2016年06月15日

関東オークスの予想

上位人気馬が微妙?
波乱含みの関東オークス
 ____________

3歳牝馬限定の唯一の地方交流重賞となる関東オークス。中央からは500万下の勝ち馬やオープン上位馬に加え、クラッシック路線で結果が出せなかった馬が新味を求めて初ダートで挑んでくることがあります。これを各地区のクラッシック路線馬が迎え撃つ形。過去10年の地方勢の成績は2勝、2着3回、3着6回と1レースに1頭強のレベルで馬券に絡んでいます。これは地方競馬が牝馬競走の振興と牝馬の入厩促進を目的として、2010年からグランダムジャパンを開催するなど、牝馬の番組が充実していることも影響しているでしょう。



昨日は、実績が評価されてディーズプラネットが1番人気でしたが、今日になって上位人気馬が入れ替わり。確かに関東オークスの穴の十八番は逃げ馬ですが、アルセナーレが愚直に1番人気。ちょっと微妙。また、2番人気も前々走凡退から前走で500万下を勝っただけのブライトリビングというのも微妙です。このパターンで連対したのは、過去10年ではプロミナージュくらいですが、ブライトリビングは前走500万下でプロミナージュレベルの強さを見せられていません。


波乱の要素満載で、とっても楽しみな関東オークスになりました♪

posted by 山崎エリカ at 15:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 南関東&交流重賞の予想
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/175704549

この記事へのトラックバック