2016年11月01日

メルボルンCの見所

いよいよメルボルンC
__________

フランスの最高峰は『凱旋門賞』、アメリカの最高峰は『ブリーダーズC』。では、「オーストラリアの最高峰は?」の問いに『コーフィールドC』と答える人もいれば、『メルボルンC』と答える人もいるでしょう。日本に例えるならば、ジャパンCが上か、有馬記念が上かと言われているようなもの。国際的な位置付けは、コーフィールドCのほうが上ですが、これは世界の主流距離が芝2400mだからというのが理由。ステイヤーならば、オーストラリア最高賞金の総額620万豪ドル(1着賞金360万豪ドル)のメルボルンCを目標にするでしょう。

さて、今年のメルボルンC。毎年、25頭近くメンバーが集います。今回18番枠を引いたカレンミロティックが一気に人気を落としたように、例年18番枠よりも外だと極端に人気がなくなります。確かに昨年1番枠を引き当てた23頭立て23番人気のプリンスオブペンザンスが1番枠から距離損なく立ち回って、直線の開いたところで外に出して勝利したように、内枠のほうが断然有利です。

ただ、2013年には日本でもおなじみのレッドカドーが22番枠から20番人気で2着入線したように、最初の3コーナーまでにある程度前に行き切ればチャンスがあります。フレミントン芝3200mは4コーナーのポケット地点からのスタートで最初の1コーナーまでの距離が長いので、それほど無理なく先行できるし、枠順に重さをおいて人気が作られることが多いので、外枠先行馬をうまく引っ掛ける戦法が意外と美味しかったりします。これはあくまでもオーストラリアの話ですが、おそらく日本でもそうでしょう。

また、今年、大注目は昨年のザBMSでトゥザワールドとのマッチレースを制し、日本にその名を知らしめたハートネルでしょう。ハートネルは、この秋のターンブルSでも後のコーフィールドCを制したジャメイカを、ラスト1Fでぶっち切って勝利しました。しかし、この馬は前走のコックスプレートを大目標にした後の一戦。コックスプレートでは、オーストラリアでG1・9勝を含む13連勝中の化け物ウインクスを負かしに行って2着に敗れる強い内容ではあったものの、今回での余力が疑問。よって、今回のメルボルンCも前回の凱旋門賞に引き続いて万馬券狙いで行きます。


予想は、本日11時を目途にnetkeiba.comやウマニティで更新予定です。興味のある方は、ぜひ、ご覧ください<(_ _*)>。
posted by 山崎エリカ at 08:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬を語る
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/177493779

この記事へのトラックバック