアラビアRCを制したダノンプレミアムこそ、その次走の朝日杯フュチュリティSを圧勝しました。しかし、それはサウジアラビアRCの優勝が同馬にとっては、ひと叩きの一戦にしかすぎなかったパターン。

グレイルがダノンプレミアムのパターンかと問われるとこれもまた疑問符がついてしまいます。今回は相手があまり強くないという強調材料はあるのですが、成長比べの3歳重賞で前走の京都2歳SからPP指数を横ばい〜下げてまで通用するようにも感じません。

また、デビュー2戦目のホープフルSで前崩れの流れに恵まれて3着と好戦したステイフーリッシュが2番人気。グレイルとステイフーリッシュの仲良く揃っての凡走により、レースが大波乱となても不思議ないでしょう。今回はそういった可能性も視野に入れて、予想を組み立てます。


●京都記念

京都記念は、昨年よりG1に格上げされた大阪杯の前哨戦であり、一線級の馬たちにとっての始動戦。前走でジャパンCや有馬記念、日経新春杯、今年ならば菊花賞など、距離2400m以上を使われている馬が多く出走してきます。

また、例年、少頭数で行われることもあり、芝2200m戦としては各馬の仕掛けどころが遅くなることがほとんど。過去10年でまあまあ速い流れだったのは、雨の影響を受けて時計の要す馬場となった昨年のみと、とてもスローペースが発生しやすいレースです。

レース全体の傾向としては、逃げ、先行馬が圧倒的に有利であり、一昨年に1番人気に支持されたレーヴミストラルが1番人気で2桁着順に敗れたように、追い込み馬は受難。また、3年前に断然の1番人気に支持されたハープスターのように、スローペースを意識して、普段よりも早仕掛けして人気を裏切るケースも少なくありません。

とどのつまり、今回で追い込むタイプも、前走追い込みんでいるタイプも狙い下げる必要があるということ。差し馬でも過去10年のスローペースのこのレースを勝ったのは、次走の天皇賞(春)でも2着と好走した抜群の末脚を持つ2013年のトーセンラーのみです。本日は昨日よりも馬場が悪化しているようですが、昨日よりも外が伸びていません。先行馬から予想を組み立てるのが好ましいでしょう。
posted by 山崎エリカ at 10:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 今週の見所

2018年02月04日

本日の見所(東京新聞杯など)

2018年 きさらぎ賞、東京新聞杯
_______________

●きさらぎ賞

きさらぎ賞は、近5年とも9頭立て以下で行われているように、少頭数で行われることがほとんど。きさらぎ賞の前日にはエルフィンS、翌週には共同通信杯、クイーンCと、この2週に3歳の重賞やオープンが集中しているからです。

よって、スローペース化が顕著。昨年のように道悪にならなければ、ハイペースが発生することは、まず、ありません。追い込み馬でも2009年にリクエストソングが、2012年にはヒストリカルが2着入線していますが、リクエストソングは内枠から最短距離を立ち回ったもの。ヒストリカルは実力によるものですが、上がり32秒8の強烈な末脚を使っても2着が精一杯だったことを念頭に入れて予想を組み立てたいもの。

今年の京都はやや馬場がタフの上に、さすがに重賞のメンバーとなると、後方勢も前を意識して動いてくるので、さすがに行った、行ったはないはず。しかし、中団より前を立ち回れる馬を本命にするのが理想的ではあるでしょう。

また、きさらぎ賞の過去10年で、1戦1勝馬の3着以内がゼロという歴史が示すように、キャリアが豊富な馬たちを相手に、新馬戦を勝ったばかりの馬が通用するのは、容易なことではありません。昨日の春菜賞でも1戦1勝馬の1番人気馬レッドイリーゼが人気を裏切りました。今回断然人気のダノンマジェシティは、データを裏切ることができるのか、今回の見所でもあります。


●東京新聞杯

東京新聞杯が行われる東京芝1600mは、緩やかに坂を下っていくUターンコースのため、淡々としたワンペースでレースが流れることが多く、スローペースでも末脚の持続性が問われやすいコースです。末脚の持続性というのはトップスピードを持続させる性能のこと。つまり、前走で上がり3Fが速い馬だけを狙うと、痛い目に遭うこともあります。

では、どのような馬を狙えばいいのかというと、3〜4コーナーから動いていっても大きくバテないタイプになります。わかりやすい例を挙げるなら、3年前の東京新聞杯を優勝したヴァンセンヌでしょう。前走の阪神芝1600mの準オープンでは、3コーナーの外13番手から長くいい脚を使って、4コーナーでは先頭まで位置を押し上げての勝利。目下3連勝で準オープンを制したために、東京新聞杯では3番人気でしたが、負けていればもっと人気薄になったはず。

東京芝1600mでは、とにかく脚質に関係なく、いい脚を長く使える馬を狙うこと。近2年の東京新聞杯では、スマートレイヤー、ブラックスプネルが逃げ切りVを決めていますが、これは展開に恵まれたというよりも、単に強いからです。実際にレースがスローペースで流れたぶん、3コーナーから動いてラスト3Fで1F11秒台よりも速い脚を使っているわけですか、そう評価するしかないです。

東京芝1600mで狙う馬のイメージとしては、早仕掛けして直線半ばまでは見せ場を作りつつ、失速した馬。前走で好走していてもいいですが、その場合、ダメージが出る可能性もあります。チョイ負けしているほうが好ましいでしょう。テンの速さが求められない東京マイルは、ほとんど実力どおりに決まることが多いですが、前記したタイプを上手く組み合わせれば、案外と簡単に万馬券が獲れることもあるはず。今回は、もっと詳しい穴馬の見分け方を、東京新聞杯の予想コメントにてご紹介しましょう。
posted by 山崎エリカ at 04:33| Comment(3) | TrackBack(0) | 今週の見所

2018年01月28日

本日の見所(シルクロードSなど)

2018年 根岸S シルクロードS
_______________

●根岸ステークス

ダ1400mのダートグレードは、地方では数あれど、中央で行われるのは今回の根岸Sと夏のプロキオンSのみ。さらに中央のダ1400mは、東京、京都、阪神、中京と中央4場で行われていますが、スタート地点がダートなのは、東京が舞台のこのレースのみ。このため地方からの参戦が目立ちます。今年も浦和からブルドックボス、岩手からラブバレッドが参戦してきました。

また、東京ダ1400mは、芝スタートではありませんが、向こう上面の2コーナーよりからスタートして、最初の3コーナーまでストレートが長いこともあり、極端ではないにしてもペースが上がりがち。ただでさえ、スプリント路線馬よりもマイル〜中距離路線馬のほうがレベルが高いというのに、スプリント路線馬がレースを引っ張っていく形になるので、実走ペース以上に先行勢が残れていません。

根岸Sの過去10年を見ても、逃げ馬の勝率はゼロ。唯一、連対したのは2008年のタイセイアトムのみですが、この年は降雪により、月曜日に代替開催。不良馬場の上に、2列目を追走していたトウショウギアが故障して、有力馬がことごとく後退する不利がありましたので、例外と考えてもいいでしょう。基本的に差し、追い込み馬が有利のレースです。

しかし、今年は珍しくフルゲート16頭立てではない上に、ベストウォーリアがフレグモーネで出走を取り消して13頭立て。サイタスリーレッドは、調教師が「前に壁を作って運ぶ形が理想的」とコメントしている上に外枠に入ったために逃げる可能性は低く、近走逃げられなかったノボバカラかラブパレットがレースを引っ張る形。

さらに東京の高速ダートを考えると、例年のこのレースよりはペースが上がらないでしょう。また、今年はチャンピオンズCの上位馬が不在であることから、短距離路線組の先行馬でも十分チャンスがあると見ました。


●シルクロードステークス

シルクロードSが行われる京都芝1200mは、スタートしてから3コーナーにかけて坂を上がって行くコース。それゆえに例年のシルクロードSは、前半3F34秒台まで掛かることが多く、後半3F33秒台でまとめてスローペースが発生することもままあります。つまり、逃げ、先行馬が断然有利ということ。実際に過去10年でも逃げ馬が6連対もしているほど。

しかし、京都は昨日、雨の影響が残っていたことを差し引いてもややタフな馬場。例年のような1分07秒台の決着は難しい状況下で、前半34秒台で通過しても、後半3F33秒台ではまとめてこれないでしょう。また、昨日は内も外もまんべんなく伸びていましたが、今後じわじわ外が伸びる馬場に変わっていきそうな感もありました。

つまり、今回は、先行勢が楽な競馬ができる可能性は低いということ。ダイアナヘイロー、ナックビーナス、セカンドテーブル、セイウンコウセイ、そして調教変わりで出走してくるニシケンモノノフなど前に行かなければ持ち味が生きない、意味がない馬が揃ったとなると、今年で定年となる福島調教師(ダイアナヘイロー)の最後のひと稼ぎは、楽にはさせてもらえない可能性大。

しかも、ダイアナヘイローの鞍上が空気読める武豊騎手。結果はともかく、見せ場を作ってあげようと、他馬がハナを狙う構えを見せても、譲らずにオーバーペース気味に逃げる予感も…。さすがに追い込み馬の台頭は難しいにしても、差し馬にも十分チャンスがあると見て予想を組み立てたいです。
posted by 山崎エリカ at 04:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 今週の見所

2018年01月21日

本日の見所(AJCCなど)

2018年 東海S、AJCC
____________

●AJCC

AJCCが行われる中山芝2200mは、前半で坂を上り、中盤で坂を下って、後半の直線が勝負のコース。前半で坂を上るため、前半のペースがそこまで上がることはありません。しかし、上級条件ほど中盤の下り坂でペースが落ち切ることなく、結果として速い流れになっていることがほとんど。前半ペースが遅いほど、中盤でペースが落ちずに、ロングスパート戦になっているということです。


つまり、末脚の持続性、すなわちスタミナが要求されるコース。また、この時期は時計を要すこともあり、速い脚を一瞬しか使えない馬は、通用していません。このレースで明け4歳馬が苦戦(過去10年で4歳馬の優勝はゼロ)しているのはそのせいでしょう。4歳馬は若いので瞬間スピードはありますが、体力の面で途上の馬が多く、持久力勝負だと脆い面があるからでしょう。

一方、勝ち馬は、G1やG2で3着以内の実績馬ばかり。前走準オープン勝ちの上がり馬が過去10年で連対すらできていないのは、AJCCがほとんど能力どおりに決まっている何よりの証拠。実際にPP指数を見ても能力値上位の馬が上位を独占していることがほとんど。また、穴を開けているのは、昨年の優勝馬タンタアレグリア(7番人気)のように、長距離適性が高いタイプです。

AJCCは、本来、強い馬を狙えば当たるイージーな重賞レースですが、今年はG1ウイナーのゴールドアクターが7ヵ月の長期休養明けとなる点がネック。休養明けで挑んだ昨年の日経賞では、「鉄砲駆けする」と言われて、断然の1番人気を背負ってぶっ飛んだからこそ波乱となったわけですが、さて、今回はどうか? ゴールドアクターが能力を出し切れるかどうかが、今年の重要ポイントでしょう。


●東海ステークス

東海Sは、チャンピオンズCでもお馴染みの中京ダ1800mが舞台。前半で坂を上って、後半で坂を下るコースだけに、ダート戦としてはペースが上がらないことが多いです。小頭数12頭立ての一昨年は、前走平安Sを逃げ切り勝ちした休養明けのインカンテ―ションが、行きっぷりが悪く、後方からの競馬となったために、アスカノロマンとモンドクラッセの行った、行ったが決まったこともありました。

中京ダ1800mは、逃げ、先行馬が有利と理解していても、一昨年のチャンピオンズCで唯一の逃げ馬コパノチッキーが出負けして大波乱となったように、「前へ行く馬を狙ったつもりが出負けて惨敗」という悲惨な結果になることもしばしば。これはスタート直後から、急坂を上るためです。この打開策として、逃げ、先行馬を狙うにしても、状態の悪い馬を狙わないことと、ある程度後方からになったとしても、融通が効く馬を狙うことをオススメします。

しかし、今回は前売り1番人気がテイエムジンソク、2番人気がデアデルレイと勢いある実績馬が番手タイプであることから、中京ダ1800mとしてはペースが上がる可能性が高いでしょう。特にテイエムジンソクは、前走のチャレンジCはペースを落とし過ぎて、ゴールドドリームの決め手に屈した意識がありますから、逃げ馬サルサディオーネがペースを上げなかった場合には、同馬を突いていく競馬になると見ています。

ディアデルレイの鞍上が一流ならば、テイエムジンソクの出方を利用しますが、知恵のない騎手だと、テイエムジンソクよりも前を選択する可能性もあります。勝浦騎手がどちらの騎手なのかはわかりかねますが、土曜日の段階で時計が掛かっていたことからも、今回がハイペース方向にレースが流れる条件は揃っています。

しかし、テイエムジンソクが自ら失速するほどのペースまで引き上げるようにも思えないことや中京ダ1800mが舞台であることを考えると、平均ペースよりもやや速いくらいの感覚で予想を組み立てるといいでしょう。穴馬は、先行馬の出方を窺いながら中団で立ち回れる馬ということになります。
posted by 山崎エリカ at 03:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 今週の見所

2018年01月14日

本日の見所(日経新春杯など)

2018年 京成杯、日経新春杯
_____________

●京成杯

京成杯が行われる中山芝2000mは、中山金杯の予想コメントでも綴りましたが、ペースに淀みが生じずらい舞台。向こう上面が下り坂のためにペースが緩み切らないからです。これはスピードがある馬たちが出走する上級条件ほど顕著。ゆえに昨年の京成杯のように、差し、追い込み馬が上位を独占するケースも少なくありません。

しかし、今年のように、番手につけたい馬こそ多いものの、逃げ馬が手薄となると、そこまでペースが上がり切らずに、平均ペースくらいで収まる可能性もあるでしょう。そこまでテンが速いとはいえないジェネラーレウーノが大外15番枠となると、さすがに逃げるのが厳しく、コスモイグナーツが逃げて、ジェネラーレウーノとの間にエイムアンドエンド、デルタバローズ、ジョリスミエールあたりが割って入って、隊列が形成されるような気がしています。

ジョリルミエールが超人気薄のときに大敗覚悟で前に競り掛けて行くペースクラッシャー、木幡初騎手が鞍上というのが不安な一面もありますが、逃げ馬がコスモだけに、岡田スタッドの馬でそんなことはやらかさないと信じてみたい一戦でもあります。

また、昨年の京成杯も前売り段階で、ホープフルSで前崩れの展開に恵まれて2着のマイネルフェーンやレベルがそれほど高くない新潟2歳Sで3着&休養明けのイブキなど、微妙な馬が人気でしたが、今年もジェネラーレウーノやコズミックホースなど微妙な馬が人気。

ジェネラーレウーノは、新馬戦から一戦ごとにレースぶりが良くなている点が評価されているのでしょうが、前走の葉牡丹賞は楽なペースで逃げられたのも確か。楽に逃げて直線の内で詰まっていたシャルドネゴールドにハナ差まで迫られるようでは……。そもそも前走で展開に恵まれて激走してしまったことが、今回で一番の不安材料です。

また、コスミックフォースは、ルメール騎手が「ダービーを勝てる器」と豪語したために、人気に火が点いた感があります。確かにコスミックフォースはエンジンの掛かりが遅く、この先さらに良くなる可能性を秘めている点では、この時期のレイデオロとよく似ています。しかし、新馬戦が平凡でしたし、前走の未勝利戦もある程度は強かったのですが、指数的に見た場合にこの馬に全幅の信頼が置ける馬は「?」。

昨年は危うい要素のある人気馬を減点や消去したら、辿り着いた本命馬が強豪相手に戦って、成績が傷ついた7番人気の差し馬ガンサリュート(結果2着)本命◎でした。それだけ凡戦だったということです。しかし、今年は危うい予想ある人気馬を減点したり、消したりする以前に強い馬が人気がないという状況下。ここはチャンスポールか? 素直にバットを振ってみます。


●日経新春杯

日経新春杯が行われる京都芝2400mの舞台は、4コーナーの奥ポケットからスタートして最初の1コーナーまでの距離が約600m。最初のストレートが長いこともあり、ある程度はレースが流れます。秋の京都開催が開幕して間もない時期に行われる同距離の京都大賞典ではしばしばスローをとおりこしてどスローが発生することもあります。しかし、この時期は、秋の京都開幕当初と比べると時計を要すために、なおさらレースが流れがちです。

ただし、あくまでもそれは全体の傾向。距離が2400mもあるので、前半で脚をタメて後半に特化させる馬もいれば、前半からリードを奪って、後続の末脚を封じようとする馬もいます。後半に特化しようとする馬が揃えば、当然、前が残るし、前半からリードを奪おうとする馬が揃えば、当然、前が潰れます。

さて、今年はどうなるか? 唯一の逃げ馬ロードヴァンドールが内枠に入ったので、おそらくは単騎逃げも意識する可能性が高いでしょう。他の先行馬の出方と鞍上の横山典騎手の気持ちひとつで大逃げもありえます。しかし、特に逃げ馬は、オーバーペースに巻き込まれて失速することが次走の好走を作り出すために、2連続好走できないのが悲しいところ。

実際にロードヴァンドールは、極悪馬場の天皇賞(秋)でオーバーペースで逃げて大失速したことが、前走の中日新聞杯・3着好走へと繋がりました。今回ロードヴァンドールは展開にとても恵まれると見ていますが…ローテーションが? よって、対抗〇までに止めることにしました。それでも展開上、前が恵まれる可能性が高いので、出走馬の半数よりも前で立ち回れる馬を本命◎にするのがベストでしょう。
posted by 山崎エリカ at 10:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 今週の見所

2018年01月13日

本日の見所(愛知杯)

2018年 愛知杯
_______

一昨年より暮れのターコイズSがG3に昇格した影響で、かつてほどメンバーが集わなくなってしまった愛知杯。今年は重賞2勝のマキシマムドパリが出走しているものの、出走馬の大半は上がり馬です。それならばマキシマムドパリを信頼できるのかということになりますが、同馬は決め手がないのが弱点。エリザベス女王杯も、中日新聞杯も、相手が強かったのもありますが、スローペースの上がりの競馬となってしまったために、キレ負けした要素もあります。

昨年の愛知杯のように、馬場が悪化すればマキシマムドパリの2連覇も見えてきますが、今年は今週水曜日以降、雨が降っていないこともあり、高速よりの馬場が濃厚。そうなると、また、善戦止まりの可能性も十分あるでしょう。今回は、前売り段階で上位人気馬が目まぐるしく入れ替わっているように、実力拮抗のメンバー構成。

さらに中京芝2000mは、スタンド前の直線の上がり坂の中間からスタートするため、最初の1コーナーまでの直線はそこまで短くなくても、比較的ペースが落ちつきやすい舞台。高速よりの馬場前提ならば、前を意識して動いて行けるか、ある程度の決め手を持ったハンデ軽めの馬を狙うのが最善策でしょう。波乱含みの一戦だけにとても楽しみです。
posted by 山崎エリカ at 00:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 今週の見所

2018年01月08日

本日の見所(シンザン記念)

2018年 シンザン記念
___________

シンザン記念は、かつてダイワスカーレット、オルフェーヴル、ジェンティルドンナなどの名馬を輩出した出世レース。しかし、ホープフルSのグレード化と同時に、トップクラスの馬が集わなくなりました。特に今年は、昨年、ホープフルSがG1に昇格した影響なのか、通年ならば何頭も出走してくるはずの500万下の勝ち馬がカフジバンガードと、前走・朝日杯フューチュリティSで大敗のヒシコスマーの2頭のみ。他、2勝馬が1勝馬同士の戦いの函館2歳Sを制したカシアスのみですから、先日、行われたジュニアCなどのオープン特別と大きく変わらないメンバー構成です。

当初、2歳重賞のインフレ化によって、重賞ウイナーが何頭も登場する現象に違和感を感じていたのですが、これは仮面ライダーはひとり、主役はひとりという、昭和の特撮ヒーローものを見て育った影響なのでしょうか。今は、複数の重賞ウイナー=複数の主役が誕生することで、クラシックが真の主役決定戦となり、お祭り騒ぎのように盛り上がるので、悪くないと感じています。また、偽りの主役を作り上げることで、クラシックが荒れやすい状況が作られるのも、馬券の購買意欲が高まります。

さて、話は元に戻りますが、シンザン記念がここまでメンバーが低下すると、1戦1勝馬でもチャンスが出てくるはず。シンザン記念は、私が競馬を始めてからの長い歴史の中で、1戦1勝馬がこのレースを勝ったことがありません。芝1800mの新馬戦を7馬身差で圧勝したマッキーマックス(2003年)でもこのレースで2着でしたし、後の桜花賞馬となるマルセリーナ(2011年)でもここは取りこぼしての3着でした。

今年は、1戦1勝馬のPP指数が低いのでどうかとは思いますが、これまでのように無条件に本命外しの手が使えなくなったのは確か。新馬戦をちょっと強い勝ち方をした馬ならば、あっさり勝つ可能性もあるでしょう。逆にちょっと実績あるキャリアが豊富なタイプがここに出走してくれば、かつてよりも楽に1着賞金3800万円を手にすることが出来るでしょう。
posted by 山崎エリカ at 08:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 今週の見所