2017年10月12日

エーデルワイス賞の予想

門別勢は低レベル、JRA勢力は初ダート馬ばかり。
もう、荒れるしかない!!!
____________________

2歳最初のダートグレードとなる、エーデルワイス賞。ホッカイドウ競馬ではリリーカC、フローラルCに続く2歳牝馬三冠競走の最終戦として行われています。このレースは2013年には3連単1,227,740円が飛び出すなど、過去を遡っても高配当決着の連続。本命サイドの決着があたりまえとされる交流重賞の中で、もっとも非常識に荒れるレースです。

対戦図式は、当然、地方勢vsJRA勢。ダートグレードではダントツでJRA勢の活躍が目立っていますが、このレースでは立場が逆転。過去10年で地方馬は5勝、2着は過去10年とも地方馬が独占しているほど。また、3着も地方馬が7回も入線していることから、地方馬が断然有利なレースと言えるでしょう。これは地方勢のほうがデビュー時期が早いことや番組が充実しているのが理由。キャリア数戦で挑まなければならないJRA勢はとても不利です。しかし、それでもJRAブランドに夢を託す傾向が強く、そのことも高配当続出の歴史に拍車を掛けているようです。


続きは、こちら!


今年はこのレースに繋がる、門別の栄冠賞、ブリーダーズゴールドジュニアCともに牡馬が上位を独占。牝馬は例年よりも低レベルのメンバー構成。しかし、これらに挑戦するJRA勢も、今回が初ダートの馬と連闘好走後の馬という、恐ろしいメンバー。もう、荒れるしかないって感じ。混戦すぎて、何が人気になるのかも読めていないのだけれど、先日のマイルCS南部杯に続く、万馬券的中を期待!


予想は、こちら!
posted by 山崎エリカ at 02:07| Comment(3) | TrackBack(0) | 南関東&交流重賞の予想
この記事へのコメント
質問申し訳ありません。
予想拝見しましたが、ウマニティとnetkeibaでは買い目がまったく違いますよね。
どちらのサイトの買い目の方が自信がお有なのでしょうか。
両方的中なら良いのですが、昨日のエーデルワイス賞ですとnetkeibaでは外れてしまっているので。
不躾な質問大変申し訳ありません。
Posted by カイザークルト at 2017年10月13日 07:46
私は、netkeibaとウマニティでは、同じ印で提出しています。
ただ、買い方や資金配分はしなくていいと言われています。

よくわからないので、主催元に問い合わせて下さいm(_ _"m)。
Posted by 山崎 at 2017年10月13日 16:57
主催元というのは、私自身が入力していないnetkeibaにです。
お手数をおかけしますが、よろしくお願いしますm(_ _"m)。
Posted by 山崎 at 2017年10月13日 16:58
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/181258415

この記事へのトラックバック