2018年10月20日

本日の見所(富士S)

2018年 富士S
_______

マイル路線のトップクラスは、長らく逃げ馬が不在。高速馬場で行われることが多いこのレースでも、1分33秒台の決着タイムはあたりまえ。前半4F48秒1で通過して、1分34秒0で決着した年もありました(一昨年)。しかし、マルターズアポジーのマイル路線への転向で、1分32秒台の決着も視野に入ってきました。

これまでマルターズアポジーとの対決では控える選択をしてきたウインガニオンですが、今回は「ハナにこだわる競馬を」と逃げ宣言。この2頭が競り合ってペースが上がれば、1分31秒台後半の決着もありえるでしょう。ウインガニオンは前走時にブリンカー着用で行き切る競馬をしているあたりから、本気でハナを奪う覚悟のレースをしてくると見ています。

しかし、今回は先行馬がそれほど多いわけではありません。前へ行く2頭が後続を突き放して、2列目馬群が形成される可能性が高いでしょう。おそらくその位置、先行馬が有利なレースになると見ています。しかしその位置は、エアスピネルではない可能性が高いでしょう。その理由に関しては、予想コメントでお伝えします。
posted by 山崎エリカ at 11:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 今週の見所
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/184724017

この記事へのトラックバック