2017年03月19日

本日の見所(阪神大賞典など)

2017年 スプリングS、阪神大賞典
________________

●スプリングS

皐月賞トライアルの弥生賞も、本日の若葉Sも指数上の平凡な決着に終わりました。当然、今回スプリングS出走のエトルディーニュが2着だった共同通信杯も平凡です。しかし、今回のスプリングSは、前記したレースよりも実績馬や500万下を高指数で勝ち上がった馬たちが集いました。

さらに、朝日杯フューチュリティSの上位2頭は始動戦ですが、500万下を高指数で勝った馬には権利がないという状況下。おそらくこれまでのこの世代の牡馬クラシック路線の重賞の中で、最高指数が出るのではないでしょうか。500万下を高指数で勝ち上がり、ここで権利を取らなければ先がないという馬に期待したいレースです。

案外とここから皐月賞の勝ち馬とまでは言いませんが、上位入線馬が誕生するかもしれません。弥生賞の勝ち馬カデナが勝つというストーリーではあまりにも皐月賞が凡戦で面白くないので、個人的には新星誕生に期待したいです。


●阪神大賞典

阪神大賞典は、サトノダイヤモンドvsシュヴァルグランの一騎打ちムード。確かに、シュヴァルグランは一昨年のこのレースの覇者ではあるけれど、「本当にそうなのか?」と思ってしまいます。

なぜなら、この2頭が対決した有馬記念。有馬記念では5F通過60秒8のスローペースを意識して、サトノダイヤモンドが向こう上面から動いて3番手まで位置を上げて行きましたが、それをワンテンポ仕掛けを遅らせて追い駆けたシュヴァルグランはというと…スタミナが尽きて直線ではヤマカツエースやミッキークインに差される結果となりました。

当然、シュヴァルグランは、早仕掛けをしなければもっと上の着順が狙えていたはずですが、早仕掛けで押し切るサトノダイヤモンドと、早仕掛けで返り打ちに遭うシュヴァルグランとでは、一段階能力差があるとは思いませんか?

サトノダイヤモンドは、陣営が春の目標は天皇賞一本に絞っているだけのことはあって、本質はステイヤー。どこからでも動けるスタミナがあります。負かそうとして深追いし過ぎれば、有馬記念のシュヴァルグランのような結果になりかねないでしょう。大敗することを嫌うシュヴァルグランの福永騎手は、おそらく2着でいいやとサトノダイヤモンドを追い駆け過ぎない、差しに徹する選択をしてくると見ていますが…その場合は、本当に2着か、3着くらいです(笑)。

サトノダイヤモンドに一矢を報いるとしたら、有馬記念でキタサンブラックを危うく差し損ねそうになったように、前々で立ち回る馬ということになるでしょうか。
posted by 山崎エリカ at 06:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 今週の見所
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/179136284

この記事へのトラックバック