2018年06月29日

中野省吾の続報

マカオ競馬編
______

中野省吾騎手の記事にコメント下さった方、ありがとうございます。お返事せずに申し訳ありません(;'∀')。今回は、お詫びも兼ねて続報をお伝えします。

先週のタイパ競馬場では、「THE OKINAWAJIMA」や「THE HOKKAIDO」など、日本の地名シリーズのレースが行われました。中野騎手は2レースのTHE NARAの3着がこれまでの最高着順。ちなみに出身地の富山や船橋競馬場のある千葉のレースは行われませんでした。

THE NARAでは、勝ち馬ALGONQUIN PARKが逃げて独走する中、S.NakanoのDOUBLE HEAVENは、差して3着争い横一線の3着同着でした。


競馬を終えた後の本人のコメント
「タイパ競馬場は芝がとても軽く、押さなくても馬が進んで行きます。押したら脚がなくなるので、乗り方をかなり変えないと。ダートは一回しか乗っていないので、軽いのかはよくわかりません。いつものように勉強します」


ⅿacau-result.jpg


タイパ競馬場の芝コースは、マカオ競馬の開催自体が週1回6レースと少ないこともあり、日本と遜色ないほど超高速馬場。しかし、着差が大きく開きます。日本馬のように脚をタメても、切れる脚が使えないからでしょう。全体の傾向として、馬券も本命サイドで決まることが多いことから、出走馬の能力差が大きく、前記のALGONQUIN PARKも8馬身4分の3差勝ちでした。

番狂わせを狙うのが簡単ではなさそう……。折り合ってコーナーロスや完歩ロスを最小限に食い止めて、ノーブレーキで立ち回ってどうかというイメージがあります。


本日29日のナイターは4レースに騎乗するとのこと。乗る馬の質もこれまでよりも良いようなので、今週こそ「1着」を期待したいところです。


88(←中製英語でバイバイの意味とのこと)
posted by 山崎エリカ at 00:14| Comment(1) | TrackBack(0) | 競馬を語る
この記事へのコメント
先ほど、最終6レースを優勝しました(*´▽`*)。
Posted by 山崎 at 2018年06月29日 22:54
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/183668857

この記事へのトラックバック