2017年05月17日

5/21日公開ドラフトについて

残り席わずか!
_______

まだ、少しチケットが残っているようです!


私は、公開ドラフトに参加しませんが、そこら辺で飲んでいると思うので、ぜひ、参加して下さい(^▽^)/。


再びセレクトセールに行き出してから、POGが絶好調なので、公開ドラフトに参加したかったなぁ〜(´・ω・`)。

デビューが秋以降のディープインパクト産駒にこだわって指名してみたら、昨年のまで中位だったのが、アルアイン、アドミラブルの活躍で大勢逆転。オークス路線もリスグラシューががんばってくれているという、嬉しい話(^▽^)/。

リスグラシューは、キャロットで一番募集人数が多かったと聞いて「この馬が一番の意味わからん!?」と思いながらも、中位まで名前が出ていなかったから指名してみたんだけど、本当に走って驚いています(笑)。

後々、聞いてみたら募集時から矢作先生が「この馬はいいよ!」と言い続けたことが、募集時の人気に拍車を掛けたらしいのですが、順調に来ていることが条件で、このクラブ人気とPOG人気の格差を利用するというのもアリなのかもしれませんね。

ところで、しばちょんの「ノヴェリスト産駒はどうでしょうか?」の質問の回答ですが、走らない可能性が高いのではないでしょうか。ドイツ血統のエイシンフラッシュ産駒は、見た目は悪くない馬が多いのに、その馬体に見合った活躍が期待されていません。その大きな理由は、配合的に見た場合、繁殖牝馬にドイツ血統が少なく、クロス効果が出せないからでしょう。ノヴェリストもドイツ血統なので同じだと思います。

逆にクロスにこだわって、ジャパンCに来日するような切れのないドイツ馬が多く生産されてもびみょ〜だし…(笑)。まだ、ジャパンCに来るような馬ならば一流の心肺機能がありますが、それがなかった場合にはアウトじゃないですか!! レースが実証検証なのだから、始まる前から決断を降してしまうのも正解ではないですが、シンプルに考えれば、走らない可能性が高いはずです。

ただし、ワインの話を持ち出すと、良質のワインを作るためには、当然、毎年のようにぶどうを品種改良するのが必要。しかし、良質のぶどうと良質のぶどうばかりを掛け合わせると不味くなるそうです。そこで数年に一度、野ぶどうのようなぶとうを掛け合わせて、美味しさを増させる模様。長い目で見れば、きっとノヴェリスト産駒にも意味があるのでしょう。
posted by 山崎エリカ at 23:11| Comment(3) | TrackBack(0) | お知らせ
この記事へのコメント
行こうかどうか迷っています。
エリボンの指名馬知りたいけどなあ。
Posted by J at 2017年05月18日 10:37
やはり
Posted by しばちょん at 2017年05月20日 21:55
やはりノヴェリストは厳しそうですか〜(*_*)
下位指名にしといた方がいいかな。
ドイツ血統は謎めいていてよくわかりません(^-^;
Posted by しばちょん at 2017年05月20日 22:01
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/179778133

この記事へのトラックバック