2018年03月02日

明日の見所(チューリップ賞など)

2018年 オーシャンS、チューリップ賞
__________________

●オーシャンS

オーシャンSが行われる中山芝1200mは、外回りの坂の頂上付近からスタートして、約4.5mもの坂を下って行くコース。スタートしてからすぐに最初の3コーナーがありますが、「どこがコーナー?」というくらいコーナーが緩いために、そこでスピードが落ちることなく、ペースが上がりやすいのが特徴。

基本的にペースが上がりやすいコースではあるのですが、近年のこの時期の中山は高速馬場のため、阪急杯ほどペースが上がらないことが多いです。よって、逃げ、先行馬でも十分がんばれますが、有利なのは好位〜差し馬。追い込み馬は、下り坂で加速したまま4コーナーをカーブすることになるので、一昨年に1番人気に支持されたアルビアーノのように、がっつり外に張られてアウトになることも少なくありません。そういう意味で、外枠で前に行ける脚がない馬は不利でしょう。

今回はナックビーナス陣営が、「気が抜けないように包まれたほうがいい」とコメントしているので(外枠で包まれる競馬というのは、勝ち負けを意識するとなると難しいオーダーですが)、それを鵜呑みにすれば、テンの遅い逃げ馬ネロか、ハナに拘れないけど、なかなかテンが速いラインスピリットが主導権を握る可能性が高く、それほどペースが上がらない可能性大。

しかし、個人的には差したい馬がネロよりも内枠、先行したい馬がネロよりも外枠に入ってしまったので、それらが前を意識して動いて行くことで、ある程度レースが流れる可能性も十分あると見ています。どう転んでも内枠の好位で立ち回れる馬が有利ではありますが、レースが速い流れになった場合もが発生した場合も想定して予想を組み立てたいです。


●チューリップ賞

今年からG2に格上げされたチューリップ賞。入着賞金の大幅総額により、阪神ジュベナイルFの1〜3着馬やアルテミスSの上位馬、、新興勢力も集い、少頭数ながら豪華メンバー構成となりました。

また、このレースは、桜花賞と同距離コースで行われますが、桜本番とは真逆の流れになることが多いのがポイント。桜花賞はフィリーズデビューなどの短距離組がペースを引き上げてハイペースになりやすいのに対して、こちらは脚慣らしの前哨戦らしく、各馬が無理をせず、スローペースの上がり勝負になることがほとんどです。

このため逃げ馬の活躍が目立ち、過去10年の逃げ馬の成績は、1着2回、2着1回、3着2回ととても優秀。一方、差し馬や追い込み馬の活躍が目立っているのも事実。しかし、それらの多くはブエナビスタやシンハライトなど、桜本番を嘱望されている馬。少なくともそれまでの時点では、トップクラスの存在だった馬ばかりです。

桜本番でも連対圏内突入が見込める、将来の活躍が期待できるレベル瞬発力を兼ね備えた馬であれば、逃げ、先行馬が有利のこのレースでも上位争いが期待できるでしょう。本命に据えるのも十分アリです。
posted by 山崎エリカ at 23:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 今週の見所
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/182564834

この記事へのトラックバック