2017年10月05日

レディスプレリュードの予想

女王ホワイトフーガvs新興勢力
______________

中秋の月(10月4日)は、1,2日ずれることはあってもほとんど満月。東京盃出走のキタサンミカズキがキタサンマンゲツなら、迷わず本命にしたのに…なんちゃってね♪ もちろん、ウソです!

東京盃は、内から押して押してシゲルガガがハナへ行き、外からコーシンベリーが内に切り込んできたことで、ニシケンモノノフが進路を失って先行争いが激化しませんでしたね。最初からシゲルガガが泰斗くん騎乗予定なら、こういう動きをしてくるのがわかるからその可能性も視野に入れられたけど、山崎誠騎手から乗り替わりだったのが誤算だったわ! これを視野に入れてたら、消せる馬がいるぶん、キタサンミカズキまで手が回せてたのというブツブツは置いておいて、今日はレディスプレリュード。好メンバーが集ったので楽しみです♪


* * *


3日間連続のダートグレード最終戦は、古馬牝馬限定戦のレディスプレリュード。このレースは、プレリュード(前奏曲)の名のとおり、JBCレディスクラシックの前哨戦。2011年にJBCレディスクラシック新設とともに、たTCKディスタフを格上げし、名称変更して行われるようになりました。

また、このレースは、7月のスパーキングレディーCから始まる、牝馬限定の世代別ポイント制シリーズ『グランダムジャパン』の最終戦。グランダムジャパンを制すれば、JBCクラシック3着賞金以上のボーナス賞金1000万円を手にすることができます。つまり、地方トップクラスの牝馬は、中央のトップクラスが相手のJBCクラシックよりもここを大目標に出走してくることが多いということ。




posted by 山崎エリカ at 16:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 南関東&交流重賞の予想
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/181198840

この記事へのトラックバック