2015年08月30日

今週の見所(日曜日)

2015年 新潟2歳S、キーンランドC
______________

●新潟2歳ステークス

これまでの新潟2歳Sは、後の桜花賞馬ハープスターや皐月賞馬イスラボニータを輩出するなど、クラシックへの第一関門と言えるレースでした。早期に強い勝ち方をした馬は、まずはこの舞台か札幌2歳Sを目指し、クラシックを見越す走りができれば一旦休養。そして秋に復帰して、そこからクラシック戦線やNHKマイル戦線を目指しました。

ところが、昨年から秋に2歳重賞が大幅に増えたことにより、その傾向が薄らいでいきました。未勝利戦をオープンのダリア賞よりも高いPP指数で圧勝し、ここへ出走してくれば上位人気は間違いないシルバーステートやアストラエンブレムは、この舞台や札幌2歳Sには出走せず、秋の重賞を目指すようです。

そうなれば、当然、メンバーの質は下がります。今回の出走馬が後のクラシック線戦に繋がらないとは言えませんが、今後は勢力分散により、これまでよりも来春のG1に繋がりづらくなっていくでしょう。

さて、今年の新潟2歳S。見るスポーツ新聞によって、推し馬が異なるので、何が1番人気になるのかと楽しみにしていたところ、1番人気はなんとロードクエストでした。確かにロードクエストの新馬戦は、ラスト2F目地点でスパーンと切れて、ラスト1F地点では先頭とは約3馬身ほどあった差をきっちり詰めてのVは将来性を感じさせるものがありました。ラスト3Fもメンバー最速の32秒2。この週のマイル戦以上の距離では最速の上がり3Fでした。

しかし、新潟芝1600mの新馬戦で32秒5をマークしたエネアドが、未だ条件戦の身であるように、追い込み馬がマークした上がり3Fはそこまで当てにならない部分があります。(ただし、エネアドの新馬戦は前崩れ、ロードクエストの新馬戦は前残りという違いはあり、レース内容の比較からは、ロードクエストのほうが上)それ以上に怖いのは、出遅れ癖があること。

多少の出遅れならば挽回できますが、この馬の新馬戦での出遅れ方は、超ド派手に出遅れをやらかしたダノンサーガの陰に隠れているだけで、将来のゴールドシップを感じさせるド派手な出遅れ方でした。スタートはトモの筋肉量とも関係しているところがあるので、急に変われることは少ないです。

2歳のこの時期のレースは、前半でそこまでペースが上がることがないし、いつかのセイウンワンダーのように大外一気という選択もあります。また、新潟芝コースは内が悪くて、内を開けて走っているので、今回の枠順ならば最悪内ラチ沿いから突き抜けてくる作戦を取ることも出来ます。それで伸び切れるかどうかはわかりませんが、馬場状態次第ではあるでしょう。ここは本命にはせず、対抗ということで楽しませて頂きます。


●キーンランドC

今年は、このレースの前哨戦的な位置付けとなる1回札幌4日目のUHB賞でレコードタイムが出ました。前日の札幌日経オープンでもレコードタイム(勝ち馬ペルーサ)が出たように、「今年は例年よりも時計が速いのか?」と思われましたが、洋芝だけに一度雨が降ったら厄介で、どんどん時計が掛かって行きました。

先週からCコースに変わりましたが、そこまで極端な変化は見られず、当然、UHB賞のように、けっこうな前残りになる可能性は低いでしょう。今回のキーンランドCが平均ペースで流れたとしたなら、1分08秒台の決着になると見ています。

しかし、札幌芝1200mは、最初のコーナー(3コーナー)までの距離が406mと長いために、前半であまりペースが上がらず、極端なハイペースになりづらいのも確か。また、今回のメンバーだと、「何が逃げるの?」というくらい、明確な逃げ馬もいません。芝1200m戦でありながら、前半3F33秒台前半のペースで行ける馬がなんと“ゼロ”なのです。

これにより騎手は前を意識して、通常よりもワンテンポ早く動く競馬になるでしょう。わかりやすく言えば、本来は先行馬が逃げ、本来は差し馬が先行する形になるということです。これだと本来の能力を出し切れない可能性が高く、展開(ペース)上は、前が有利でありながら、結局、前を意識せずに、自分のポジションをキープした馬が勝ち負けすることになるかもしれません。ハナを意識するだけの先行力もなく、かといって極端に後方すぎない馬を中心に狙いたいです。
posted by 山崎エリカ at 09:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 今週の見所
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/162531104

この記事へのトラックバック