2016年10月21日

明日の見所(富士S)

2016年 富士S
________

先週の東京の芝は、見た目内側が悪そうなのに、意外と内々が伸びていました。特に日曜日は、差し、追い込み勢が外々に進路を取り、結果的に内々を立ち回った逃げ、先行馬を残らせしまうということの連発でした。確かに開幕週は外々が伸びていましたが、先週は騎手が揃って口にするほど、馬場の内側が悪くはなかったはず。

今年の富士Sは、小頭数で逃げ馬不在の一戦。前走で菊花賞を使った後の中距離の逃げ馬ミュゼエイリアンでも、行く気になれば逃げられそうなメンバー構成です。ここまで逃げ、先行勢が手薄となると、スローペースが濃厚でしょう。ミュゼエイリアンは骨折休養明けだけに、ぶっ放さない可能性もあり、そうなければ直線ヨ―イ、ドンの切れ味比べまであるかもしれません。

ただし、休養明けで実績のわりにハンデが軽かったためにビューンと加速がついて、メンバー最速の上り3Fで京成杯AHを勝利したロードクエストを過信しすぎるのはどうか?

今週が先週の流れならば、富士Sで逃げ、先行馬を本命にする手もありますが、後続勢が勝手に自滅する不思議な現象が続くようにも思えません。当然、外々を回せば距離損はしますが、先週の馬場状態は内外フラットな感じでしたので、ひとまず枠順を考慮せずに予想を組み立てます。


★お知らせ★

無料メルマガはじめました。第1回は来週初め、「29年ぶりの天皇賞(秋)の純粋逃げ切りなるか? 〜エイシンヒカリの逃げ切りの可能性とその意味〜」(武豊騎手が逃げない宣言をした場合は、変更するかもしれません)を配信予定です。よかったら登録してみて下さい。


また、G1レースの見所は、他サイトで有料でやらせて頂いているために、お休みさせて頂いております。ご了承ください<(_ _*)>。
posted by 山崎エリカ at 23:21| Comment(1) | TrackBack(0) | 今週の見所
この記事へのコメント
http://www.maniasdvd.com/ 毎日新品ここは人気海外ドラマ 韓流ドラマDVD、最新の韓国ドラマ、アニメドラマ。人気DVD特価セール中!全品配送無料。
Posted by 太陽の末裔 dvd at 2016年11月10日 17:30
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/177343782

この記事へのトラックバック