2015年10月31日

今週の見所(スワンSなど)

2015年 アルテミスS、スワンS
_______________

●アルテミスS

重賞増設により、2歳戦線に異変が起こっています。異変とはオープン特別よりも500万下特別のほうがレベルが高いという現象が多発しているということ。今年は特にその傾向が顕著で、先週のくるみ賞(500万下)の2着馬も、オープン出走ならまず勝てていたレベルでした。また、場合によっては、未勝利が500万下やオープンを上回っていることも少なくありません。

なので、陣営には、それなりに強い馬を、なぜオープンではなく賞金の安い500万下にぶつけてくる? 2歳馬で手探りな状況でも、とりあえずオープンに出走させたほうが得なのにと思わずにいられません。

つまり、今の2歳戦線に格などなく、レースレベルを明確に知ることが2歳戦線を制すると言えるでしょう。アルテミスSも正に、そういうレースです。今回のアルテミスSが当たるかどうかは別として、個人的には2歳重賞の増設で“格のぶち壊し”が行われたことで2歳戦の全体の回収率が上がったので、ありがたく思います。2歳戦こそ指数をお勧めします!

また、東京は今週からBコース。今開催はエアレーションが使われていないので(東京が超高速馬場ではなかったのは、雨の影響によるもの)、これまでよりも馬場が高速化すると見ています。先週までよりも前々、内々が有利になる可能性が高いでしょう。


●スワンS

先週の菊花賞当日は、前日までよりも明確に時計が掛かっていました。土曜日に当てはめれば、菊花賞も超スローで前が止まらないはずでしたが・・・これはおそらく公式HPにもあった散水の影響によるものでしょう。

この秋の4回京都開催(全てAコース使用)は、今週で開催が終了となりますが、土曜日までのとてつもない高速馬場を想定すると内々、前々有利の傾向がある程度は復活してきそうです。

ただ、スワンSは行くしかないエーシントップを筆頭に、ペルルミエールなどの北九州記念組や2列目には付けたいアルビアーノなど、逃げ、先行馬がけっこう揃いました。ここまで揃うと、さすがにスローペースということはないでしょう。差し馬でも脚を出しきれる展開になりそうです。

マイル王のモーリスに挑戦権を叩きつけられる馬は、どの馬か? とても楽しみな一戦となりました。
posted by 山崎エリカ at 11:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 今週の見所
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/166821267

この記事へのトラックバック