2017年05月19日

明日の見所(平安S)

2017年 平安ステークス
___________

今週は、オークスも熱戦なら平安Sも熱戦。ダートG1馬クリソライトに、G2馬アスカノロマン、ケイティブレイブ、G3馬クリノスターオー、ロワジャルダン、グレンツェント、ロンドンタウン、マイネルバイカと重賞ウイナーがずらりと揃いました。

さらに一応の挑戦者の立場となるのがダート路線に転向して破竹の4連勝で仁川Sを制したグレートパールですから、本当にG3と思えないほどの豪華メンバー構成です。

グレートパールは、前々走の初夢Sでは、3コーナー手前から進出して、4コーナーでは約6頭ぶん大外を押し上げて、オープン確勝級レベルのPP指数で圧勝。レース内容にも余裕があり、前走の仁川Sでは断然人気でも本命にせざるを得ないところまで押しやられたのですが、その仁川Sでは、川崎記念の3着馬コスモカナディアンとのマッチレースになりました。

仁川Sでは、グレートパールはコスモカナディアンに0.1秒差のところまで迫られましたが、3着以下につけた差は9馬身以上。グレートパールがそれほど強くなかったというよりは、コスモカナディアンがグレートパールを目標に動いて激走したのです。

仁川Sの決着タイムは2分03秒4。歴代の仁川Sの決着タイムと比較すると並に映るかもしれませんが、この日の阪神は想定以上に馬場がタフだったようで、ラスト1Fで逃げ、先行馬が大失速するレースが続いていました。それを考えると、前半5F62秒5のスローペースを加味してもラスト2F11秒9-12秒2でまとめた点は優秀。当然、仁川Sは高指数です。

仁川Sが激戦すぎて、コスモカナディアンはマーチSでは強くダメージが出たために1番人気を裏切り、馬群に沈みました。何と12着凡退です。さて、グレートパールは、どういう着順構成を描くでしょうか? ここが一番、馬券の要であり、楽しみです☆


★オークス馬券検討会に、ぜひ、ご来場ください!
posted by 山崎エリカ at 07:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 今週の見所
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/179789574

この記事へのトラックバック