2017年10月21日

本日の見所(富士S)

2017年 富士S
_______

今年の富士Sは、マイルCSの前哨戦らしく、出走馬15頭中10頭が休養明けというメンバー構成。さらに残る5頭のうちの3頭が今回が成績の乱高下が激しい休養明け2戦目。菊花賞で池江厩舎同士の星の奪い合いを避けるかのように、皐月賞2着馬のペルシアンナイトが「距離が長い」という大義名分を掲げてここに出走しているし、けっこう難解の一戦となりました。

また、近年のマイル重賞路線は、確たる逃げ馬不在。このレースの過去4年も本来は逃げ馬ではない馬が逃げて、スローペースを演出。ちょっと地力のある逃げ馬ならば、残れてもいいはずのペースでありながら、普段楽なレースばかりしている馬が逃げているため、掲示板にすら載れていない状況が続いています。

今年も、今回のメンバーだと、さすがにマイネルアウラートが逃げる可能性大。これを外からミュゼエイリアンやクラリティシチーが追い駆ける形。もしかすると時計の掛かる馬場で行われたニュージーランドTを、先行策から押し切ったジョーストリクトリも今回で先行、場合によっては一発狙いで逃げる可能性もありますが、それでもペースが上がり切る可能性は低いでしょう。

よって、ここは先行〜好位で立ち回れる馬を中心に馬券を組み立てるのが無難。また、競走馬の休養明けはスタミナが不足するため、極度に馬場が悪化してオーバーペースが発生すると、思わぬ大敗のパターンも考えられます。土曜日の東京芝コースは道悪スタートですが、東京は基本ベースが超高速馬場なので、そこまで時計が掛からないはず。さらにペースが上がらない可能性が高いとなると、休養明けを大きく割り引く必要もないでしょう。
posted by 山崎エリカ at 04:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 今週の見所
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/181337342

この記事へのトラックバック