2016年04月24日

今週の見所(マイラーズC)

2016年 フローラS、マイラーズC
________________

●フローラステークス

フローラSは、それほどレベルが高くない3歳牝馬限定戦だけあって、例年スローペースで前が残るか、決め手ある馬が勝つかのレースです。しかし、過去10年で一度だけハイペースで決着した年がありました。9番人気のバウンシーチューンが勝利した2011年です。その日は、レース当日に雨が降り続き、稍重スタートから後半になるにつれて重へと変更していった年。フローラSは前半5F60秒4、後半3F62秒9で決着しました。

今年は良馬場スタートですが、雨が降り続く状況というのは昨年と同じ。また、2011年同様に逃たい馬が多いメンバー構成でもあるので、ハイペースも視野に入れて予想を組み立てたほうがいいでしょう。ハイペースまでとは行かずともメンバーと馬場状態を考慮すると極端なスローペースも考えづらいので強い差し馬を本命に前と後ろを視野に入れた馬券の組み立てをお薦めします。


●マイラーズカップ

京都の開幕週で行われるマイラーズCは、中緩みが生しづらく差しが決まることが多いマイル戦でありながら、前々、内々で決まることがしばしばあります。前半4F47秒7、後半3F44秒9で決着した昨年のこのレースは、まさにその極端な典型。4番枠からじわりと先行策のサンライズメジャーが、誰も行かないのを見て瞬時にハナを選択するという形。他に行きたい馬がいれば交されてもオーケーの消極的な逃げでしたが、あれよ、あれよと粘り、ラスト1Fで甘くなったところで、2列目でレースを進めたレッドアリオンに交されての2着でした。

確かに昨年は、極端なスローペースとしても、逃げ馬が不在なのは今年も同じ。また、今年は昨年ほどの超高速馬場でもありませんが、土曜日はいくらか雨の影響が残っていました。日曜日は朝の時点では稍重発表でしたが、馬場回復で前々、そして外よりも内が残ると見ているので、今回はそういう前提で予想を組み立てます。
posted by 山崎エリカ at 10:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 今週の見所
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/175026066

この記事へのトラックバック