2019年01月13日

本日の見所(日経新春杯)

2019年 日経新春杯
_________

古馬中距離のハンデ重賞となる日経新春杯。このレースは、2009年のアドマイヤモナーク(前年の有馬記念・2着)や2014年のラブイズブーシェ(前年の有馬記念・4着)のように、前走・有馬記念で好走した馬の凡走がしばしば見られます。G1を大目標とした後の間もない一戦で、余力がない上にハンデが課せられるからでしょう。

一方、菊花賞上位馬を始め、4歳馬や上がり馬の活躍がしばしば見られます。勢いがある上にハンデが軽いからでしょう。実際にこのレースで穴を開けているのは、2013年の優勝馬カポーティスター(ハンデ52kg・5番人気)や昨年の3着馬ガンコハンデ52kg・7番人気)など、前走条件戦勝ちの軽ハンデ馬たちです。

ハンデキャッパーがいかに新興勢力を求め、この先のAJCCで実績馬vs新興勢力の対戦図式を作ろうとしているのが伝わってきますよねぇ〜。確かにAJCCが実績馬ばかりだとつまらないです。ハンデキャッパーの思惑どおりにならないのが競馬ですが、大きな傾向としては、実績馬よりも勢いがある馬が優勢と考えてもいでしょう。

また、日経新春杯が行われる京都芝2400mの舞台は、4コーナーの奥ポケットからスタートして最初の1コーナーまでの距離が約600m。最初のストレートが長いこともあり、逃げ馬の出方ひとつでレースの流れが大きく変わります。2010年のように、逃げ馬揃いながらハンデ50kgのドリームフライトがゲート出たなりに行かせてオーバーペースが発生した年もあれば、2016年のように、逃げ馬不在でどスローが発生することもあります。

私の逃げ馬本にも書いてありますが、最初のストレートが長いコースは逃げ馬の出方次第、もっと言うと、多少行きっぷりが悪い馬でも、騎手の意識ひとつで逃げることができるのです。これを今年にあてはめて考えると、逃げるのはアイトーン、メイショウテッコン、ロードヴァンドールのどれか……。

スタートが速く二の脚も速い順にあげると、ロードヴァンドール、メイショウテッコン、アイトーンですが、アイトーンでも騎手が行く気になれば逃げられます。また、陣営が逃げの構えを見せていませんが、ウインテンダネスもその気になれば逃げられます。アイトーンは前走の菊花賞では、テンの速いジェネラルウーノに進路を絞められて逃げられなかっただけで、本来は逃げたかったはず。今回で逃げる可能性が高いのはアイトーンでしょう。

もっともスピードがあるロードヴァンドールがハナを取り切ってしまえば、隊列も落ち着き、この馬にもチャンスが巡って来ますが、テレビ馬のアイトーンの出方が非常にに厄介。しかし、これだけ逃げ馬とそれに絡んで行くとなると、平均よりもペースが速くなる可能性が高いでしょうね。中団から差し馬を中心に馬券を組み立てたいです。


★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
こっそりとtwitterを始めました。
危険な人気馬をつぶやくことがありますので、チェキュラ☆彡
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
posted by 山崎エリカ at 07:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 今週の見所
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185373929

この記事へのトラックバック