2019年03月30日

本日の見所(ダービー卿CT)

2019年 ダービー卿CT
___________

ダービー卿CTは、この先のマイラーズCや京王杯SC、さらには安田記念へと繋がる一戦。ハンデ戦ではありますが、2010年の優勝馬ショウワモダン、2013年の優勝馬トウケイヘイロー、2015年のモーリスのように、同年の安田記念や秋のG1戦線で活躍している馬もいます。上がり馬が勝てば、この先のG1レースが見えてくる場合もあるでしょう。

また、先週Aコース→Bコースに替わり、前週よりも馬場高速化の傾向。このレースの逃げ馬の成績は、阪神開催時を除く過去10年で3勝、2着1回となかなかの活躍ぶり。高低差5.3mの最高地点からスタートして、3〜4コーナーに向かって約4.5m下って行く中山芝1600m戦としては、前半のペースがそこまで上がらず、前からでも押し切れています。

しかし、今年は昨年同様にマルターズアポジーのレースメイクが濃厚。それに大外のエイシンティンクルがどこまで怯まずに行くか? さらに外のマイスタイルがどこまで絡んで行くか? 他にもジョーストリクトリ、ギベオンなど強力な逃げ、先行馬多数という組み合わせ。どのみち前半から緩めずにペースを上げて行くマルターズアポジーの逃げならば、良馬場前提で前半4F46秒台までペースが上がるでしょう。

前記を考慮して、外枠の差し馬が穴人気に支持されていますが、中山芝1600mは、最初の2コーナーで外を回ると、終始外を回ることになる円状コース。外枠よりも内枠のほうが有利なのも確か。その辺りも考慮して予想を組み立てたいです。
posted by 山崎エリカ at 08:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常を語る
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185786381

この記事へのトラックバック