2019年06月08日

今週の見所(エプソムCなど)

2019年 マーメイトS、エプソムC
_________________

●マーメイドS

マーメイドSは、先週の鳴尾記念と同距離コースで行われるレース。先週の鳴尾記念の「見所」で、阪神芝2000mは、阪神芝コースの中では、逃げ、先行馬がけっこう頑張れるコースであることをお伝えしました。阪神芝2000mはスタート直後に上り坂があるため、前半のペースが上がりづらいからです。

前記の事柄を示すかのように、マーメイドSの過去10年では、3頭の逃げ馬が穴を開けています。2009年・コスモプラチナ(9番人気・1着)、2010年・セラフィックロンプ(14番人気・2着)、2013年・アグネスワルツ(10番人気・2着)です。

一方、ハンデ56kg以上のトップハンデ馬が苦戦しているのがポイント。そもそもトップハンデ馬は、スピードのアップダウンの激しいレースや、瞬発力比べのレースに対応しにくいものですが、このレース自体が過去10年全てスローペースから平均ペースで決着しているからでしょう。もっとも今年は、メンバーがしょっぱくて、ハンデ56kg以上を背負う馬はいませんが…… 煤i; ̄□ ̄A 

その替わりに軽ハンデの差し、追い込み馬が、しばしば活躍しています。該当馬は、過去10年でハンデ52s以下の連対馬が対象で、2012年・クリスマスキャロル(7番人気・2着)、2016年・ヒルノマテーラ(7番人気・2着)、2018年・アンドリエッテ(10番人気・1着)の3頭です。ただし、前記の軽ハンデの差し、追い込み馬が連対しているのは、全てマーメイドSが平均ペースで流れた年。

これは実力の足りない差し、追い込み馬が上位に食い込むには、ハンデよりも展開に恵まれるかどうかのほうがより重要であることを示しています。つまり、逃げ馬アドラータがどこまでペースを引き上げるということと、どこまで雨の影響を受けるかが重要になってくるということです。


●エプソムC

東京芝1800mで行われるエプソムC。「府中の千八展開いらず」と言われていますが、このレースはまさにその言葉がぴったり。東京芝1800mは1〜2コーナーの間のポケット地点からスタートして、最初の2コーナーまでの距離が約160m。このため序盤のペースが上がらず、約750mある2コーナー〜3コーナーのストレートでじわじわとペースが上がり、3〜4コーナーで息を入れて、直線でもう一度ペースが上がります。

さっくり言うと、レースが適度に緩みあるワンペースになるので、どこから動いても強ければ通用します。出遅れ癖のある馬でも、道中でリカバーできる能力があれば問題ありません。つまり、実力どおりに決まりやすいということ。

しかし、昨年のように雨の影響を受けて時計の掛かる馬場になると、レースが緩みの少ないワンペースとなり、ラスト1Fで逃げ、先行馬が失速というレースになりがちなので、そこは注意して予想を組み立てたほうがいいでしょう。


★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
フォローした瞬間から、馬券が当たり出す(?)
山アエリカのTwitter
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
posted by 山崎エリカ at 04:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 今週の見所
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186108887

この記事へのトラックバック