2016年04月09日

今週の見所(桜花賞)

2016年 桜花賞
_______

この時期になると、POG本の一口馬主クラブの取材で、あたふたするので、土曜日分の「見所」は無断欠載させて頂きました。実は今でも慌しいのですが、今週はうら若き乙女の大一番なので、掲載させて頂きます!

* * *


今年の桜花賞は、クイーンC圧勝のメジャーエンブレムに、チューリップ賞でハナ差の接戦を演じたシンハライトとジュエラーの3強と言われています。しかし、チューリップ賞で勝ち馬シンハライトと0.2秒差の3着馬が赤松賞5着のラベンダーヴァレイだったように、決してレベルが高いわけではありません。確かにラベンダーヴァレイは、チューリップ賞で成長力を見せた部分もありますが、4着馬は500万下を4戦しても勝ち上がれていないクイーンズベストです。当然、チューリップ賞のPP指数は高くありません。つまり、桜花賞はメジャーエンブレムの1強で、以下は上位拮抗と言えるレースです。

また、桜花賞は、昨年こそレッツゴードンキの単騎逃げで、前半4F4F50秒0の極端過ぎるスローの前残りが決まりましたが、例年は前走フィリーズレビュー組などの短距離組が、自身でペースを引き上げたり、逃げ馬に絡んだりして、速い流れになることがしばしばです。総体的な傾向で言えば、差し、追い込みが決まるレースです。ただ、どこからでも動いて行けるダイワスカーレットが出走していた年は、逃げ、先行馬は強いダイワスカーレットを意識してペースを引き上げず、スローな流れとなり、人気薄の先行馬カタマチボタンを3着に残らせました。

今回で最有力視されているメジャーエンブレムは、例えるなら2列目で控えることも出来ますが、自ら動いて速い上がりでまとめることも出来る、まさにダイワスカーレットタイプ。また、メジャーエンブレムの隣外枠の逃げ馬、ビービーバーレル陣営は「今回は自分のリズムでレースを運びたい(つまり、メジャーエンブレムに競り掛けない)」とコメントしているし、前哨戦のアネモネSで恐ろしい逃げを打ったアッラサルーテは、ノーザンFの吉田勝己の所有馬で、当然、メジャーエンブレムを潰すような動きをするはずもないでしょう。これまでの傾向や大方の予想に反して、案外とスローよりの流れで、前でも残れそうな気がしています。よって、今回は前と決め手ある馬を中心に馬券を組み立てる予定です。
posted by 山崎エリカ at 21:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 今週の見所
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/174833355

この記事へのトラックバック