2016年11月01日

北海道2歳優駿の予想

中央勢はエピカリスを除けば低調
門別勢から大穴狙いで!
_______________

2歳最初のG3・エーデルワイス賞は、デビュー時期が早く、キャリアが豊富な地方(門別)勢が断然有利であることを説明しました。しかし、第2戦目の北海道2歳優駿となるとJRA勢がやや優勢となってきます。JRAでは秋になるとダートの番組が充実し、中央勢もある程度のキャリアを積むことが出来るからです。

よって、門別のオープン上位馬vsJRAの500万下上位馬の対戦図式が作られることが多くなります。そうなるとやっぱり優勢なのは…






けっしてメルボルンCが外れたから大穴狙いなわけではありません。たまたまです(笑)。


メルボルンCは、最強ステイヤー決定戦、もしくは強い馬がコーフィールドCやコックスプレートを目指した後、余力で勝負するレースという感覚がちょっと違っていたかもしれない。昨年も上り馬でハンデが軽いプリンスオブペンザンスとマックスダイナマイトがワン、ツーを決めたように勢いあるハンデの軽い馬が勝ち負けするレースというのが正解かも…来年、がんばります!
posted by 山崎エリカ at 15:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 南関東&交流重賞の予想
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/177497676

この記事へのトラックバック