2019年03月31日

本日の見所(大阪杯)

2019年 大阪杯
_______

G1に昇格して今年で3年目。かつての大阪杯は、天皇賞(春)の前哨戦のひとつでしたが、G1になって賞金も約2倍にアップ。天皇賞(春)では距離が長いという馬には、当然、ここが本番になります。

しかし、ここから始動する馬は、さすがにここが本番ではないでしょう。一昨年のキタサンブラックは、能力が抜きんでていたので始動戦でも優勝しましたが、それでもステファノスに0.1秒差まで詰め寄られました。キタサンブラックとしては凡走のPP指数で1着。

つまり、昨秋のジャパンCの2着馬キセキや有馬記念の覇者ブラストワンピース、天皇賞(秋)2着馬サングレザーなどの休養明けの馬のほうが実績上位ですが、キタサンブラックほど能力が抜きんでておらず、危ういということ。この辺りに波乱の可能性を見出したいです。

また、大阪杯が行われる阪神芝2000mは、スタートしてから最初の1コーナーまでの距離は325mと短いため、内枠有利の傾向。特に大阪杯は先週までAコース→Bコースに変わるため、なおさら内枠が有利になります。昨日は馬場悪化の影響で内枠の優位性があまりありませんでしたが、馬場が回復すれば、内枠の優位性が出てくるでしょう。

さらに阪神芝2000mは、スタート直後に上り坂があるため、あまりペースが速くならないのがポイント。逃げ馬不在で先行馬に武豊騎手、ルメール騎手など、目標となる騎手がいなかった昨年は、5F通過が61秒1の異常なスローペースが発生したほどです。

昨年は異例中の異例にせよ、上がりの速いレースになることが多いために、前が意外とがんばれるし、外枠の馬は逃げるか、早め先頭を狙って行かないと距離損の大きい競馬になってしまうことを視野に入れて予想を組み立てたいです。そうなると超人気薄を本命馬にせざるを得なくなるのですが…果たして結果は?
posted by 山崎エリカ at 09:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 今週の見所
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185791220

この記事へのトラックバック