2011年01月16日

中山金杯の回顧

やっぱりレベルが高かった中日新聞杯
_________________

中日新聞杯の勝ち馬トゥザグローリーが昨年暮れの有馬記念で3着に好走して穴を開けましたが、今年の中山金杯を勝利したのも中日新聞杯2着のコスモファントムでした。コスモファントムは天皇賞(秋)が久々の芝のレースとなり、力を出し切れていなかったことや、先行勢が手薄だったことから中日新聞杯では◎としましたが、今回は中日新聞杯から指数をダウンさせる形での勝利でした。

中日新聞杯のラスト3Fは11秒5-11秒3-11秒1でラストに向かって加速する流れ。決着指数も-26と高いものがありました。だから有馬記念では中日新聞杯で余裕タップリの勝利だったトゥザグローリーを◎としたのです。おそらく日経新春杯の穴メーカーも前走の中日新聞杯で距離ロスや不利があり、力を出し切れなかった馬でしょう。

今年の中山金杯は実力馬の近走不振によりレースレベルがダウンしたことで、キョウエイストームが2着に突っ込んで来たわけですが、ただ3着のナリタクリスタルは意外でした。競走馬が今回で好走するには、前走で厳しい流れを経験するか、前走で力を出し切れないか(余力を残すか)のどちらかですが、そのどちらにも該当しなかったナリタクリスタルは力をつけているのでしょう。
posted by 山崎エリカ at 08:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 重賞回顧
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/42651158

この記事へのトラックバック