2017年03月10日

明日の見所(金鯱賞)

017年 金鯱賞
_______

今年からG1に昇格した大阪杯の前哨戦として生まれ変わった金鯱賞。G1の前哨戦に相応しく、これまで以上に豪華メンバーが集結しました。しかし、実績馬のステファノス、ヤマカツエース、ルージュバックは揃って、昨年のG1レースを大目標にした後の始動戦。ここが本気ではないはず。よって、本命馬には少々格下でも、年明けにレースを使われている馬の中から、ここが目標かつ、今回の想定される展開にマッチする馬を据えたいところです。

まず、金鯱賞が行われる中京芝2000mは、前半で坂を上って、後半で坂を下るコースのため、前半スローの後傾ラップが発生しやすいのが特徴。しかし、昨年末の金鯱賞で前半5F61秒5-後半5F58秒2ながら、ラスト4F目から11秒台が連発したように、前半があまりにもスロー過ぎると、後方勢が3コーナーの下り坂で勢いに乗せて仕掛けてくるため、極端な前残りにはなりづらいものがあります。

また、後傾ラップが発生しやすいコースだからこそ、ポジションを意識し過ぎて、淀みのない流れになることも多く、結局のところ強い馬が勝つという総合力勝負になることがことがしばしば。東京競馬場とは似て非なるコースなので、東京コースでの実績が直結しません。東京、京都などの決め手比べで結果を出して来た馬よりも、総合力勝負になることが多い中山や阪神で結果を出して来た馬のほうが好ましいし、中京での実績があれば理想的でしょう。
posted by 山崎エリカ at 21:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 今週の見所
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/179049667

この記事へのトラックバック