2017年06月11日

ベルモントSの予想

エピカリスがスクラッチ
これにより逃げ、先行勢が手薄に!
________________

今年のケンタッキーダービーの決着タイム2分03秒5(昨年は2分01秒3)を始め、米クラシック戦線は、軒並み決着タイムが遅いのが目につきます。ミーンタイムが逃げた今年のピータパンSの決着タイムも1分56秒6。昨年が1分47秒1、カジノドライヴが勝った2008年も1分47秒8で決着していることから、不良馬場を考慮しても遅いでしょう。

なぜ、こういうことが起こるのかというと、いかにもアメリカンなスピードタイプの逃げ馬が不在だからです。さらにプリークネスSで早め先頭から押し切って2着のクラシックエンパイアが回避。そこで今回、楽にハナへ行けるのではないかと思われていたエピカリスも回避。もうこうなると、今年は差し、追い込み馬が上位を独占するような例年のベルモントSではないでしょう。


よって、今年は前々からの一発を狙います。

予想をnetkeiba.comで見る

予想をウマニティで見る


米国競馬の情報は、日本ではかなり不足しているので、よろしければ予想の参考にどうぞ! 英語ですが、ベルモントSが特集されています。

ベルモントS特集はこちら→https://www.belmontstakes.com/racing/entries
posted by 山崎エリカ at 06:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬を語る
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/180008517

この記事へのトラックバック