2018年08月05日

本日の見所(小倉記念など)

2018年 レパードS、小倉記念
______________

●レパードS

今年で早10年目のレパードS。過去の勝ち馬はトランセンドやホッコ―タルマエなど、名だたる馬ばかり。格付けはG3ですが、3歳ダート馬のトップクラスが出走してくるため、実質G2くらいのイメージ。ここから将来のG1で勝ち負けする馬が誕生するので、毎年とっても楽しみ。ぜひ皆さんにも注目してもらいたいレースです。

さて、このレパードSが行なわれる新潟コースは、実は小回りなコース。新潟は全競馬場の中でもっとも直線が長いせいか、大回りなイメージがあります。しかし、直線が長いからこそコーナーの距離が短く、実はコーナーの距離が350mもありません。札幌の3〜4コーナーが約450mですから、新潟は相当な小回りで急カーブということになります。

後方の馬がトップスピードで最後のコーナーを曲がれば、遠心力で大外に振られます。そのため、3コーナーの入り口までにある程度、前目のポジションを取るか、遠心力との攻防で減速するしか手がありません。どのみち最後の直線でトップスピードに乗せきることが難しいコース。しかし、ベテラン騎手はこのことを熟知しているので、前半から馬を出して、先行争いが激化することがほとんど。

というか、過去9年を見ると、良馬場で行われた年の全てが、前が厳しい流れになっています。それでもトランセンドやホッコ―タルマエが先行策から押し切って優勝したことがあるのは、単に馬が強いから。良馬場の年は、将来のG1馬が先行策から押し切って勝つか、昨年の勝ち馬ローズプリンスダムのように、中団以降で立ち回った馬が勝つかのどちらかのパターンです。

一方、ダートが軽いと(稍重だと)そこまでペースが上がらずに、逃げ、先行馬が粘れています。2011年の2着馬・タカオノボル(2番人気)、3着馬・タナトス(12番人気)、2013年の勝ち馬・インカンテーション(4番人気)、2着馬・サトノプリンスパル(4番人気)、2014年の勝ち馬アジアエクスプレス(1番人気)、2着馬・クライスマイル(7番人気)など。

今年のレパードS当日は、かなりの確率で雨模様。また、何が何でもハナに拘る馬も不在なだけに、本命馬は先行勢とするのが得策か!?


●小倉記念

夏の小倉の開催前半で行われる小倉記念は、例年、超高速馬場。1分57秒台で決着することがほとんどです。しかし、それはペースが緩んで好時計が出ているのではなく、ストレートが長いぶん、レースが淡々と流れて、好時計が出ているもの。

実際に過去10年を見ても、スローペースで流れたのはクランモンタナが勝った2016年くらい。それでも前半5F60秒5で通過しているので、極端なほどではありません。他は平均ペース以上で、何が何でもハナというホクトスルタンのような馬が出走していようものなら、オーバーペースが発生して、完璧に前が崩れています。

それを裏付けるかのように、小倉記念の過去10年で先行馬が連対したのは、一昨年のクランモンタナと昨年のタツゴウゲキのみ。逃げ馬の連対は、なんとゼロ。他18頭の連対馬は、全て中団よりも後方で立ち回った馬です。

つまり、小倉記念では中団以降で立ち回る馬を狙うのが基本。昨年だって、何が何でもという逃げ馬が不在で、そこまでペースが上がらないと思われたのに、バンドワゴンとヴォージュが競り合って、けっこうペースを上げてしまうのだから。

最初のコーナーまでストレートが長いコースだと、なぜだかメンバー中でもっともテンの速い馬のハナをぶっ叩いて、無理目に出して行く騎手がいることが多いもの。今年も逃げ馬不在で一見、ペースがそう上がりそうもないように見えて、それなりには上がるんでしょう。

今回は池江厩舎が3頭出し。マウントゴールドがラビット役になるかもしれないと見ています。この馬がハナへ行くのか、逃げ馬を突く形になるのかはわかりませんが、そういう動きをしてくる可能性もあるので、やっぱり中団以降で立ち回れる馬を本命馬とするのが上策でしょう。
posted by 山崎エリカ at 03:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 今週の見所
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/184095622

この記事へのトラックバック