2018年06月17日

本日の見所(函館スプリントS)など

2018年 ユニコーンS 函館スプリントS
____________________

●ユニコーンS

フェブラリーSと同じ東京ダ1600mで行われるユニコーンS。芝スタートの直線の長いコースらしく、ペースが上がりやすいのが特徴。過去10年でも平均ペースで決着したのは、高速ダートで逃げ馬がサマリーズのみだった2013年(勝ち馬ベストウォーリア)のみ。それ以外の年は全てハイペースで決着しており、差し、追い込み馬が台頭することもしばしばあります。

今回の出走馬で、逃げて好走した実績があるのは、内からセイウンクールガイ、ハーベストムーン、コマヒョウ、ダンケシューンの4頭。このうちハーベストムーン、コマヒョウは中距離の逃げ馬で、芝スタートコースでは逃げた実績がありません。セイウンクールガイかダンケシューンがハナへ行く形になるでしょう。最内枠から包まれないようにある程度、出さなければいけないセイウンクールガイ、芝の部分を多く走るために勢いに乗せやすいダンケシューンが前へ行く展開が濃厚か!?

芝スタートコースは、展開が読みにくいのですが、普通に見てハイペースは免れないでしょう。実力上位なのは、青竜Sや伏流S、鳳雛Sの上位馬、特に先行馬ですが、ローテーションに問題もある馬も多く、展開面でも割引。この辺りに穴馬のつけ入る隙はありそうです。


●函館スプリントS

函館スプリントSが行われる芝1200mは、前半で坂を上って、後半で坂を下るコース。このため、本来はペースが上がりにくいのですが、高松宮記念以来の芝1200m戦となるために、トップクラスのスピードタイプが集い、意外とペースが上がるのがポイント。ただし、開幕週の高速馬場、年によっては超高速馬場で行われるため、ある程度、ペースが上がっても前から押し切れているのが実情です。

今回も内からセイウンコウセイ、ダイアナヘイロー、ワンスインザムーンと逃げ馬が揃った一戦。逃げなければ持ち味が生きないワンスインザムーンは何が何でも逃げたいはずですが、同馬はテンが遅い馬。セイウンコウセイが第二のロードカナロア(最内枠から出して行かなかったために、4コーナーから前が詰まって2着に敗れる)のようにならないようにと、池添騎手ならばある程度、積極的に出して行くでしょう。ダイアナヘイローは今年の高松宮記念でセイウンコウセイと競り合って最下位に敗れたことから、競り合わずにセイウンコウセイの2番手を狙う可能性が高いはず。

今年は、昨年1分07秒6のレコード決着となったHTB杯(1000万下)が1分07秒9だったように、昨年よりは少し時計を要しているものの、超高速馬場と言ってもいいレベル。昨年はシュウジが暴走して前半3F32秒2で通過したことにより、前が崩れて1分06秒8のレコード決着となりましたが、通常は速くても33秒台前半。セイウンコウセイが逃げる展開ならば、前半3F34秒台前半で決着タイムが1分07秒半ばくらいでしょう。これくらいのペースならば、十分前から押し切れるはずですが……。個人的には、前中心で予想を組み立てたいレースです。
posted by 山崎エリカ at 01:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 今週の見所
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/183559805

この記事へのトラックバック