2018年03月11日

本日の見所(金鯱賞など)

2018年 フィリーズレビュー、金鯱賞
_________________

●フィリーズレビュー

フィリーズレビューが行われる阪神芝1400mは、先々週の阪急杯の見所でもお伝えしたように、差し、追い込み馬が有利なコースです。スタートしてすぐ最初の3コーナーを迎える阪神芝1200mよりも最初のストレートが1F長く、前半が平坦〜下り坂のために、ペースが上がりやすいからです。

実際に過去10年とも平均ペース以上で決着しており、6度も超ハイペースが出現。4度も直線一気が決まっています。逆に先行策から押し切って優勝した馬たちはワンカラット、アイムユアーズ、ベルカント、ソルベイグなど後々の重賞、特にスプリント重賞活躍している馬ばかり。

今回のメンバーにおいて一枚上の存在でなければ逃げ、先行馬は狙い下げたほうがいいでしょう。差し、追い込み馬を中心視してこそ的中に近づけるレースと言えます。


●金鯱賞

金鯱賞が行われる中京芝2000mは、前半で直線の坂を上って、後半で坂を下るコースのため、前半スローの後傾ラップが発生しやすいコース。しかし、古馬一線級が集うこのレースは、ほとんどの馬が3コーナーの下り坂で勢いに乗せて仕掛けて行くため、単純な前残りレースになることは稀。前に行く馬も3コーナーからもうひと脚使えなければ厳しいものがあり、結局のところ、持久力も問われていることになります。

さらに今回は逃げ馬不在で、内枠先行馬のサトノノブレスが押し出されてハナか(?)というメンバー構成。前半かなりのスローが予想され、もしかするとレースが3コーナーどころか、向こう上面から動く、昨年の日本ダービーのようなレースになる可能性もあるでしょう。

そういうレースになった場合、今回で断然の1番人気のスワーヴリチャードが通用するのかやや疑問。昨年の日本ダービーでは、レイデオロが向こう上面で動くのを見て、早仕掛けをしたものの、結局、レイデオロとの差を詰めることができませんでした。もちろん、スワーヴリチャードが成長力を見せる前の段階での実績ですが、得意ではないことは確か。

また、昨年のこのレースで香港C・3着以来の休養明けで挑んだステファノス(次走大阪杯・2着)がこのレースでは6着に敗れたように、いかにもG1の前哨戦らしく、今回が始動戦の実績馬が苦戦の傾向。よって、休養明けの実績馬はやや割り引く必要があります。個人的には、スワーヴリチャードがサトノダイヤモンドが昨年の凱旋門賞で本来の姿を見せられず、内容のない大敗をしたことで断然の1番人気に押しだされているように思えるのですが……。
posted by 山崎エリカ at 10:19| Comment(1) | TrackBack(0) | 今週の見所
この記事へのコメント
こんばんは!
山崎さんと友達になる方法ってありますか??(笑)
Posted by みーや at 2018年03月13日 00:41
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/182641311

この記事へのトラックバック