2016年11月06日

BCフィリー&メアターフの見所

いよいよ、BCフィリー&メアターフ
__________________

海外馬券発売の第3弾は、BCフィリー&メアターフ。個人的に海外競馬では、アメリカが一番好きです♪

アメリカのクラシック3冠と言えば、ラニの遠征でおなじみ、ケンタッキーダービー、プリークネスS、ベルモントSですが、後半になるにつれてどんどん出走頭数が減ってくるように、前哨戦などを休みなく走らされて虚弱体質の馬は、どんどん脱落していくという構図。(松永幹調教師が、「ラニはベルモントSが目標」と言っていたのは、「もっともメンバーが手薄な3冠目が目標」という意味です(笑))。

そしてレースも他国に比べてタフで、スタートして相手の出方を伺うなどという小細工も、まず、利きません。当然、脚をタメて後方からという小細工も、まず、通用しません。小細工をすれば、置いてきぼりにされてしまいます。すなわち本物しか王者になれないということ。これはあくまでも全体的な話ですが、そういうシンプルなスタイルがとても気に入っているのです。

また、アメリカはダート大国なので、芝コースは日本のダートコースのように、ついでに作られたようなコース構造になっています。特にBCフィリー&メアターフが行われるサンタアニタの芝2000mは、コーナーの途中からダートコースを横切って本線に入るコース。慣れない馬は芝からダートに入ったときにバランスを崩して数テンポ置かれてしまう場合もあります。

さらにスタートして約400mが下り坂。坂を下りながら最初の4コーナーを回っていくコースなので、加速がつきすぎて外に張られる場合もあります。そういったことを考慮されて、外枠の馬は人気がなくなるわけですが、スピードに乗せて先手を取り切れれば大きな問題はありません。サンタアニタの芝コースは、アメリカの中でもスピードトラックなので、いかに内々、前々のポジションを取って行けるかが鍵です。

ヌーヴォレコルトは、大外枠に入りましたけれども…。


予想は、もうちょっとしたら更新します。興味のある方は、netkeiba.comやウマニティで、ぜひ、ご覧ください<(_ _*)>。
posted by 山崎エリカ at 01:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 今週の見所
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/177559480

この記事へのトラックバック