2017年09月17日

明日の見所(セントライト記念)

2017年 セントライト記念
_____________

セントライト記念が行われる中山芝2200mは、前半で高低差約5.3mの最高地点を目指し、後半で最低地点まで下って行くコース。前半で坂を上るので極端にペースが上がることはありませんが、向こう正面の下り坂も手伝って、上級条件ほど淀みなく流れることが多いコース。

近年のセントライト記念は、逃げ馬不在、もしくは強い逃げ馬不在でスローペースで決着していますが、本日、日曜日の時点ではかなりタフな馬場。台風一過で月曜日はどこまで馬場が回復するかが鍵ですが、台風の後は雲ひとつない晴天で気温が上がることが多いので、想定以上に馬場が早く回復し、レースの上がりが速い決着になりそうです。警戒すべきは、前々と決め手ある馬ということになるのでしょう。中山は最後の直線が短いこともあり、追い込み馬は向こう上面で上がって行かないと、厳しいものがあります。

また、今回のメンバーで一番の実績馬は、当然、皐月賞馬のアルアインです。確かに今年の皐月賞は戦前の段階から言われていたほど低レベルではありませんでしたが、けっしてレベルが高くもありませんでした。決着指数でいえば、オークスよりも0.3秒遅い、準オープンレベルの-18ポイント。つまり、今回のメンバーで準オープン通用の馬がいれば、下剋上も可能ということになります。

今回のメンバーでそのレベルに近い指数をマークしている馬は、すみれSの勝ち馬クリンチャーと信濃川特別の3着馬サーレインブランド。しかし、クリンチャーは決め手がないために先行馬になったような馬。超スローペースのダービーでは、前に行くことさえも出来ずに13着に凡退しているように、上がりの速いレースは向かないでしょう。

ダービー後に「クリンチャーは、ルメール&レイデオロのように前へ行っていれば、チャンスがあったのに…」という祐介叩きのコメントを散見しましたが、リプレイを見直すと行かなかったんじゃなくて、行けずに外から来られたから、ブレーキかけています。

また、サーレインブランドは、信濃川特別が淀みないペースで流れて前が崩れたところをジリジリと追い込んで来たもの。外から強烈な末脚で伸びて来たキセキと、上がり3Fタイムを比較しても0.4秒も見劣るものでした。その内容自体も「どうかなあ?」と思うのですが、後方の2番手から位置を上げられないまま、直線を迎えてしまった点が一番のネック。

クリンチャーは現時点で4番人気、サーレインブランドは現時点で5番人気と穴人気に支持されています。しかし、そのレベルならば成長力で突破できる素質馬が1頭だけ見当たるので、今回はその馬を本命とし、アルアインが対抗。アルアインが始動戦で本領発揮できなければ、The・万馬券という決着に期待したいです!
posted by 山崎エリカ at 21:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 今週の見所
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/181025318

この記事へのトラックバック