2017年11月23日

浦和記念の予想

ジャパンダートダービーのレベルは?
ヒガシウィルウィンの取り扱いが予想のポイント
______________________

暮れの大一番、東京大賞典へ向けての前哨戦となる浦和記念。この時期は、中央ではチャンピオンズCが行われ、中央のトップクラスはそちらに出走するために、G2としては中央勢が手薄。このため南関東のトップクラスが、ここを狙って出走してきます。

過去10年の優勝馬を見ても、2009年ブルーラッド、2011年ボランタス、2014年サミットストーン、2015年ハッピースプリントと地方勢が4勝を挙げ、2着も地方勢が6度も入線しています。近年のダートグレードは中央勢が圧倒的。特に古馬の中距離路線は中央勢が席巻する中で、地方馬のこの活躍は驚異的なレベル。

実は、南関東を始めとする地方勢がここを大目標にするのには、もうひとつの理由があります。今年こそ既にG1・ジャパンダートダービーを制したヒガシウィルウィンの『NRAグランプリ』(地方競馬全国協会が主催)年度代表馬が確定的ですが、例年は、地方のG1馬が不在のため、G2のここを勝てば年度代表馬に選出される可能性が高いからです。

それでは中央馬も含めて、どのような馬がこのレースで勝ち負けしているのかというと…。


続きは、こちら!


予想は、こちら!
posted by 山崎エリカ at 03:16| Comment(2) | TrackBack(0) | 南関東&交流重賞の予想
この記事へのコメント
11月は11番が馬券に良く絡んでいるようです。重賞
1着ではありませんが…オールブラッシュ
山崎さんは主に馬複で勝負買いしているのですか?
デムさんルメさんの往復チケットと武さんの片道チケット
山崎さんは今日飲み会でしたね。いいですね。ジャパンCの馬券は今日買ってしまっても地方競馬さんと違って競争除外になるような事はあまり無いような気がします。
Posted by ゴールドストーム at 2017年11月25日 03:36
そうですね〜
複勝&馬複90%、3連複7%、3連単3%くらいですね。
3連単は、超高配当狙いの時しか買いません。

中央は、G1で除外になることは少ないですね。
売り上げに影響してくるので、多少、具合が悪くても走らされることが多いです。
Posted by 山崎 at 2017年12月02日 02:29
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/181648865

この記事へのトラックバック