2018年05月12日

本日の見所(京王杯SC)

2018年 京王杯スプリングC
_____________

京王杯スプリングCは、安田記念の前哨戦。また、このレースは、高松宮記念以来の短距離重賞となるために、短距離馬がとりあえず出走してくることが多く、対戦図式は前走・高松宮記念組vsマイル路線組。さらに上がり馬も参戦してくるので、おおよその力関係を知っておくことが重要になるでしょう。近年は、マイル路線のレベル低下に伴い、短距離路線馬の活躍が目立っています。

しかし、高松宮記念の上位馬は、激戦の疲れが抜けきらずに、2014年のコパノリチャードや2012年のサンカルロ、2010年のエーシンフォワードのように、あっさりと人気を裏切ることもしばしば。また、マイル路線の上位クラスの馬は、今回が始動戦になる馬も多く、昨年のサトノアラジン(次走・安田記念V)のように、凡走するケースも少なくありません。だから毎年波乱、大波乱の連続なのです。(過去10年で馬連万馬券が3回)

では、何を狙えばいいか? 上がり馬か前走、近走で凡走していた実力上位馬です。この場合の凡走とは、あくまでもその馬にとっての凡走。本来の能力を出し切れなかった馬を指します。休養明けで凡走、オーバーペースに巻き込まれて凡走、致命的な不利があったなど、もともと今回のメンバーにおいて、能力上位馬であれば理由は何でもいいです。

また、東京はこの開催よりBコース使用となり、昨年のように雨でも降らない限り、前週よりも馬場が高速化することがほとんど。今年も良馬場、超高速馬場で内枠からトウショウピストが楽に逃げるのであれば、スローペースが濃厚。前を意識して動いて行ける馬、決め手上位の馬が有力になるでしょう。
posted by 山崎エリカ at 08:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 今週の見所
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/183210900

この記事へのトラックバック