2019年05月11日

本日の見所(京王杯SC)

2019年 京王杯スプリングC
_____________

京王杯スプリングCは、安田記念の前哨戦。過去10年で3度も馬連万馬券で決着しており、1番人気が3着以内に食い込んだのは、2013年のダイワマッジョーレ(1着)のみ。前走の高松宮記念を大目標とし、そこで好走した馬が休養明けでぶっ飛ぶケースがとても目立っています。該当馬は、2010年のエーシンフォワード、2012年のサンカルロ、2014年のコパノリチャード、2015年のダイワマッジョーレ、2018年のダンスディレクターなど。

一方、前走マイル戦組が活躍。このレースの上位馬のほとんどがダービー卿CTか、東京新聞杯か、マイラーズCに出走していた馬です。これはこの週からBコースに替わることも影響しているのでしょう。前走で短い距離を使っている馬よりも、マイル戦かそれ以上の距離を使われている馬のほうが、芝1400m戦に替わることで置かれやすくなるので、外から差せます。

今回は、折り合い欠いて行ってしまうトゥザクラウンが、ブリンカーを外しての出走。どのあたりでスピードをセーブできるのかにもよりますが、早い地点でセーブでできたならば、前走新潟芝1000mで逃げているブロワがペースを引き上げて行く形になるはず。まず、スローペースになることはないでしょう。平均ペースよりも速くなる公算大なだけに、差し馬主体で予想を組み立てたいです。


★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
フォローした瞬間から、馬券が当たり出す(?)
山アエリカのTwitter
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
posted by 山崎エリカ at 09:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 今週の見所
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185982970

この記事へのトラックバック