2016年05月22日

本日の見所(オークス)

2016年 オークス
_________

今年の桜花賞は、みなさんもご存じのようにメジャーエンブレム、ジュエラー、シンハライトの3強と言われてきました。しかし、メジャーエンブレムはNHKマイルCへ、ジュエラーは骨折により戦線離脱。小さな体のシンハライトのみがここへ駒を進めてきます。今年の牝馬クラシック路線は、メジャーエンブレムを除けばレベルは並。よって、忘れな草賞やスイートピーS、フローラSなどのオークスの前哨戦やトライアルをどの馬がどういう勝ち方をするのかによっては、本番でチャンスありと見ていました。

しかし、忘れな草Sは並、スイートピーSは並。また、フラワーCは、例年のフラワーCのレベルと比較するとレベルが低く、PP指数上はあまり狙いが立ちません。レベルが圧倒的に高かったのは、強豪が集ったフローラSですが、フローラS当日は、午前中に雨が降った影響でタフな馬場。それにも関わらず、クィーンズベストが例年どおりのペースでレースを引っ張ったために、差し、追い込み馬有利の流れとなりました。

フローラSは、前がどれだけ厳しい流れだったかは、本日の勝負Rに指定した、カーネションCのクイーンズベストの圧巻の巻き返しが証明しているでしょう。つまり、フローラSを差しきり勝ちしたチェキーノは、クイーンズベストの逆パターンが考えられるということです。デビューから距離が伸びて上昇一途の成長力は認めますが、トライアルを゛あくまでもトライアル”として使わなかったことに危うさを感じます。

よって、最終結論として、デビューから3連勝目でチューリップ賞を制して、前走の桜花賞でも2着のシンハライトを主力に推す予定。今回は内枠に入ったことにより、ペースによっては直線で進路を失うパターンも考えられなくありません。ただ、昨年は例外として、例年どおりならばある程度のペースでは流れるはずだし、池添へ騎手なら外一気を選択するはず。スムーズなレース運びならば、4コーナーの外を回しても連対確保は可能でしょう。ただチェッキーノが今回ではPP指数を下降させそうなので、ヒモには2桁人気レベルの馬を仕込む予定です。
posted by 山崎エリカ at 00:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 今週の見所
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/175384185

この記事へのトラックバック